« 2015年3月 | トップページ | 2015年5月 »

2015年4月

2015年4月30日 (木)

ローズマリーをもらったので

淡路の叔父が、たけのこ便の中に、
ローズマリーをたくさん入れてくれました。

使い道が思いつかなかったので、
とりあえずお酒にしました。

困ったときの酒漬頼みです!!

≪ウォッカでローズマリー酒≫
P4163004

ホワイトリカーではなく、ウォッカを使うところが、
われながら酒飲みっぽいなあと苦笑。

≪フィンランディアという、フィンランドのウォッカを使用≫
P4163003

ちなみに、フィンランディアの空瓶は、
「八方美人だし」の冷蔵保存用に使っています。

≪冷蔵庫の真ん中で≫
P4193019

≪酒ではないぞよ≫
P4193017_2

2015年4月29日 (水)

八方美人だし 作りました

この前買った、八方美人だしの本を見ながら、
だし作りしました。

≪材料を混ぜて10分煮るだけ。簡単≫
P4152995

≪左:だしがら 右:だし≫
P4152996

だしがらの再利用方法も、ふりかけとか、佃煮とか、
本書の中では述べられていますが、
このままでもかなりおいしい。
お酒のつまみに最高です。

炊きたてごはんに混ぜて、混ぜご飯の具としても、
かなりいけそう。

だしは冷蔵庫で数ヶ月持つし、
これで、しばらくは、食生活安泰です。

あ~ このだし使うの楽しみだなあ。

2015年4月28日 (火)

缶入り紅茶を買いました。

先日、紅茶を買いました。

≪缶入りです≫
P4122954

持たないとか、捨てるとか、シンプルとか言っているのに、
なぜ缶入りやねんって思うでしょ。

いやもう、紅茶には、イニシャルUのトラウマがありまして、
絶対缶入りが欲しかったのです。
紅茶用の缶持っていないので、そのために、
缶だけ買うのもいやだから、缶入り買いました。

今後はもちろん再利用しますよ!

2015年4月27日 (月)

たのしいご近所づきあい257

ある日曜日。

例によって、近所の喫茶店へお昼ご飯を食べに行きます。
前の日に、マスターから
「明日お好み焼き焼いたるから食べにおいで」
と言われていたので、お言葉に甘えて行ってきました。

お店に着くと、そこは常連天国。

某格闘技の元世界チャンピオン
なじみのシューヘーくん、
イタリア人etc

知ってるひとばかりいます。

≪お好み焼き≫
P4193015

マヨネーズは、チャンピオンがトッピングしてくれました。

チャンピオンの繰り出す下ネタに爆笑しながら
お好み焼きを食べ、その次におやつがでてきたのを
たらふく食べて、そして、とどめ。

P4193017

なんだこりゃ! びっくりのフルーティーなお酒でした。

2015年4月26日 (日)

お酒はあまり買わない16

この前仕込んだジャムがその後どうなったのか、
遅くなりましたが報告します。

≪大人用の飲み物になっていました≫
P4122953

糖分が、すべてア○コールになってしまい、甘み全くなし。

すると、不思議なことに、昨秋、大量に作った、
ぶどうジュースと同じ味になっていました。

今回の材料は、成城石井のラズベリージャムなんだけど。

しかしまあ、ジャムでも飲み物を作れるということがわかりました。

甘みゼロもいいけれど、これは、発酵が終わってしまうまでの、
甘みが残っているときに、冷やしてシュワシュワで
カクテル風に飲むほうがよかったかな。

2015年4月25日 (土)

増えたもの・減ったもの202(梅酒すくいとまんが)

この前、八方美人だしの本を買ったときの、
代わりに処分するものが見つからないまま、
あらたにまた別のものを購入。

≪梅酒すくいとまんが≫
P4142992

Amazonで消耗品と一緒に買いました。

梅酒すくい(正式にはカンロ杓子)は、
昨秋仕込んだ、びわの葉の焼酎
飲むときに、瓶の底の液体をすくうのに、
必要になって買いました。

まんがは、のだめでおなじみ、二ノ宮知子さんの最新刊!
と 思ったら、2014年11月発行とあった。
最近、どうもセンサーがにぶいというか、
気づくのが遅すぎる

さて、シンプルライフ3箇条その1
「ひとつ手に入れたらふたつ捨てる」

今回は、2の倍数の4つ処分です。

というか、この前の2つと、今回の4つで、6つ処分。
気長に探します。

2015年4月24日 (金)

人生は酒の肴だ

毎日、いろんなことあります。

仕事が忙しいときは、仕事で。
仕事が忙しくなくなると、音楽活動で。

誰かと誰かの調整をしたり、
予定通りに進行してくれたらいいものを、横槍が入ったり、
無理やりブッキングの予定を入れてきたり、
「もう~ ええ加減にせんかい!」

空気の読めない発言をするひとがいたり、
無茶振りに翻弄されたり。

もちろん、楽しいことも、いっぱいあります。

仕事のトラブルをうまく収束させたり、
音楽で息のあった演奏ができたり、
いろんなこと、あります。

こういうことが、すべて、酒の肴なんだな~と思う今日この頃。

これらの話題をエサに、いくらでもお酒飲めます。

当たり前の日常も、困ったことも、
楽しいことも、すべて、酒の肴。

そんなわけで「人生是酒ノ肴」。

2015年4月23日 (木)

夜中に薬草を煮る。

一時的に体調を悪くして、
自然療法の本を調べると、よもぎエキスが効くと
書いてありました。

で、よもぎエキスを作ろうと思い、叔父にリクエストして、
たけのこ便で、よもぎを送ってもらいました。

淡路の家の周りは、よもぎボーボーに生えてますから。
神戸でも新大阪でも、道端に生えているけど、
淡路の田舎のよもぎがほしかったのです。

≪水洗い中≫
P4132986

洗ったよもぎを、ひたひたの水で、煮詰めます。
水が半分になったら、よもぎを取り出して、
液体を弱火で煮詰める。
どろどろの水飴状になるまで煮詰めます。

≪煮詰め中≫
P4142990

土鍋の色と同化してわかりにくいけど、
この時点では、8分目ぐらいまで煮汁が入ってます。

≪かなり減った≫
P4163002

≪完成≫
P4163005

モロゾフの小さいプリンカップに、たったのこれだけ。
ずいぶん凝縮されました。

ちなみに、よもぎが届く前には、体の不調も治ってしまいました。
しかも、二日酔いの朝に治っていた。
しばらく、よもぎエキスの出番はなさそうですが、
いざというときのために(?)とっておこう。

平松洋子さんのエッセイで、
『夜中にジャムを煮る』というのがありますが、
こちらは、夜中に、薬草なんです。
わたしは魔女か。

≪魔女の作業工房≫
P4162999

2015年4月22日 (水)

食べ物はあまり買わない73

淡路島の叔父から大量に届く、趣味の園芸の農産物を
みんなにおすそ分けしているので、
お返しに、いろんなものをいただきます。

ある日曜日のこと。

「ピンポ~ン♪」

どなたか来られました。
隣のおばあちゃんのお世話をされてるヘルパーさんです。
この前のたけのこのお礼にと、
おやつをくれました。

≪コーヒーピーナッツ≫
P4122968

そのあと、近所の喫茶店に行くと、
バイトのお姉さんが、服をくれました。

≪ワールドのファミリーセールで買ってきたらしい≫
P4132984

いつも、わたしから、いろいろもらっているからと、
お礼に買ってきてくれたのです。
ちなみに、お姉さんとおそろい。
バイトのお姉さんといっても、20ぐらい年上で、
ほとんど母親みたいな年齢なので、
なんだか「お母さんに服買ってもらった」みたいな、
そんな、うれしい気持ちになりました。

演奏会のあと、インドカレー屋さんが、一緒に帰ってくれるのは、
兄姉がいるみたいでうれしい
のと同じように、
わたしは、こういう擬似家族ぽいのもに、かなり弱いです。
育った環境の影響をもろに受けてるなあと思う瞬間です。

さて、その日の夜は、オケに行くと、
またまた、バイオリンのHさんから、
いかなごの釘煮をいただきました。

≪いかなご~!!≫
P4132985

そんな感じで、叔父のたけのこを武器に、
いろんな食べ物ゲットしています。

2015年4月21日 (火)

食べ物はあまり買わない72

ある日曜日。この日はめっちゃ忙しかった。

昼からピアノクインテットの練習、
夜はオケの練習予定だったので、
午前中に、用事をいろいろ済ませないといけません。

≪まずは、この子のお世話から≫
P4122958

お米のドリンクを、液体と搾りかすに分けます。

≪う~ん、牛乳のようです≫
P4122960

気分は醸造家。

そうしているうちに、淡路島から、食べ物着。

≪その1≫
P4122969

≪その2≫
P4122970

≪広げると、あまりのボリュームに 途方に暮れる≫
P4122971

≪気を取り直して おすそ分け用に袋詰め≫
P4122979

このとき、気分は、農協の出荷作業所でした。

さあ、たけのこは鮮度が勝負。下茹でしなくちゃ!

≪最初に出てきたお米ドリンク?の鍋≫
P4122967

洗ってません。
米粒ついているけど、このまま使ってしまおう。
普通は、米ぬか入れて下茹でするんだから、
米粒が残っていても、問題ないでしょう。

≪たけのこ下茹で中≫
P4122983

気分はたけのこ水煮工場。

そんなわけで、醸造家→農協の出荷作業所、たけのこ水煮工場 と
やたら忙しい日曜の朝でした。

(この後 選挙も行った)

2015年4月20日 (月)

チェロのおかげで15

オーケストラの練習の行き帰り、
でっかいチェロを担いで歩いていると、
知らないひとから、よく話しかけられます。

それはいつものこと。

先日も、信号待ちの横断歩道で、
おばあさんに話しかけられました。

「あんた それ何持ってんの? 大きいねえ」と。

このおばあさん、目がキラキラして、
お肌は色白でつやつや、なかなかチャーミングな方です。

その時、目の前の道を救急車が通り過ぎて、

「今日は救急車が多いんや。
 最近暑くなったり寒くなったりするから、
 みんな体調を崩してあかん。

 最近の若いもんは、天気予報の暑い寒いの
 内容で暗示にかかってしまい、
 すぐ体を悪くする。

 敏感すぎるんや。

 わたしは戦中派やから、こんなん、どないもあらへん」

などなど、色々自論を展開します。

もと、気象会社勤務のわたしとしては、
素直に受け入れがたい話もありましたが、
まあまあ、ふむふむと話を聞いてました。

で、なぜか、別れぎわに、おばあちゃんが、
それまでの話と全く関係のないひとこと。

「あんた、悪い男にだまされんように気いつけや!」

な な な 何?

チェロのおかげで、いろんなこと、あります。

2015年4月19日 (日)

醸しトリオ

はちみつに水とイースト菌を投入して「ミード」
ジャムに水とイースト菌を投入して。。。「なにこれ?」
柿を放置したら酢酸発酵を始めて「柿酢」

そんなわけで、わが家の冷蔵庫の上は、
気付くと醸し天国です。

≪時計回りに12時から、ミード、柿酢、なにこれ?≫
P3233014

≪友を迎えるためのお米ドリンクも製造中≫
P4083033

※アルコール度数1度を超える自家醸造は、
 酒税法違反になりますので、ご注意ください。

2015年4月18日 (土)

髪をまとめる○○を捨てる

最近、捨てられるものが、だんだんなくなってきましたが、
この前、これを捨てました。

≪名前がわからん≫
P4033031

髪をまとめて、おだんご?にするためのものです。
わたしの髪が伸びて(もう1年以上切っていない)、
こんなのではまとまらなくなったのと、
ゴムの劣化で、いまいち髪をまとめられなくなったので、
処分しました。

2013年末にセミロングぐらいにカットして以来、
髪を切ってません。
2014年前半は忙しすぎて切りに行けず。
今は美容院に行く余裕もできたけど、
あまりに長く行ってなかったので、
どんなヘアスタイルにすればよいのか、
さっぱり思いつかず、ずるずる長髪生活です。

そういえば、今年の1月下旬、
オケの帰り、深夜0時ごろ、横断歩道で、
背後から「こんばんは~」と
声をかけてきた男の人がいて、
「うわ~なんや!」
と 思ったら、お世話になっている美容師さんでした。

美容師さんは、ママチャリの荷台に、
でっかいごみバケツを載せてました。

「それ なんですのん?」
と尋ねると、美容師さんが、
「中身はタオルです」

次に、美容師さんが、わたしの背中のでっかい楽器を見て
「それ なんですのん?」
わたし「チェロです」

美容師さんは「じゃあ おやすみ~」
と 自転車をターンして、反対側へ帰ってゆきました。
あら。わたしに声かけに来てくれたのね。

あ~ 髪切りに行かなきゃ。

2015年4月17日 (金)

趣味を捨てる。5年後。

5年前に「趣味を捨てる2」で、ピアノをやめた話を書きました。
その話を書く前の時期に、趣味を増やしすぎて、
趣味に生活を蝕まれてしまったので、
思い切って、趣味を減らしたのです。

その中で、ピアノもやめてました。
そして、電子ピアノを処分し、
ピアノの楽譜も全て処分しました。

そんなわたしが、どういう風の吹き回しか、
最近ピアノ弾いています。
(マンションの1Fにピアノがある)

≪チェロの合間にピアノのなのか ピアノの合間にチェロなのか≫
P4112947

まあ わたしの音楽活動の中心はチェロ、
ピアノは、ほんの余興というか、お遊びです。
ピアニストさんが、マンション1Fで毎週レッスンされてますが、
今後、習うほど本気でやるつもりはありません。
(そこまでやると、またくたびれてしまうので)

なにを弾いているかというと、
近所のバイオリン職人さんとの連弾用の曲をさらったり、
知り合いの作曲家さんのピアノ曲を練習しています。

オケみたいに、人前で発表するために弾くのではなく、
身近なひととのコミュニケーションを楽しむための練習。
一緒に弾いて、そのままお酒を飲むための準備ともいえるかな。
(結局 お酒が目的か?)

とくに、作曲家さんの曲は、この春レコーディング、
夏にはオリジナル曲のCDが、
一般的な販路で発売されます。
今は知られていない彼の曲も、いずれ、
「世の中のみんなのもの」になってしまいます。
まだ、メジャーになっていない今のうちに、
彼の美しいメロディーをひとりじめしておこうと思い、
せっせとピアノの練習にはげんでおります。

いろいろ捨ててますが、たまには、
こんなこともあるのですヨ。

2015年4月16日 (木)

お酒での調理にご用心

「もつ」を、醤油、みりん、お酒で煮込むと、
オツな一品ができあがります。

この日も、ルクルーゼに「もつ」、そして、
醤油、みりん、お酒を投入し、
蓋をして鍋を火にかけました。

しばらくすると、沸騰してきた様子。

どれどれと、ルクルーゼの重い蓋を開けると、

≪キャーーーーー!!≫
P3102925_2

蓋のまわりが、ぼうっと、青白い炎に包まれました!
写真は再現イメージです。

そうです。

お酒が沸騰して気化したアルコールが
ルクルーゼの中にたまっていたところに、
わたしが蓋を開けたものだから、
気化したアルコールが一気に鍋から出て、
引火したのです。

あ~ こわかった。

お酒を使った調理するときは、
アルコールを飛ばしてから、
蓋を閉めましょう。

あっ これ常識ですかねえ。
どんくさくてごめんなさい。

2015年4月15日 (水)

増えたもの・減ったもの201(八方美人だしの本)

基本的に本は買わないことにしています。
料理の本も、以前はたくさんもっていましたが、
かなり処分しました。
これ以上、増やすつもりはなかったのですが、
数年ぶりに、買ってしまいました。

『お料理上手になれる 八方美人だし』 馬場香織/メディアファクトリー

≪これさえあれば≫
P4112946

P4112948

八方美人だしとは、本によると、この著者の馬場さんが、
30年以上作り、使い続けている、「八方美人」な天然調味料。

ごく簡単な(わたしでもやれそうな)レシピで作ることができ、
室温保存可能。冷蔵庫で3~6ヶ月もつ調味料です。

目分量で適当に作った料理の味の薄さや濃さに、
がっかりしながら、しかし、きちんとだしをとるのは面倒な、
ずぼらなわたしでも、これさえ作っておけば、味が決まりそうです。
冷蔵庫で数ヶ月もつなら、作るモチベーションもあがります。

だしの作り方も簡単なので、暗記して、
本は買わないという手もありました。
しかし、これを作れば、わたしの食生活は、
かなり改善するだろうと考え、著者に敬意を示して購入。

実は、もう、情けない話ですが、2013~2014年の
仕事激忙生活の後、ちゃんとした料理を作れなく
なってしまったのです。

いやまあ、何か作って食べてはいるのですが、
もともとのアバウトさに磨きがかかったというか、
これは、自分で食べるのはいいけど、
ひとには食べさせられないなあという、
散々なクオリティです。

昔は、張り切って牛肉の赤ワイン煮作って、
近所の喫茶店に持って行ったり、
友人の誕生日のディナーに、
パンまで作っていたわたしは、
いったいどこへ行ったのだ。

まあ そんなわけで、食事を、
ひとに食べさせられるクオリティに戻すため、
まずは「だし」を改善します。

よい「だし」さえあれば、素材そのままみたいな、
いいかげんな料理でも、きっと味がきまるはず。

って、これじゃ、やっぱりアバウトのままだ。

さて、強引に話題を変えましょう。
シンプルライフ3箇条その1
「ひとつ手に入れたらふたつ捨てる」

今回もなにか2つ捨てなければ。
気長に、探します。

2015年4月14日 (火)

食べ物はあまり買わない71

先日、オケの休憩時間に、
バイオリンのHさんに呼び止められて、
いただきました。

≪レモンの実だけで作ったジャム≫
P4053038

皮は使わず、レモンの実の部分だけで作った、
ぜいたくなジャムです。
パンに塗ってもおいしいけど、
クリームチーズにのせて食べたいです。
白ワインにあいそう。

どうして、わたしのもとには、こうやって食べ物が集まるのだろう。

2015年4月13日 (月)

食べ物はあまり買わない70

ある日の朝ごはん。

≪雑誌『天然生活』風≫
P3273017

なんて書いたら『天然生活』愛読者に怒られるか。

なんとなく、わたしの中では、フラッシュたかず、
自然光の中で暗い写真を撮ると、
『天然生活』風 と 呼びたくなるのです。

この日の朝ごはんは、
インドカレー屋のマスターにもらったオレンジ、
ピースボートつながりの仲間にもらったコーヒー、
ピアニストさんにもらったシフォンケーキ。

ちなみに、オレンジのまな板は通販生活の購入者プレゼント、
マグカップは淡路島の実家から持ってきたもの、
テーブルはいとこにもらったもの、
BGMは知り合いの作曲家さんのオリジナル(もちろんもらった)。

あいかわらず、もらいものに囲まれた生活です。

後は、彼氏と家を誰かくれないだろうか。

2015年4月12日 (日)

習慣とはおそろしいもので。。。

しょっちゅう酔っ払って「床でごろん」して
数時間ワープしてしまうわたし。

しかし、いつも、われながら感心することがあります。

あんだけ酔っ払っているのに、
玄関の靴がそろっていたり、
脱いだ服をたたんであったり、
小遣い帳をつけてあったり、
ごみを出してあったり、
起きてから、びっくりすること、よくあります。

ふだんから体に染みこんでいることは、
べろべろに酔っ払っても、
やってしまうんですねぇ。

ということは、きっと、年をとってボケたときも、
若い頃からの習慣を実行するのではないか。

おそろしい。
変な習慣は今のうちにやめておかないと。

酔っ払ってもシンプルライフ!
ボケてもシンプルライフ!

2015年4月11日 (土)

増えたもの・減ったもの200(クリオネ)

以前「シンプルなスキンケア」という記事を書いたときに
紹介した「イオン導入器」が、ついに寿命を迎えました。

≪お世話になりました≫
P3222995

2005年に購入、週1回、10年使っていると、
プラスチックは劣化するし、電池ボックスのふたは
閉まらなくなり、電源入らなくなるしで、
ついに使えなくなりました。

代わりのものを購入しようと思い、
これを買ったときお世話になっていた
メイクの先生に相談しました。

で、先生のアドバイスを参考に、次に買ったのがこれです。

≪クリオネ≫
P3222992

ははは。これ、すごーく高いのです。
諭吉おじさまが5~6人必要です。
今まで使っていたイオン導入器の3倍以上のお値段しました。

しかし、信頼できる先生のベストチョイスだし、
これまで使っていたイオン導入器の効果も感じているので、
買ってしまいました。

わたし、実年齢より若く見られることが多いのです。
その理由はいくつか思い当たるふしがありますが、
一番の理由は、肌だと思うのです。
それはまさに、これまで使ってきたイオン導入器のおかげ。

というわけで、クリオネで美魔女(苦笑!)めざします。

2015年4月10日 (金)

食べ物はあまり買わない69

この前、淡路島の叔父が送ってくれた、
「スナックえんどう」の茎と葉っぱがあまりにおいしかったので、
次をリクエストしてました。

茎と葉っぱを取りすぎると、
肝心の実がならなくなるので、
今回は、「絹さやの茎と葉っぱ」が届きました。

≪これです≫
P3283025

さっと茹がいて、

≪ドレッシングをかけて食べる≫
P3283026

ふむ。やっぱりおいしい。

マメ科の茎と葉っぱは食べるとおいしい。
日本にそういう食文化ないみたいだけど、
これは、うまい。

2015年4月 9日 (木)

春のたけのこ祭り

淡路島の叔父から大量にたけのこが届くので、
ノーマルな食べ方では、とうてい消費できません。

もう、主食もおかずもたけのこにしなければ。

たけのこを大量消費できるレシピはないんやろか。
たけのこでお酒やジュースやジャムを作れないだろうか。
とか、そんなことまで考え始める始末。

≪マーボーたけのこ≫
P3303029

豆腐の代わりにたけのこをさいの目に切って投入。

これで大量消費できると思ったけど、
マーボーが意外に辛くて、一度にたくさん食べられず。

2015年4月 8日 (水)

食べ物はあまり買わない68

最近、同じオケのバイオリニストのHさんから、
いろいろ手作り食品をいただく機会が増えました。
ほとんど毎週、なにかいただいているのではないか。

≪庭のかんきつ類の皮のマーマレード≫
P3223002

Hさんは、ジャム作りが得意で、作ったジャムを、
オケのみなさんにおすそ分けするので、
いつも空瓶が不足してます。

というわけで、わが家にストックしていた空瓶を
差し上げたところ、お礼に、ジャムをいただきました。

≪この瓶は、なめ茸の瓶。。。≫
P3223005

わたしが差し上げたなめ茸の瓶に、
マーマレードが入って戻ってきました。

しかし、この色、なめ茸に見えなくもない。。。

2015年4月 7日 (火)

たのしいご近所づきあい256

ご近所づきあいシリーズ?も、ついに256回目です。
256という数字は、システム担当者には、
「きりのいい数字」なんです。

256=2の8乗で、2のべき乗の中でも、
とくに3桁以上の数に萌えます。

128、256、512、1024。。。

さて、数字に萌えつつ、あいかわらずの、
いつものパターンの週末。

近所の喫茶店のマスターが
「明日の昼は、カレーうどん作るから食べにおいで!」
と、翌日のランチのお誘い。

もちろん、行きますとも!

そんなわけで、翌日。

≪食べる直前! 気が急いているのか、ピンボケ≫
P3293027

カレーうどんのあとは、ホットコーヒーをオーダー。

≪おやつも出てきた≫
P3293028

ここは神戸。すてきなカフェたくさんあるけど、
もう他へは行きません。

わたしには、ここがあれば充分幸せ。
(前の日とおんなじ)

2015年4月 6日 (月)

たのしいご近所づきあい255

相変わらずのワンパターンな話で恐縮ですが、
休日に、いつもの喫茶店に行くと、
マスターが

「飯食ったか?」

「ううん。まだ」

と 答えると、お昼ご飯、作ってくれました。

≪オムそば≫
P3182983

≪んまい~≫
P3182984

神戸には、ガイドブックに載るようなすてきなカフェや、
ほかにも老舗の喫茶店がたくさんありますが、
もう、他は行かなくていいや。

ここさえあれば、わたしは充分幸せです。

2015年4月 5日 (日)

お酒はあまり買わない15

はちみつを薄めてイースト菌投入し、
お酒ができるのであれば、
ジャムでもお酒を造れるのではないか。

糖分・水分・イースト菌があれば、
アルコール発酵しますからねえ。

この前、会社帰りの電車のなかで、
ふと 思いつきました。

早速実験。

≪神戸駅の成城石井でラズベリージャム購入≫
P3233009

ちょっと値のはるジャムですが、
おいしいジャムを使わないと、
たぶん、おいしくないお酒になるだろうと考え、奮発しました。
まあ お酒買うこと思えば安いものです。
このせりふ、前にも言ったぞ

≪ペットボトルにジャム投入≫
P3233010

≪水でジャムを薄めながら入れます≫
P3233011

≪全部入りました≫
P3233013

この状態で、ほこりが入らないよう、軽くふたをして、放置します。

くれぐれも、ふたを閉めないように。
発酵過程で、ペットボトルの中で二酸化炭素が発生するので、
ふたをきつく閉めると、二酸化炭素の行き場がなくなり、
そのうち爆発しますから。

≪数日後≫
P3273020

元気に発酵してます。

≪すごい泡≫
P3273022

少し味見すると、甘酸っぱいラズベリーの味と、
炭酸ガスのシュワシュワ感、おお、うまい!
これ、冷やして飲むとおいしいだろうな~。

しかし「お酒はあまり買わない」と書いているけど、
やっぱり、結構買ってます。
作るのは、ほんのお楽しみです。
こんなのじゃ、足りないからね。。。

※アルコール度数1度を超える自家醸造は、
 酒税法違反になりますので、ご注意ください。

2015年4月 4日 (土)

お酒はあまり買わない14

はちみつを薄めて、イースト菌を投入して、
数日放置すると、ミードというお酒になります。

ミードについては、以下のサイトに詳しく説明があります。
http://kyoto-mead.jp/about.html

人類最古の酒、そして、ハネムーンの語源にもなったミード、
作りました。

≪アートぽく写真を撮ってみた≫
P3273028

※アルコール度数1度を超える自家醸造は、
  酒税法違反になりますので、ご注意ください。

2015年4月 3日 (金)

シンプル・持たない・捨てる・簡素・酔っ払いな暮らし4

マンションの1Fで呑み始めて、
作曲家さんとわたし、屍と化してしまったその後。

夜中に目が覚めて(何時かわかんない)
ちょっと宴会の片づけをしようとしたら、
作曲家さんが、具合悪くなって、
周囲を少し汚してしまいました。

で、もうろうとした意識の中でそれを掃除して、
そして、ふたたび記憶喪失。

気がつくと5時。
テーブルの向こうに作曲家さん、
こっちにわたし。
ほぼ同時に目が覚めました。

ああしんどー 呑みすぎたー と 二日酔いのふたりは、
それぞれ家路についたのでした。
わたし、エレベーターで上に上がるだけやけど。

いい年した男女が、それぞれ勝手に酔っ払って、
気をうしなっていた、それだけのお話でした。

色っぽい内容を期待してたら、ごめんなさい。

 :
 :

≪その日の朝、お米ドリンクの仕上げをしてました≫
P3222990

二日酔いでへろへろなのに、また呑む用意をしてる懲りないやつです。

しかも、その日の昼には、ばよりん職人さんから連絡があり、
「ちょっと渡すものあるから、下まで降りてきて!」
1Fに行くと、こんなんくれました。

≪一升瓶≫
P3223001

≪音楽仕込み 芋焼酎≫
P3222998

やはり、そろそろブログを改名すべきではないか。。。

2015年4月 2日 (木)

シンプル・持たない・捨てる・簡素・酔っ払いな暮らし3

3月の某週末のこと。

マンションのオーナーさんと、ピアニストさんと、
作曲家さんと、わたしの4人で呑もうという話になり、
1Fにお酒や食べ物を持ち寄って宴会を始めました。

作曲家さんはワイン3本、わたしは、
かにツアーで買ってきた日本酒を2本。その他etc

12月のコンサートのときの映像を見ながら、
お酒が進む進む。。。。

ワイン1本目が空いて、2本目も空いて、
日本酒も空けて。。。
気がつくと5本のボトルがほとんど空。

翌日仕事のピアニストさんは早々に退散し、
部屋に酔っ払い3人。

作曲家さんも「そろそろ帰るわ」と立ち上がるけど、
なんか様子が変。ふらふらではないか。

オーナーさんが
「ちょっと休んでいき。それで帰るのは無理やで」
というわけで、作曲家さんは、その場でごろん。

その後、わたしはあまり記憶がなく、
(わたしもその場でごろんとなっていた?)
薄れゆく記憶の中で、オーナーさんが

「ぼく、これからガールズバー行くから、あとは任せたで」

そう言い残して消えていきました。

1Fには屍のような酔っ払いふたり。
さて、どうなることやら。。。

つづく

2015年4月 1日 (水)

食べ物はあまり買わない67

以前は、淡路の叔父が、大量にわが家にたけのこを送ってきてました。
自家消費不可能なので、マンションの1Fの事務所で台車を借りて、
それで、近所の喫茶店に運んでましたが、あまりに重くて大変なので、
最近は、叔父が、最初から、喫茶店に送ってくれるようになりました。

というわけで、近所の喫茶店に大量にたけのこが届いた後に、
お店に行ったところ。。。

近所のおかまバーのママが、

「あら~ ○○ちゃん(←わたしのこと)
 たけのこどうもありがとう~。
 これは、ほんのお礼よ」

と わたしのコーヒー代、払ってくれました。

その後、マスターが、おみやげに、
魚の煮付け、肉じゃが、おにぎりを持たせてくれました。

≪わかりにくい写真ですみません≫
P3273023

さらに翌日には、

≪たけのこご飯を作ってくれた≫
P3283034

わたしは何もしてません。
叔父がたけのこを掘って、喫茶店に送ってくれるので、
喫茶店では、わたしが感謝されて、
そして、たけのこ加工品をおみやげに持たせてもらう。

ひとりで、おいしいとこどりです。

叔父とマスターに感謝。
食べ物の神様、いつも お世話になっております。

« 2015年3月 | トップページ | 2015年5月 »