« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »

2013年7月

2013年7月31日 (水)

ホームシアターごっこをしたい3

Amazonで「ぽちっ」としてしまい、
プロジェクターお買い上げ。
翌日にはもう届いていました。
Amazon、恐るべし。

箱を開けてびっくり。
「なんじゃこりゃあ~~~!!!」
という、小ささです。

《左がプロジェクター、右が文庫本》
P7271981

文庫本より、一回り大きい程度。
弁当箱ぐらいの大きさかな。

《うきうきと、試写》
P7161951

ふふふふ~ん、これはいい!
楽しい!
Youtubeを見るのも楽だ。

《Facebookをしてみた》
P7161955

これは、ちょっと厳しい。
壁に直接映していたので、
壁紙の凹凸が陰になって、
Facebookの小さな文字は読みづらい。
それ以前の問題として、
キーボードはノートパソコンのを使っているから、
この場所からはパソコンを操作できない。
見るだけ。

ということは、スクリーンとして使えるものと、
それから、ワイヤレスキーボードが必要ね。。。

つづく

2013年7月30日 (火)

ホームシアターごっこをしたい2

わが家にはテレビはないけれど、たまにはDVDを見ます。
そのときにノートパソコンの画面では疲れてしまうので、
プロジェクターを使って大きな画面で見たい!
ソファでごろんと横になって見たい!

というわけで、ソファも移動したことだし
プロジェクターの購入を検討しました。

プロジェクターといえば、以前、近所のガラス屋さん社長から、
借りていました。
「こちらが必要になるまで、いつまでも使っていていいよ」
という言葉に甘えて、何ヶ月間か借りっ放しでした。
が、ガラス屋さんで必要になったので、返していたのです。
今はわたしが引っ越して、ガラス屋さんのビルに住んでいるので、
借りようと思えば、以前より簡単に借りられるのですが、
まあ 自分専用のを持ってもいいかなと思い、
(物欲も湧いてきた)
ちょっとネットで調べて見ました。

できれば小型で、おしゃれなのがほしい。

それで「プロジェクター 小型」とかキーワードを入れて
見つけたのが、TAXANの小型プロジェクター。
http://kakaku.com/article/pr/12/09_taxan/p2.html
(価格comサイトにリンクしています)

手のひらサイズという小ささも魅力だったけど、
何より気に入ったのは、無印ばりのシンプルデザイン。
これなら、部屋に置いても邪魔にならない。

お値段は、4万円台前半。
買えない額ではない。
サンダーソンのカーテンより安いし(比較するの変だけど)。

おまけに、Amazonの2割引対象商品になっていて、
これを調べた日の翌日までに購入すれば、
3万数千円で買えてしまう。

。。。。。ぽちっ。
これでは、Amazonの思うつぼではないか。

つづく

2013年7月29日 (月)

たのしいご近所づきあい129

日曜日の昼、マンションの1Fでチェロの練習をしていたら、
オーナーさんが
「後で流しそうめんするから、一緒に食べる?」

はいはいはい、喜んで!!

というわけで、公開流しそうめん大会。

《みんな真剣》
P7281995

《そうめんがなくなったら、ゼリーを流していた》
P72820332

竹はもちろん自前で準備してカットです。
ご近所さんが。

道に面しているので、通りすがりのひとの
うらやましそうな視線を感じながら、
そうめんを食べる食べる。

途中「高速そうめん流し」(水をたくさん流す)をやって、
おおいに盛り上がりました。

いつものことながら、
おもろいところに引っ越してきたな~と思います。

2013年7月28日 (日)

写真を捨てるとき。。。

シンプルライフ3箇条その1
「ひとつ手に入れたらふたつ捨てる」

これは、自分との約束で、もう、
何年も続けているから、やらないと気持ちが悪い。
何か手に入れるということは、
きっと、本当は手放せるものがあるはず。。

そう思って「何か捨てるものないかな」と探します。

とはいえ、続ければ続けるほど、ハードルが高くなり、
本当に、最近は「捨てるもの探し」に往生します。

で、困ったときの写真頼みで、変顔写真を探して捨てます。

とはいえ、写真もかなり処分したので、
これも最近は、ネタ切れ状態です。

とはいえ、探せば何か見つかります。

昨日のわたしは今日のわたしにあらず。
何かがきっと変わっている。
今日のわたしに不要なものがあるはずです。

そんなわけで、捨てるもの探しのため、
しょっちゅうアルバム見ています。
捨てるもの探しがなかったら、きっと、
こんなに頻繁にアルバム見ないと思います。
それで、アルバムを見ると、いつも、
同じページで手が止まります。

大学時代の、オーケストラの合宿の写真です。
和室で宴会してバカ騒ぎしながら撮った集合写真、
先輩大勢と一緒に撮った写真で、
これもわたしは相当な変顔で写っていますが、
この写真は捨てられないのです。

大勢いる先輩の中のひとりの女性を見ると、
大学時代の記憶をさかのぼってしまいます。

彼女は、わたしより1学年上、
ちょっと気の強そうな印象があるものの、
面倒見がよく、かわいらしい美人で、
正確も明るく、楽器も上手な方でした。
彼女が仲間と楽しげにアンサンブルする様子を見て、
淡路島から出てきたばかりのわたしの目には、
「大学生活をエンジョイする素敵な先輩」像そのものに映り、
とてもまぶしかった。

そんな彼女ですが、わたしが1回生の終わりごろから、
クラブに姿を見せなくなりました。
うわさによると「ある日急に立てなくなった」ため、
療養中であるとのこと。
同じクラブに彼氏がいたので、
口の悪い先輩は
「彼氏のせいで彼女は腰を悪くしたんとちゃうか」
なんて言ってました。

その頃、わたしは引越したり、祖母が入院して他界して、
自分のことで精一杯で、バタバタ過ごしており、
クラブに顔を見せない先輩のことは、
たまに誰かがうわさしたときに「へえ そうか」と思う程度。

さて、2回生の夏合宿のとき、久しぶりに、
彼女がクラブに姿を見せました。
しかし、車椅子で、そして、足がとても細くなっていました。

ただ事ではない気配を感じましたが、
彼女は相変わらず明るくにぎやかで、
近くにいると、周りがぱあっと明るくなります。
わたしはこの頃、個人的に落ち込む要因を多く抱えており、
鬱々と過ごしていましたが、
病をおして合宿に参加している彼女の姿を見て、
「自分はなんて弱っちいことやってんだろう。もっとがんばらないとねー」
と喝を入れました。

それからさらに月日が経ち、わたしは3回生になりました。
6月末からピースボートの地球一周旅行に行くことを決め、
なんやかんや慌しく過ごしていた6月はじめ、
オーケストラ部の部室に行き、連絡事項を書いた
ホワイトボードを見て愕然としました。

「○○さんが亡くなりました。告別式は○月△日です」

詳しい事情はわかりませんが、彼女は癌にかかっていたようで、
若くして亡くなってしまいました。

わたしが彼女とクラブで一緒に過ごせたのは1年足らず、
そのときの陽気な印象しかありません。
クラブに姿を見せなくなってから1年強、
目の前の小事に振り回されてわたしが自分を見失っていた頃に、
生きるか死ぬかの戦いをして、そしてこの世を去っていった彼女。。。

写真の中の彼女は、まだまだ元気な頃、
先輩後輩とバカ騒ぎして、笑顔で、
くりくりした目をこっちを見ています。

たくさん、思い出の写真を処分しましたが、
この写真だけは捨てられません。

それにしても、写真って、捨てるためには、
そうとう、よーく見て選別しないといけません。
結果的に、この数年、わたしは、
しょっちゅう写真を見て、思い出に浸っています。
捨てることをしなければ、
こんなに写真は見ていないと思います。

2013年7月27日 (土)

夏のドライヤー問題。

夏に何が問題かというと、お風呂あがり、
髪を乾かすときのドライヤー、
あれほど困るものはありません。

せっかくお風呂にはいってさっぱりしたはずが、
ドライヤーの熱風で汗をかいて、
べとべとになってしまう。
もう一回お風呂に入らなあかんやん。

1日のなかでいちばん爽やかであったほしいひとときに、
1日のなかでいちばん汗をかいている。

困るのだ。

というわけで、お風呂あがりの行動パターンを変えました。

お風呂あがり、すぐに髪を乾かすのではなく、
まずは、サーキュレーターの風にあたりながら、
のんびりと歯磨きをします。
(以前は、お風呂に入る前に歯磨きしていました)

歯磨きが終わる頃には、だいぶ体も冷めているので、
それからドライヤーで髪を乾かします。

たったこれだけですが、ぜんぜん違う。
今まで、なぜこれに気づかなかったのか。

2013年7月26日 (金)

たのしいご近所づきあい128

ある夜の仕事帰り、近所の材木屋の社長からメールがありました。

「ソーダトマト作りに成功した。
 1Fに持ってきているから、
 帰りに食べに寄るように」

という内容でした。

1Fに寄ると、社長がにやにやして待ち構えています。

「うまいぞ~。食うてみ~」

《これがうわさのソーダトマト》
P7081930

食べると、口の中で冷たいトマトがシュワシュワ!!

「わああ おいしい! 実験大成功ですね!」

密封した容器の中に、
ドライアイスとトマトを入れて、
4時間ぐらい置いておくと、
トマトが二酸化炭素を吸収して、
シュワシュワになるんですよ。

一緒にいたバイオリン職人さん、
インド古典舞踊の先生などと、
シュワシュワのトマトを食べた後、
「次は何を発泡させるか」
妄想劇場のはじまりです。

すいか、マンゴー、みかん あたりは良かったのだけど、
そのうち、きゅうり、冬瓜 など、
めちゃくちゃな展開に。

そんな感じで、ご近所さんとわいわい楽しくやってます。

2013年7月25日 (木)

食べ物はあまり買わない40

淡路島の叔父から、またまた食べ物がたくさん届きました。

P7141939
P7141942

叔父にお礼の電話をして、
近況報告や、めだかの調子がいいことを説明。
最後に、

「最近高齢者の熱中症が増えとうらしいから、
おっちゃん農作業するとき、気をつけなあかんで!」

というと、叔父は

「もし、わしに万一のことがあった場合、
 玄関の近くに棒を立ててあるから、
 そこを掘り返すようにな」

なんのこっちゃと思ったら、
そこに梅酒の瓶をたくさん埋めてあるそうで、
(梅酒を寝かせてる)
それを掘り返すのを忘れないように、
ということでした。

それかい!

2013年7月24日 (水)

ホームシアターごっこをしたい。

引越して半年ぐらいは、家の中を「落ち着かせる」ことで
頭がいっぱいで、その先のことを考える余裕がありませんでした。

最近、ようやく、家の中が落ち着いてきて、
もう少し環境の充実を図ろうという気分になってきました。

そのひとつが「ホームシアター」です。

自宅にプロジェクタを置いて、
これで映画を見たいのです。

別に映画でなくても、Youtubeで演奏とか、
落語とか、大きな画面で見たい!
ノートパソコンのディスプレイでは、
くたびれます。夏場は暑いです。
ソファでごろごろしながら見たいです。

ただ、ソファでごろごろしながら映像を楽しむには、
ソファの配置を変える必要があります。
白い壁の前にソファを移動しなければ。

《BEFORE:襖の前にソファがある》
P7061888_2

というわけで、休日に、ソファと机の場所を変更しました。

《ソファに座ると、前は白い壁》
P7151950

ふふふふふ、後はプロジェクタを調達するだけです。

2013年7月23日 (火)

カーテン選びの問題 番外編

カーテンを買い替えて、居室のカーテン問題が解決したのもつかの間、
夏自宅でじゅうたんを撤去したら、
居室のカラーバランスが狂ってしまいました。

《じゅうたん撤去前》
P7031872_2

カーテンの模様のグリーンと、
じゅうたんのグリーンは意識して合わせてました。

《じゅうたん撤去後》
P7061886

カーテンのグリーンの仲間が、どこにもいない。

ソファに、なにかグリーンを付け足したいのだけど、
ソファに敷いたタオルにグリーンを混ぜるか、
どうしたらいいか答えがでない。

こういうときは、答えを急がず放置します。
経験上、こういう場合は、放っておいても、
そのうち何かいいアイデアが浮かぶので、
それを気長に待ちます。

で、じゅうたん撤去した週の週末、
無印良品に行ったら、お買い得品のワゴンにこれが。

《クッションカバー》
P7061884

ほ~ これはいいのではないか。
わが家のクッションは無印だしね。
というわけで、お買い上げ。
で、クッションカバーを交換したら、こうなりました。

P7061888

カーテンのグリーンと、クッションのグリーンにつながりができた。
カバー交換前とそんなに変わらんがなとつっこまれそうですが、
まあ 自己満足の世界ですから。

それと、前のカバーは少し厚みがあって、
ちょっと暑苦しかったのが、
薄手の素材に変わったので、
もたれたときに、さわやかな肌触りになりました。

満足満足。

2013年7月22日 (月)

新居の夏じたく。

今のマンションに越して初めての夏です。
エアコンなしで(前のマンションに置いてきた)、
どの程度暑くなるのか想像つきません。
とりあえず、冬に敷いたじゅうたんが暑くなってきたので、
じゅうたんを片付けます。

《台所の敷物は、エコ窓ポイントキャンペーンでもらった》
P7031869_2

《居室のじゅうたんは、大塚家具で買った
P7031872

幸い、押入れはガラガラなので、
しまう場所はたくさんあります。

その前に、次の冬に向けて、台所の敷物の位置をメモしておく。

《かなりアバウトなメモ。。。》
P7031875

《じゅうたんの裏も掃除機かけます》
P7031876

《ぜんぶフローリングだぜー》
P7031877

そんなわけで、台所と居室がすべてフローリングになりました。

足の裏が気持ちいい!
どこを歩いてもひんやり快適です。

前のマンションは塩ビの「ナンチャッテフローリング」と、
最初から敷き込まれたじゅうたんで、
暑苦しい家でした。

でも、こっちは、洗面所とトイレ以外は、フローリングと畳になったので、
とても快適です。
うむ。引越してよかったです。

2013年7月21日 (日)

カーテン選びの問題11

結局、引越後、居室のカーテンは三度も変えているのです。

《初代マリメッコ:継ぎ目に失敗》
Pc100998

《2代目QUARTER REPORT:隣室からやってきた個性の強いカフェ》
P6021721_2

《3代目:サンダーソン「スウィートベイ」》
P6081758_2

もう完全に自己満足の世界ですが、
高いお金払ってカーテン買い替えた甲斐がありました。
カーテンは、家の中で占める面積が大きいので、
気に入ったものをかけると、
毎晩家に帰るのが楽しみです。
休日も、家のなかでうきうき過ごせます(単純)。

毎日使うことを考えると、少しお金かかっても、
気に入ったものを持つほうがいいですね。
洋服よりコストパフォーマンスが高いと思います。
洋服の場合、どんなに気に入っても、
毎日同じものを着るわけにはいきません。
でも、カーテンなら、毎日同じものを吊るして過ごせるので、
結果的には洋服より1日あたりの単価は安いと思いました。

カーテンの話は、まだまだ先がありますが、
他の話題がたまってきたので、
いったんここで区切って明日から他の話をします。

2013年7月20日 (土)

カーテン選びの問題10

値段の問題や、柄の迷い、いろいろありましたが、
サンダーソンのカーテン買いました。
ネット販売のお店で52500円でした。
大塚家具よりは安いけど、カーテンにごまんえんて。

でも、結局買ったわけです。

《注文後2週間ほどで届いた》
P6081756

箱を開けると。。。

《わわ! ちっちゃい! 箱スッカスカ》
P6081757

早速かけてみますよん。うきうき。

《むふむふ。いい感じ》
P6081758

カーテンのグリーンと、じゅうたんのグリーンが、
さり気なく関連性あります(と自分では思っている)。
でも、カーテンが主張しすぎることなく、
部屋全体をさらりとまとめています(と自分では思っている)。

《この前はこれだったので》
P6021721

ようやく、居室のカーテン問題は解決しました。

つづく ←解決したのに、まだ続く

2013年7月19日 (金)

カーテン選びの問題9

しばらく迷って、結局、ネット通販でサンダーソンのカーテンを買いました。
しばらく迷ったのは、値段のこともあるけれど、
この「サンダーソン」というブランドの生地がとても素敵だったので、
しばらくは、あれこれ目移りしていたのです。

結局買ったのはこれです。

《スウィートベイ という名前の柄。大塚家具で最初に見た柄です》
P6081760

これと、もうひとつ素敵な柄があり、迷ってました。

「ペインターズガーデン」という名前の柄です。
http://cbsowm.blog.so-net.ne.jp/2012-01-07
リンクは、京都のカーテン屋さんのブログにリンクしています。

とても素敵な柄なのです。
柄単体では、たぶんこっちの方が好きです。

ただ、わたしの部屋の赤いソファとグリーンのじゅうたんと
バランスをとるなら、少し控えめなほうがいいと考えてました。
ペインターズガーデンは素敵だけど、
カーテンの柄自体に主張があります。
だから、リンク先のブログみたいに、
周りがナチュラル&シンプルなら映えますが、
わが家では、おそらく、
個性がぶつかり合ってしまうと考えました。
個性がぶつかると、結局今と同じですからね。

というわけで、しばらく悩んで、結局「スウィートベイ」を選んだのです。

つづく

2013年7月18日 (木)

カーテン選びの問題8

国内最安値の大塚家具ですら7万円を超えるサンダーソンのカーテン、
ネット販売で安いところはないのか~

ないのか~

ないのか~

ないのか~

あった。


東京・自由が丘のカーテン専門店で、52500円です。
大塚家具のように、幅×高さの完全オーダーではないけど、
高さは選べます。幅も、うちのカーテン幅より少し大きいだけなので、
問題なし。

ちなみに、国内最安値の大塚家具より安いのでは、
大塚家具がうそをついているのでは?
と疑問をお持ちの方に説明しておきますと、
大塚家具の国内最安値の比較対象に、
ネット販売は含まれてません。
だから、ネットで安いのがあっても、大塚家具はうそつきではありません。
別に彼らの回し者ではありませんが、
わたし自身気になって調べたら、大塚家具のサイトにそう書いてありました。

まあ こんな話はどうでもよくて、
とりあえず、2万円ほど安く買えることがわかったカーテン。
しかし、安いといっても、まだ5万円でっせ。
ホイホイと「ポチッ」するわけにはいきません。

10日ほど悩みました。

で、結局買ったんですけどね。

つづく

2013年7月17日 (水)

カーテン選びの問題7

大塚家具で見たカーテンが気に入ったけど、高い。
7万円超えるって。。。まじですか。

国内でもっとも安いはずの大塚家具で、この値段。
他で安く買えることは、あるまい。

そう思いつつ、見積書に書いてあったメーカー名をたよりに、
ネットで検索してみました。

そこで、わかったこと。
あのクチナシ柄の布は、イギリスの「サンダーソン社」という
メーカーの製品らしい。

--------------------------------------------------------
サンダーソン社は1860年ロンドンに設立されて以来、
芸術的にも技術的にも、最高の品質を追い求めてきました。
数多くの追随者が現れても、先駆者としての評価は色褪せることなく、
1923年から現在まで、英国王室御用達の栄誉を獲得し続けています。
精巧にプリントされた生地と壁紙を組み合わせたコレクションは、
英国の伝統あるスタイルに新たなエッセンスを織り交ぜ、
今に息づいています。
(マナトレーディング社WEBサイトより)
--------------------------------------------------------

へええ。知らなかった。

外国のカーテンといえば、マリメッコの北欧物ぐらいしか想像できなかったので、
世界が広がりました。
なんとなく、イギリスって、王宮に似合いそうな、
ゴージャスなカーテンのイメージがあったのですが(すごい偏見や)、
普通にナチュラルで素敵なカーテンがあるんですね。

そういえば、マリメッコのカーテン買ったときも、
マリメッコといえば、ごつい花柄しかないと、
思い込んでいたわたし。

というわけで、サンダーソンのカーテンを安く買えるサイトは
ないんやろか、とネットでもう少し検索することにしました。

つづく

2013年7月16日 (火)

カーテン選びの問題6

大塚家具のカーテン売り場で
「木のイメージ」「森のイメージ」を探し求めるけど、
見つからず。

もう だめかな。。。と なげやりな気分で売り場をうろうろしていると、
ちょっと素敵なカーテンを見つけました。

《売り場で撮らせてもらった》
P5221685

白の綿の生地に、クチナシの花の柄が描かれてます。

P5221684

森の中というイメージではないけれど、
庭の中?にいるみたいで、素敵です。

それと、素材が気に入りました。
ポリエステルではなくて、綿素材の自然な感じがとてもよいのです。

しかし、お値段を訊いてびっくり。

《71600円!? ひゃああ~!!》
P52216832

輸入品で、とてもいい生地を使っているそうで、
たっかいのだ。
だから、素材が気に入ったのかと納得した。

それにしても、カーテンにななまんえん!?
マリメッコの4万円超えだって、わたしにとっては
大事件だったのに、さらにその上とは。。。

買おうと思ったら買えるけど、その日は、
そこまで思い切れず、見積もりだけもらって帰宅しました。

つづく

2013年7月15日 (月)

カーテン選びの問題5

あてにしていたマリメッコカーテンが期待はずれだったので、
次に向かったのは神戸駅前の大塚家具です。
ここは、すんごい多くの種類のカーテンがあります。
決して安くはないけれど、いいものばかり置いてます。
それに、他で同じものを買うより安いです。

というわけで、大塚家具に行きました。
ここは、必ず専任のコンサルタント?(営業さん?)が、
ついてくれ、こちらの要望を丁寧にきいて、
希望に合うような品物があるかどうか探してくれます。

彼ら彼女らがいないと、あの広大なショールームの、
どこをどう探せばいいのか、わからない規模と
品物数です。

ちょっと話は脱線しますが、大塚家具の、
コンサルタントの女性って、とても素敵な方ばかりなんですよ。
みなさん、制服というか、上下黒のスーツを着ており、
茶髪はいません(たぶん禁止されている)。
そして、清潔感があり、なんというか、少しおっとりした雰囲気で、
でも細やかな気配りのできるタイプ、
今風に大雑把にいうと「癒し系」「和み系」な雰囲気の方が多いです。
ガツガツ商品を勧めてくるわけでもありません。
毎回、違うコンサルタントの方に店内を案内してもらいますが、
どなたの場合も、良い意味で同じ印象を持ちます。

脱線から戻りますね。

大塚家具の膨大なカーテンの中から
「木のイメージ」「森のイメージ」で、
カーテンを探してもらいましたが、
わたしの心の中には、ボツにしたマリメッコがあって、
なかなか思うようなものが見つかりません。

わたしがマリメッコの話をしたから、
コンサルタントのお姉さんに北欧を意識させてしまい、
なかなか、これというのが見つからない。

つづく

2013年7月14日 (日)

カーテン選びの問題4

居室と和室のカーテンを交換して、
和室はとても落ち着きました。

マリメッコの良さと、和室の畳がマッチして、
しかも、片開きのハードルもクリアして、
とても満足しています。

《気にいった。和室にマリメッコが似合うとは》
P6021716_2

一方、洋室は、個性の強いカフェ状態です。

P6021721

そこで、洋室のカーテンは、買い替えを考えました。
このカーテン買ってから半年ちょっとですが、
気になりだすと、どうしようもなく気になります。
今がまんしても、いずれ買い替えると思うので、
それなら、さっさと買い替えようと。

で、最初に考えたのは、和室に持っていった
マリメッコの色違いです。
和室のはグリーンですが、同じカーテンで、
茶色があります。
木々のシルエットなので、茶色も素敵だろうなぁ。。。

ということで、ある日、午後半休を取ったときに、
三ノ宮のマリメッコに行き、カーテン見せてもらいました。

《濃い。。。》
P5221682

思ったより茶色が濃いです。
柄は素敵だけど、これを、あの部屋にかけると、
やはり、ソファの赤と個性を主張しあってしまいそう。

お店に行くまでは、心の中で、このカーテンに決めていましたが、
実物の色を見たら、心が揺らぎました。

とりあえず、見積もりだけもらってオーダーせずに帰りました。

つづく

2013年7月13日 (土)

カーテン選びの問題3

マリメッコの片開きカーテン、
継ぎ目の問題で失敗して、
窓のロック位置との組み合わせも失敗して、
もう大失敗です。
高い買い物だったのに。

しかし、この部屋で失敗だったということは、
隣の部屋だとうまくいくかもしれません。

窓の位置や、台所から入っていくときの窓の見え方が、
居室と左右反対になるのです。
居室ではすべてが組み合わせに失敗したので、
その逆さまの隣の部屋なら、うまくいくのではないか?

と 思って付け替えてみました。

《おお いい感じだ》
P6021716

二重窓のセオリーにしたがって窓を開けるなら、
カーテンは必然的に、右に寄せることになる。

《不便さは全くなし》
P7061907

上の写真は朝に撮影して、
下の写真は夜に撮影しているので、
ずいぶん雰囲気がちがってしまった。
こういうところ、いつも適当ですみません。

というわけで、居室用マリメッコカーテンは、
和室に移動となりました。

畳のグリーンと、カーテンの柄のグリーンが、
連続しているように見せて、のんびり落ち着く空間の完成です。

で、和室につけていたカーテンを、居室に移動しました。

P6021723

うむ~。

悪くはないのだけど、ちょっと緑が濃すぎる感じです。
カーテンのポップな感じと、
ソファーの赤が、互いに個性を主張しあって、
ちょっと落ち着きません。
よく言えば、ミッドセンチュリー風かもしれません。
しかし、当初のコンセプトは「森の中」です。
カーテンは木々を表現し、じゅうたんの緑は芝生、
そこにある赤いベンチ。。。のつもりが、
個性の強いカフェに来てしまった、みたいになりました。

どうしようかねぇ。

つづく

2013年7月12日 (金)

カーテン選びの問題2

前日の記事でも、マリメッコの片開きのカーテンの話を書きました。
この「片開き」のカーテンを選ぶのは、
今考えると、かなりハードル高い選択でした。

というのも、片開きの場合、カーテンを開けると、
必然的に、カーテンをどちらか一方に寄せることに
なりますが、この寄せる先が問題なのです。

《部屋の端に寄せると問題ない》
P7061900

写真のカーテンがマリメッコではなくなっていますが。。。
これは後日説明します。

《部屋の真ん中に寄せると、なんか変?》
P7061901

というわけで、片開きのカーテンは、
部屋の端に寄せるように開けたいのですが、
二重ガラスのわが家の場合、
ここに大きな落とし穴があるのです。

《左側から開けると、ロック解除は簡単》
P7061905

《右側から開けると、外側のロックを解除できない(見えない)》
P7061906

二重窓あるあるみたいな話になりましたが、
二重窓の場合、ロックのある側を意識して開閉する必要があります。

で、その条件を考慮すると、向かって左側を開けたい。

《こう開けたい》
P7061900_2

でも、こうすると、出入りする側にカーテンが来て、
なんか嫌だ。

かといって、出入りしないほうにカーテンを持っていくと、

《この落ち着かない状態になる》
P7061901_2

というわけで、ちょっとわかりにくい話ですが、

・二重窓の場合は、利便性を考えると、
 開け閉めがどちらか一方向に限定される

・片開きカーテンの場合、どちらにカーテンを寄せるかも、
 どちらか一方向に限定される

この一方向が同じの場合は問題ありませんが、
反対の場合は、わが家のような、
落ち着かない状態になってしまいます。

今日の結論。
《片開きカーテンの場合、窓の開け閉めのパターンと合うかどうか、検討が必要
 窓のロックの状態によっては、そもそも片開きという選択はあり得ない》

つづく

2013年7月11日 (木)

カーテン選びの問題。

昨年11月に引越して、カーテンを買いました。
この「カーテン選び」が曲者。
いくつかポイントがある、ということがわかりました。
自分で考えて大金払ってカーテン買って、
わかったことがいろいろあります。

《昨年12月の風景》
Pc100998

清水の舞台から飛び降りるつもりで、
大金払って購入したマリメッコ
でも、これ、設置した瞬間、
「あちゃー 失敗した!」
と後悔しました。

なにが失敗したかというと、

《カーテンの継ぎ目が こんなところに》
Pc1009982

片開きにしたので、どうしても「継ぎ目」ができるのですが、
これを右に持ってきたのは失敗でした。

なぜなら、
「結果的に、部屋の中心に継ぎ目ができてしまう」
からです。

《玄関から見た風景》
P2071230

間取りと動線の関係で、
こういう角度でカーテンを見ることが多いのですが、

《継ぎ目が気になる》
P20712302

しかも、

《カーペットのラインと合っていない》
Pc1009983

おそらく、カーテンの継ぎ目を左に持ってくれば、
動線上もあまり目立たず、
カーペットのラインと合わせられたのでしょう。
しかし、そこまで考慮できず、
なんともちぐはぐな状態になってしまいました。

4万円かけたマリメッコに罪はないけれど、
わたしの浅はかなオーダーは大失敗でした。

ここから得られる教訓。
カーテンを「片開き」にする場合は、

《継ぎ目の場所をよーく考える》

これに尽きます。
継ぎ目の場所を考える際には、動線や、
他の家具や床の状態にどうつなげるのか、
考えればよいと思います。

つづく

2013年7月10日 (水)

ムッキーちゃんはえらい!

調理器具で、ひとつの用途にしか使えないものは、
好きではありません。
炊飯器とか、ポットとか、なんちゃら便利グッズとか。

特に、便利グッズは、その特定用途に限り便利で、
全くつぶしのきかない使えない奴です。

なのに、叔父が、こんなもの送ってきました。

《ムッキーちゃん》
P6271855_2

《分解すると こんなんです》
P6271860

これはですね~、
皮の厚い柑橘系の皮むきや、
薄皮むきをらくにする「便利グッズ」です。

《使用イメージ》
P5171666

叔父が「これがあると、皮むきが冗談みたいに簡単になるから」
というので、しぶしぶ使ってみると、
 :
 :
 :
おおおお!

これはいい!

スイスイスイ~っと、八朔の分厚い皮もらく~に剥けます。
また、これまで、薄皮むきは、汁を飛ばしまくりながら
むいていましたが、これがあれば、
スッとむけます。むふふふ、これは楽しいね。

Youtubeで使用動画があります。
「すごいぞ!ムッキーちゃん どんどん剥いちゃいます」
http://www.youtube.com/watch?v=OFE7T71Iztc

2013年7月 9日 (火)

たまには 防災のことを考えます。

阪神淡路大震災を経験したので、
災害時、どうすればいいのか、
ときどき考えます。

とりあえず、食べるものは支援物資が来るだろうから、
あまり神経質に考えなくてもよさそう。

それより、心配なのはトイレ!

1日や2日食べなくても我慢できそうだけど、
トイレは、数時間すら我慢できません。

それと、支援物資が来るとはいえ、
やはりあったかい食べ物がない状況は、
精神的にやられてしまいそうです。

というわけで、通販生活で、非常用トイレと、
発熱キット付きの雑炊セットを購入しました。

P5111645

写真の上段がトイレ。
下段は、簡易の雑炊セット。

それと、Amazonで海洋深層水を購入しました。

《6本お買い上げ》
P6271856_2

これは、普段から飲んでいるものです。
これまで、近所のスーパーで買っていましたが、
重いので、Amazonで買おうと思って調べました。
すると、送料無料で、おまけに、
スーパーで買うより1本あたり200円も安い。
しからばと、Amazonで買ってストックすることにしました。

スーパーマーケットの業界団体で働く者としては、
こういう消費行動は、スーパーマーケット業界の
売上高を減らしてしまうので、控えたいと思いつつ、
送料無料で、さらに200円安いとなると、
わざわざお店に行く理由がなくなってしまいました。

さて、こうしてストックしておけば、
普段使いしながら、いざというときにも使えます。

あまりシビアな防災対策になってませんが、
普段使いをいかに防災につなげていくか、
という着眼点で、これからも、少しずつ、
もしもへの備えを増やそうと思います。

2013年7月 8日 (月)

ご近所避難会議。

先日、神戸市の広報誌特別号「くらしの防災ガイド」をもらいました。

P6081763

津波が来たときに危ない場所や、
土砂崩れ注意地点などが記されています。
また、災害発生時の避難場所も書いてあります。

避難場所は、住所ごとに、
「ここの住所なら、近いのはここよ」
と一覧になっています。
だから、わたしが避難したときに、
一緒の場所に避難するご近所さんは誰か、
とかチェックします。

ふむふむ~。
同じマンションのオーナーさん一家はもちろんのこと、
隣のマンションのIちゃんとか、
それから、材木屋社長バイオリン職人さんも、
同じ避難場所です。

その話を、金曜夜の集会のときにしたら、
「ああ あの避難場所はあかんで。
 あそこ、屋上にプールがあるから、
 状況によっては上から水が落ちてくるかもしれん」
と 材木屋社長。
社長はもともと理科系学部出身で、
土木系の仕事をしていたから、
これらの事情には詳しいのです。

で、結局、避難場所には行かずに、
ここのマンションにいたら津波も土砂崩れもない、
という結論になりました。

彼らは、わたしがここに引っ越してくる前に、
阪神淡路大震災を、ここで経験しているので、
当時の経験を踏まえていろいろ教えてくれます。

防災まで、酒の肴になってしまうご近所づきあい。

2013年7月 7日 (日)

たのしいご近所づきあい127

1Fのホールでピアニストさんとデュオの練習をした後、
ご近所さんも一緒に呑みました。

《ろうそくの灯りで呑みます》
P5081630

《ワイングラスのシルエットが幻想的》
P5081633

もともと近所でしたが、今は自分が住んでいるマンションの
1Fで呑めるこの幸せ。
引越してよかった!

2013年7月 6日 (土)

竹をめぐり10

昨年のゴールデンウィークに知り合った、
竹かご職人のおっちゃん
とは、
ゆるく浅くお付き合いが続いています。

近所に出店されるときは、ちょっと顔を出して、
世間話をします。
この前は、お店が終わってから、
一緒に近所のお蕎麦屋さんに行きました。

で、おっちゃんが、首に不思議なものをぶら下げてます。

《なんですのん、それ?》
P5061618

おっちゃんに尋ねると
「これは、竹のペンダントや。別名《お願い棒》言うんやで。
 この棒を握りながらお願いをすると叶うんや」

へ~。

で、どうして、上にその写真があるかというと、
おっちゃんがくれたからです。

竹かご職人だけあって、この竹の手触りは滑らかで、
すべすべで最高です。
ただ、ペンダントにするには、わたしの場合、
パーソナルカラー的にどうかな?
という微妙な色です。似合わなそうなので。

で、持って帰って、このペンダントをしばらく眺めていて、
とてもいいことを思いつきました。

電気のひもに付けたらええやん!

これまで、わが家の居室の電気のひもは、
荷造り用の麻ひもでした。

P5061619

気に入ってませんでしたが、
あまりいいアイデアが浮かばず、
「そのうちいいことを思いつくだろう」
と 放置していました。

そして、いいことを思いついた、というわけです。

《ほら いい感じ》
P5061622

手に持つ部分がすべすべの竹で気持ちよく、
また、電気をつけるときに「お願い」もでき、
一石二鳥です。

竹かごのおっちゃんが想定していた使い方ではないけど、
なかなか気に入ってます。
こんな電気のひも、世界にひとつです。

2013年7月 5日 (金)

ソーダサイフォンのある暮らし8

今年もこの季節がやってきました!

ソーダサイフォン!!

《キターーー ←いまどきのネット風?》
P6181836

ソーダサイフォンがいかに素晴らしい(笑)か、
過去にさんざん語ってきたので、
興味ある方は過去記事をご覧ください。

《カートリッジはAmazonでまとめ買い》
P6221843

お風呂あがりに「ぷっしゅ~」と入れる炭酸水、
至福のひとときです。むふむふ。

2013年7月 4日 (木)

食べ物はあまり買わない39

季節感を外したひと月前の話が続く今日この頃。
今日もまた、新じゃがとたけのこの話です。

淡路の叔父から新じゃがと破竹をもらったのを、
とりあえず加工しておこうと、
手間をかけない調理しました。

《新じゃがはポトフに、破竹は煮物に》
P6021727

両方とも、だしのベースは鶏の手羽先です。
ポトフは塩こしょうで味を整えて、
破竹はしょうゆ、みりんで味を整えました。
手羽先からおいしいだしが出て、
もちろん、手羽先も食べましたよん。

2013年7月 3日 (水)

食べ物はあまり買わない38

これもひと月以上前の話。
近所の喫茶店のマスターの妹さんが、
あなごをたくさんくれたので(ときどきくれます)
「あなごの大人食い」しました。

《蒸したてほやほや いい香りがするんですよ~》
P6041746

《そら豆と一緒に一杯》
P6041747

いただきもので生かされている毎日です。
それにしても、蒸したあなごは、
身がほわほわでおいしかった!

2013年7月 2日 (火)

食べ物はあまり買わない37

もうひと月以上前の話ですが、
淡路の叔父から大量に野菜と果物が届きました。

《いつものパターン》
P5171670

《帰宅したらそら豆の皮を剥くのが日課だった頃》
P6021737

《パスタ用のアルマイト鍋蒸し板を敷き、蒸します》
P6021739

《塩をつけて食らう。んま~》
P6021742

この頃は、家にある野菜を消費するのに必死でした。

2013年7月 1日 (月)

テレビは見ない。

もうみなさん充分ご存知でしょうが、わたし、テレビは見ません。
テレビ自体処分しましたしネ。

さて 先日のこと。
土曜の昼下がり、うとうと~っとしていたら、
ピンポーンと誰かが訪問。

用件を尋ねると、NHKが「受信の手続きを。。。」
と言ってきます。

NHKのひと「何度も訪問しましたが、いつも留守で」

何度も来たと言われても、来た証拠もないのに、
わからんがな。佐川急便やクロネコのお兄ちゃんやったら、
不在連絡票入れてくれるのに

わたし「テレビありませんけど」

NHKのひと「テレビ見ないんですか?」

わたし「見ません。必要なときはオンデマンドで見ています」

NHKのひと「でもね、パソコンや携帯に受信機能がついていたら、
 受信契約が必要なんですよ。」

わたし「ワンセグもついていないし、パソコンにもテレビチューナーつけてません
 なんなら、携帯電話見ますか?」

NHKのひと「それは結構です。ところで、いいパソコン使っていたら、テレビ機能ついていますよ」

わたし「カスタマイズでパソコン作ったから、付いていません(←DELLのカスタマイズPCです)。
 それに、必要なときはオンデマンドでちゃんとお金払って見ています」

NHKのひと「フジテレビとか、そういうのもパソコンで見ないんですか?」

わたし「必要なときはパソコンでネットのオンデマンドで見ます」

NHKのひと「それは、Youtubeとかで見るということ?」

わたし「違います。その放送局のサイトにログインして、お金を払って視聴しています」

で ようやく彼らは(ふたり来ていた)帰っていきました。

なぜだか、むかむかしました。
土曜の昼下がりの気分いい時間に、
暑苦しいスーツの兄さんふたり、
なにがなんでも受信契約をしようとやってきて、
わたしのゆるい休息気分にケチがついたからかな。

オンデマンドで見ているって何度も答えたのに、
兄さんら、オンデマンド知らんのかい。

« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »