« 2017年11月 | トップページ | 2018年1月 »

2017年12月

2017年12月31日 (日)

「気」を送ります

なんかうまく言えませんが。。。
最近「気」を送ることが大切だなと思います。

この前、手術前の上司に「念波送ります!」とメールしました。
わたしの上司は、このひと月で二度も手術を受けました。
それで会社も休んでいるので、手術前夜に、無事を祈って
メールしたのです。
別にメールしたところで、手術の成否に何の影響もないのだけど、
たた、無事を祈っているひとが、家族以外にもいますよと
を伝えたくて。
そしたら、手術直前に
「もう手術着に着替えてますけど(笑)激励ありがとう」
という返信が届きました。

それとは別に、先日、チェリストのパブロ・カザルスの伝記を読んでいたら、
ふと、同じオケのチェロのYさんがバルセロナに旅行に行っていることを
思い出し、会社の昼休みにメールしました。

「今バルセロナですよね? ちょうどカザルスの本を読んでいたら
 バルセロナがでてきたので、Yさんのこと思い出しました」

すると、数時間後返信があって、
「かおりちゃんからの念があったのか、
 空港でカザルスの素敵なラウンジとの出会いがありました」
と返信が。

バルセロナの空港には「カザルスの部屋」というラウンジがあるのです。

≪Yさん撮影・カザルスの部屋≫
Photo_3

まあわたしがYさんにメールしなくても、
Yさんはラウンジに行って、カザルスと出会っていたはずですが、
それでも、読んでいた本をきっかけに、旅先のYさんを思い出し、
ちょっとメールして、こうやってつながると、
わたしの読書も深まったり、Yさんの思い出も濃くなったり、
こういうことの積み重ねが、
生きることの味わいを濃くしていくのかなぁと
考えました。

2017年12月30日 (土)

たのしいご近所づきあい394

近所の喫茶店の常連さんで、
おかまバーのママ(男性)は、
とても優しいのに、時々、すごい直球の下ネタを
さらりと 会話に挟み込んできます。

先日、ママと、常連のタルチャン(20代男性)が会話していた時のこと。

最初、風邪ひいたときに鼻水を何で拭うかという話をしていて、
欧米の人は、ティッシュではなくて、ハンカチで鼻かむよね~とか、
そういう話をしていたはずが、ママ、いきなり、

「ところでタルチャンは子種を何で拭うの?」

2017年12月29日 (金)

たのしいご近所づきあい393

ある日曜日。
お昼過ぎにいつもの喫茶店に行くと、マスターが
「かおりちゃん そば焼き食うか?」
食う食う!

マスター手作りまかないそば焼きにがっついていると、
近所のおかまバーのママ(男性)が登場。

「ま~ かおりちゃん いいもの食べてるわネ。
 ここのマスターは何でも作るからね。
 子供は作れないけど」

さらりと毒を吐くママ。
自分のことを「尼さんになっちゃう
と言い放った毒舌?は健在。
さすがです。

※注 マスターは独身です

2017年12月28日 (木)

スカート処分しました。

最近すっかりペースが落ちましたが、
たまに 思い出したように何か処分しています。

≪スカート≫
Pb260018

左から、スーツのスカートと、黒いプリーツスカート。

スーツのスカートは「組曲」のもので、ジャケットも持っているので、
そのうち、スーツとして着るだろうと(転職活動の時に使おうと)
保管していたけれど、結局着ていない。
それに、実際転職活動することになっても、
このフレアーなシルエットは43歳の転職活動には不向きなので 処分。

黒いプリーツスカートは、もうプリーツが取れかけていたけれど、
黒なので、法事の手伝いとかで使っていたので 残してました。
でも、もうそんな場合は喪服を着ればいいから これいらない。

というわけで、2枚処分しました~。

2017年12月27日 (水)

「あいさつ」で広がるご近所づきあい6

会社の昼休みのこと。
近隣の店にランチにでかけ、会社のビルに戻る途中、
わたしの前を、自転車押しながら歩いていたオバチャン、
後輪とサドルの間に突っ込んだ傘の一部が、
上着にひっかかっていて、危ない。
あのまま乗ると危険。

教えてあげようかあげまいか、
躊躇してましたが、
わたしと同じビルの方角に歩いていくので、
どうにも我慢できず、ついに言ってしまった。

「あの。。。傘が。。。。上着に。。。。」
(こういうの 苦手です)

そしたら、オバチャン
「ああほんまやなあ。あぶないとこやったわ。
教えてくれてありがとう。ところでおねえちゃんどこで働いているの?」
息つく暇もなく、だーーーーっと話しかけてきます。

なんとか「え~と そこのビルで。。。」
と答えると、オバチャン
「それでか~、なんか見たことあるような気がしてん。
 わたし、そこのビルで掃除の仕事してんねん。
 今日もこれから仕事でな。またビルで会ったらよろしく!」

わたし、会社での教えを守り?わりと挨拶はするクチで、
ビルで掃除のオバチャンや警備のおじさんに会ったら、
いつも挨拶するんです。それで覚えてくれてたのかな。

何はともあれ、ビルで掃除のオバチャンに挨拶する楽しみが増えました。
わたしのご近所付き合いも、こうやって拡がりましたから。

2017年12月26日 (火)

たのしいご近所づきあい392

12月24日(日)
近所の喫茶店のマスターが「お昼豚汁食べにおいで」
と言ってくれていたので、昼下がりに行ってみた。

≪マスター特製豚汁定食≫
Pc240023

焼き鳥付き!
うひゃうひゃと食べていたら

「これも付けとくわ!」

≪カニの足がついてきた(右上)≫
Pc240024

カニ足は、格闘技のチャンピョンEちゃんの差し入れい。
豪華定食。

ごはん食べてる最中から、マスター
「飲み物は何にする? 焼酎か? 日本酒か?」

純喫茶なんですけど。。。

礼儀として?コーヒーをオーダーしたのだけど、
あとから現れたおかまバーのママが
「かおりちゃん クリスマスプレゼントよ」
と コーヒー代払ってくれたので、
結局、一銭も払わず。。。

しかも、マスター、クリスマスだからと言って、
おみやげに、骨付きチキン焼いたのを持たせてくれ、
バイトのお姉さんは、近所の引越屋の餅つき大会でもらった
お赤飯をくれた。

相変わらず食べ物には恵まれてます。
優しいご近所さんに囲まれ、かなり幸せな時間。
しかし、ちょっぴり人肌のぬくもりが恋しい独身女43歳のクリスマスイブ。
こんなんでよいのかしら。

2017年12月25日 (月)

買いなおしたアロハのこと

前日の記事に書いた「買いなおしたアロハ」の話。

わたし、以前にアロハを買って、そして処分してました。
Sサイズは肩幅が合わなくて処分したので、
今度はMサイズで購入。前回と同じく、ハノハノという
ネットショップで買いました。

≪これです≫
P7020072

また同じような服を(笑)

前回に続き、冬至近辺になぜかアロハの話

ようこそ アロハ。
さよなら 夏の日。

で 何か捨てたのかい?

2017年12月24日 (日)

Tシャツを捨てる。

いやいや、捨ててはいません。
でも、Tシャツ1枚処分しました。

≪砕氷船Tシャツ≫
Pb270020Pb270019

ロシアの原子力砕氷船「50イヤーズ オブ ビクトリー」
スペシャルTシャツ。かなりカッコイイデザインです。

じゃあなんで処分したのかって?
う~ん、なんとなく、そういう気分になって。。。
今年の夏ほとんど着なかったしなぁと。
メンズのSは少々大きいし。
この夏は、結局、買いなおしたアロハばかり着ていました。

でも 捨てるには忍びないので、近所の、
ブルースハープ奏者のYくんに、
もらってくれるか 尋ねました。
彼、以前にも、南極用パルカをもらってもらい
ずいぶん気に入ってくれたので。

「いるいる! めっちゃかっこええやん!」

そんなわけで、砕氷船TシャツはYくんのもとへ
嫁に行きました。よかった。

2017年12月23日 (土)

たのしいご近所づきあい391

第九の後風邪でダウンして月・火と仕事を休みました。
しかし、なんというか。。。体調悪くて休んでいるので、
寝てばっかりなんだけど、変な夢見るし、
起きていても何もやる気が起きず(そりゃそうだ)
考えてもどうにもならない悩みをエンドレスで考え続けてしまう。
体調不良でひとり家で寝ているときの精神状態ほど
悲惨なものはないなぁ~と思います。

これなら会社で仕事してるほうがまし。

で、結局、声が出る程度に体が復活するのを待って、
水曜の午後から、着こんで、マスクして、出社しました。

と その前に、喫茶店でパンでも食べていこ。。。
ずっとおかゆ生活だったしね。

いつもの喫茶店に立ち寄ると、マスターが
「なんやかおりちゃん風邪か。あかんな。
 あったかいもの食べさせたるわ!」

≪水餃子が出てきた≫
20171220120116

純喫茶やのに。。。
これがおいしくて、スープもおいしかったので、
「ここにラーメン入ってたら最高やな~」
と 言ってみたら

≪ラーメン 入れてくれた≫
20171220120718

純喫茶やのに。。。。
も~どうなってんのこのお店。

(ちなみに、オーダーしたのは、ホットのオーレです)

マスターの温かな心づかいに、
心もお腹もホカホカにして、
なんとか会社に行けました。

で 会社に着いたら、パートのおばちゃんんが、
「あんた これ飲んで免疫力つけや」

≪左から、高麗人参酒、びわの葉酒≫
Pc200025

家でひとりで寝ていたら、孤独で、もう自分はダメダーってなっちゃうけど、
「街へ飛び出せば ほら みんな 振り返る~♪」
(元気を出して by 竹内まりや)
そんな感じ? ほら みんな 食べ物くれる~♪

2017年12月22日 (金)

お酒はあまり買わない19

年末の第九の翌日、風邪をひいてダウンしました。
というか、その少し前から予兆はあったのですが、
やはり演奏会本番前で気が張っていたのか、
本番までは、そんなに不調もなく持ちこたえてました。

しかし、本番終わって夜寝て朝起きたら。。。声がでない。
風邪ひいた森進一(ってどんなんや)みたいな声しかでません。
これじゃ 会社に電話すらできない。
たぶんこれで電話したら、
いたずら電話か、身代金要求電話と間違えられる!

というわけで、月・火と仕事もお休み。

演奏会の余韻に浸るわけでもなく、
もうただ 回復するために養生あるのみ。

ガスファンヒーターの効いた部屋でのんびり過ごしていると、
やたら喉が渇いてしょうがないので、
炭酸飲料を飲んでしまった。

≪獺祭 スパークリング≫
Pc190022

この前、近所の喫茶店のマスターがくれたので。。。
炭酸の泡が渇いた喉にすいすい吸い込まれ、
そして酔ってしまった。

アルコールで風邪も消毒じゃい!

2017年12月21日 (木)

たのしいご近所づきあい390

前日の記事の通り、第九のあと、近所の喫茶店で
マスターの手厚いもてなしを受けていたら、
ばよりん職人さんの携帯が鳴りました。

電話の主は、近所の呑み友達のKちゃん。
ちなみに、このKちゃん、わたしと同い年で、
運転大好き、その腕を買われて、
Googleストリートビューの撮影車の運転手やってます。

そのKちゃんが
「今、居酒屋Uにいるんだけど、マスターがご飯炊いたから
食べにおいでって。かおりんに電話したけど出ないんで!」

あ~ わたしの携帯、マナーモードで鞄の中にほったらかしやった。

そんなわけで、喫茶店を後にし、居酒屋Uに移動する
ばよりん職人さんとわたし。

たのしいご近所付き合いは、続きます。

2017年12月20日 (水)

たのしいご近所づきあい389

日曜日、恒例のニチヨウダイク(日曜第九)本番を終え、
そのまま打ち上げに行かず帰宅しました。

この半年ぐらい行動パターンが変わっており、
呑みに行かず、まっすぐ帰宅です。

しかし地元の駅に降り立つと、まだ18時15分。
近所の喫茶店(18時まで)にマスターまだいるかも。
そう思い、ちょっとマスターの顔を見に行こうと、
お店に立ち寄ると、お~いるいる!

マスターだけでなく、常連のオケチャン、そして、
仲良しのばよりん職人さんもいました。

マスター
「かおりちゃん、おかえりやっしゃ!今日第九やったんやろ?
 お疲れやなぁ。何か食うか?シチューあるで!」

そういって、シチューをあっためて、ささっと、
わたし、ばよりん職人さん、オケチャンに出してくれます。
なぜかワインとか、日本酒も出てくるし。

マスター
「今日はかおりちゃん打ち上げに行って来ないと思ってたけど、
 せっかく来てくれたから、みんなで宴会や!」

そう言って、生ハムサラダとか、お歳暮の焼き豚焼いたんとか、
つぎつぎに食べるものが出てくる不思議な喫茶店。
やっぱりご近所さんはええなぁと思った日曜でした。

2017年12月19日 (火)

楽譜を捨てる

年末の第九が終わったので、楽譜を処分します。

≪さらば楽譜たち≫
Pc180022

セビリアの理髪師序曲、アイーダの凱旋行進曲、
そしてアンコールの楽譜を処分。

こんなふうに思い切りよく、
捨てられない自分の気持ちも処分できたらいいのに。

2017年12月13日 (水)

年賀状 もう書いた

11月3日、文化の日の周辺に大掃除を済ませたら、
翌週は年賀状でした。

11月の某土曜日、オケから帰った後、
ひたすら、夜中まで宛名書きをしていました。
システムの仕事をしているくせに、
ここは相変わらずアナログ対応です。

日本酒呑みながら、1通書いてはひとくち呑み、
また1通書いてはひとくち呑み。。。

と やっていると、20通ぐらい書いた時点で、
酔って頭がふらふらしてきました。
そんなことをしながら、
夜中までかけ宛名書き終了。

でもね、いっつも書いていることだけど、
11月に年賀状準備できても、
まだ投函してはイケマセン。
今回は、12月15日(金)から受付開始なので、
それより早く投函すると、普通の葉書みたいに、
早く届いてしまうので注意。
しかも、郵便料金の差額も発生するしね。。。

12月15日まで、年賀状は寝かせておきましょ。zzz

2017年12月12日 (火)

たのしいご近所づきあい388

例の、神戸の≪世界一のクリスマスツリー≫、
ツリーとして役割を終えたあとの使い道で
いろいろ物議をかもしておりますが、報道によると、
生田神社に鳥居として奉納されるとかナントカ。

それを聞いた、近所の、ばよりん職人さんが、ひとこと。

「それがホンマの ≪クリスマストリイ≫ やな」

2017年12月11日 (月)

たのしいご近所づきあい387

日曜の夜、マンション1Fのホールでチェロを弾いていた時のこと。

なんだか妙に視線を感じるので、
あれ? なにかな? と 視線の方へ目をやると、
なんと、窓ガラスの向こうに、お目目クリクリのイタチがいて、
つぶらな瞳でこっちを見ていました。

チェロ弾いていたら動物がこっち見てるって
セロ弾きのゴーシュとか、ジブリの世界みたい。

キャ~!!と盛り上がるわたしの気配を感じたのか、
イタチはさっさと1Fガレージ奥に消えていった。

イタチを追いかけて事務所の前に来たわたしは、
中で仕事していたオーナーさんに

「いま、めっちゃかわいい小動物見た!」

と 大興奮して報告したら、オーナーさんは冷静に

「ああイタチやろ。でもな、かおりちゃん、
 かわいいかわいい言うとったら、
 前に、猫のたたりみたいなことあったやろ。気ぃつけなあかんで」

ぎゃ!

« 2017年11月 | トップページ | 2018年1月 »