« 2016年6月 | トップページ | 2016年8月 »

2016年7月

2016年7月31日 (日)

ホームシアターごっこをしたい13

イケアでロールスクリーンを調達し、次は設置です。
壁(わが家のマンションの場合は、梁?でっぱりの部分)に
穴を空け、ネジを差し込むのですが、でっぱりの素材は
コンクリートらしい。

≪業務用≫
P7180556

業務用ドリル?電動ドライバー?よくわかりません!
一般家庭にはこんなのありませ~ん。

≪コンクリートの穴を空けて、なんとかネジ?を刺し込み中≫
P7180555

≪養生シートも敷いてくれて、本気の工事中≫
P7180554

≪設置後の様子≫
P7240592

保護色? 壁紙になじんで違和感なし。

≪カーテンを邪魔することなく、下ろせます≫
P7240593

でっぱりの分だけロールスクリーンが前に出ているので、
カーテンはそのままに、ロールスクリーンを
下ろすことができます。

≪全部下ろしました≫
P7240594

ひとつ前の写真のとおり、外は明るく、
カーテンも開けたままだけど、
ロールスクリーン下ろすと、いい感じに暗くなります。

本来邪魔ものになってしまう梁をうまく活用できました。

≪こ~んな感じで映る≫
P7180562

これは、夜に撮った写真。
約80インチ大のモニターになりました。

≪台所から見る≫
P7180567

台所の電気を点けていても、洋室を暗くしていれば、
ある程度見えます。

晩酌をしながらカルテット鑑賞できます。
うれしい。

普通の賃貸マンションだったら、
オーナーさんが「コンクリートに穴空けたらあかん」
となるのが、オーナーさん自ら穴を空けてスクリーン設置。
しかも買い物まで付き合ってくれる。

こんなマンション、普通ないよなぁ~。

つづく

2016年7月30日 (土)

ホームシアターごっこをしたい12

ニトリでのロールスクリーン調達に失敗し、
しかも、その夜はばよりん職人さんのお宅で、
深夜2時まで深酒。。。

翌日お昼頃目が覚めて、思いついたのは、イケア。

神戸にはイケアがあるぞ~!!

早速、イケアのWEBサイトを検索すると、
むふふふ、遮光ロールスクリーンあるじゃないの。

横180cm×縦195cm

これなら、大きすぎることもない。
しかも、税込3999円。安い!
(ニトリは、税込5990円です)

またまた、オーナーさんにドライブのリクエスト。

「イケアは休みは混んでるで~。平日に行こうな」

とのお返事。実は、オーナーさんイケア大好きで、
1Fホールの備品は、かなりイケアで調達されているから、
イケアに詳しいのです。

余談ですが、オーナーさん、イケア以外にも、
ニトリ、アグロガーデンなど、インテリア、ホームセンターを
使いこなしておられます。
一時期、アグロガーデンで毎週木材を買っていたそうで、
ついにお店のお姉ちゃんに顔を覚えられてしまったとか。

お姉ちゃん:「いつも木材買われてますね。大工さんですか?」

オーナーさん:
「ううん。違う。ぼくミュージシャンやねん。。。カーペンターズ。。。」

 
 
 

さて、結局夕方に「もうこの時間やったら空いているから行こか」
イケアに連れて行ってもらいました。

広い店内をぐるぐる回りながら、
なぜか、オーナーさんは二段ベッドがほしいと言い出し、
しばらくベッド鑑賞。写真をパチパチ撮ってました。

それにしても、イケア、安いですね~。

オーナーさんが、ぽつりとひとこと。

「こんないい製品が安く売られてるって、
 先進国は発展途上国から搾取してるよなあ。
 これが遠因的に不満因子となって、テロの原因になってるんちゃうかな」

その後は、あれも安い~これも安い~と、
ロールスクリーンにたどり着くまで、
2人でぷらぷらウインドーショッピング。

つづく

2016年7月29日 (金)

ホームシアターごっこをしたい11

プロジェクター映写用のロールスクリーン購入について、
Googleで検索すると、
ニトリの遮光ロールスクリーンがおすすめ、
という記事がたくさん出てきました。しかも安い。

というわけで、海の日の3連休、
マンションのオーナーさんにお願いして、
和田岬のニトリへ連れて行ってもらいました。

(取り付けの許可と、取り付け作業までお願いして、
 さらに買い物まで付き合ってもらった。
 もちろん運転手はオーナーさん。笑)

車の中ではなぞなぞ大会?
オーナーさんのとっておきのギャグを披露してもらいました。
ここに書きたいのは山々だけど
「まだ誰にも言うたらあかんで」
と釘をさされているので、言えず。
超おもしろいネタ、あ~しゃべりたい!!

そんなこんなしながら、ニトリ着。
お目当てのロールスクリーンが。。。
あったのだけど。。。

サイズが。。。でかい!

こんまい!(←小さい の方言)

わたしが買おうと思っていたのは、横180cm×縦180cm だけど、
横180cmの場合、縦は220cmしかないのです。
大は小を兼ねるといっても、40cmも余るのはいやだ。

かといって、縦を180cmにすると、横幅が60cmとかになってしまう。
これも困る。

カップラーメン作る時ですら、
ぴったりの量の湯を沸かしたい性分なのに、
ロールスクリーンが40cmも余るなんて耐えられない!
(大げさやな)

そんなわけで、せっかく連れてきてもらったのに、
購入は見送りました。

オーナーさんは、水出し緑茶作るとか言って、
500円ぐらいのポットを購入。すみません~。

で、マンションに戻り、オーナーさんと、1Fでビール呑んでました。

つづく

2016年7月28日 (木)

ホームシアターごっこをしたい10

掃き出し窓にロールスクリーンをつけて、
でっかい映像を映したいなぁ~と妄想が止まらず、
別件で壁紙の一部をカットしに部屋に現れたオーナーさんに相談。

「ロールスクリーン? ああええよ。買っておいで。取り付けやったるわ」

オーナーさん、さらりと回答。やった~!

オーナーさんの持ち物だから即判断できて、
しかも建築技術があるから取り付けまでお願いできる。
このあたりが、普通の賃貸マンションと全然違うところです。
すばらしい。

さて、どこのロールスクリーンをつけようか。
旧宅時代は無印だったから、また無印にオーダーしようかな。

と思い、Google先生に

「プロジェクター ロールスクリーン」

と 質問すると、意外な回答がでてきました。

つづく

2016年7月27日 (水)

ホームシアターごっこをしたい9

掃き出し窓にロールスクリーンをつけて、
プロジェクターの映像を映したら、気分いいだろうな~と
考え始めると、もう、その気でいっぱいになります。

そういえば、旧宅時代も、ロールスクリーン
プロジェクターの画像映して見ていたんだった。
(この頃、プロジェクターも借りものだった)

≪旧宅の窓は、腰高窓でした≫
Dscf0335

≪こんな感じで、映してました≫
Dscf0403

当時は腰高窓だったけど、今回は掃き出し窓。
この窓いっぱい幅のロールスクリーンを設置すれば、
かなり大きな画面になるだろうな~、
むふむふ。と妄想。

つづく

2016年7月26日 (火)

ホームシアターごっこをしたい8

先日、白い布を捨てて、プロジェクターの映像は、壁に直写しするようにしました。

それとは別に、掃き出し窓に向かって映写すると、
なかなか大きく映り気分が良いということに、
最近気づきました。

≪カーテンに映っている≫
P7100528

先日、ベルリンフィル12人のチェリストを見に行った翌日、
興奮覚めず、こうやってカーテンに映した映像を見ながら、
台所で晩ご飯食べてました。

しかし、これだと映す相手がカーテンなので、
波打っていて少々都合が悪い。

う~ん、窓にロールスクリーン付けようかな。。。

つづく

2016年7月25日 (月)

たのしいご近所づきあい305

仕事仲間には、なかなか気を許すことができませんが、
オケの仲間とは、そういう利害関係なしに、
もっと気楽に付き合える。

そう思っていたら、パート内で紛争勃発!
きっかけは些細なことなのに、
当事者同士、人格批判?の泥沼状態に。

その状況を鎮めるべく、わたしも、
ふだんなら絶対にやらない大噴火をして
「まあ かおりちゃんがそこまで怒るんやったら、喧嘩はやめておこうか」
で 無理やり鎮火。

この1週間、そのことばかり考えて消耗してしまいました。

特に土曜日は、当事者の方と話し合いもあり、
朝からおなか壊すし、頭くらくらするし、
よれよれ状態でした。

土曜日に、とりあえず鎮火作業終了し、
日曜日は、ひさしぶりに戦闘モードOFFの休日。

近所の喫茶店でお昼ご飯を食べさせてもらい、
夕方は1Fに集まったご近所さんと、ダジャレトークで盛り上がり、
夜は、ばよりん職人さんと晩ごはん。

職場はお金や評価が絡むから人間関係がややこしく、
オケは音楽を作るための役職や立場があり、これが意外にややこしい。
しかし、ご近所さんはお金も、共通の目標もなく、
本当に気を許してのびのび付き合えます。

田舎だと、近所でも、敷地の問題とかあるかもしれませんが、
都会のマンション住まいは、それも関係なし。
一切の利害関係なく、純粋に、性格基準で
人間関係を築けるご近所づきあい、
本当に面白いなぁと思った日曜でした。

2016年7月24日 (日)

大切にしたいこと

ふた月ほど前、シンガーソングライター崎谷健次郎さんのセミナーに行きました。

この方、とても素敵な声(わたしは、すりガラスのような声と表現)の持ち主で、
素敵なのは声だけではなく、作る曲も編曲も素敵で、ピアノも上手で、
わたしが高校生の頃、崎谷さんの曲をずっと聴いて過ごしていました。

大学入学後、オーケストラ部に入ってクラシックを聴くようになってから、
崎谷さんから遠のいていましたが、近ごろ、ヤフオクでCDを安く手に入れて、
聴いています。

実は、わたしが崎谷さんから遠のいていた期間、
崎谷さんは喉の病気で声がでなくなり、
3年ほど、歌手活動をお休みされていたそうです。

その後、治療やボイストレーニングの甲斐あって声を手に入れ、
以前よりも素敵な声をきかせてくれるようになりました。
(すりガラスを通った光のような柔らかな声)

その崎谷さんのセミナーに行ってました。
前置きが長くてすみません。
崎谷さんが声を失ったとき、どうやって克服したか、
そういうテーマのセミナーでした。

「声が出なくなった時も、
≪音楽が好き≫というのがモチベーションの原点だった。

そういうことを、話されてました。

そのお話を聞きながら、
「なぜ わたしは音楽をするのだろうか」
ということを考え始めました。

音楽って、食べられないし、着られないし、
なくても生きていけるんじゃないだろうか。

でも、何かの文章で

「音楽は、空気を振動させ、その振動が、
 たとえば、ひとの鼓膜や肌に伝わることで、
 そのひとの体に直接訴えかける作用がある」

それって、音楽だけではなく、話す言葉や、
自分が出す音にもいえることで、
自分が出している音は、演奏だけでなく、
すべてが、周りの空気に作用して、
なにか、ひとに影響しているのだと思いました。

それならば、演奏はへたっぴーでも、
わたしが話したりすることで、
少しでも周りの空気が(周囲のひとの気分が)
よくなれば そんな風に思いました。

まあ そこまでいかんでも、周りを不快にしないよう気を付けよう。。。と。

そこから、発想がどんどん飛躍していって、
音だけではく、それは、文章とか、
自分のアウトプットすべてに言えるのではないだろうか。
そんなことを考えてました。

セミナーの翌日、そんな風に考えて誰かと話ししたり、
文章を書いていると、結局、それが自分にかえってきて、
わたし自身がとても気持ちよかったです。

実は、このセミナーに行くまでは何か月か、
仕事もプライベートもしんどくなってしまい、
すべて放り出して逃避行したいなとか
冗談交じりで話したり書いたりしていましたが、
そこから、やっと抜けられました。

崎谷さんありがとう。

このブログで、みなさんの気持ちも少し良くなればうれしいです。

2016年7月23日 (土)

白い布を捨てる。

神戸ハーバーランドに、 northshore というカフェができたので、
偵察に行ってきました。

northshore 。。。 このブログの URL とおんなじなので、
他人事と思えず?偵察に行った次第です。

はい。おしゃれでキレイなカフェでした。

で、ここでの収穫。

プロジェクターでの映像を、壁に直写ししてました。
壁の木目かなにかも見えてましたが、
意外に違和感なし。

これなら、わが家でのプロジェクター映写も、
スクリーン代わりの白い布なしで、
壁紙に直接写しても、意外に大丈夫かもと思って、
白い布捨てました。

当時、いらなくなったら
「シーツに使う」「ズボンを仕立てる」
とアドバイスもらっていたのを完全に忘れて
処分してしまいました。

(リンクを貼ろうと、当時の記事を検索して思い出した)

それですっきりしたわが家の壁。



2016年7月22日 (金)

バスタオルを捨てる2

わが家には、バスタオルがありません

何年も前に捨ててしまい。。。そのまま、ずっとバスタオルなし人生です。

さて、GWに大量に土を運んで以来傷めてしまった肩のリハビリで、
ここ2か月ほど整形外科に通っていました。

もう症状も落ち着いて、リハビリも終了しましたが、
最後にリハビリのときに、若くてかわいい理学療法士の
お兄さんが「再発防止のために」と
何種類かストレッチを教えてくれました。

寝転んで、背骨の下にストレッチポールを入れてする
ストレッチばかりですが、お兄さん曰く

「ストレッチポールは持っていなくても大丈夫ですよ。
バスタオルを丸めて代用できます」

わが家には バスタオルがありません。。。

とも言えず、先日100均に行くと、
100円でストレッチポールが売られているではありませんか!

ただ、それは、デザイン的にNGなのと
(部屋に置きたいと思えるデザインではなかった)
空気を入れて膨らますタイプなので、
重量オーバーでの破損が心配でパス。

やっぱりバスタオルを買うしかないかと、
後日、三宮の「クロワッサンの店」に行きましたが、
あまりピンとくるものはなし。
その足で元町の無印にも行ったけど、これも同様。

ここで折れて、あまり気に入らないバスタオルを
購入するぐらいなら、洗い替えの布団シーツ
丸めて使うほうがましだと思い、買わずに帰宅。

帰りの電車で。。。いいこと思いついた!

寝るときにかぶる、ガーゼケットを丸めたらええやん。
どうせストレッチは寝る前にするんだから、
ガーゼケットを丸めてストレッチして、
それが終わったら、ガーゼケットを伸ばして、
それを着て寝たらいいわけで。

≪ほら ちょうどいい大きさ≫
P7170543

2016年7月21日 (木)

家が広すぎる4

現在の部屋(2DK)に引っ越して以来、
部屋が広すぎると文句ばっかり言ってます。

ひとりでは使い切れないこの広さ。

オーナーさんにも、しょっちゅう文句言ってます。
すると「じゃあ誰か一緒に住む男見つけてこい!」
と返されるのですが。

でも、たまには、便利なこともあります。

≪チェロの弦 張替え中≫
P7170545

こういう作業をするときに、一部屋余ってるような状態は、
とても便利がいいです。

また、サイレントチェロを出しっぱなしにしても、
全然邪魔にもなりません。

この部屋一部屋つぶしても、寝る部屋と食事する部屋は
確保されてるので、まあ便利といえば便利です。

とはいえ、作業が終わったら全部片づけたい性分なので、
結局は、この部屋はなくても大丈夫なんだけど。

でも、せっかくなので、
この広さを活かしてちょっと遊ぼうかなと
計画しています。

2016年7月20日 (水)

間接照明はいらない3

インテリア雑誌に載っていそうな、
おしゃれな間接照明に照らされながら、
ワイングラスを傾けて。。。みたいけれど、

間接照明って、つまりは、
「間接的に光が当たればいいんでショ」
というわけで、
「今いる部屋の隣の部屋」
の灯りを灯せばOK。

≪玄関の灯りをつけてみた≫
P6130498

P6130499

こうやって、ちょぴっとムーディーな空間を作り、
この灯りの中でわたしが毎晩すること。。。


それは。。。

はみがき。

間接照明はいらない2 は こちら

2016年7月19日 (火)

たのしいご近所づきあい304

海の日の3連休の初日、近所の喫茶店に行くと、
いつもの常連さんが揃っていました。

なんでもな世間話をして、
そろそろ帰ろうかと思ったら、
いつも変なオモチャをくれるヤタベさん登場。

今回も光り物持参です。
光るキーホルダー1ダースと共に現れました。

≪もらったのは、これ≫
P7180547

一応、ディズニーシリーズだそうで、
。。。ドナルドダッグ?

≪チェロケースに付けてみた≫
P7180548

≪少し激しくゆさぶると、光る≫
P7180549

≪赤と青と点滅します!≫
P7180550

その夜、オケの練習の帰り、夜道で、
これが急に光り始めて、一緒に歩いていた
チェロのひとが、
「うわーなんやそれ!」
ものすごいびっくりしてました。

2016年7月18日 (月)

家の中を夏仕様にチェンジ!

半月ほど前に、家の中を夏仕様にチェンジしました。

≪じゅうたん撤去≫
P7020516

この頃は、イニシャルNとの戦い真っ最中だったので、
掃除機で念入りにじゅうたんを掃除します。
何往復したかわからんぞー。

じゅうたんを押し入れに片づけたら、
気持ちのよいフローリング。
足の裏が喜びます。

≪つべたくて 気持ちい~≫
P7020517

床が塩ビではなく、木材のフローリングなので、
夏場はとても足が快適です。

この家に越してきてよかったと思う瞬間です。

2016年7月17日 (日)

ちょっと そこまで

ちょっと そこのローソンまで。
ちょっと 1Fホールのイベントまで。

そんな、超近距離に出かけるときに、
財布・携帯・手ぬぐい・鍵 だけを、
ポイと入れられる気軽なカバンがほしい。

今のところ、最有力候補は、
LLBeanのトートバッグ(ミニサイズ)。
少し前までは店舗でしか購入できず、しかも、
ほしい色はすぐ売り切れで、常に入荷待ちだったのが、
今は通販で普通に買えます!
やったーーー!!

と 思いつつ、まだ買ってません。

ああどうしようと思いつつ、超近距離への移動は
これで済ましてます。

≪コンビニの袋≫
P6290509

ここに、財布・携帯・手ぬぐい・鍵を入れて、
そのへんへチョイと出かけます。

軽いし~、雨にぬれても心配ないし~

これってどやねんと思いつつ、
うちのオケのチェロのトップのひとの財布は、
三菱東京UFJ銀行の封筒だし
(ATMでもらうやつね)
まあ シンプルライフらしくていいでしょう。

2016年7月16日 (土)

自販機がなくても

この前、ベルリンフィル12人のチェリストのコンサートに行ったときのこと。

開演5分前に、どうしても喉が渇いて、
何か飲みたくなりました。

急いでロビーに出て自販機を探したけど、ありません。

ホールの方に尋ねると、会場を出て少し離れたところに自販機があるそうで、
ちょっと時間的にきびしい。

うーん、困ったと思うのと同時に、ひらめいて、
お手洗いに行きました。

お手洗いの洗面所で水を出して、
ひとくち、ふたくち、みくち、ごくごくと飲みました。

洗面所の水でうがいするぐらいだから、飲んだってOK。
トイレの手洗い水が飲める国、ニッポン、ブラボー!!

それで、喉の渇きも収まり、涼しい顔して座席に戻りましたとさ。

2016年7月15日 (金)

チェロのおかげで17

先日、チェロ持って神鉄で移動中、
プロの音楽家を撮る写真家のおじさんに
話しかけられた
その後。

Facebookで写真家さんとつながったので、
メッセージ機能で文通?をしてました。

そのうち、この方には、なぜか近所の喫茶店のことを
伝えるとよい気がしました。
いつも行く喫茶店、内装がとてもレトロで、
被写体として、または写真の背景として
面白い場所だからです。

そこで、その喫茶店のことを伝えたところ。。。

「え~~~っ? びっくり」 という反応。

実は、その方、近所の喫茶店に何度も行かれており、
マスターのことも知っていると。

世の中は狭いなあ~と思いながら、その後、
喫茶店に行って、マスターにその話をしたら、

「ああ そのひとやったら、○○通の○○写真館の○○さんや」

実はご近所さんでした。

プロの音楽家を撮るような写真家は東京や大阪の都会に
住むものだと思い込んでいましたが、
拍子抜けするほどご近所さんでした。

チェロのおかげでつながったご縁は、
楽しいご近所づきあいの輪を拡げることになりそうです。

2016年7月14日 (木)

たのしいご近所づきあい303

前日の記事のとおり、ご近所さんと話してパワーチャージして、
次の日は体調も戻り元気に出勤。
前日分のリカバリーもあって、夜の8時半まで仕事してました。

マンションに戻ったのは9時半過ぎですが、
1Fでオーナーさん、同じマンションのNちゃん、
そして、オーナーさんのギャグの師匠Tさんが呑み中。

わたしもローソンで食料を調達して参戦します!

Tさんは尼崎まで帰るので、早めに離脱されましたが、
「ひとつ屋根の下」オーナーさん、Nちゃん、わたしは、
11時頃まで、呑みながらだらだらトーク。

この日は、ご近所のみなさんをお酒に例えたら、
何になる? というネタで盛り上がってました。

さわやかもてもてYさんは「女子会に必須のさわやか系フルーティー日本酒」
何を話しても1分後に下ネタになるYBさんは「ハブ酒」
ウイスキーのCMの歌をギターで弾いているくせに飲めないTさんは
「ノンアルコールウイスキー」。。。など

お開きになったら、3人で戸締りをして、
一緒にエレベーターに乗り、
それぞれのフロアで降りて
「おやすみ~」

寮でもシェアハウスでもないけれど、
人とのつながりが、しっかりできていて、
でも、プライバシーも守られている。

ここは、本当によい住処です。
これもオーナーさんの人柄ゆえ。

2016年7月13日 (水)

たのしいご近所づきあい302

休日出勤明けの月曜日朝。

起きて、布団をあげて、その日着る服を出して。。。

「あかん」

頭がふらふらするので、休むことにしました。
さっきあげた布団をまた出して敷いて、寝る。

ぼんやりした頭で、
ちょっと最近思い悩んでいることを考えて
そのまま気を失ったり、うつらうつらしながら、
結局昼過ぎまで布団の中で過ごして、
昼下がりに、ようやく起きて、近所の喫茶店に行きました。

ちょうどお客さんがおらず、暇な時間だったので、
マスターが
「ざるそば食わしたるわ! ちょっと待ってな!」

≪マスター特製 ざるそばセット≫
P7110531

天ぷらとサザエも付いてます。超豪華!

左上の青い薬味は、一見ネギに見えるけど、
実は、大葉を一緒に刻んであり、とてもよい香りがします。
こういった細かな芸が、さすが老舗喫茶店のマスターです。

その後、夕方、ローソンに行った帰りに1Fのホールに寄ると、
オーナーさん、そのおじさん、ばよりん職人さんが
ビール飲みながら井戸端会議中で、
わたしも混ぜてもらいました(ビールも もらった)。

別になんてことのない世間話を小一時間ほど。

近ごろ、あることに気をとられて、
一人で部屋にこもっていると、
ずっと同じことばかり考えてしまうので、
すぐ近くに、こうやって話できる人がいる環境は、
気が紛れて本当にありがたい。
そして、このメンバーで話すると、
なんとかギャグを言ってやろうという緊張感が
全員の間に常時漂い、悩んでいる暇がなくなる!

周りのみなさんの、さりげない優しさや
暖かさにふれて充電して、
また明日から、なんとか生きて行けそうです。

2016年7月12日 (火)

イニシャルNとの戦い9

ノミトラップが功を奏したのか、
自宅でピョンピョン跳ねるアイツを見ることもなくなり、
足に新たな咬み痕を更新されることもなくなり、
ようやく平穏な日々が戻りました。

でも、1Fには、まだ恐ろしくて行けないけど。

しかし、最盛期は過ぎたので、みんなも落ち着きを取り戻し、
Facebookで呑気な会話を繰り広げてます。

わたし:
 「土曜日はベルリンフィル行ってその後オケ、
 日曜日は休日出勤でネットワーク工事。。。 です。
 ノミは もう大丈夫かな?」

Iちゃん:「あーーノミ。。。酒呑みは居るけど。」

 :
 :

オーナーさん:
「ノミ対策は 今日 アースレッド 17本

 こちらの頭も クラクラです。
 これで 治れば いいのですが
 後はかおりちゃんの ノミトラップで
 ノミ行為はこれで終了 予定です。」

わたし:「ノミたいじが落ち着いたら1Fでノミたいです。」

オーナーさん:「その時は ノーミスで お願いします。ノミすぎ注意です。」

わたし:「それは 神ノミぞ 知る ・・・」

オーナーさん:「酒て(避けて)通れない道ですね。」

 :
 :

オーナーさん:
「ノミが終了 したら 一階で 飲み会 やりましょう。
参加資格は ノミに噛まれた人 これが本当の飲み仲間
でも 僕は 噛まれていないので 参加 資格ないですね。

  :
  :
  
と ゆうことで 今度 ノミが 終息したら クラーも
新しく付いたし 飲み会やりましょう。参加資格は
ノミに噛まれた 人のみ        噛み痕を  見せてもらいます。
ノミ ねーと  ノミネート  出来ないとゆうことで
審査は 厳密に やります。
残念ながら  Y氏は 参加出来ないとゆうことで
僕は 主催者 枠で 参加しますが
それから ハゲ枠で 1人  Tも 呼んでおきましょうか。」

こんな感じで、ノミですらネタにして、遊んで、
さらにノミ痒い。。。もとい、呑み会計画まで立てる、
近隣の住人達。

おしまい

2016年7月11日 (月)

イニシャルNとの戦い8

謎の水ぶくれの原因が、1Fのノミとわかり、
1F関係者のみなさんの「謎のかゆみ」も1Fのノミとわかり、
そして、オーナーさんは1Fにアースをしまくって、
とりあえず対応終了。
ちなみに、オーナーさん、ひとつ700円のアースを12000円分ぐらい購入し、
アースの煙を出した直後に忘れ物を思い出して1Fに戻り、
逃げ遅れて煙吸って気持ち悪くなったらしい。

オーナーさん:「あんまり気持ち悪くなったから、ビール飲んで消毒したわ!」

わが家にお持ち帰りしたノミたちは、
粘着テープで10匹ほど捕まえ、
ノミトラップで3匹捕まえました。

ある時期まで、毎日新しい咬み痕ができてましたが、
ようやく落ち着いて、家でくつろげるようになりました。

ただ、1Fに行くと、やっぱりだめで、
ノミの残党がいるのか、足の露出部分を咬まれます。
オーナーさん、そのおじさん、わたし の3人で、
1Fでお茶していたら、わたしだけが咬まれました。

オーナーさん曰く
「かおりちゃんとノミは、やっぱりノミ友達やな~」

つづく

2016年7月10日 (日)

イニシャルNとの戦い7

ノミの原因が1階に一時期居候していた
野良猫一家なので、1階関係者は、
ほとんど全員が被害にあいました。

練習室を使っていたわたしと、別フロアの二胡弾きNちゃん。
1階ガラス屋さん事務所の社員さん。
オーナーさんのママ友のOさん。

Nちゃん
「なんか足かゆいな~と思っとってん。うちにダニおるんかなと思っとったわ」

ガラス屋の営業さん
「うちになんか虫おるんかと思って週末に家でバルサンやった!」

ガラス屋の事務員さん
「わたし、事務所で仕事しとったら、机に、なんか黒いもん落ちとったから、
 手で取ろうとしたら、ぴょんぴょん跳ねたんやで!
 見てこれ、耳まで刺されたわ!!!」

ガラス屋の職人さん
「いっぱい咬まれたけど、どっかの現場でなったんかと思った」

ママ友Oさん
「わたし、ここでしゃがんで作業してたから、首を6か所も刺されてしもてん。
 これ、家の枕に原因があると思って、枕をポーイ。。。」

みな、まさか1階のノミが原因とは思わず、
それぞれが、それぞれの行動をとってました。

で、肝心の、オーナーさんはというと、なぜか、無傷。
一番1階に長くいるはずなのに、一切刺されてません。
しかも、オーナーさんのおじさんも、1階でピアノ弾いたり、
お茶したりテレビ見ているのに、無事。

う~ん、ノミはノミなりに、このひとたちを刺したら、
あっという間にノミ退治されるとわかって避けていたのか。。。

つづく

2016年7月 9日 (土)

イニシャルNとの戦い6

ノミトラップを仕掛けて2度目の夜が明け。。。

≪1匹、捕れましたー≫
P7020509

≪わかりますかね~?≫
P7020509_2

≪拡大≫
P7020509_3

ちょっとぼやけてますが、1匹、捕れました~!!

この日は休みを取っていたので、
1階に降りていくと、ご近所さんや、
1階ガラス屋さんの事務所の方がおられたので、立ち話。

つづく

2016年7月 8日 (金)

イニシャルNとの戦い5

初めてノミトラップを仕掛けた翌朝。
期待と不安でドキドキしながら洗面器を見ましたが、
結果はハズレ。

わが家には、もうノミはいないのではないか。

そんな淡い期待をいだきましたが、
その後も、足にコンスタントに刺されあとが増えていました。
1日2~3個のペースです。

わが家もまだまだ危険だ。
やはりノミトラップを仕掛けねば。
しかし、ノミが本当に捕れるかどうかわからないのに、
トラップに日本酒を使うのはもったいない。
日本酒は自分で呑むためのものでしょう。
ノミに呑ませてたまるか。
ノミ助。。。ちゃうちゃう、呑み助は、酒には意地汚いのです。

そこで、トラップに仕掛けるお酒を、
会社の抽選で当たった梅酒に変えました。
この梅酒、嫌いではないけど、意外と呑まない。
これなら惜しまず使える。

というわけで、梅酒トラップを仕掛けた翌日。。。

ノミは捕獲できず。
しかし、蚊を一匹捕まえることができました。
ノミの実績はまだですが、一応、害虫捕獲はできるんや。

少し気をよくして、次の夜もノミトラップを仕掛けました。

つづく

2016年7月 7日 (木)

イニシャルNとの戦い4

謎のかゆみと水ぶくれの原因がノミと判明。

市販薬では効果がなく、
皮膚科で強力な薬をもらったほうがよいとわかったので
ちょうど振休取れたので皮膚科に行くことにしました。

さて、朝、畳の上で飛び跳ねるノミを見つけた月曜の夜、
台所でも1匹、洋室でも1匹捕まえました。
これはで、自宅での平穏な時間が台無しになってしまう。
残りのノミも捕獲せねば。

いったいどうすればいいんやろ。
ハイ、困ったときのGoogle先生~!!
検索で出てきたのが、

「夜間酒入り洗面器蛍光灯大作戦」

というものです。
これは、ノミが明るいところに集まる習性があるのを利用したもので、

-----
水を張った洗面器に、水の半量ほどの日本酒を入れ、
台所用洗剤を数滴たらす。
これを部屋に設置し、電気スタンドなどで灯しておく。
-----

暗い部屋に、電気スタンドで灯された洗面器が
ぽわっと光っているイメージだそうです。

すると、ノミが光と日本酒のにおいにつられて集まり、
ジャンプして、洗面器に ぽちゃん と入る。
そうしたら、洗剤にやられて自滅~!

そんな 呑みトラップ。。。ちゃうちゃう、ノミトラップです。

≪ノミトラップ設置中≫
P6280507

電気スタンドで置けるタイプのものがないから、
行灯?用に購入した電球を洗面器のふちと
壁で支えて代用します。

さて これで やつらを捕獲できるのか?

つづく

2016年7月 6日 (水)

イニシャルNとの戦い3

足を中心に増え続ける謎のかゆみと水ぶくれについて、
Google先生に質問して、たどりついた答えは

「どうやらノミの仕業らしい」

ということです。

蚤です。呑みちゃうで!

足ばかりやられていること、水ぶくれの症状、
そして、先日まで1Fに野良猫家族が棲みついていたこと
などから、間違いありません。
野良猫家族がいたころは、ノミ達は野良猫家族を
ターゲットにしていましたが、彼らがいなくなったので、
ターゲットが人間になったとか。。。(おそろしい)

そんな記事を、日曜の真夜中、オケの後のノミ。。ではなく、
呑みから帰宅した後読んでました。

そうか、ノミだったのか!!

そして、翌朝、出社準備をしていると、
畳の上に、な~んか、黒ゴマのカスみたいなものが落ちている。

なにかな~?

拾い上げようとすると、ピョン!と跳ねた!

捕まえようとすると、ピョンピョン跳ねて逃げていく!!

わ~ノミだ!!!

わたしは、しょっちゅう1Fに降りて立ち話したり、
1Fの練習室をよく使っていたので、
知らぬうちにノミを自室に「お持ち帰り」していたようです。

つづく

2016年7月 5日 (火)

イニシャルNとの戦い2

マンション1Fの野良猫一家が姿を消して約1週間後。

「なんか足がかゆいな~」

見ると、数か所、発疹があります。

何かに刺されたんだろうと、気にせず数日放置すると、
おや? 刺された場所が水ぶくれになっている。

そういえば、淡路から、びわについてきた、
ありさんも毎日見かける
し、なんやろ~な~。。。
ありに刺されたら、水ぶくれってできるのかな。

と 特に気に留めてもいなかったのですが、
それから、日を追うごとに、水ぶくれが増えていき、
気が付くと、足に20か所ほど、刺された跡や水ぶくれがあります。

こんだけ刺されると、仕事も、オケも、足がかゆくて気が散る!

なんじゃこりゃ~???

さすがに、これは、ただごとではないと、
Google先生に質問しました。

つづく

2016年7月 4日 (月)

イニシャルNとの戦い

ひと月ほどまえ、マンション1Fに野良猫一家が棲みついてました。
母猫+子猫4匹、計5匹、
愛らしい声でミャーミャー鳴きながら、
マンション1Fの室内ガレージや物置で遊んでる姿をよく見ました。

ただ、根が野良なので、母猫の、人間への警戒心がひじょうに強く、
半径5m以内には決して近寄らせてもらえませんでした。
それより近づこうとすると、母猫が、目と口を大きく開けて、
本当に「シャーッ!!」
と言うのですよ。こわい。

しかたなく、遠巻きに彼らの姿を見るのが精いっぱい。

なんとか彼らを餌付けできないやろか、と
ネットで調べたり、同じマンションの別のフロアの子に相談したり、
なんか、いろいろ考えてましたが。。。

気が付くと、一家はお引越ししてしまいました。

あ~ あのチビたちの成長を見届けたかったのに。

それから1週間ほどして。。。。

おや?

つづく

2016年7月 3日 (日)

整理整頓の効用4

「後輩その2」に「直前セミナー」を実施して迎えた
ネットワーク切り替えの日曜日。

午前中は、切り替え前の準備として、
これまたカオス化した、サーバーラック裏の
LANケーブル配線や電源系の配線やり直しをしてました。

わたしは監督兼助手。
後輩その2がサーバーラックの裏に入って実作業。

後輩その2の手際が良いかといえば、
まあ微妙なところです。
後輩その1なら30分でやれることを、
後輩その2は50分かけてやる。
そんなペースです。

午後からの作業もあるので、あまりのんびりもできませんが、
そこは、監督兼助手のわたしが、指示したり、
ケーブル渡したり、まあなんとかコントロールしてスピード調節。

なにより、今まで「言われたことを、言われた通りにやる」
だけだった彼が、金曜の説明を受けて、ペースは遅くても、
自分で消化して考えながら動いているのが
手に取るようにわかったので手ごたえを感じました。

要領の良い後輩1に比べると、
整理整頓が苦手で、不器用な彼ですが、ペースは遅くても、しっかり自分の
役割を全うしてくれてました。

これまでなら、彼と組まされたら、結局わたしの負担が増えるだけで
「これならひとりで仕事したほうがましだ!」
と思っていましたが、今回は、0.8人分ぐらいは
彼も働いてくれたかな。私は1.2人前働いたと思うけど!

そんな彼を動かすのに、わたしの整理整頓のスキルと、
直前セミナーがずいぶん役立ちました。
ちゃんと説明したら、わかってくれるからね。

正直、今の状態は、親鳥が餌をある程度噛んで食べやすくして
(わたしが仕事の内容を咀嚼し彼が理解できるようにして)
ヒナに食べさせている(後輩に説明している)
そんな気がしないでもないけど。

ネットワーク切り替えも無事終わり、
帰りに十三の阪急そば食べて休憩。
やりきった心地よい疲れと、
ヒナはいつ巣立ってくれるのかという先の見えない不安と、
ごっちゃになった6月の某日曜日夜でした。

2016年7月 2日 (土)

整理整頓の効用3

会社のネットワーク切り替えに備え、
ペアを組まされた「後輩その2」への直前セミナーは続きます。

今回の切り替えのメイン担当は、実は、東京担当のボスと、
大阪データセンター担当の「後輩その1」でした。
この「後輩その1」が、
各種資料を作って説明・配布してくれたのだけど、
これが。。。わからん。

いや、わからんと言っては失礼か。

一番知りたい、肝心の通信機器の構成とか、
付随作業の電源系の配線図が、口頭説明のみで、
なんの資料もないのです。

口伝って、昔の音楽じゃあるまいし。

現代でITの仕事をしているのに、
肝心要の仕様が、口伝。なんじゃそれ。

これでは、わたしだけでなく、後輩その2は、
もっと理解不能に陥って当日混乱必至。
(夜のライブに行けない!)

というわけで、口伝の内容の構成図を、
A3裏紙に手書きで見える化しました。
もちろん、このときに、階層やグループを意識した
内容整理まで行いました。
(これは、わたしの得意技)

そのうえで「後輩その2」へ説明。
きれいにロジックを整理した資料付きなので、
彼の理解度もなかなかのものです。

というか、この彼、混沌としたものは理解不能だけど、
ロジックを整理したうえで理路整然と説明すれば、
ちゃんと理解できるひとなのです。

「わかりましたー! これで僕も作業できそうです!」

彼なりに、何か掴んでくれたようでした。
あとは、日曜の作業を無事乗り切れるかどうか。

とにかく、金曜時点でやれることは、やった。
そんな金曜の夜でした。

2016年7月 1日 (金)

整理整頓の効用2

6月の某日曜日、社内ネットワーク環境の全面切り替えのため、
出勤することになりました。
4人いるメンバーは3か所の拠点に分散。

東京にボス、大阪のデータセンターに後輩その1、
大阪の本社にわたしと後輩その2。

この「後輩その2」が整理整頓できないひとなのです。
机の上は資料でぐちゃぐちゃ、自分の予定や頼まれごとも
整理できず、締め切りが近づいてからてんやわんやするタイプ。
最悪、頼まれたこと自体、彼のカオスのなかに葬られてしまう。。。
整理ができないので、中途半端な説明を受けると、
頭の中でその情報が全然つながらず、
業務に支障が出ることもしばしば。

最初は、躾や性格の問題かと思っていましたが、
数年一緒に仕事をするうち、
もっと別の方面に問題があるように考えるようになりました。

まあとにかく、彼とチームを組むとペアになった相手は大変で、
ほとんどの仕事を「自分でやる」はめになります。
(経験者は語る)

しかし大阪本社の担当はわたしと彼。
なんとか彼にも「それなりの仕事」をやってもらわないと、
日曜日家に帰れない!
(日曜の夜はマンション1Fでライブあるし!)

そんなわけで、その週の、直前の金曜日から、
彼に対して「ネットワーク切替直前対策セミナー」
を実施しました。

まず最初に彼に指導?したこと。。。それは。。。
「日曜日のネットワーク切替」に関する
資料の整理です。

わたし:「Yさん、ネットワーク構成図その1ある?」

Yさん:「え~と」(ガサゴソとトレイの中の資料の山から発掘する)
     「ありました!」

わたし:「それ古いバージョンのやつやで」

Yさん:「あれ~? Fさん が何度も改訂版資料を配るから、
 どれが最新か、わからなくなったんです」

わたし:「その都度、古いバージョンのは処分せなあかんやろ」

そ~んな調子で、10種類ぐらいある資料について、
まずは最新の資料があるかどうか確認して、
ファイリングするところから彼への指導が始まりました。

ちなみに、いうこと聞いてファイリングまではやってたけど、
インデックスはつけてなかったなぁ。。。

30過ぎの大人の男性相手に、こんな指導をするのは、
どうかいなと思いつつ、
「構成図その3 は あるかな~?」
「当日チェックリストは あるかな~?」

小学生の忘れ物チェックみたいなことをやっていた、
金曜の午前中。

つづく

« 2016年6月 | トップページ | 2016年8月 »