« 2014年8月 | トップページ | 2014年10月 »

2014年9月

2014年9月30日 (火)

増えたもの・減ったもの191(ヘアクリップ)

少し前の大量購入の前の話ですが、
会社帰りに新大阪駅の雑貨屋さんで、
ヘアクリップ買いました。

≪少しパールがかったきれいな白≫
P8282651

髪を横で結んで、このクリップを留めると、
顔全体が華やぎます。

そして、このクリップ、なんと。。。。

≪たったの300円≫
P8282656

大阪のオバチャンみたいに、
安いもの自慢です!

値段見る前は、800円か900円ぐらいするだろうと
思っていたので、あまりの安さにびっくり。

さて、シンプルライフ3箇条その1
「ひとつ手に入れたらふたつ捨てる」

倍の2つ処分。何を処分したか忘れてしまったけど、
ちゃんと処分しました。
もう、これを守らないと気持ち悪い体になっています。
それに、新しいものを欲するということは、
何か、必ず、いらないものもあります。
このルールをずっと実践してきて感じてます。

2014年9月29日 (月)

たのしいご近所づきあい224

日曜日。夕方、チェロのレッスンの帰りに、
近所の喫茶店に立ち寄りました。

バイトのお姉さんと、そのだんなさん、
常連の美人のお姉さん、
某格闘技の世界チャンピオンと、
そのお友達。

ははは、常連ばかりです。

「ただいま~」

とお店に入り、しばし世間話。

チャンピオン、わたしの顔を見ると、
オッス! ところで、目、開いてるか?

この、なんだかよくわからない組合わせのメンバーが、
談笑できる不思議なスペース。
おもろいなあと思います。

≪帰り前にマスターが白ごはんをくれた≫
P9212824


2014年9月28日 (日)

たのしいご近所づきあい223

ある土曜日の朝。
近所の材木屋の社長からメール。

≪今もガラケー≫
P9212825_2

この社長、以前に書いたとおり、息子さんが幼いころ、
釣りの英才教育(?)
をしました。

その結果、その息子さんは、現在就職して、
東北地方で働いてますが、趣味は釣りで、
あちこちで大物を釣りまくってるらしい。
しかも、神戸に帰省するのにも、釣竿持って、
釣りベスト着て帰省したそう。

で、神戸でも釣りに出かけているようで、
その結果が上記メールです。

この文章のあとには、でっかいブリを持った、
息子さんの写真がありました。

とても食べきれないということで、
おすそ分けしてもらいました。

≪鰆の味噌漬とぶりのお刺身≫
P9202818

鰆の味噌漬は、もちろん、社長の息子さんが釣って、
そして浸けた物。
釣るだけではなく、調理まで責任持たせたところが、
社長の教育のナイスなところです。



2014年9月27日 (土)

増えたもの・減ったもの190(減ったものいろいろ)

1日1個の処分期間が続きます。

≪書見台≫
P9092771

学生時代に、大学生協で買ったもの。
20年近く持ってました。
旧宅時代は、サイレントチェロでチェロの練習するときに、
譜面台として使ってましたが、
現在のマンションに越してきたら使わなくなったので処分。

≪本も処分≫
P9122792

どちらも、以前に「わたしのシンプルライフ本」という記事で
紹介しました。

わたしのシンプルライフ本
わたしのシンプルライフ本4

これらも手放してしまう。
もう、この本のエッセンスは自分の中に充分染み込んだから、
本がなくても大丈夫。

≪料理本≫
P9122793

このレシピどおりに作れば、間違いなくおいしく作れる本。

でもね、わたしには、平野由希子さんの最強の
ルクルーゼレシピブックがある
から、
これはなくてもいいやと。

≪漬け物樽の押蓋≫
P9122797

漬け物樽を3つ買ったので、押蓋も3つになりました。
でも、漬物用途で樽を買ったわけではないので、
使う予定がありません。処分しよ。。。

と こういう感じで、1日1個と決めて探していくと、
案外 いろいろ見つかるものです。

捨てるものを探すと、普段あいまいなままにしている、
「いるのかいらないのかハッキリしないグレーゾーン」
にいる物たちに白黒つけることを迫られます。

捨てるもの探しって、物が多くて豊かになった暮らしのなかで、
本当に必要なものはなにか、自分の生活と向き合うことですね。

2014年9月26日 (金)

増えたもの・減ったもの189(減ったものいろいろ)

最近、物が増えた話ばかりしてます。

シンプルライフ3箇条その1
「ひとつ手に入れたらふたつ捨てる」

で 捨てるものの個数がだいぶ増えていたので、
(確か10個以上になっていた)
毎日1個ずつ、処分してました。

一気に10個とか無理ですが、1日1個で10日続けるのなら、
意外になんとかなるものですよ。
これポイントですね。

一気に目標達成は難しい場合、
できるだけ細分化して、ひとつずつのハードルを下げて、
確実にクリアしていくこと。

チェロの練習でも、弾けない箇所をさらう場合は、
できるだけ細かい要素に分けていくと、
実は、本当に弾けないのは、1小節の2音だけだったりします。
そこを重点的にさらうと、その小節が全部弾けるようになったり。

脱線しましたが「大きな目標は、小さな目標の積み重ねで!」

というわけで、1日1個ずつ、処分を繰り返してました。

≪傘≫
P8312683

これ、以前に購入して、とても気に入っていたけれど、
台風のときに壊してしまいました

修理するつもりで、東急ハンズでキットを買ってきたのが2年前。
しかし、2年間修理せず。キットも行方不明。
2年間使わずに済んだ傘。もうなくてもいいや。処分!

≪左のごみ箱≫
P8312689

旧宅時代は、燃えないごみ入れに使ってました。
が、現在のマンションに越してきてから使わなくなったので、
掃除道具入れにしてました。

≪掃除道具入れ≫
P8312690

まあ なくてもいいかな。

≪通販生活のダンボールに移動≫
P8312692

というか、この中の掃除道具、ほとんど使っていない。
この中身自体吟味が必要そうです。

つづく

2014年9月25日 (木)

期待するからこそ おまけ

昨日の記事は、ちょっと批判めいた話を書いたから、
う~ん、どうかしら?
と不安に思っていたところ、
何名かの方からメールをいただきました。

主な内容は以下のとおりです。

・期待するから、相手を見捨てていないから、いろいろ言ってしまうところに共感した

→共感、ありがとうございます。

・マイヨの服を扱っているWEB通販は返品・交換に応じていないところばかり。
 リアル店舗が大阪にあるので、試着してから買える。
 strato http://www.strato.co.jp/
 大阪農林会館 http://www.osaka-norin.com/

→ほおお。サイトを見ると、おもしろそうな店が入ってます。
 薬草の店とか、古道具屋とか。
 (すでにマイヨのことが頭から消えている?)

大阪勤務なので、今後、マイヨの服を買うときはリアル店舗に行きます!

今夜は、ぐだぐだ話を2本ほど。
いつもぐだぐだですが、さらに輪をかけて、ぐだぐだします。

その1:
今日は、少し遅めの昼休みを新大阪駅でとって、
その後、事務所に戻ろうとすると、
カメラを持った女性に

「すみません。TBSの○○という番組ですけど、インタビューに応じてくれませんか?
 お時間よろしいですか?」

声かけられました。

よく聞き取れなかったし、それに、テレビ番組の名前きいても、
テレビ見ないから何の番組かわかんないので、
「すみません。時間ないので!」
と 逃げてきました。
あんなの答えたら、テロップつきでわたしの顔と
変なコメントが公共の電波に乗るところだった。
あぶないあぶない。

その2:
9月の給与明細を会社からもらいました。
健康保険や厚生年金保険って、4~6月のお給料額で決まって、
9月から適用されます。
わたしの4~6月というのは、月の残業時間が100時間を越えてしまい、
社会人になって、もっとも残業時間が長かった期間。
これをベースに保険料の計算されてしまうと、
えーーーーーーーーー? まじで!?
しばらく立ち直れないような保険料になってました。
4~6月が基準になるのは知っていたけれど、
数字で突きつけられて、しかも、これまでより、
毎月○万円も余分に払わないといけないのは、
堪えますねえ。
しかも、今はもう当時ほど収入ないし。いたたた。

2014年9月24日 (水)

期待するからこそ

昨日の記事に書いた、マイヨのボーダーシャツは、
無事、嫁ぎ先が決まりました。
ブログ更新直後に連絡を下さったSさん、
ありがとうございます。

さて、昨日の記事にも書いたとおり、
最初、ショップには返品できないか打診しました。
返品不可ということは知っていたけど、それでも、
あきらめきれなかったのです。
短い期間にたくさん買っているし、
少しぐらいは融通利かせてもらえるのではないか、
と 期待してました。しかし、だめでした。

まあ 規定どおりで、ショップには全くに非はありませんが、
ここであきらめてしまうと、こちらの勝手な理屈で、
わたしは、今後、このショップで買物しないだろうなと思ったのです。
せっかくマイヨの服が気に入って、これだけ買ったのに、
これがきっかけで疎遠になるのは、
なんだかもったいないなあと、あきらめきれなかったのです。

それと、もうひとつ。
わたしも流通小売業の端くれとして、
「既存顧客の囲い込み」
というのは、重要なテーマなんです。
新規顧客の獲得より、すでに自社の商品を買っている
お客さんを逃さないための工夫、それが大事で、
だから、スーパーマーケットでは、
ポイントカードや、お店で使える特典つき電子マネーなど、
囲い込みのための工夫をいろいろ重ねてます。
だから、既存顧客を逃さないための工夫を、
ショップが見せてくれるのではないか、と期待してました。
返品はだめなら、何か代替案を提示するなど、
次のお買物につながるようなこと、
わたしを逃さないようなことを。

しかし、それもなし。返品NOというだけで、
それ以外の提案は一切ありませんでした。
返品不可でも、なにかわたしをつなぎとめる工夫が見えたら、
わたしは今後もこのショップで買物しようという気になったかもしれません。

しかし、それもなし。

このショップは、返品NOにすることで、その時点の売り上げは
確保できるけど、未来の売り上げの可能性を捨てているんだな、
と あきらめました。

(もしくは、返品を要求してくるめんどうくさい客を、
 この方法でオミットしてるのかもしれない。
 合理的経営のための割り切った戦略?)

 :

さて、そのことを、週末もんもんと考えてまして、
「誰かに文句を言う」
というのは、その相手に期待しているからなんだなあと思いました。

こちらの考えを伝えて、相手に何かしてほしい、
変わってほしい、相手に期待している、
そういうときに、メッセージを発するのだと。
期待するのをやめたときに、メッセージもなくなるのだと。

この件とはまったく別の話で、
なんとかしたい人間関係があって、
おせっかいを承知で、いろいろメッセージを発した時期がありました。

しかし、相手がほぼ無反応、むしろ迷惑そうだったので、
発信するのをやめました。
あきらめたのです。
つまり、相手へ期待することをやめたのです。
まあ 余計なお世話といえば、それだけですが。

さらにこれに関連して、自分の仕事の話。
自部署が提供しているシステムについて、
ユーザー部門から、いろいろ意見があります。
しかし、こちらは忙しすぎて、全部にまともに応えることができません。
すると、そのうち、あまり何も言われなくなるのですが、
それって「意見することがない」のではなく、
「こちらの反応がないから、あきらめた」
んだなあと思いました。

言ってくる内容が正しいかどうかは別にして、
何かを言ってくるということは、
相手が何か期待しているから、
気にかけているからですね。

言われるうちが華。自戒自戒。

しかしまあ、わたしがどこのショップで買ったかは、
昨日の記事でバレバレだし、
マイヨの服がいかにすばらしいか2日連続書いたので、
「わたしはもうここで買いません」
と公言しつつ、結果的にこの店の商品を宣伝して、
売り上げアップに貢献してしまったのではないか。
(実際、読者の方から、マイヨの服気になってます。
 というメールいただきました)
結局いいお客さんになってしまったのではないか!?

くやしいなあ。

2014年9月23日 (火)

増えたもの・減ったもの188(さらにシャツ)

前日の記事に書いた服を購入してからしばらくして、
さらに同じサイトで追加購入。

≪マイヨ チェックのガーゼシャツ≫
P9202820

これがね~、ガーゼのふんわりした肌触りが、
たまらんのです。とろけます。
相変わらず、袖には当て布で、折り返したときの安定感は抜群。

≪マイヨ ボーダーシャツ(ピーチ)≫
P9212825

これは、前日紹介したのと色違いです。
ミントがとても気に入ったので、色違いを購入しました。

が 失敗でした。

素材に問題はないのですが、ピンク色が、
わたしのパーソナルカラーと違っていたのです。
ネット購入は、ここが難しいなと思います。
わたしは、ブルー系のピンクのつもりで購入しましたが、
現物は、少しオレンジがかったピンクでした。

ショップに連絡して、返品をお願いしましたが、
不良品以外は規定により返品不可とのこと。

1ヶ月のうちに、同じ店で5万円も買ってるんだから、
少しは融通が利いてもいいんじゃないの?
と思い、返品できないか食い下がりましたが、だめでした。
サイト上で「返品不可」と明示しているかぎり、
このお店の規定が法に抵触するわけでもありません。
現物を見てからNOを言えない現在のネット販売のあり方には
まったく納得できませんが、これが現実です。
今のネット販売は買い手に不利だということを学びました。
ここのサイトで以後購入は控えます。

さて、そんなわけで、
このシャツが宙に浮いてしまいました。

よかったら、ご希望の方(先着1名)に無料で差し上げます。
もちろん未着用です。サイズは0。
色は、微妙にオレンジがかったピンクで、7分袖。
パーソナルカラーでいうところの、
「スプリング」(ニュートラルウォームと表現する場合もある)です。

この洋服の詳しい仕様は、ショップのサイトをご覧ください。
http://shop.rusk-store.com/?pid=67067113
サイトで見ると、オレンジ成分の少ない、
ブルー寄りのピンクに見えるのですが、
実物はコーラルピンク寄りです。

少しゆったりめのシルエットで生地は薄め。
夏の終わりから秋の初めにぴったりです。

ご希望の方はメールください。
わたしとペアルックしましょう。

0:10追記
一番乗りさんからメールありましたので、
早速ですが締め切ります。

2014年9月22日 (月)

増えたもの・減ったもの187(ネルシャツ)

びわの葉酒の果実酒瓶チェロカルテットの楽譜を買う前に、
実は、服も買ってました。
物欲セーブしてませんね。。。。

秋冬に着るネルシャツを、通販サイトで購入。

≪プレゼントみたいなラッピングで届きます≫
P8302659

≪ちょうどよかったので、イヅツワインを友達にあげるラッピングに活用≫
P8302661

≪なんか変になった≫
P8302662

え~ 少々脱線しましたが、買ったのはこちら。

≪マイヨ ボーダーシャツ(ミント)≫
P8302663

≪マイヨ ネルシャツ(チェック)≫
P8302666

≪マイヨ ネルシャツ(ストライプ)≫
P8302673

チェックのネルシャツは定番ですが、
ストライプのネルシャツって珍しいなあと、
つい買ってしまいました。

わたしの場合、オンの服(仕事用)は、そんなに悩みませんが、
オフの服は求める要件が多く、なかなかこれだというものに
めぐり合えませんでした。

オフは基本的にカジュアルですが、

・料理や掃除などの家事がしやすいこと
・チェロを弾くときに腕周りが動かしやすいこと
・温度調節しやすいこと(重ね着しやすいこと)
・ジーンズに合わせやすい
・気分をオフにするため、適度なリラックス感がほしい

の要件を全部満たす服がなかなか見つからず、
試行錯誤してる感があります。

それが、昨年買ったマイヨのチェックシャツ
なかなか良かったので、今年も追加購入しました。

≪昨年買ったシャツ≫
Pa192263

何がよかったかというと、

・小ぶりでおしゃれ感がある
・袖に当て布があって、腕まくりしやすい(これ重要)

ただ、このブランドのシャツは、販売されると、
すぐに売り切れるので、今年は、サイトを時々チェックして、
秋冬モデルが出たら即買いしました。

チェックのネルシャツは、ぱっと見普通のネルシャツですが、
細部にこだわりがあり、なかなかおもしろい。

≪なぞの空気穴?≫
P8302667P8302668

脇の下とポッケにも穴開いてます。

≪このあて布が重要≫
P8302669

袖口のあて布があると、袖を折り返したときの安定感が、
まるで違います。
洗い物をするときに、これのあるなしで、
作業のしやすさがまったく違うのです。
マイヨの服が気に入った理由はここが大きいです。

≪裾にはパイピング≫
P8302670P8302671

しっかりした作りです。作り手のこだわりを感じます。

≪まいど、自分撮りですみません≫
P8302675

≪裾が丸くておしゃれ≫
P8302674_3

≪ボーダーのシャツも着心地抜群≫
P8312687_2
(例によって、タグは外しました

軽くてふわっとやわらかい着心地で、
ジーンズとの相性も良く、これ最高です。
もうずっと着ていたい。

やたら長くなったので、続きは明日。

2014年9月21日 (日)

大豆蒸します

最近流行の「蒸し大豆」作ってみました。

《竹ざるで蒸しま~す》
P8172654

6時間ぐらい水に浸した大豆を、
40分ぐらい蒸しました。簡単。

蒸しあがった大豆に塩をパラリと振って食べると、
こりゃまた、うみゃい。
ビールのあてに、ぴったりです。

ひよこ豆を蒸して、
カレーパウダーをかけてもうまそうだ。

2014年9月20日 (土)

白そして無印

こういうブログを書いているので、当然?インテリアには興味あります。
というか、もともと、部屋いじりが大好きで、
それを突き詰めていくうちに「シンプル」「持たない」「捨てる」「簡素な」
というキーワードにたどり着きました。

だから、今でも、本屋に立ち寄ると、
そっち系のインテリア本などをチェックします。
それで、気に入ったテイストのお部屋が載っていれば、
参考にと買って帰ってました。

しかし、ここ数年は、そういう本に巡りあえません。

なんか、もう、自分が、マニアックすぎる人間になったみたいで、
普通の本に載っているお部屋では満足できないのです。
それと、収納の工夫みたいな特集を見ると、
本に載っている部屋の主に対して、
「う~ん、まだまだ持ち物多いよね。」
と突っ込んでしまいます。
変なの。

以降、わたしの偏見にみちたボヤッキーです。

「お部屋のほとんどが無印良品」
「食器もリネン類も全部白です」
「100均や無印で徹底収納」

そんな記事を見ると

「う~ん、ちょっと違うねんけどな~」
と 思います。単にわたしの好みと違うだけだけど。

無印良品は、わたしも好きで、いろいろ買ってるし、
ここのブログにも頻繁に登場するけれど、
彼らは、あくまで脇役。主役ではない。
生活道具として、その機能が必要だけど、
決してでしゃばらない。
空気のような、さりげない存在感がよいのです。

無印は、主役級の家具やカーテンの邪魔をしない存在。

それを、無印を主役にしてしまうと、主役不在?みたいな、
とらえどころのない部屋になってしまうように感じます。

それと、もうひとつは「白」。
「食器類全部白で統一しました」。

え~!!!

以前にも「白けりゃいいってもんじゃ。。。

という記事を書いたとおり、
わたし、あまのじゃくなのか、
食器のオール白化に大大大反対なんです(ここ強調)。

料理の色を引き立てるための白。。。?
白い茶碗に白いご飯、白いお皿に焼き魚?
やっぱり違うのよね。

白も、もちろん必要です。
部屋の色数を増やしすぎないために、あえて白を選ぶことあります。

でも、シンプルを突き詰めて、家の中真っ白とか、
服はモノトーンしか残らなかったとか、
顔はすっぴんとか、そんなのやだ!
パステルカラーも原色も着たいし、
化粧もがんがんするよ!
アクセサリーもじゃらじゃら付けてやる!
ちなみに、洋服については、パーソナルカラーの理論を知っていれば、
クローゼットの中にモノトーンだけ残すような、
地味な状態にならず、カラフルな色ばかり使っても、
はずれのないコーディネイトできます。

それから、収納グッズを使って整理整頓を
がんばる前に、それ、本当に整理整頓して
残す必要があるのか? そこを考えたいのです。
仕事の、システム設計でもありがちなのですが、
業務フロー書いて、その機能をいかにスマートに、
システムロジックに落とし込むか悩んでいると、
「そもそも、その業務は本当にやらなあかんのか?」
根本から揺さぶりをかけるボスの声。
整理整頓の前に、それが本当にいるものなのか、
そこをきちんと考えたい。

話がそれてきましたが、
「シンプル」が「主」になってはいけない。
「主」となるべきものが他にあって、
それをサポートするための「シンプル」であるべき、
と 常々考えています。

したがって、巷にあふれるシンプルライフの法則?

・小物や食器は白で統一
・洋服は上質なものを黒や白でなど、少ない色数で
・無印良品やIKEAを活用して整理整頓

これらすべて断固反対、NOと叫びます。心の中で。

と書いてみましたが、部分的には「あり」だと思います。
どっちやねん。
上記の3法則は、部分的に取り入れるのは「あり」ですが、
これを全面的に貫くこと、とくに、上2つについては、
生活の彩りをなくしてしまうので、わたしはパスします。

酔っ払いのぐだぐだみたいになりましたが、
これからも、あまのじゃくシンプルライフで行きます。

≪おまけ:白くて無印率の高いサニタリースペース≫
P9122800

2014年9月19日 (金)

鍋は組み合わせて使え

シンプルに、持ち物は最小限に。。。と言いつつ、
鍋に関しては、かなり寛容なわたし。

ルクルーゼ 2
無水鍋 2
アルマイト鍋 2
文化鍋 1
ミルクパン 1
土鍋 1

と なんと 9つも鍋を持っているのです。

あと、フライパンも持ってます。
一人暮らしのわりには、持ちすぎてます。
まあ 今後家族が増えたとしても!?この構成で
一生いくつもりです。

これらは、バラバラにも使えるけど、
組み合わせて使うことも多いです。

《文化鍋に、竹ざるをセットして「蒸し器」》
P8122633

文化鍋のふちの部分に、竹ざるが、
いい感じにひっかかります。

《ふたをする》
P8122634

《フライパンのふたは、ルクルーゼ》
P8122635

フライパン用のふた、持っていないので、
ルクルーゼから拝借。

《組み合わせ鍋活躍中》
P8122636

鍋は組み合わせて使うと活用範囲広がります。

2014年9月18日 (木)

増えたもの・減ったもの186(楽譜)

果実酒びんを3つも増やしてしまい、
代わりに処分するものも決まらないうちに、
さらに、楽譜を購入してしまいました。

≪バッハ シャコンヌ チェロカルテット版≫
P9032738

先日の、N響チェロカルテットの余韻がさめずに購入。

特に、この、シャコンヌは、10年以上前から、
彼らの演奏のCDを、それこそ穴が開くぐらい
聴きこんだ曲なのです。

憧れのこの曲を生で聴いて感激。
それに、2番チェロを弾いていた藤村さんが、
とてもかっこよかった。
実は、N響チェロカルテットの数日前に、
N響神戸公演も聴きに行って、
そのときも、藤村さんの端正な弾き姿に見とれてました。
ああ、わたしもおんなじの、弾きたい!

というわけで、グーグル先生に質問すると、あら。
神戸楽譜で楽譜、売ってるじゃありませんか。

こんな近くに楽譜売ってるのに、10年、
わたしは何してたんだろ。。。

10年想い続けた憧れの曲の楽譜を、
数日であっさり手に入れてしまいました。
それ以来、毎晩、寝る前に楽譜眺めて、特に、2番チェロの
パート譜を眺めて「藤村さんは、この音を弾いていたのね」
とか、にやにやしてます。

さて、シンプルライフ3箇条その1
「ひとつ手に入れたらふたつ捨てる」

倍の2処分、前日の、果実酒びんの分を合わせると、
8処分せなあかんやん。どうすんの?

2014年9月17日 (水)

増えたもの・減ったもの185(果実酒びん)

先日の記事に出てきた、びわの葉酒の保存びん、
あれは、ストックがあったわけではなく、
びわの葉酒用に買いました。

≪Amazonで買った≫
P9062747

≪こんなんです~≫
P9062749

このびん、以前にも同じのを買って使っていました。

ラムトプフ入れ≫
P9122798

ラムトプフ(果物のラム酒漬)保存用にも使っています。
ちなみに、これは2008年夏に漬けたので、
6年物です。半永久的に持つらしい。
食べたらなくなるけど。

さて、シンプルライフ3箇条その1
「ひとつ手に入れたらふたつ捨てる」

倍の6つ捨てないと。。。。困った。どうしよう。

2014年9月16日 (火)

たのしいご近所づきあい222

全国的に3連休の9月中旬。
わたしは、遅めの夏休みをとって、
なんと5連休でした。

これだけ連続して休んだのは、たぶん、昨年のGW以来、もしくは、
その前の年末年始以来ではないだろうか。

ずっと忙しかった恨みを晴らすように、
のんびり過ごしました。

さて、そんな休みのある日、パソコンのメールをチェックすると、
ブログの読者さんから
「いつもブログ拝見しております」
とメールをいただきました。

ふむふむ。。。と読み進めると、あら。
近所の喫茶店ですでにお会いした方でした。
しかも、神戸の立ち呑み&うまい店といえば、
この本を知らないひとはいないはず、
の、あの有名な本を書いておられる方でした。

ひゃあ~と恐縮しつつ、楽しいメールのやり取りをして、
しかも、今度、お庭のかりんをいただく約束までしてしまいました。

かりんといえば、以前、かりんシロップで大失敗しましたので、
次は、かりん酒でリベンジします。

喫茶店つながりでもうひとつ。
この喫茶店には、いろんな方が来られます。
ポーランドのピアニストさんも来られたらしい。

≪伝票とメモ≫
P91528092

ピアニストさんが残したメモのURLを見ると、
すご~いWEBサイトが出てきました。
世界的に活躍されてる方のようです。

ちなみに、この日、おかまバーのママが、
コーヒーごちそうしてくれました。

近所の喫茶店は、いろんな世界への入り口。

2014年9月15日 (月)

びわの葉 その後

淡路から大量に届いたびわの葉っぱ

≪葉っぱ64ではなく、640枚あるかも?≫
P9022728

≪煎じるぐらいではとうてい消費できない≫
P9012727

真夜中に葉っぱを煮る魔女生活も、
すぐに飽きたので、アルコール漬けにしました。

葉っぱをざく切りにして、びんに入れて、
アルコール投入!

≪ホワイトリカーバージョン≫
P9072753

≪玄米焼酎35度バージョン≫
P9072760

≪玄米焼酎25度バージョン≫
P9112775

ちなみに、写真では、それぞれお酒1升ずつに
なっていますが、びんが4リットル入るため、
1升では足りず、2升ずつ入れてます。
ははは、お酒6升。

玄米焼酎は、近所の酒屋だと取り寄せになるので、
しからばと、ネットで注文して購入。
このときに、他にもお酒を何本も買ってしまった。

≪びわの葉酒3兄弟≫
P9112779

≪押入で寝かせておきます≫
P9112781

びわの葉酒は、塗り薬にも飲み薬にもなるようなので、
出来上がりが楽しみです。

2014年9月14日 (日)

ソーダサイフォンのある暮らし9

涼しくなってきたけど、今も、ソーダサイフォンライフを堪能しています。

お風呂上りは、これ。

≪ビール?≫
P9052742

見た目は完全にビールですが、これ、実は、
びわの葉の煎じ汁の炭酸水割りです。

ビールより、だいぶあっさり。

しかし、この見た目はビールだな。

2014年9月13日 (土)

秋のぶどう祭り2

ぶどうの山を前にして、途方に暮れてましたが、
まあ、なんとかしないと、このままでは台所で
ごはんも食べられないので、仕込みはじめます。

ぶどうを房から外して、悪いのを除いて、
樽に入れて。。。。をえんえん繰り返し。

やってもやっても、ぶどうの山はいつまでもでかい。
スーパーのぶどうの棚1つ分よりも多いと思われるボリューム。

≪10リットルの樽ひとつ目終了時≫
P9062765

樽ひとついっぱいにするのに、2時間かかります。
これはきつい。まだいっぱいあるぞ。

この時点で、すでに嫌になってきて、叔父に電話を入れました。
「もうギブアップーーーー!!」

叔父:
「まあなんとかがんばりや。それをやったら、後にお楽しみがあるんやろ」

なぐさめられて、作業再開。
BGMも変更。
それまでは、スメタナの「わが祖国」の前半(高い城→モルダウ→シャールカ)を、
エンドレスで流していましたが、だんだん嫌になってきたので、
桂枝雀の落語に変更。
うん。いい感じ。体はあいかわらずきついけど、
落語のほうが、こういう作業にはあっているようです。

しかし、しんどい。
誰かバイトに来てくれへんかと 真剣に考えた。

≪かなり山が小さくなった≫
P9062768

落語もだいぶ聴いたなぁ。。。

≪ゴール間近!≫
P9062769

夕方から始めて、もう日が変わりかけ。。。

≪ひたすらつぶす≫
P9072770

≪ビフォアアフター≫
P9072771_2

≪樽みっつになりました≫
P9072772

追加で買ってきた樽ふたつでは、
今回のぶどうの山は入りきらなかったので、
ひとつめの樽にも継ぎ足して、
満杯の樽が3つとなりました。

翌日は筋肉痛。
もうぶどうは見たくない。

2014年9月12日 (金)

秋のぶどう祭り

ぶどうジュースを仕込んだ1週間後。

淡路島の叔父から、ぶどう第二弾が届きました。

≪箱その1≫
P9062744

≪箱その2(コンテナ)≫
P9062746

コンテナのほうは、すごい重量です。
持てません。そりゃそうだ、ぶどうは水のかたまりだもんね。

≪床に広げてみる≫
P9062763

このボリューム感、わかるかな?
アメーバ状の生き物に床を侵略されてしまったような。。。

≪こんなんなってます≫
P9062751

≪さらに別の角度≫
P9062756

手前の、びわの葉っぱもまだ処理していないのに、
こんな、ぶどうの山が来てしまい、
途方に暮れました。

つづく

2014年9月11日 (木)

食べ物はあまり買わない56

びわの葉のどえらいボリュームに圧倒されて、
存在感が薄まってしまいましたが、
実は、同じタイミングで、茗荷も、送ってもらいました。

こちらは、オケのみなさんにおすそ分け。

自分ち用で、すぐに消費できない分は、
スライスして野田琺瑯で冷凍保存します。

P9012718

2014年9月10日 (水)

マイナスを、ゼロに19

びわの種酒が効いたのか、
4月から3ヶ月続いた顔の皮膚炎は、
8月に、びわの種酒を塗ったり飲んだりだしてるうち、
きれいに治りました。

それに味をしめて、次は、びわの葉っぱの
お酒も作りたいなと思いました。

そこで、淡路の叔父にリクエスト
「びわの葉っぱ送ってくれる?」

≪きましたー!≫
P9012725

えっ? こんなに。。。。?

≪新聞紙の上に広げてみた≫
P9022728

≪布団1枚分のスペースが、びわの葉っぱ≫
P9022732

叔父のスケール感を考えずにお願いしたわたし。
そうだ。こういうひとだった。

たけのこ箱一杯とか、びわ箱一杯とか、
そら豆箱一杯とか。箱に入るだけ送ってくるんだった。

≪とりあえず煎じてみる≫
P9022736

びわの葉50枚程度、ざく切りにして、煮詰めます。

しかし、50枚使った程度では、葉っぱの山はちっとも小さくならない。
しかも、びわの葉っぱは成分が強くて、
二煎目、三煎目もいけるらしい。

というわけで、この日、次の日、さらに次の日、
会社から帰ったら、とりあえず、びわの葉を煮てました。

夜中に葉っぱを煮る。。。魔女のようだ。
残った葉っぱはアルコールに漬けよう。

2014年9月 9日 (火)

食べ物はあまり買わない55

先日、女子力アップしてチェロのコンサートに
行った帰りに購入した「つけもの樽」
のその後。

《おしゃれして、買ってきましたのよ》
P8302678

ちなみに、これ持って歩いているときに、ご近所さんにバッタリあってしまい、
服をほめられたあと「それなに持ってるの?」と 当然のように訊かれました。

これは、翌日淡路から届くことになっていた、
ぶどうの仕込用に買いました。

《ぶどうたち》
P8312700

遠目に見ると、芋虫に見えなくもない。

さて、今年は、淡路島の叔父が、ぶどうに、
袋などをかけず、「なりゆきまかせに栽培」
したため、しかも、天候も不安定だったから、
できがいまいち(叔父談)だそうで。

できのよくないものを人にやれないから、
わたしに、なんとかせいと、
送ってきたのです。

なんとかしますとも。

《なんとかしてる最中》
P8312710

ぶどうを房から外し、桶に投入。

《全部投入したぞ》
P8312712

ふ~ 結構手間がかかるね。

《ぶどうの粒》
P8312713

今年は、緑色の粒が多くなってしまいました。

《ひたすら、マッシャーでつぶす》
P8312714

台所用品もかなり処分して、
マッシャーもいらんかなと思っていたけど、
これは残しておいて正解でした。
(でも 他に使う場面はない)

《ひたすら、マッシャーでつぶし続ける》
P8312715

だいぶ液体らしくなりました。
このまま放置するのが、自然なぶどうジュースの造り方かと思いますが、
それでやれる自信がないので、
イースト菌と砂糖投入。

≪翌日≫
P9012716

帰宅後かきまぜる。
おいしいぶどうジュースになれよ~

※現在の日本では、自家醸造は、たとえ個人消費であっても、
アルコール度数しだいでは酒税法違反となりますのでご注意下さい

2014年9月 8日 (月)

たのしいご近所づきあい221

少し前の話。

8月末で契約終了となった派遣社員さんが、
「妊娠したら味覚が変わって食べられなくなりました」
と、自宅で育てていたゴーヤをくれました。

それを持って帰って、まっすぐ家に帰って調理するはずが、
マンションの1Fでオーナーさんが一杯呑んでいたので、
つい、ふらふら~と吸い込まれていった。
(いつものこと)

一緒に呑んでしまい、おつまみがほしいなと思い、
かばんに入れてあったゴーヤでその場で一品作りました。

《ゴーヤスライス》
P8282646

料理と呼べるほどのものではありません。
ゴーヤを切って塩でもみ、
シークワーサー果汁、しょうゆをたらしただけ。

こうやって食べると、あたりまえにゴーヤが苦くて、
それがおいしいのです。きゅうり感覚で食べます。

ちなみに、1Fにはまな板、包丁があり、
なぜか醤油も冷蔵庫に入ってました。
それから、シークワーサー果汁は、
オーナーさんがカクテル用に置いてあったのです。
1Fに住めそうです。

2014年9月 7日 (日)

今ほしいもの2

前日の記事に書いたやかんの話について、
そういうものがないやろ~かと、
三ノ宮の東急ハンズに行きました。

直火OKのコーヒー用のガラス容器(名前わからん)を
見てきましたが、直火OKのものは、洗うのが難しそうな形でした。
底まで手が届かない。買うのやめとこ。

さて、このときに、ちょっと面白い商品を見つけました。

ホットプレートなのですが、
鉄板部分以外が、なんと、ホーロー製です。
びっくりするぐらいおしゃれでした。

お店には、白いのと、赤いのがありました。

鉄板は取り外して洗えるし、
付属品として、たこ焼きプレートもついてます。
オプションで、グリルパンや深鍋もあるようです。

あまりに素敵で、買ってしまおうかと思ったぐらいです。

ネットで探したら、ありました。

http://www.idea-in.com/index.php?pg=product_detail&am=07760155

記事見ると、やっぱりほしくなる。

わが家には、コーナンで買ったホットプレートあるんですけどね。

2014年9月 6日 (土)

今ほしいもの

最近ほしいな~と思うもの。

やかん(笑)←あえて、笑いマーク。

やかんは、とうの昔に処分しました
しかし、最近、やかんがほしいのです。

もう少し詳しく説明すると、やかんというか、
「お茶を大量にわかして、そのまま保存容器として使えるもの」
がほしいのです。

やかん兼水筒?

今は、アルマイト鍋で大量にカメリアティーを沸かして、
それを水筒に移し変えてますが、
移し変えが面倒だな~と思いまして。

《沸かし中 このあと、ペットボトルや水筒へ》
P3101305

この移し変えが面倒で。横着者ですみません。

やかんで沸かして、そのままやかんに放置したい。
で、そのままやかんからコップに移して飲みたい。

ルックス的には、アルマイトのやかんなど、
素敵と思いますが、お茶を何日も入れっぱなしにすると、
やかんが傷みそうなので、ガラスやホーローのやかんが
いいなと考えてます。
しかも、口が広くて洗うときに全部手が届くもの。
洗うのが難しいような細かい部分が少ないもの。

そんなもの、ないかな~ あったら買うよ。

2014年9月 5日 (金)

マイナスを、ゼロに18

先日書いた「なぞのじんましん」事件その後です。

顔にじんましん?発疹?が大量発生したのが、
8月19日(火)でしたが、その週末の
8月23日(土)には目立たなくなり、
8月24日(日)には、ほとんど消えてしまいました。

う~ん、なんだったんだろう。

好転反応が終わったのか、
週末、会社のストレスから開放されて治ったのか?、
なんやようわかりませんが、治りました。

びわの種酒は、おいしいから飲み続けます。

さて、びわといえば、種の薬効がすごいようですが、
葉っぱも薬効があるようです。
薬代わりに、びわの木を植えておくといつでも使えます。
わたしも、ベランダにびわの木の鉢植えを置いてみたい。
しかし、また物を増やすことになるので、
とりあえず、淡路島の叔父にリクエストして、
びわの葉っぱを送ってもらうことにしました。

自分で持たなくても、持っているひとにお願いできれば、
自分は持たなくてよいのです。

2014年9月 4日 (木)

たのしいご近所づきあい220

ビアガーデンで酔っ払った翌日。

お昼過ぎに近所の喫茶店に行くと、
マスターが

「Mちゃんが蛸釣って、わしの言うとおり、
 2分茹でにして持ってきてくれたんやで。
 ちょうどええとこに来たな。
 蛸御前したるわ!」

《蛸御前》
P8242641

蛸の身が半透明で、旨みがぎっしり。

ごっちゃんです!

蛸御前のあと、コーヒー飲みながら、しばらく、
楽譜の指示を書いたり、新聞読んだりしていると、
常連のEちゃん(某格闘技の元世界チャンピオン)登場。

「オッス ○○(←わたしのこと)久しぶりやな!
 ところで 目 あいとるか?」

わたしの目は 細いのです。

2014年9月 3日 (水)

たのしいご近所づきあい219

先日の週末、チャイコフスキーのピアノトリオ初あわせがありました。
マンションの1Fに、ピアニストさん、バイオリニストさんが来られて、
初あわせです。
ピアニストさんは、5年前にmixiで知り合ったお姉さん、
バイオリニストさんは、ピアニストさんの知り合いで、
もう年齢は70を超えるおじいちゃん。

昼間は練習で、練習が終わったら。。。もちろん呑みです!

この日は、ピアニストさんの知り合いが他にも集まり、
三宮のそごう屋上のビアガーデンで宴会でした。

郵便局員さん、腸もみの先生と、そのお弟子さん、
税理士の先生、作曲家の先生、
それからピアノトリオメンバー という、
なんだか よくわからない組合わせです。

わたしは、ほとんど初対面だし。

でもまあ、お酒が入ったら「人見知り期間」は
瞬間的に終了。みんなはじけてました。

税理士先生(30代男性)のシャツがインになってるからと、
腸もみ先生(30代男性)がそのシャツをズボンから引っ張り出したり、
バイオリンおじいちゃんが、
「わしはな、昔デリヘル呼んだときに、裸でバイオリン弾いたってん。
 そしたら15分延長してくれたわ!」
と トンデモ話が飛び出したり。

わたし:
 「やっぱり、ピアノトリオするんだから、
 練習だけじゃなくて、一緒にこうやって、
 お酒を飲む時間も大事ですよね~」

バイオリンおじいちゃん: 「そんなん あかん」

わたし: 「なんで?」

バイオリンおじいちゃん:
 「一緒に演奏するんやったら、一緒に風呂入らなあかん」

どういう理屈や!?

わたし:
 「じゃあ、○○さん(おじいちゃんのこと)、
 これまで、共演者と一緒にお風呂入ったこと あるんですか?」

バイオリンおじいちゃん: 「ない!」

 :
 :
 :

ビアガーデンの時間終了後は、
わが家のマンションに移動して、1Fで二次会。
マンションのオーナーさんも入り、
さらに、ビアガーデンメンバーが帰った後は、
オーナーさんの遠い親戚のおじさんと語り合ったり、
まだまだ夜は続きます。

そんな感じで 土曜の夜は更けていきました。

あ~ また呑みすぎた。

2014年9月 2日 (火)

たのしいご近所づきあい218

ある日曜日。
ああ~ おなかすいたなぁと 近所の喫茶店に行きました。

ちょうど、バイトのお姉さんのまかないを作るところだったので、
おこぼれをいただきました。

《右上が、お姉さんのごはん、左下が、わたしのごはん》
P8172646

バイトのお姉さんは茶碗めし、
わたしは、どんぶりめし。。。

2014年9月 1日 (月)

歩きスマホはしない3

8月30日(土)、N響メンバーによるチェロカルテット、
「ラ・クァルティーナ」神戸公演 行ってきました!

《ちらし》
P8302682

このチェロカルテットのCDは10年以上前から持っていて、
繰り返し聴いた曲がたくさんあります。

ついに生のチェロカルテット!
テンションあがります。
わけもなくおしゃれして?女子っぽい格好して、
最前列でかぶりつきで聴いてました。
チェロのうまい男性はかっこいいなあ~。

さて、休憩時間、お手洗いに行った帰り、
2人分ぐらい通れる幅の階段を上がる途中、
わたしの前を歩いていた女性が、
突然立ち止まりました。
彼女はスマホに夢中で、何か思うところがあって、
立ち止まったようです。

しかし、そうすると、階段の通れる幅が1人分になってしまい、
短い休憩にトイレを済まそうと往来の激しい階段が大渋滞。

人ひとりしか通れない幅を、彼女を避けながら、
上る人下る人、お互い気遣いながら、
交代で譲り合って通っていました。

やっぱり歩きスマホはあかん。
昨日の発言撤回します。
もう泣かないもんね。

ところで、上の写真の左上の入れ物、
これ、実は。。。

《つけもの樽》
P8302678

コンサートの帰りに買ってきました。
おしゃれして女子力アップして、
つけもの樽を買って帰る。

何に使うかは、またそのうち報告します。

« 2014年8月 | トップページ | 2014年10月 »