カテゴリー「持つ」の30件の記事

2017年2月17日 (金)

野田琺瑯を持つ2

かねてより愛用中の野田琺瑯

直火OKの保存容器はこの上なく~便利です。
以前は、自分で作ったおかずの保存に使ったり、
野田琺瑯の中でゼリー液作ってそのまま固めたりしていましたが、
最近は、もっぱら、ヤマジイ飯をもらうために使用中。

≪マンションのフロアを行ったり来たり~≫
P2010169

2016年5月 8日 (日)

シーツは1セットだけ持つ その後

以前に「シーツは1セットだけ持つ」という話を書きました。

洗い替えを持たなくても、天気の良い朝、
起床とともにシーツを剥がして洗濯して干し、
夜寝る前にシーツを取り込んで布団にかぶせたらOK、という話を。

理屈はそれでOKなのですが、
冬は、なかなかシーツが乾かない。
その日のうちに乾かすためには、
早く起きてシーツを洗濯しないといけない。
早く起きられなかった場合は、
生乾きのシーツを布団乾燥機で乾かすか、
近所のコインランドリーへ持っていく。

いずれにしても、めんどうなのです。

だいたい、シーツを洗うのは休みの週末なのに、
早起きなんかできるわけないし、
貴重な週末、生乾きのシーツ対策に時間を使うのもいやだ。

となると、結局、シーツを洗う頻度が下がってしまったのです。

というわけで、折れました。

《枕カバーと敷布団カバーを購入》
P4220405

掛布団カバーがないやんって?

はい。
実は昨秋、ちょっとわけありで、掛布団カバーのみ購入してあったのです。
それと同じシリーズのを買い足しました。
これで、シーツ2セット目が揃いました。

ガーゼ地で、肌触りのやわらかいものです。
東急ハンズ三宮店にて購入。

物欲枯れたと言いながら、
生活を楽にするものは、やっぱり買ってしまうのです。

これで、寝ゲロをしても安心だ。

2012年4月 6日 (金)

洋服はどれだけ持てばいいのか2

わたしの場合、ワンシーズンあたり、

・仕事モード3種類のコーディネイト
・休みモード2種類のコーディネイト

計5種類のコーディネイトができればOKです。

ということは、4シーズンで20種類になります。
上下で2枚という単純計算で、
40枚の洋服が必要に。。。はなりません。

素材によっては、冬以外いつでもOKのスカート、
春秋着られるワンピースなど、
複数のシーズン着られる服があります。
また、休みモードなら、季節に関係なくジーンズを履いています。
だから、20種類のコーディネイトを作るといっても、
必要な洋服の枚数は、もっと少ないと思います。

コーディネイトは、こおでねえと!!

2012年4月 5日 (木)

洋服はどれだけ持てばいいのか。

なるべく持ち物は減らしたい。
洋服も減らしたい。
でも、おしゃれしたい。

というわけで、いったいどれだけ洋服を持っていれば、
わたしにとっての「最適」か、ずっと考え続け、
一応の結論が出ました。

まず、前提として、わたしはサラリーマン、
週のうち5日は仕事、2日は休みです。
仕事は「ジャケットを羽織ると社外の方と打ち合わせできるスタイル」が基本、
休みは「掃除や、オーケストラの練習で動き回るのでカジュアルに」です。

特に、オーケストラの練習では、
でかいチェロを担いで緩やかな坂を昇るので、
洋服はおしゃれより機能性重視です。

でかいチェロのケース。高さ1メートル30ぐらいか。
こういうふうに写真をアップすると、さらにでかく見える。
Photo

そこで「仕事モード」と「休みモード」、2つのパターンを考えます。

「仕事モード」
3種類のコーディネイトができればOKです。
仕事は5日あるので、月・火・水でコーディネイト一巡。
木・金は二巡目にします。
これを2種類に減らすと、月・火で一巡、
水・木で二巡、金は三巡目になるので、
それだと「またその服着てるのか」。
だから、3種類がちょうどいいと思います。

「休みモード」
土・日と連続して休みなので、2種類のコーディネイトが必要です。
1種類だと、2日連続して同じ服になり、
テンション下がりますからね。。。
もしも、水・日とか、間隔のあいた休みなら、
1種類で構わないと思います。

つづく

2011年9月 4日 (日)

レジ袋を持つ2

ずいぶん前に「レジ袋を持つ。」で、
次のように書きました。

-------------------------------------------------------
マイバッグもいいけれど、スーパーでお買い物したものを入れるには、
やっぱりレジ袋が使いやすい気がします。
袋に気を遣わずバンバン物を入れられるし、
水気が付いても気にならないし、破れたら捨てればいいし。
とはいえ、シンプルライフ三箇条その2
「レジ袋、紙袋はもらわない 」
があるので、今はレジ袋もらいません。
ずいぶん昔に入手したレジ袋を使いまわししています。
-------------------------------------------------------

今もこれは実践しています。
レジ袋って、なかなか丈夫で、そう簡単には破れません。
少しぐらい破れても穴が開いても、
買ったものを運ぶのに全く支障ありませんし、
古いレジ袋をずっと使い続けていました。

だけど、ひとつだけNGがありました。
「魚や肉のドリップがついた袋は、次から使えない」
ことです。

先日、スーパーにお買物に行き、
セルフレジでマイバッグ代わりのレジ袋を袋台にセットした瞬間、
「もあ~~~~ん」
と、なんともいえない異臭が。
たぶん、前回魚を買ったときにドリップがこぼれて、
雑菌がわいたのだと思います。

くさいなぁと思ったのですが、まぁいいやって、
そのまま商品のスキャンを続けましたが、
あまりに臭いので、近隣のレジを使う人が不審に思うのではないか、
異臭騒ぎが起きるのではないかと、
ハラハラもんでした。

そして、家に帰って商品を出すと、
全ての商品に「異臭」が移っていました。

レジ袋の繰り返し利用はよいことですが、
ドリップがついたらあきらめるか、
袋を洗うかどちらかにしましょう。

2011年6月23日 (木)

使う鞄だけ持つ。

小さい頃から、鞄をたくさん持っていて、
一緒に暮らしていた祖母からは、
「こんだけ鞄ばっかり持っていたら、鞄屋になれるで」
って、いつもからかわれていました。

最近は、だいぶ少なくなったような気分でいましたが、
あらためて、本当に使っている鞄はどれか、
見直しをかけました。

その結果、

1.通勤用(白)
2.通勤用(黒)
3.出張・旅行用
4.カジュアル用リュック(荷物の多いとき用)
5.カジュアル用ポシェット(荷物の少ないとき用)
6.オーケストラ練習用
7.クリーニング屋に行くときに服をたくさん入れるエコバッグ
8.パーティー用のキラキラした小さいバッグ

これだけあれば、わたしの場合、充分みたいです。

これ以外にも、まだいくつか持っているのですが、
最近少しずつ処分しています。
まだ使えるのに、もったいないかなと、いつも思うのですが、
処分して、管理対象が減ると、結果的にすごくスッキリして、
やっぱり捨ててよかったと思います。
なんやかんや言ってますが、
捨てて後悔したことないですね。

2011年4月16日 (土)

電池のいらないラジオを持つ3

電池のいらないラジオを持つ2」でも紹介した、
無印の防災用ラジオを最近普段使いで愛用しています。
台所で家事をするときに、聞いています。
以前は、隣の居室に置いたBOSEのCDラジカセのボリュームを上げて
聴いていましたが、場所のためか、AMの入りがいまひとつで、
AMでNHKニュースを聴きたいわたしは不便に思い続けてきました。

そこで、無印の防災用ラジオを台所に置くと、
そこそこ内容のわかる音質でAMが聞こえたのです。

そのことがわかって以来、無印の防災用ラジオは台所で大活躍。
手巻きで充電して使うこともできますが、
普段使いには乾電池を入れて使用しているので「電池のいるラジオ」です。

ラジオのある風景。
Dscf0135


2011年3月30日 (水)

電池のいらないラジオを持つ2

1年以上前に「電池のいらないラジオを持つ」を書きました。
実はこれ、防災用ラジオなんです。

普段は全く使っておらず、処分しようかなぁと思うこともありましたが、
「いやいや、これは災害時に絶対必要だから置いとかなあかんわ」
と処分せずにもっていました。
今回の東日本の震災で、やっぱりこれは必要だなと思い、
あらためて取説を確認すると、
手巻きで発電してラジオを聴ける以外に、

・携帯電話への充電
・非常事態を周囲に知らせるサイレン
・暗いところでもLEDライトを点けられる

など、防災用品として、とても優れていることがわかりました。

特に、携帯電話への充電は役立つのではないかと思います。
試しに、今使っているドコモのFOMAの充電をやってみたら、
できました。

なかなかやるな、無印良品。
避難するときは、必ず持っていきます。

いつでも持ち出せるようにまとめたラジオセット。
Dscf0111


2010年12月16日 (木)

布団は1セットだけ持つ。

シーツが1セットだけなので、
当然(?)布団も1セットしか持っていません。
客用布団はありません。
友達が泊まりたいといっても、
「うち布団ないし~」
って断ります。

それでも構わない(ひとつの布団で一緒に寝る)と言ってきた
ツワモノだけ泊めます。
過去にそういう友達がいたので、一緒に寝ました。

最近ちょっと考えているのが、寝袋です。
友達は布団に寝かせて、自分は寝袋で寝る。
とくに誰も泊めていなくても、台所や廊下で寝袋で寝てアウトドア気分。
寝袋があれば、災害時に避難所で寝るときにも役立ちそう。

そんなわけで、次に買うなら布団ではなく、寝袋です。

2010年12月15日 (水)

シーツは1セットだけ持つ2

以前に「シーツは1セットだけ持つ」という話を書きました。

洗い替えを持たなくても、天気の良い朝、
起床とともにシーツを剥がして洗濯して干し、
夜寝る前にシーツを取り込んで布団にかぶせたらOK、という話を。

通常はこれでいいのですが、ひとつ、大切なことを書き忘れていました。

寝ゲロをしてしまうと、1セットだとすごく辛いです!!
だいたい寝ゲロをしてしまうような悲惨な体調のとき、
シーツを洗濯する気力があるわけないのに、
だけど洗わなければいけない。
それも、普通に洗濯機には放り込めず、
まずは風呂場で汚物を洗い流さないといけないし。。。とほほ。

寝ゲロをやっちまう可能性のあるかたは、
予備のシーツを持っておいたほうがいいです。

ちなみに、わたしは、過去にやってしまいましたが、
それでもシーツは1セットしか持っていません。