« ヤマジイ85歳、タブレット生活はじめます!3 | トップページ | タブレットスタンドは買わない2 »

2020年3月31日 (火)

ヨーグルトのふたの裏のヨーグルトが好きな方へ

カップに入ったヨーグルトのふたをめくると、
裏についている、水分の抜けたヨーグルトが大好きです。
スプーンでこそげとって食べます。
カップの上のふち近所のヨーグルトたちも、
水分が抜けて濃厚でおいしいですよね。

そんなわたくしの
「水分抜けたヨーグルトをたくさん食べたい」
願いをかなえてくれるのが、

≪森永 パルテノ≫
P3160023

パルテノは「ギリシャヨーグルト」です。

ギリシャヨーグルトとは。。。
「一般的なヨーグルトはミルクを温めて発酵させますが、
 ギリシャヨーグルトは、このあとに「水切り」という工程を踏みます。
 「水切り」をすることで、余分な水分や乳清(ホエー)を省き、
 濃厚でクリーミーな食感が生まれるのです。
 ギリシャでは昔からこの「水切り」が行われていて、
 当時はモスリンと呼ばれるガーゼでろ過してつくられていました。」

パルテノ公式ホームページより)

というわけで、水切りヨーグルトがギリシャヨーグルトです。

これまで、ヨーグルトのふたの裏や、
カップのふちのヨーグルトは、
自然に水切りがされていました。
それを、わたしは好んで食べていたわけです。

水切りすれば、
淡路島ヨーグルトもギリシャヨーグルト化できるのでありますが、
横着して、近所のスーパーで、いつもまとめ買いしてきます。

ふたの裏のヨーグルトの一気食い!

|

« ヤマジイ85歳、タブレット生活はじめます!3 | トップページ | タブレットスタンドは買わない2 »