« 2016年1月 | トップページ | 2016年3月 »

2016年2月

2016年2月29日 (月)

増えたもの・減ったもの217(セーター)

最近、某電機メーカーが台湾企業の傘下に入る話がホットですね。

もう20年ぐらい前にお付き合いしていた方が、
わたしとの交際期間中に、あの某電機メーカーに就職され、
神戸と福山でしばらく遠距離恋愛してました。

その頃学生だったわたしは、卒業後、
この先輩と結婚して専業主婦になるのかなぁとか、
福山に行くのかなぁとか、ボンヤリ考えてました。

しかし、意外に暴れん坊のわたしは、
在学中に気象予報士資格をとってしまい、
卒業後は、気象関係の在阪ベンチャー企業へ就職。
なんやかんやしているうちに先輩と疎遠になりお別れしました。
先輩は福山で、いい方を見つけてご結婚、今は三児の父です。

もし あのとき、お別れせずに結婚していたら、
今の傘下問題は他人事ではなく、わが身のこととして、
ドキドキしながら毎日過ごしていることでしょう。

毎朝、寝ぼけ頭でNHKニュースを聞きながら、
こんなボンヤリしていられる?のは、
あの時、別の道を選んだからなんだと
ほんとうに、あの時描いていたものと
違う道を選んで、ここまで来てしまったのだなぁと思います。

さて、先日購入したLLBeanのセーターが暖かく快適です。
やっぱり毛糸はええなぁ。

2011年に毛糸ものを処分して以来、
5年ぶりの毛糸生活をぬくぬく楽しんでいます。

というわけで、LLBeanで、さらにもう1枚、毛糸のセーターを購入。

≪アプレ・バッファロー・チェック・クルーネック・セーター≫
P2230230

もちろんパーソナルカラー考慮済みなので、
手持ちのスカートと、色はバッチリ合います。

P2230225_2P2230226_2P2230228

右端のコーディネイトは、チェックONチェックで、
職場ではちょっと浮いてしまうかな。

さて、シンプルライフ3箇条その1
「ひとつ手に入れたらふたつ捨てる」

最近、シンプルライフ3箇条自体を捨ててしまったのではないだろうか。。。
というほど、物を処分できていない。
シンプルライフ3箇条8年目?にしてリバウンド開始か?

2016年2月26日 (金)

増えたもの・減ったもの216(Tシャツ)

年のせいなのか?体の周期的な変化のせいか、
寝ているときに大汗をかく時期があります。

1ヶ月のうち、4~5日だけですが、
夜中に汗だくで目が覚めます。
そんなときの着替え用に、
パジャマ代わりのTシャツを2枚調達しました。

≪チェロ柄Tシャツ≫
P2010212

以前にも買物をした、Zazzleという海外サイトです。

ここの特徴は、キーワードで図柄を選ぶことができ
(チェロ と 入力しても、膨大な数出てきます)
100以上ある中からTシャツのパターンを選び、
サイズや色を決められるところ。

「色はいいけどサイズがない」
「この図柄で、パーカーがあったら」
とか、そんな組み合わせの不満が全くありません。

完全オーダー生産。

そんなわけで、前回同様、HanesのレディースTシャツで作成。
首の後ろのタグがプリントされていて、
ちくちくしないので、パジャマにはちょうど良いのです。

チェロ柄なので、オケの合宿に着て行ったらウケるかな。

さて、シンプルライフ3箇条その1
「ひとつ手に入れたらふたつ捨てる」

むむ~ 倍の4つ。
それ以前に、クロックスの分とか、
LLBeanのセーターの分とか。。。
捨てる借金がだいぶたまっているよ。

シンプルライフ崩壊中。

2016年2月24日 (水)

壁にポスターを貼るときの問題。

壁に地図を貼りたい。
南極旅行や北極旅行のときに、旅行会社からもらった地図を貼りたい。

だけど、石膏ボード?マンションの壁にどうやって貼ればええんやろ。
押しピン刺さらんし。

ちなみに「押しピン」というのは、関西限定で通用するらしいですね。
全国的には、画鋲 です。

そんなことを思いながら、Google先生に質問したら、
ネット時代、あっさり解決しました。

≪ひっつき虫≫
P2140223

ねりケシのような物体、これで解決しました。
ひっつき虫を手で揉んでやわらかくして、
粘着剤代わりに、壁と地図の間に挟んで、
ギュウギュウ押せばOK。とても簡単。
何度も使えるから、位置あわせをしながら貼れます。

≪北極海の地図≫
P2140222

凹凸のある壁紙も大丈夫。
ひっつき虫がくぼみにもがっちり入り込んでくれます。
(くぼみに入り込んで、ひっつき虫が取れなくなった場合は、
 別のひっつき虫を何度か押し当てると、取れます)

≪貼れました~≫
P2140221

2016年2月22日 (月)

増えたもの・減ったもの215(クロックスのレインブーツ)

2月20日(土)
昼から夕方にかけ、近畿地方は、かなりの降雨が予想されます。
と 朝の浜村淳のラジオで言っている。

え~。。。夕方オケに出かけるのに、足がべちゃべちゃになるやん。

昨年穴なしクロックスを買ったけれど、
これでは本気モードの雨には完敗してしまう。

≪穴なしクロックス≫
Pb230059

どいうわけで、急に長靴が欲しくなり、
昼からクロックス屋さんへ行ってきました。

神戸ハーバーランドの東端に、クロックスの専門店があるのです。
しかし、ほしいサイズがなく、そこから15分ほど歩いて東へ移動、
元町BALの近所の専門店まで行って、
ようやくゲット。

≪クロックス レインシューズ≫
P2200224

これで膝下までがっちりガードできます。
大雨でも水溜りでもなんでもこ~い!

≪小雨用と大雨用≫
P2200225

さて、シンプルライフ3箇条その1
「ひとつ手に入れたらふたつ捨てる」

うにゃ~ 2つ捨てなければ。
先日のLLBeanのセーターの分もあるし、困った。

≪古いメガネを捨てる≫
P2140220

お風呂上りにネットするときだけ、掛けていたメガネを処分。
もう古くて度も合ってないし、なにより、
お風呂上りにネットする悪習は断ち切ったので、いらんでしょう。

まだ捨てなきゃいけないけど、ボチボチ探しましょう。

2016年2月19日 (金)

とてもシンプルな だけど とてもおいしいサラダの作り方。

近所のばよりん職人さんに教えてもらった、
おいしいサラダの作り方。

≪おいしいサラダ もちろんワインにあう≫
Pc270076

・野菜は、とにかく薄く細く切る
 レタス、キャベツは手でちぎるのではなく、千切りに。
 にんじんはピーラーでぺらぺらにするとよい。
 その他の野菜も、とにかく薄く細く。

・市販のドレッシングは使わない
 オリーブオイル、バルサミコ酢、塩コショウをたっぷり
 (手で揉むと、さらに味がなじみます)

これだけなんですけど、これがうんまいのです~。

野菜を薄く細く切るというのは、かなり重要ポイントで、
こうすることで、野菜どうしのまとまりが、
とてもよくなります。
そして、まとまった野菜は、それぞれの味が混ざり合って、
新しい味となるのです。

また、食べるときによくまとまってくれるので、
お店のサラダのレタスみたいに、
ある程度大きい葉っぱをどの角度で口に運ぶかとか、
悩まず済みます。
大口開けなくても食べられます。

サラダって、野菜を切ってドレッシングをかけるだけの、
単純な調理なので、切るという工程が、ひじょうに重要で、
ここをがんばると、とてつもなくおいしいサラダに変身します。
野菜を細かく切ると、ドレッシングのなじみも良くなりますよ。

ドレッシングはお好みですが、ばよりん職人さんお薦めの、
オリーブオイル、バルサミコ、塩コショウ、これだけで、
充分おいしくいただけます。
ばよりん職人さんは、トッピングに、干し葡萄を入れられてました。
ていうか、この方、サラダ用に、コストコで、干し葡萄大袋を買い込まれてます。
ばよりん職人さん、3年に1度イタリアへ修行にでかけ、
神戸に戻ったら、干し葡萄入りの、とてもおいしいサラダを作る67歳、
かっこいいなぁ。

で、後日、わたしも真似して作ってみましたー。

≪できばえに 気を良くして 近所の喫茶店にもおすそわけ≫
P1030128

わたしの場合、干し葡萄はすべてラムレーズンにしてしまったので、
トッピングに、無塩くるみを入れました。

≪成城石井で買ってきた≫
P1080158

くるみが入ると、デパ地下のお惣菜風?になります。

≪ワインに合う≫
P1080157

というわけで、サラダの野菜は薄く細く という お話でした。
(トマトだけは べちゃべちゃにならない程度に。。。)

2016年2月17日 (水)

増えたもの・減ったもの214(セーター)

「セーターを捨てようか。。。」と書いたのが、
2011年1月6日、約5年前です。

その後、一応決行しまして、もこもこセーター類を処分、
最終的に、春物の薄手のタートルネックのニット+ヒートテックで、
真冬も過ごしていました。

2011年3月に、3枚色違いを購入してました。

その1 その2 その3

冬は、この3枚をローテーションさせて着ていましたが、
3枚だと週2回出番があって、もう6年目なので、
だいぶくたびれてきました。

それに、会社が節電で暖房の効きが弱くなったので、
最近は寒い。いや年のせいか。
同じニットを6年目で、さすがに飽きてきたし。

まあ そんなわけで、久しぶりに、冬のトップスを
買おうという気になりました。
ちょうどよいタイミングで、LLbeanがセールをしていたので、
2枚購入。

≪モンロー・ウール・カーディガン≫
P2110228

≪アプレ・フェア・アイル・クルーネック・セーター≫
P2110229

LLBeanはアウトドアやカジュアルだけでなく、
「シグネイチャ」というブランド名で、
このような落ち着いた?服も作っているのですよ。

いずれも、わたしのパーソナルカラーに合うよう、
黒、グレーを選びました。
下のセーターの暗い赤も、パーソナルカラーを意識したものです。
こうしておけば、パーソナルカラー理論上は、
手持ちの服と総当りコーディネイト可能です。

冬のスカートが3枚あるので、
セーター2×スカート3の、6通りのコーディネイトが可能です。

P2110232P2110234P2110236
P2110242P2110239_2P2110237_2

さて、シンプルライフ3箇条その1
「ひとつ手に入れたらふたつ捨てる」

う~ん、今回は2つ手に入れたので、倍の4つ捨てなければ。。。



2016年2月15日 (月)

食べ物はあまり買わない79

またこの季節になりました。

≪金柑≫
P2060214

淡路島の伯父から、金柑が届きました。

もう、何年前から続いているか、わかりません。
これから金柑シーズンのはじまり、5月の終わりまで、
2~3週間に一度、箱一杯の金柑が届きます。

そして、金柑の隙間から、いろいろ出てきました。

≪梅酒の梅≫
P2060215

梅酒の梅というか、梅の酒漬けというか。。。
これ食べると、気持ちよく酔っ払います。

≪梅酒 これは普通の焼酎で作ったらしい≫
P2060216

≪梅酒 こちらはブランデー版≫
P2060217

ブランデー版の梅酒のほうが、梅の風味がみずみずしくて、
しっかりと果実の味を感じました。

≪その夜オケに行ってもらった≫
P2070219

その夜オケに行くと、バイオリンのHさんが、
お庭のレモン、レモンジャム2種(皮あり、実だけ)を
下さいました。

いただきもので、
年間スケジュールを立てられそうな今日この頃。

2016年2月12日 (金)

スプレー缶に穴を開ける道具は買わない

神戸市は、スプレー缶を捨てる場合、穴を開けて、
中のガスを抜いておく必要があります。

しかし、わが家に「きり」など、いわゆる、穴あけ道具がありません。

そんなわけで、代用品は「缶切り」です。

ベランダで、スプレー缶の側面に、缶切りで、
ざくっと切れ目を入れます。
そして、切れ目を下にして重いガスを出せばOK。

≪缶切りで楽勝≫
P1110173

缶の底は厚くて缶切りでは歯が立たないので、
やわらかい側面を狙うのがポイントです。
また、普通の缶を開けるときと違って、
缶切りをひっかけるポイントが何もないので、
実際には、缶きりの歯を側面に
ギューと押し込むような方法で穴を開けました。
(内容物飛び散り注意)

そんな感じで、今も「きり」を持たずに缶に穴を開けてます

2016年2月10日 (水)

パスタケースは買わない

おしゃれな雑貨屋さん、ちょっとこだわり生活用品店などに、
パスタケース売られてますよね。
細長いパスタを虫や乾燥から守るケース。

そんなの買わなくても。。。

≪チャック付きケースに入ったパスタ≫
P1200196

これさえあればOK。
チャック付きパスタの袋は再利用します。

毎回チャック付きを買うわけではありません。
そのときもっともお買い得なものや、
たまたま「そこにあった」パスタを買うので、
チャック率は低いです。

≪例えば こんなのとか≫
P1200195

その場合は、捨てずに残しておいたチャック付きの
袋に詰め替えるだけ。かんたんかんたん。

2016年2月 8日 (月)

わたしのシンプルライフ本28

わたしがシンプルライフの師匠と敬愛する、
吉沢久子さんの新刊が出ました。

『100歳になっても! これからもっと 幸せなひとり暮らし』
吉沢久子/KADOKAWA

≪でましたー≫
P1310211

でましたーとか書いてますが、発行日を見ると、
2015年10月13日。4ヶ月ほど前でした。

師匠とか言いながら気付くの遅いし、
また、図書館から借りてきてるし。。。この適当さ。

1918年生まれの吉沢さんは今年98歳。
毎日のこと、季節のことを大切に、
元気に丁寧にひとり暮らしされています。

本の中の写真を見るかぎり、おうちは物が多く
(中でも本がいっぱい!)シンプルライフとは違います。
ご本人も、最近はやっている捨てるブームには
疑問の意見を出されています。

ただ、身の回りの物・モノを大切に慈しんで暮らされるようすが
とても心地よく、写真で見るお宅の風景は、
どれも大切に手入れされており、
いつも心が落ち着く感じで、
こんな家に住みたいと思います。
身の回りにあるものを大切にしたい、
その気持ちはわたしも同じのつもりです。

自分の普段の生活の中でも
「こんなとき 吉沢さんなら どんなふうに振舞うのだろう」
と考えると、雑になりがちな家事も、
大切に丁寧に、そして楽しんでやろう、
そんな気持ちになるのです。

吉沢さんは大正生まれ、そして、楠目ちづさんといい、
わたしの暮らしの師匠は大正生まればかり。
5歳から18歳までわたしを育ててくれた祖母が
大正生まれなので、この世代には影響受けやすいのです。

2016年2月 5日 (金)

たのしいご近所づきあい272

いつも書いていることですが、
ご近所に知り合いが大勢いる暮らしは、
本当に楽しいなぁと思います。

近所の喫茶店に行けば、
「○○ちゃ~ん!!」と、
マスターやバイトのお姉さん、常連のお客さんに
盛大に歓迎され、帰る時にはおみやげが渡される。

≪バイトのお姉さんにもらったパンと、マスターお手製おかずのせご飯≫
P1240215

マンションに戻ったら、1Fで、オーナーさんや、
そのおじさんがストーブにあたりながらテレビを見てたりして、
「ちょっとお茶でも飲むか~?」

そんな感じで、つねに、誰かが近くにいます。

≪マンション1Fにてオーナーさんくつろぎ中≫
P1240210

このエリアに引っ越してきた頃は、
近所の知り合いは親戚ひとりだけだったのに、
それが今や、ご近所に知り合いだらけ。
住めば都といいますが、ここはパラダイス。

喫茶店とか、マンション1Fが第二、
第三の居間という感じで、自分の部屋は
もっと小さくてもいいかなと思う今日この頃。

2016年2月 3日 (水)

モンベルのあったかズボンその後

北極点旅行用に買った、モンベルの山用ズボン、
とても暖かいので
「日本の冬にこれを履くのが楽しみ」
と書いたのが、昨年の7月22日

で、日本の冬にそれを履いたらどうだったか、
検証結果を報告します。

暖かい!

\(^o^)/

↑珍しく顔文字

いや~本当に暖かい。これは良い買物をしました。

山用だけど、そんなにアウトドアな感じでもないし、
スキー用ズボンみたいな?大げさな感じもしない。
私服OKのIT企業なら、これ履いて仕事に行けると思います。

なんていう商品だったか調べたら、
「ストレッチ ライニング カーゴパンツ Women's」
というものでした。

モンベルの回し者ちゃうけど、
https://webshop.montbell.jp/goods/disp.php?product_id=1105442
これです。


2016年2月 1日 (月)

ベランダ園芸解禁24

1月24日(日)、さぶかったですね。

この日、毎週恒例の週末掃除をしていて、
ベランダに水まいたら凍りました。

まいた水が凍っただけなら良かったのですが、
後日。。。

オリヅルラン
P1300217

≪金のなる木≫
P1300219

アロエ
P1300218

寒さで、植物達全滅。

アロエとか多肉植物は、水分含有率高いから、
氷点下になったら葉っぱの中の水分が凍って、
組織が破壊されるんかな。。。。

そんなわけで、レイガイなくレイガイにやられてしまった、
わが家のベランダ。

もう少し暖かくなったら、また新しい植物を入れましょうか。

« 2016年1月 | トップページ | 2016年3月 »