カテゴリー「分類不能」の532件の記事

2017年4月 3日 (月)

開き直り そして 余白

最近思うこと。。。

その1.開き直り

人生を悟るのはまだまだ早いけど、
いろんな意味で「開き直る」ことができれば、
もっと楽しく、気楽に生きていけるんじゃないかなあ。
ふと そんな思いが頭をよぎりました。

例えば、チェロ(これしかネタがない)。
オケの練習で、
「上手く見せたい。弾けてるように見せたい」
と思ったらもうオシマイ。
少ししくじると、もう一気に100→0な気分になり、
却って動揺してボロボロになります。
そんな下心がある時点でアウトなんやけど。

「上手く見せよう」ではなく
「わたしはこの程度しか弾けないから、弾ける範囲の8割ぐらい出そう」
と割り切る、開き直る方が、結局は上手くいくのかな と 思います。

「実力そのものを高めるよう、ひとりのときは、日々鍛錬する」
これは大切だけど
「他人といるときに、実力以上に見せたい」
という気持ちは、演奏にとっては邪魔以外の何物でもない。
そんなことを悟った先日のオケ。

ちなみに、マンションのオーナーさん曰く
「この前 車で、靴のヒラキの前を通ったときに考えてんけど、
 あの店の右隣に「なおり」っていう居酒屋作るん どうやろか?
 ふたつつなげて≪ひらきなおり≫や」


その2.余白

最近、仕事が忙しいせいもあるけれど、
土日は、ルーチン以外の予定は、極力入れないようにしています。
そうやって、休日の余白を増やし、
頭と気持ちを自由にする時間を増やしています。

よく考えると、家の中は物を捨てて余白をいっぱい作っているのに、
なぜか、休日、自分の時間には余白がなくて
(まあ ほとんど遊びや趣味なんだけど)
以前、趣味は捨てたはずなのに、
気が付くと、また、
いっぱいいっぱいになってました。

歴史は繰り返すのか。。。

部屋は目に見えてわかるから、
捨てるの簡単だけど、
時間は 目に見えず、流れていくだけなので、
いっぱいいっぱいになっても案外気づきにくい?

定期的に、自分の生活の棚卸しも必要ですね。

ちなみに、マンションのオーナーさん曰く
「かおりちゃん 週末になったら花粉症ひどいよなあ。
 たぶんリラックスして緊張感なくなるのがアカンねんで。
 全神経を集中して緊張感をもってリラックスしてみたら?」

2017年3月26日 (日)

グレーでOK

ドラマ「カルテット」が終わってしまい、
わたしの心にもドーナツの穴が空いてしまいました。

謎は謎のままグレーで終わり、
もやもや感が残り
「死と乙女」の意味も、
いまだによくわからないまま、
ネットで、カルテット関係の記事を読み漁る日々です。
BGMは「死と乙女」です。この曲好きなの。

グレーはグレーのままでいいのだ。
そう思います。

あまり詳しくは書けませんが、
わたしも、身内のことで、未だによくわからないことが、あります。
子供の頃は、その理由が知りたくて、祖母に
「なんで? なんで?」
と質問してましたが、祖母があまりに言いよどんで、
きまずい雰囲気になるので、幼心に
「これは白黒つけてないいけないことなんだ」
と ボンヤリ学んで、そのまま、グレーにして生きてきました。

真相を知りたい気持ちは今もあるけれど、
それを知ったところで何かが変わるわけでもなし。
これからの人生に役立つこともなし。
そんなことで もしも、自分の人生が変わるなら、
そんな自分の心の在り方が問題。

そう考え、わたしの人生の大きく変えた、
家族の最大の謎を、ずっとグレーにしたまま、
生きてきました。

それがわたしの中の標準なので、今更グレーとか、
そんなこと忘れていたけれど、
このドラマを見て、過去の謎が明かされないまま、
それでも、今の信頼で繋がる仲間たちを見て、
「あ~そういえば、わたしにも、そんなのあったわ」
と 思い出した次第です。

穏やかに生きていくために、
あえてグレーにしておくことって
ありますからね。

いつも通りにオッチャンにトーストを焼いてもらい、
近所の喫茶店でマスターにお湯割りをごちそうしてもらい、
ほろ酔いの土曜日でした。

最近、物捨ててないなぁ。

では ごきげんよう!

2017年3月 3日 (金)

追伸

昨日の「毎日更新終了」に対し、メールをたくさんいただきました。
ありがとうございます。

ぼちぼち、お返事書いていきますので、気長にお待ちください~。

2017年3月 2日 (木)

ブログの毎日更新を終了します。

2009年から、時々お休みを挟んで8年ほど
続いてきた当ブログですが、本日をもって、毎日更新は終了します。

理由は、

1.今のわたしができる生活のシンプル化をやり終えてしまった

 まあ これは、厳しい見方をすると、まだまだやれてないこと
 ありますが、わたしはダンシャリアンでも
 ミニマリストでもないので、
 いったんこの程度でよいのではないかと。

2.ご近所付き合いと食べ物をもらう話ばかりになっている

 捨てる話を期待している人には、あまり面白くないでしょう。

3.生活のパターンが変わってしまった

 駄文ではありますが、毎日更新することは、
 張り合いでもあり負担でもありました。
 最近仕事もプライベートも忙しすぎて
 オーバーワーク気味なので、
 書き物はいったんお休みします。

4.時間をかけて、成し遂げたいことがある

 内容は秘密ですが、これまで、1日10分でも、
 ブログに充てていた時間を、そちらに向けて、
 自分で納得できる成果を残したい

といったあたりが 主な理由です。
特に3つ目、4つ目の割合が大きいです。

2011年1月8日、いったん終了したはずが、
復活して6年以上、予想以上に長く続けてしまいました。
途中お休みもありましたが、
2672日、これまで読んでいただき、ありがとうございました。

しばらく「ブログのことを考えない日々」を経験してみますね。

(今後の更新スケジュールは未定です)

2017年2月 3日 (金)

使える!イケアのでかい袋!2

以前、イケアのでかい袋が使えるという話を書きました。
ブルーシートでできた袋、大量に野菜を運ぶときに
重宝します。

しかし、この袋にはひとつ、欠点がありました。

あまりに大量に入るため、ついウッカリ入れすぎてしまい、
その後の持ち運びが大変なのです。
この袋に入るだけ荷物を詰めると、あまりに重すぎます。

まあこれは袋の問題ではなく、運用するわたしの問題ですが。

あまりにたくさん入るので、スーパーのお買い物とか、
普段使いには、ちょっと向いていないかも。

というわけで、ワンサイズ小さい袋を購入しました。
先日、樅の木求めてイケアに行ったときに買ったのです。

http://www.ikea.com/jp/ja/catalog/products/40185474/

≪BRATTBY バッグS 59円≫
P1030037

59円だって。安い。途上国から搾取してるんかな~。

自転車の前かごにも入るし、
普段のお買い物や図書館に行くときに重宝してます。

2017年1月29日 (日)

食べ物はあまり買わない108

「おかず あります 山G」

のお手紙をいただいた日は、クインテットの練習と
呑みで帰宅が遅かったので、おかずゲットできず。

次の日も、仕事が遅くなったので、こりゃあかんなと、
ヤマジイに、会社からショートメール送りました。

84歳、自分からメールは送らないけど、
ショートメールは読んでくれるのです。

そしたら、帰宅時間の10時過ぎに、
携帯に電話があり、
「おかず 取りにおいで」
と連絡。

あわててヤマジイの部屋に行き、
おかず ゲットしました~。

≪おかず3種≫
P1260073

左から、野菜の卵とじ、みぞれ鍋、味噌汁。

84歳年金暮らし老人に おかずをもらう 42歳サラリーマン。

2017年1月14日 (土)

さーて、2017年はじめますよ! 3

2016年のマイ漢字は「酒」あらため「呑」
そして、2017年は「灯」で行きますよ!

と 書いたのが1月2日
わたしにかかわるみなさんの気持ちが、
少しでも明るくなれば、そんな殊勝な?ことを考えてました。

しかし。。。「呑」「灯」と文字を並べてみたときに、
なんか既視感を感じ、ある単語を思い出したのです。

「提灯」

ああ 赤提灯のお店で、一杯、呑みたいな~。 

今年は「呑」から離れたぞどうだ!と
内心ドヤ顔でいましたが、
結局「灯」と宣言したところで「呑」は
切っても切れないことが わかりました。

まあ オーナーさん的に表現すると、

「サケは、サケて通れない道」

ですしね~。

2017年1月 6日 (金)

酔っぱらっても。。。そしてカレンダー

年末仕事納めの日のこと。

この日は、仕事が終わってから、
同じオケの大阪勤務メンバーと、なんばで忘年会。

と~~~っても楽しい会で、調子に乗って呑む呑む!
せっかく帰る時間を調べて、時間通り御堂筋線に乗ったのに、
電車の中で意識がワープしてしまい、
梅田をスルーして中津へ行ってしまいました。

それで、その後、通常より1時間以上時間をかけて、
ようやく自宅にたどり着きました。

さて、年末といえば、仕事納めの日にサラリーマンが
カレンダーを自宅に持ち帰る風景をよく見ます。
通勤バッグから紙の筒がヒョイとのぞいているの。

あれをやってみたくて?会社からカレンダーもらってきました。

仕事納めの日、酔っぱらって帰宅したけど、
カレンダーは、ちゃんと、丸まったのを伸ばすために、
じゅうたんの下に敷き込んだのですよん。

≪じゅうたんめくるとアラ、カレンダー!≫
Pc300012

カレンダーは何年も使ってませんでしたが、
たまには、かけてみようかと、もらってきました。

わたしの勤務先は、数百のお取引先にお世話になっているため、
いただけるカレンダーから選び放題。

≪おさかなカレンダー2種≫
P1010027

「なんでそれを選ぶ?」
と パートのおばちゃんから猛烈につっこまれました。

≪いいじゃん別に≫
P1030029

なぜ 二連でかける?

2017年1月 5日 (木)

ぼくのねーちゃん

僕にはふたりの姉がいる。
上の姉ちゃんの年は、え~と、15歳ぐらい上だろうか。
父親が同じで、母親が違う、つまり、腹違いの姉である。
僕の父の、前の奥さんの娘である。
ちなみに、前の奥さんも、僕の母も、もうこの世にはいない。

僕が、この姉に初めてあったのは僕が18の時で、
それは、僕の母の葬式のときだった。

なんか興味深げに面白半分に、僕のことを
「これ誰なん~?」と父に質問していたのが、姉だった。
一応兄弟だからということで、携帯メールを交換したけど、
その後8年で会ったのは盆と正月ぐらいか。
そのうち、姉は盆には淡路に戻らなくなり、
正月も、ほとんど戻らなくなった。

姉いわく
「父親の二度目の奥さんの実家みたいな、
そんなアウェーな場所、行っても居場所ないやん」
だって。

そりゃそうだようなぁと思い、僕も、姉が戻りたくなるよう、
いろいろ作戦を立てている。

ある年は、職権を利用して格安でゲットしたイクラ丼を姉にふるまった。
これには上機嫌だったようである。

しかし、次の年の正月は帰省すらせず、
楽しいご近所さんたちと呑んだくれていたらしいので、
翌年は、僕も対策を考えた。

まずは、11月終わりに山羊の写真を送ったのだ。
そもそも山羊を飼えを言い出したのは姉なのだ。
そんない山羊が好きなら見に来いっちゅーねん。

そして、正月には「もうすぐ獺祭を開ける。呑みたかったら帰ってこい」
とメールした。

これが効いたみたい。
2年ぶりに姉が帰ってきた。酒の力おそるべし。
しかし、ずっと酒呑んでた。このひとは何をしに帰ってきたんや?

2017年1月 4日 (水)

なんとか帰省。

この時期になると、毎年困るのが、帰省問題。
何度も書いてますが、わが父の暮らす家は、
二度目の母の実家であり、わたしは暮らしたことのない場所。
しかも、淡路の中でも神戸から遠い場所で、
自力で帰れないところにある。

昨年もパスしてしまったしなー。

そんなわたしの気持ちを察してか?
腹違いの平成生まれ弟が、
11月の終わり、山羊の写真を送ってきた。

≪たまには帰ってきたらどうなのよ≫
Dsc_8468

山羊で誘惑するか。

とりあえず、年内は帰らない。
1月1日夕方、弟にメールしたら、

「いまから獺祭開けるかどうか迷ってる。
 帰ってきたら呑めるでー」

なんだか、こちらの手の内を読まれているような気がする。

結局、お酒につられ、(山羊にも会いたいし)
1月2日の午後に、淡路の家にたどり着きました。

飼い犬2頭にこれでもかといわんばかりに、
全力で吠えられ、アウェーを実感。

せっかく会いに来た山羊は、

≪なにしにきたの?≫
P1020012

ちょー上から目線。

もともと、この山羊を飼うようになったきっかけは、
ご近所の山羊研究家の影響なんだってば!

そんな感じで。

≪こたつで呑む≫
P1020024

いる時間のほどんど、父と呑んでました。
ぐだぐだ喋りながら、ひたすら呑む。

「お母さん生きとったら、今頃どんな暮らししとうかなー」
「ほんまやな~。わたしも、お母さんと同じぐらいの歳の人見たら、
 ときどきそう思うねん」

二度目の奥さんの息子が用意してくれた
ナマコをつつきながら、40年ぐらい前のことを思い出し、
しんみりする親子ふたりでした。

より以前の記事一覧