カテゴリー「買わない」の159件の記事

2017年9月17日 (日)

食べ物はあまり買わない120 その後

先日の日曜、いつもの喫茶店で1週間分の活力を得て
帰宅したわたしを待っていたのは
「ピースボート時代の仲間が脳出血で倒れて危篤」
という、Facebookメッセージでした。
数時間後には、急性白血病で亡くなりましたと連絡があり、
夕方得たはずの活力をすっかり失ってしまいました。

前日まで、普通にFacebook書いておられたのに、
呑みに行ったとか、甲子園行って阪神戦観たとか、
普通に暮らしていたはずなのに、
なんのこっちゃ?
(本人も、家族も 病気には気づいてなかったようです。
 脳出血の症状が出てから血液検査して
 血小板が健康な方の10分の1しかないことが判明)

心の整理がつかぬまま火曜日、
徳島まで告別式に行ってきました。

告別式当日は、本人満55歳のお誕生日でした。
本人も、まさか死んじゃうなんて思ってなかっただろうなぁ。
たましいが、そのへんをうろうろしていて
「かおりちゃん、わし なにしてんやろ?」
とか言ってるかもしれません。

というわけで、今週は、亡くなった仲間のことを考えて
ボンヤリしたり、その方が書いたFacebookを
何度も眺めたり、
「先週の今頃は生きていたのになぁ」
とか 考えてもしょうがないことばかり、考えて、
毎晩夜更かしの寝不足でふらふらになってました。

 :
 :

生きているって、すごいね。

先日92歳の誕生日を迎えたオッチャンと
土曜日の朝にモーニングしていたら、オッチャン、
よくぞ元気にここまで生き延びてくれたなぁと思いました。

≪土曜の夜 オケの後の ひとり呑み≫
P9160226

淡路のみょうがを、また、豚肉巻きにしました。
先週は、1個丸ごと巻いたら、ちょっと食べにくかったから、
今回は、半分に縦割りにしました。
ちょうどよい大きさ。

ひとり呑みも板についてきた今日この頃。。。

いろいろありますが、
離れていった仲間も、無茶ぶりする上司も、
みんなみんな健康で 生きていてさえいてくれれば、
それでいいです。
(今週は そういう気分)

2017年9月10日 (日)

食べ物はあまり買わない119

最近あまりこの手の記事を書いていませんでしたが、
淡路島の伯父からの「趣味の園芸」野菜は、
相変わらず絶好調です。

しかも、最近は、その奥さん(タイ人)が育てた野菜や
調理品も一緒に届くようになりました。

≪たくさん届いた野菜(の一部)≫
P9090225

≪よくわからない豆? と 空心菜≫
P9090223

≪一夜干しのナンプラー漬≫
P9090222

まだまだありますが、まあこれぐらいにしときましょ。

伯父の奥さんも
「かおり これ食べろ」といろいろくれるんです。
食べ物と 毛髪だけは潤沢にあるわたくし。。

≪久々に、家で立ち呑み≫
P9090229

みょうはがは、豚肉でくるくるっと巻いて焼きます。
いちじくは、生ハム巻き。

オケの後の、ひとり家呑みが板についてきた今日この頃。

2017年6月27日 (火)

仕事も食べ物も!

いつものオケの後の呑み会がなく、
不完全燃焼な週明け。

モヤモヤをひきずったまま月曜日。
しかし、仕事はわたしを待ってくれない。
やることが~ありすぎて~仕事に追われまくりです。
まあ 働く場があり、自分の責任を果たし、お給料をもらえる。
ありがたいことです。

そして、帰宅すると、宅配便。

≪高校時代の恩師から≫
P6260044

年賀状でゆる~くつながっていたはずの、
高校時代の生物の先生からです。
ひょんなことをきっかけに、
オーケストラの演奏会にお越しいただく間柄になり、
定年退職後目覚めた野菜作りの成果品。

そして、太刀魚。
近所の材木屋社長の息子(釣り名人)が週末に釣ったもの。
社長が持ってきてくれた。

太刀魚って、指4本ぐらいの幅があると、
それは「大きいサイズ」らしいけど、
これは、指5本半の幅があったらしい。

≪立派な太刀魚!≫
P6260045

かおりちゃん、くよくよしてる暇はないのです。

会社では仕事に追われ~♪
家に帰ると次々食べ物がやってきて~♪

(そんな歌はありません)

よ~さん食べて、よ~さん働かにゃ!

2017年6月19日 (月)

食べ物はあまり買わない118

びわの季節です。

≪きましたー≫
P6170010

毎年恒例、淡路のびわです。

≪びわの下から、コンニチハ≫
P6170011

びわ2段をどかすと、きゅうり、たまねぎ、いんげん、
新じゃがが出てきました。

相変わらず、食べ物には恵まれてます。

2017年2月23日 (木)

食べ物はあまり買わない117

ヤマジイがお世話している畑の大根をもらいました。。。

≪この大きさ わかる?≫
P1160008

≪CDをすっぽり隠す直径の大根≫
P1160009

そういえば、最近、畑の主に会っていない。

マカオでの防衛戦に判定で負けて以来、
どうしてるのかな。。。

しかし、あのスポーツって、アウェーで判定になると、
絶対に負けさせられるのよね。くやしいなぁ。

2017年2月21日 (火)

食べ物はあまり買わない116

ある日の晩ごはん。
仕事で遅くなったので、軽く食べて寝ちゃいましょうか。

≪軽すぎる≫
P1270076

伯父が作った梅酒、
近所の喫茶店のバイトのお姉さんにもらったパン、
オケのバイオリンのHさんにもらった手作りジャム。

ちなみに、ワイングラスは近所の酒屋でボジョレ買った時のオマケ。
お皿は、淡路から持ってきた。

自分で買ったのは、バターナイフだけ。

やはり、わたしの食べ物も生活も、もらいものだらけ。

わたしの人生も、ほとんど、みんなのものではないか。

2017年2月18日 (土)

お酒はあまり買わない18

2015年の4月に作ってあった
ジャムのお酒が少し残っていたので、
全部空けました。

≪ちゃんと 飲めた≫
P1310168

例えようのない不思議な味。
もとはラズベリージャムだけど、ラズベリーの味はしないなあ。
まあワインだってぶどうの味そんなにしないしね。

これを作ったときは、いろんなこと考えて、
うきうき、落ち着かない日々を送っていました。

その後、いったい何度しょっぱい思いをしたことか。

しかし、しょっぱい思いをするたびに、
サポートしてくれる仲間はどんどん増えてます。
みなさん ありがとうございます。

2017年2月15日 (水)

食べ物はあまり買わない115

最近恒例の「ヤマジイ飯」最初はおかずだけだったのですが、
近ごろ、なぜかごはんまでついてきます。

≪ヤマジイ定食≫
P2080173

こんな完璧な夕食セットをいただいてしまい、
わたしの調理能力はどんどんスポイルされています。

84歳に食べさせてもらう42歳ってどうなんよ?
と 思いつつ、今夜も残業で遅くなり、
ヤマジイ飯をありがたく いただきます。

ヤマジイが引っ越してきた2015年秋に、
つらい別れを経験して、
そのドタバタの中に現れたのがヤマジイ。

それから、ヤマジイと人間関係ができて、
泥酔するまで呑みに行ったり、
一緒に六甲山牧場いったり、
玄関先に弁当運んでもらったり、
なぜか手をつないで一緒に帰ったり(←介護のつもり)
ついにおかずをもらいにいく関係(!?)になったり、
約1年3ヵ月という時間は、ご近所付きあいを発展させるのに
充分すぎる時間なんですね。

いま こんなご近所付き合いができて、
本当に幸せだなあと思います。

2017年2月11日 (土)

食べ物はあまり買わない114

某月某日会社にて。
仕事が全然終わらず、夜なべをしていたら。。。

≪営業企画と、商品開発担当の人が食べるものをくれた≫
P2090175

こどもスムージー、のり天、するめ。
ようわからん組み合わせ。
後者ふたつをお酒なしで食べるのは、
なにかの我慢大会ですか?

さて、仕事を切り上げて帰宅したら、
材木屋社長にもらった鰆の味噌漬を焼き、
ヤマジイにもらった味噌汁飲んで、
オケの方にいただいた二十日大根を食べながら
オーナーさんにもらった日本酒を飲む。

≪二十日大根 何もつけずとも 甘くておいしい≫
P2090177

おやつは、伯父にもらった金柑と、
ヤマジイにもらったりんご。

人間の体は食べたものでできているので、
わたしの体の半分以上は、
まわりの皆さんからのいただきもので、できています。

2017年2月 9日 (木)

食べ物はあまり買わない113

○月×日20時過ぎ、大阪市内某所、
オフィスビルからひとりの女性が出てきて、
駅に向かいながら携帯電話で誰かと話をしている会話が、
ところどころ聞こえてくる。

「もしもし? 。。。です。今会社を出ました。
 9時過ぎに戻ります。今日、ばんごはん、あるかな?」

声の相手は母親か(家族と同居中の独身女性か?)、
もしくは、旦那がご飯を作って待っているのか。

「。。。後で帰ったら連絡する」

後で連絡って、一緒に住んでいたら後で連絡は不要ではないか。
もしくは、恋人の家にでも行くつもりだったのか。
食事がないとわかって、恋人の家に行くのをやめたのか。
薄情な女だ。

 :
 :

  

なーんて。

「もしもし? ヤマジイ? かおりです。今会社を出ました。
 9時過ぎに戻ります。今日、ばんごはん、あるかな?」

「あ~かおりちゃん、ごはん、あるよあるよ。
 取りにおいで。今日はお味噌汁と、
 漬物と、ごはんもあるよ。ぬくとうしとくよ」

うわ~めっちゃ助かるわ~帰ったらもらいに行く。後で帰ったら連絡する」

電話の相手は、母親でも旦那でも恋人でもなく、近所の独居老人でした。

より以前の記事一覧