« 2015年7月 | トップページ | 2015年9月 »

2015年8月

2015年8月31日 (月)

北極旅行は何を着ていくのか?

北極点へ旅行に行きます!
と言ったら、いったいどんな服装で行くのかしら?
と思いますよね。

すごい厚着でモコモコするのかな? とか。

6月の北極点の温度は0℃~マイナス10℃、
日本でいうと、冬のスキー場がこんな感じかな?
しかし、外に出るときは、クルーズ会社から
プレゼント?された、最強の上着「パルカ」があるので、
インナーは薄くて大丈夫です。

≪最強の上着「パルカ」≫
P6210534_2

外側が防水のウインドブレーカー、
内側は取り外しのできるダウンです。

南極のときも同じ会社のクルーズを利用したため
もらったのですが、当時からモデルチェンジがされており、
色は控えめで、サイズはジャストフィット、
帰国後に日本で着られそうな日常性が、
加わったような気がします。

南極のときの「パルカ」
Dscf0054

これは近所の子にあげてしまい、手元にないので、
実物比較ができませんが、このときのパルカは、
XSと言いながらLサイズぐらいあったなあ~。

とにかく、これの防寒性能が優れているので、
インナーは少しで充分です。
南極のときは勝手が分からず、
たくさん服を持っていきましたが、
今回は、パルカの性能を信じて、少なめの服で済みました。

で、インナーに何を着ていたのかというと、
キャミソール、長袖Tシャツ、ネルシャツ(またはガーゼシャツ)だけです。
もしものために、長袖ヒートテックも用意していましたが、
出番なし(試しに着たら、暑かった)。

キャミソールは無印の安いのん。
長袖Tシャツは2年前にZazzleで作ったものと、
それから昨年買ったマイヨのもの。
シャツは、LLbeanマイヨのものです。

≪南極Tシャツ × LLbeanのネルシャツ≫
Pa132234Pb162368

≪マイヨのボーダー × マイヨのガーゼシャツ≫
P8302663P9202820

この2種類のペアを交代で着ていただけ。
砕氷船で外に出るときは、パルカを上に羽織れば全然寒くない。
北極点の近所の氷の上に出るときも、同じ格好でした。

2日着たら手洗いで洗濯してました。
Tシャツは洗ったけど、上に羽織っていた
ネルシャツやガーゼシャツは一度洗わず。

意外と軽装で済んだ北極旅行。

2015年8月28日 (金)

旅行で役に立ったもの・その3(モンベルのウインドブレーカー&ダウン)

北極点旅行で役立ったもの、その3です。

モンベルのウインドブレーカーMサイズ≫
Dscf0067

モンベルのダウンSサイズ≫
Dscf0055

それぞれ、2011年に購入。
2013年の年末に、パタゴニアのフリースを買ったさい、
処分するつもりが、なんとなく、ずるずる持ち続けています。

≪重ねると、こうなる≫
Dscf0070

外側のウインドブレーカーがMサイズ、
インナーのダウンがSサイズなので、
重ねても、モタモタしません。

≪小さくなります≫
Dscf0054

小さく丸めて収納袋に入れると、こんなにコンパクト。
スーツケースに入れても、全然邪魔になりませんでした。

この2枚を組み合わせて着ると、3段階の温度調節が可能なので、
暑いのか寒いのかわからないヘルシンキの街歩きに、とても重宝しました。

(それから、自宅でエマールで洗濯できる点も便利です)

≪ヘルシンキのホテルにて≫
P6140063

ヘルシンキ2日目は雨、6月とはいえ肌寒い朝でした。
ウインドブレーカーの出番だぜいと
取り出したところ。
収納袋から出したばかりで、シワシワです。

≪シベリウス先生とツーショット≫
Photo_2

街中でシベリウス先生発見!
ワーイワーイとツーショット撮影。
このときも、ウインドブレーカー着ていました。

2015年8月26日 (水)

たのしいご近所づきあい265

いつも、一緒に遊んだり呑んだりしている、
近所のばよりん職人さんが、
数ヶ月イタリアに行かれることになり、
急遽、壮行会?をかねて、餃子パーティーをしました。

隣のマンションのIちゃん、わたしと3人で、
ばよりん工房にて、偽装親子ホームパーティーです。

週末、仕事を終え、ばよりん職人さんの工房に直行。
職人さんはまだ作業中で、ゴールドベルク変奏曲の
CDを流しながら、バイオリン製作の仕上げ中。
きりのいいところまで仕事を終えると、
Iちゃんを待ちながら、職人さんが

「そうや。ええもんがあるねん」

冷蔵庫から一升瓶の生原酒登場。

エスプレッソのカップに原酒を入れ、
ふたりで乾杯して、Iちゃん合流を待ちます。

一杯目の原酒を飲み干して、
いい気分になってきた頃にIちゃん登場。
3人の偽装親子は関西スーパーへ買物に行き、
餃子の材料を仕入れて、ふたたび工房へ戻ります。

餃子のタネ作りはお父さん(ばよりん職人さん)にまかせて、
お母さん(Iちゃん)と娘(わたし)は、しゃべるだけ。

タネができたら、いよいよ包みます。
これは、3人でおしゃべりしながらの作業。
皮が50枚なので、50個作ろうと始めたのですが、
お父さんの手がやたら早く、できてみたら、

お父さん:26個
お母さん:12個
娘:12個

と、母子ふたりでかかっても、お父さんのスピードにかなわない。笑
ばよりん職人さんは、つねづね

「ぼくは、バイオリンも作る餃子職人やねん」

と 言われているその言葉の通り、
すごい速さで餃子を包んでしまいました。

そのあと、ホットプレートで餃子を焼いて、
わいわい喋りながら偽装親子は餃子50個完食!

わたしの左にいたお母さんが
「わたし、ちょっと眠いわあ」と言いながら、
その場でごろんと横になってしまいました。

すると、わたしの右にいたお父さんも
「ぼくも、ちょっと眠いなあ」と、ごろん。

仕方なく?間にいたわたしも、その場でごろん。
その時、時計は23時を指してました。
 :
 :
 :
「起きて。そろそろ帰るで~」

お父さんとお母さんが、上からわたしを覗き込んでいます。
あれ? 
気がつくと夜中の2時前。
すっかり気を失っていたようです。

寝ぼけてフニャフニャの頭で、
エスプレッソカップに残った原酒を飲み干して、
お母さんとふたり、家路につきました。

ばよりん職人さんの工房からわが家までは
歩いて10分強なので、終電がなくなっても関係ありません。
また、Iちゃんとわたしは隣のマンションだから、
お互い、家の前まで一緒に帰れるので助かります。

ばよりん職人さんがイタリアに行くまでに、
あと何回、壮行会できるかな。

過去の記事を調べると、3年前にも、イタリア出発前の
餃子パーチーをしていました。

2015年8月24日 (月)

旅行で役に立ったもの・その2(手ぬぐい)

暑い夏の友、手ぬぐい
普段の生活でも充分役に立っていますが、
旅行中は、より一層、働いてくれました。

1.普通にハンカチ代わりに使う
これは日常生活と同じ。ハンカチにしたり、
食事の時ひざにかけたり、トマトソースのパスタを
食べるときは、ソースのハネが服につかないよう、
前かけにしたり。
ある程度の大きさがあるので、ハンカチよりも自由自在。

2.日焼け止め兼ネックウォーマーとして
6月のヘルシンキは、天気がいいと20℃を超え、
日差しも強いうえに、日が暮れません。
首の日焼け防止に、手ぬぐいを首に巻いていました。
そのままトイレに入ったら、首から手ぬぐい外して、
洗った手を拭いてました。

また、逆に、雨が降っていると15℃ぐらいで寒く、
マフラーの代わりに、やっぱり手ぬぐいを首に巻いているのでした。

3.体を洗うときにも
ホテルのシャワーで体を洗うのにも便利。
長さがあるので、手ぬぐいの両サイドを持てば、
背中も洗えます。
それに、薄いからすぐ乾くのも便利でした。

そんな感じで、よ~く働く手ぬぐいさんでした。

≪ヘルシンキ・シベリウス公園にて≫
Photo

シベリウス先生のモニュメントとツーショット写真を
撮るときも、首には手ぬぐい着用でした。

2015年8月21日 (金)

旅行で役に立ったもの・その1(クロックス)

北極点に到達してから、ちょうど2ヶ月。
過ぎてしまえば、ほんとうに、あっという間の旅行でした。

今日は、旅行でとても役立ったものを紹介しますね。
旅行で役立つものは、日常生活、それからシンプルライフにも
役立つと思いますから!

クロックスのサンダル≫
P8152995

すっかりおなじみクロックス。
冬に街中でユニクロのダウンを見かける割合と同じ程度に、
夏は街中でクロックス履いているひとを見ているのではないか。

これは、長時間フライト時に重宝します。
旅行ガイドなどには
「飛行機に乗るときはスリッパを持っていき、履き替えると良いです」
とかあるけど、荷物増えるし、手荷物にスリッパ入れるのもめんどう。
その点、クロックスなら履きっぱなしでOKです。
街歩きに不自由しないし、飛行機の中でも窮屈さを感じません。
すばらしいね~クロックス!

しかも、10時間フライトのあとは、足がパンパンになり、
このクロックスでも少し窮屈になりました。
ということは、やっぱり降りた後もクロックスでないと、
普通の靴では苦しいということですね。
すばらしいね~クロックス!(再び)

しかし、こんなクロックスにも欠点があります。
全体に穴が開いているので、雨と砂浜はおすすめしません。

ヘルシンキ初日は、なぜか砂浜を歩くことになり、
砂がいっぱい入ってきました。
ヘルシンキ2日目は雨だったので、
こりゃいかんわと、持ってきていたコンバースに履き替えました。

2015年8月19日 (水)

ビジネスバッグを買いました。

ジェットセッターの小ぶりなトートだと、荷物がぱっつんぱっつん、
かといって、大きめのトートだと、荷物があっち向いてホイ?
勝手に動いて中で迷子になってしまう。

サラリーマンは、やはり、ビジネスバッグを持つべきである。

そう結論付けて、ビジネスバッグを買いました。
といっても、いかにもビジネスバッグだぜ~!
というのは避けたい。
(おじさんぽいのはイヤだ)

そう考えて、結局これを買いました。

≪吉田カバン≫
P8152986

吉田カバンの「タンカー」というシリーズの、
ブリーフケース(B4対応)を購入しました。

吉田カバンって、あまりに定番すぎて、
これまで敬遠していました。
しかし、光沢のあるナイロン生地が、ほどよくカジュアルで、
おじさんぽさも薄らぐし、まあ、定番品だから
ハズレはないだろう、そんな判断をしたわけです。

で、三宮のロフトで品定めをしてきたのですが。。。。
このシリーズ、たいしたものです。

同じ「タンカー」というシリーズでも、
容量別にとても細かくバリエーションが分かれています。

A4ブリーフケース、B4ブリーフケース、
2WAYブリーフケースで数種類、
3WAYブリーフケースで数種類etc
(いっぱいありすぎて、書ききれない)

これなら、自分の荷物の容量や、カバンとの付き合い方
(肩にかけるのか、リュックにしたいのか、そのまま持つのか)
を考えて、自分に最適なパターンのかばんを選べます。

で、わたしが選んだのが上記ブリーフケースです。
わたしのお気に入りポイントは、
持ち手が短いところ、かな。

あと、かばんの内部がオレンジ色なので、
わたしの黒い荷物を探すときに、
視認性が良くて助かります。

≪視認性グッド!≫
P8152987

そんなわけで、とりあえず、通勤かばんは
これに落ち着いた今日この頃です。

2015年8月17日 (月)

通勤かばんの問題

通勤時に持っていくものは、できるだけ少なくしたいと思っています。

が、気がつくと、

≪通勤持ち物≫
P8152988

真ん中にある本は、ラフマニノフの交響曲のスコアです。
あとは、1時の位置に化粧ポーチ、
5時にバッグインバッグ、
8時にウールのストール。

ウールのストールは、夏の必需品です。
電車やオフィス、ランチのお店が冷えすぎる場合があるので、
そのときに、さっとはおります。
そうしないと、一気にお腹こわしますから。

≪バッグインバッグの中は≫
P8152989

手帳、定期、財布、携帯電話、ティッシュ、デジカメ、
非常用の笛など。

以前から、ジェットセッターの小ぶりなトートバッグを使っていますが、
ぱっつんぱっつんです!

≪ジェットセッター≫
P8152982

≪とりあえず入るのだけど≫
P8152983

とりあえず、荷物は全て入るけれど、
ぎゅうぎゅうなので、出し入れに必要なバッファがありません。
かばんの中身を整理するために導入した
バッグインバッグが、さらに容量を圧迫し、
全体的に余裕がありません。
財布の出し入れも一苦労。

取引先との打ち合わせで外出するときは、
もう、資料の入る余地はなし。
折り畳み傘を入れるのも大変。
このバッグのうえに乗せていたはずの
マッキントッシュフィロソフィーのカーデガンは、
いつの間にか落ちてなくなってしまいました。

そこで、大きめのトートの出番です。

≪大きめの黒革トート≫
P8152984

≪余裕の収納力≫
P8152985

たっぷり入ってコリャええわと思っていました。
しかし、このバッグにも課題がありました。

マチがたっぷりあり、容量が大きいのが利点なのですが、
その利点が裏目に出てしまいます。
わたしの荷物の量では、歩いているうちに、
かばんの中で、荷物があっちこっちに動いてしまうのです。
バッグインバッグも、ラフマニノフも立てて入れてあったのが
倒れ、なかでまぜこぜになって、
結局どこに何があるかわかりません。
打ち合わせのクリアーフォルダなども、立てていれたはずが、
いつの間にか斜めになったり、半分底にいって、
L字型に折れてしまったり。

ま~ 当たり前のことかもしれないけれど、
やっぱりサラリーマンはビジネスバッグを持つべきですな。
おじさん達が持っているあの四角いかばんは、
やはり、書類や本がうまく収まるよう、
いい塩梅に設計されているのだと思います。

というわけで、ビジネスバッグを購入したので、
大きいトートは処分しようと思います。
B4サイズまで入るけれど、
書類や本を持ち運ぶ用途にはおすすめしません。
着替えなどの荷物を入れるにはよさそうです。
わたしが使いこなせなかったので、
そんなに使っておらず、あまり使用感はありません。
状態は悪くないです。
もらってやるぞ~という方はメールください。
本当にメールが来たときのために、
いつものお約束で「先着1名」としておきます。

※黒革トートの行き先が決まりました。
ご連絡くださったみなさま、ありがとうございました。

2015年8月14日 (金)

世界への扉は、ご近所にも

ピースボートで地球一周したり、
南極に行ってみたり、
北極点に行ったり、
どんだけ旅行好きやねんと
思われているかもしれませんが、
実は、旅行は、あまり好きではありません。

正直、めんどうくさいなあと思っています。
旅の荷物を作って 衣類など、暑さ寒さを想定して、
あらゆるパターンに対応できる組み合わせを考えて、
化粧品、雨具etc あ~めんどうめんどう!!!

実は、家でゴロゴロしているのが一番好きです。
そのとき、家の中がすっきり片付いていれば最高。
そのためのシンプルライフです。

なのに、どうして、各地へ行ったのか?
たぶん「そのときにしかできない」という思いに駆られて、
今行かなきゃいつ行くの? そんなことを思いながら、
出かけていくみたいです。

大学時代の夏休みを利用した、4ヶ月のピースボート、
勤続10年休暇を利用した南極、
勤続15年休暇を利用した北極点、
そのときに行かなければ、通常ではそんな休みは取れませんから。

しかし、単に、海外と接点を持ちたいだけなら、
別にこんな気合の入った旅行は必要ありません。

マンションの真下はスリランカ人のご家族、
近所のローソンのバイトは中国人、
近所の喫茶店に来る常連にはイタリア人もいます。

飛行機に乗って遠くへ行かずとも、
その気になれば、外国とのつながりはできるのです。
彼らとコミュニケートするための通信手段(つまり語学)を
身につければ、地元にいながら海外交流できます。

というわけで、海外旅行も満喫したことだし、
今後、わたしは、さらに地元志向を強めて、
近所の外国人と交流できるように、
ぼちぼちと他国の言葉を学んでいきたいな、
と考えてます。

近所在住の外国人も含めて、
楽しいご近所づきあいするのが理想です。

2015年8月12日 (水)

暑い夏の友、冷凍みかんと保温タンブラー

クーラーを旧宅に置いてきて
冷房が扇風機しかないわが家では、
暑さをしのぐために、いろいろ小さな抵抗をしています。

冷凍みかん保温タンブラー
P8082980

冬の間にみかんを冷凍庫に入れて凍らせてました。
そろそろ食べてもよかろうと、冷凍みかん解禁です。
冷蔵庫で半日ぐらいかけて解凍した冷凍みかん、
中心が少し凍ってシャリシャリで、
つべたくて、んま~い!

そして、今年のゴールデンウィークに買った保温タンブラー。
これ最高ですわ。
ステンレス二層構造になっており、
暑い日に冷たい飲み物を入れても、
器が全く汗をかきません。
それに、氷の持ちがとてもよいのです。
そりゃそうです。冷たい空気は下にたまるから、
氷で冷やされた空気は重いからタンブラーの中に溜まったままで、
しかも、タンブラーの壁は二層構造で外の暑さを通さない。
だから、氷がなかなか溶けないのです。

寝る前に飲んでいた水に入れた氷が溶けずに残っていたから、
そのままタンブラーごと、冷蔵庫(冷凍庫ではなく、冷蔵庫)に
入れておいたら、翌朝も氷が残っていました。
やるね~。

≪サーキュレーターと扇風機、ダブルで稼働中≫
P8082984

あまりに暑いので、二台稼動して風を送って涼み中。
ごくらく、ごくらく。

2015年8月10日 (月)

ソーダサイフォンのある暮らし10

残暑お見舞い申し上げます。

夏になると、暑いわが家では、ソーダサイフォンが大活躍!

普段は、水を入れて炭酸水にするのですが、
ある日、でき心で、こんなの、やってしまいました。

≪赤ワイン投入≫
P7182927

ソーダサイフォンに赤ワインを入れて、
炭酸ガスを注入すれば、
スパークリング赤ワインです。
のんべ~は、うまい酒のためなら、なんでもやるのですよ!

≪赤ワイン注入≫
P7182930

ひとり暮らしゆえ、写真はすべて自分で撮影するため、
こういう写真を撮るときは、
右手にワイン、左手にカメラです。
けっこう大変。

≪ワイン注入中 じょぼぼぼ~≫
P7182931

これは、左手軽量カップ、右手カメラ。

≪炭酸ガスも注入!≫
P7182936

ガスを入れてから半日ぐらいすると、
味がなじんで飲み頃です。

どれどれ。。。

≪んまい!≫
P7222947

ははは~ めっちゃうまいぞ~!!
さわやかな呑み口で、ぐいぐい呑めてしまう。
こりゃ危険だ。

友人と、うまいうまい言いながらどんどん呑んで、
そのまま床で気を失ってしまった某土曜の夜。

※ソーダサイフォンのある暮らし9 はこちら

2015年8月 7日 (金)

ミニたんす 処分します

先日のオルゴールに引き続き、
気に入っているけど処分しようと思うもの。

ミにたんす
Pa042618

以前に、神戸の弓弦羽神社の骨董市で、
一目ぼれして購入しました。
(結構高かった)

引き出しの前面に富士山や帆掛け舟が描かれてます。
これも、とても気に入っていますが、飾り棚がなく、
置き場所がないので、ご希望の方いれば、
先着1名様に差し上げます(メールください)。

本当に小さなたんすなので、
鍵とか、指輪とか、小物の収納に向いています。
小さな宝箱という趣です。

1時03分追伸:
嫁ぎ先が決まりました。早々とご連絡くださったみなさま、
ありがとうございました。

2015年8月 5日 (水)

オルゴール 処分します

突然ですが、ご希望の方がいらっしゃれば、オルゴール差し上げます。

≪これ≫
P8022981

高さ約18センチ、以前、近所の時計職人さんに、
カッコー時計を差し上げる約束をしたら、
お礼?にいただいたものです。

≪箱に貼られたシール≫
P8022984_2

オルゴール部分はスイス製、それ以外はドイツ製?

30年ぐらい前、時計職人さんがドイツに旅行に行ったときに
手に入れたと聞いています。

とてもかわいらしく、気に入っているのですが、
残念なことに、わが家には飾り棚がなく、
置き場所がありません。

いただいた当初は下駄箱の上においてましたが、
そこは現在据え置き型MP3プレイヤーに占拠されています。

そのため、せっかくいただいたものの、箱に入れて、
押し入れにしまっていました。

たまに箱から出して眺めて楽しんでいたりしますが、
これではもったいないなあと思います。

そこで、気に入った、ほしいという方がいらっしゃれば、
先着1名様に差し上げますので、メールください。
よろしくお願いします。

いただいた当時の記事はこちら

追伸:
嫁ぎ先が決まりました。
ご連絡いただいたみなさま、ありがとうございました。

2015年8月 3日 (月)

増えたもの・減ったもの208(扇風機)

扇風機を処分して3年。

ついに観念して扇風機を買いました。
わたしひとりなら、扇風機の、サーキュレーター生活も
大丈夫なのですが、これでは、わが家を訪れるお客さんが
気の毒かと思い、扇風機を購入したのです。

駒ヶ林のアグロガーデンで購入。
これ以前に三宮センター街の星電社、もとい、
ヤマダ電機においてある製品もチェックしましたが、
デザインが好みではなかったので、アグロで見た
ドウシシャのPIERIA(レトロリビングファン)という製品を購入しました。

≪買ってきたぜ~≫
P7262963_2

≪ひたすら組み立てる≫
P7262965_3
P7262966_3

≪完成!≫
P7262967_2
P8022984

ルックスはとてもよいてです。
操作パネルに変な主張がなくシンプルで
(最近の日本の電気メーカー品は、変にLEDが入っていたりデザインいまいち)
部屋に自然に馴染みました。

ただ、唯一の欠点は、電気コードが黒のこと。
これが白なら言うことなしだったのですが、
ここが惜しいから星4つですね(アマゾンのレビュー風)

≪洋室にさらりと馴染む。もちろん台所にも≫
P8022977
P8022978

いや~ 扇風機のある暮らし、すばらしいです。笑
客人のためにかった扇風機ですが、
夜はこれを付けて首振りにしておけば、
適度な風が部屋の空気をまわしてくれるので、
夜中に目覚めることもなく朝までノンストップで眠れます。

さて、シンプルライフ3箇条その1
「ひとつ手に入れたらふたつ捨てる」
これは一体どうするつもりなんだか。

« 2015年7月 | トップページ | 2015年9月 »