« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »

2013年2月

2013年2月28日 (木)

かりんシロップでも作りますか2

かりんシロップを仕込んだその後。

冷暗所で熟成させようと、ガスコンロの下の物入れにしまってました。
たま~に、そこをあけると、
ほわ~とあま~い香りがして幸せです。

ある日、シロップの具合はどうじゃろな、とシロップの様子を確認しました。

すると。。。。うぎゃぎゃぎゃぎゃ~!!!!

《カビカビになっていました》
P2061227

冬だし、蜂蜜だしと思って、すっかり油断していました。
でも、よく考えると、かりんエキスがしみだして、
蜂蜜がしゃばしゃばになっていたから、
カビが生える可能性は充分あったのです。
そんなことに全く気が付かず、
ガスコンロの下でカビを栽培していました。

まだ、かりんのあまい香りはしていましたが、
泣く泣く処分です。

あ~あ~ 国産蜂蜜ひと瓶1300円を2本も使ったのに、
味見することなくサヨナラした、かりんシロップでした。

2013年2月27日 (水)

増えたもの・減ったもの149(ティッシュケース)

ティッシュケースを買いました。

P2051223

これ、以前も出てきた無印のティッシュケースです。

上のカバーに重量感があるため、
取り出し時に少しコツがいるのですが、
残量がひと目でわかる便利さが気に入って、
二つ目を購入しました。
台所用です。

《Before お手製ダンボールティッシュケース》
P2051224

《After 無印透明ティッシュケース》
P2051225

ティッシュって、普通は、残量のわからない箱入りで、
な~んか、紙を引き出すときの重量感が減ってきたなぁ~
と思うと、あるとき、突然空になっていてあせることが多いです。
それも急いでいるときに。

その点、この透明のティッシュケースでは、
来るべきXデーに向けた準備ができるので、
とても助かってます。

さて、シンプルライフ3箇条その1
「ひとつ手に入れたらふたつ捨てる」

今回は、買い替え?ということで、
以前のダンボールティッシュケースを処分しました。
これ、以前、オリンピックの野球中継聞きながら作ったんです。
いったい何年前の話をしているんだか。

《さらば 無印の商品を買ったときのダンボール製ティッシュケースよ←これも無印関係》
P2051226

2013年2月26日 (火)

温泉卵のついでに。。。

この前は、パスタを茹でながら同じ鍋で熱燗も用意しました。

P1121095

今回は、ルクルーゼで温泉卵を作り

《右上の卵が割れている》
P2041213

そのお湯を再利用して熱燗にしましたとさ。

P2041214

ルクルーゼの鍋は保温性抜群なので、
熱燗も冷めにくくて、なかなかよかった。
写真が白っぽいのは、湯気が写っているからです。

2013年2月25日 (月)

たのしいご近所づきあい106

先日、わたしが所属するオーケストラの、定期演奏会がありました。

このときの楽しみは、長く会っていない友人知人がたずねてきてくれること、
それから、終演後に、インドカレー屋さんのマスター&彼女が、
ロビーで待っていてくれることです。
わたしより少し年上のマスター&彼女が待っていてくれると、
なんだか、親戚のお兄ちゃん&お姉ちゃん が待ってくれているみたいで、
とてもうれしい。
それで、荷物を持ってもらったり、演奏会の話をしながら、
通り道であるお店の前まで送ってもらいます。

わたしは、物心ついた頃から祖母とふたり暮らしでした。
そのためか、小さいときは、運動会や遠足が終わっても、
迎えに来てくれる家族と車で帰る友達を横目でみながら、
ひとり、徒歩で帰途についてました。
当時満たされなかった恨みかトラウマがあるのか、
大人になった今、こうやって「待っててくれるひと」がいると、
すごくうれしいです。

このことに限らず、家庭事情のため、
子供時代は、ふつうの家庭のだんらんとか、
そういうのに縁がうすく、少し淋しい思いをしていたと思います。
だけど、今は、ひとり暮らしではあるものの、
近所に知り合いがたくさんいて、
みんながいっぱい構ってくれます。
食べ物をくれたり、飲みにつれていってくれたりetc。

こうやって、人生トータルでバランスがとれるように
できているのかしらと思う今日この頃。

2013年2月24日 (日)

地味だけど豊かなごはん2

節分のとき、いつもの喫茶店に行くと、
帰り間際にマスターが巻き寿司を持たせてくれました。

P2031205

節分だから、丸かぶりするのが一般的なんだろうけど、
丸かぶりすると食べにくくて、
おいしいのかどうか、わからなくなるので、
切って食べました。

P2031210

会社のひとのお土産のお吸い物を付けて、
淡路の叔父が送ってきた生姜を添えて、
巻き寿司セットの完成です。

食べ物は、お吸い物、生姜、巻き寿司と、
全部いただきき物です。

お椀は親戚からもらったもの、
角皿は淡路から持ってきたもの、
箸は竹かご屋のおっちゃんからのいただきもの
そして、テーブルは、いとこにもらったもの

自分で買ったものは、手前の箸置きと、
右上のクロスぐらいです。

相変わらず、いただきもので成り立つわたしの生活。

2013年2月23日 (土)

パソコンの置き場所を変えてみた2

パソコンをWaveRadioの隣に置いて、
楽しいらくごライフが始まりました。
ずるずるネットサーフィンともおさらばです。

《玄関入ってすぐパソコン》
P2031202

ふっふっふ~ と思いながら土日を過ごし、
迎えた月曜の朝。

わたし、平日、会社に行くときは、ラジオのタイマーをセットし、
6時30分からAM放送でNHKを聴いています。

この日も、6時30分から、まずラジオ体操が流れて。。。
流れて。。。。
流れて。。。

ありゃ? ガーピーガーピーすごいノイズ。

そうなのです。

パソコンが隣にあると、ラジオにものすごいノイズが入ります。
これじゃ、楽しいラジオライフに支障がでてしまう。

というわけで、パソコンは、ここから撤去しました。
つかのまのランデブー。

2013年2月22日 (金)

パソコンの置き場所を変えてみた。

先日、近所の材木屋社長が、
「この落語面白いから、きいてみいや」
と 落語のMP3ファイルをいくつかコピーさせてくれました。

わたしは、MP3プレイヤーは持っていないので、
これを再生するにはパソコンが必要です。
パソコンから音を出してもいいのだけど、
貧弱で、ききづらい音しかだせないので、
BOSEのWaveRadioに接続しました。

《パソコンをWaveRadioの隣に移動》
P2031200

旧宅時代は、パソコンもWaveRadioも同じ部屋に置いてあり、
長いコードで両方を接続していました。
しかし、今は別の部屋に置いてあり、配線の都合上、
常時接続できません。
そのため、パソコンをWaveRadioの近所に持ってくる必要がありました。

この置き場所、実は、玄関のげた箱の上です。

Pb3009515

ここにパソコンを置いていると、意外に使い勝手がよく、
帰宅後靴を履いたまま、パソコンのスイッチをオンして、
すぐに金策システムの入力ができます。
また、ここに置くときは、パソコンがネットにつながらないし、
立ってしか使えないので、
だらだらネットサーフィンもしなくてすみます。

これはなかなか便利。
もう、パソコンの定位置をここにしようかな。。。

つづく

2013年2月21日 (木)

増えたもの・減ったもの148(綿棒ケース)

綿棒を買うと、プラスチックケースに入ってきますが、
あのケースを使い捨てるのが嫌で、
最近は、無印良品で「綿棒の中身だけ」買ってました。

そうして、ケースは何年も同じ物を使っていたのですが、
なんだかうす汚れてきたのと、
ふたを閉めにくいのが気になってきた今日この頃。

P2021192

ふと思いついて、無印良品の綿棒ケースを
買ってしまいました。

《ラブリー!》
P2021191

無印にはめずらしく、少しレトロで、
乙女な感じのデザインのガラスケースです。

これに綿棒を入れて、楽しい綿棒ライフを送るぞう、
むふむふと綿棒を詰め込み、ふたをすると、
あれ。。。?

《ふたが浮いて閉まらない》
P2021193

なんと!

この綿棒ケース、綿棒に対してジャストサイズ過ぎて、
ふたを閉めようとすると、ふたの外周の内側の部分が、
綿棒に当たって、うまくふたを閉められません。

これでは、使えない。

綿棒ケースは、もう一回り大きいものも売られています。
それに交換してもらおう。

そう思ったのですが、その日の晩、寝る前になって、
「もう、綿棒ケース自体、引き出しに入れてしまえば、
 ケースなんて、なんでもかまわないのでは?」
と思いました。

そこで、翌朝、洗面所の引き出しの開きスペースを作り、
綿棒ケースごと収納。

P2031199

これでいいのだ。

綿棒ケースは返品しました。

2013年2月20日 (水)

たのしいご近所づきあい105

休みの日は、よほど忙しくない限り、
近所の喫茶店へ行こうとマンションを出ると、
マンションの前の道で、隣のマンションの知り合いに会いました。

しばらく立ち話のあと、今から喫茶店に行く話をすると、
その方は
「わたしは、今そこの喫茶店に行ってきたところ。
 いただきものの、巻き寿司があったで」

というわけで、その方と別れて喫茶店に行き、
マスターに
「巻き寿司食べさせて。おなかすいた~」
とリクエストし、巻き寿司ゲット。

《ずうずうしい奴です》
P2021187

マスターが
「コーヒーは、寿司食べてからにしいな」
と日本茶を出してくれました(写真右上)

で、巻き寿司を食べたあと、コーヒー飲みながら
新聞を読んでいると
「ついでに、これも食べとき」
と、マカロニサラダがでてきました。

《寿司のあとにマカロニサラダ。どういう食い合わせだ?》
P2021188

それもたいらげて、さあ帰ろうかと思ったら、
山芋掘りの名人、ナカムラさんが現れて、
この日も山芋をみやげに。。。ではなく、
原木椎茸の差し入れがありました。

《それをマスターが焼いてレモン醤油かけにしてくれた》
P2021189

ふむ。。。おいしい。
このまま居続けると、
ビールもでてきそうでした。

2013年2月19日 (火)

1回の掃除機がけで、どれだけのごみが取れるのか。

先日、掃除をしているときに、
掃除機の吸い込むパワーがいまいち弱っていると感じました。

そういえば、2011年夏に掃除機を買い換えて以来、
一度も紙パックの交換をしていません。
そろそろ換えどきだろうと思い、
紙パックを交換しました。
(びっしりごみが入っていた)。

紙パックを交換したら、掃除機が元気になって、
じゅうたんに吸い付く吸い付く。
ごみがどんどん取れているみたいで、
気持ちいい~。

さて、ひと通り掃除機がけを終えた後、
今の掃除でこの掃除機は、
どの程度ごみを吸ったのだろう?
と思い、紙パックのごみの量を調べてみました。

《紙パックを取り出して中をのぞく》
P2021185

この緑色の物体、かびですよ、かび!!
大変!!

というわけはなく、実は「まりも」で、
わが家の床で飼っている「まりも」をうっかり吸ってしまった!

というわけでもなく。。。(しょうもない話を長々すみません)、
緑色のじゅうたんの遊び毛?というのか、
とにかく、じゅうたんの毛をこんなに吸っていました。

《掃除機「まりも」のもと》
P2021186

毎回こんなに吸っているのか、
今回限りなのか、ちょっとわかりませんが、
掃除機くんは、よく働くやつだな、と感心。

これだけ取れているとわかると、
掃除機がけも気合いはいります。むふ。

2013年2月18日 (月)

キッチン家電、ないもの自慢。

ネットの記事を見ていると
「次にほしいキッチン家電!」
みたいな特集がありますよね。

それを見ながら
「そんなもん、いらんわい!」
と突っ込んでます。

・炊飯器
 鍋で炊くから不要

・ミキサー
 うーん、いらない。

・ホームベーカリー
 一人暮らしでたくさんパンを焼いてもねー。
 デザイン的にも、あまり好きになれません。

食器洗い機
 食器洗いは、わたしにとって、アイデアが出る時間なので、
 これを機械任せにするのはもったいない。

・食器乾燥機
 放っておけば乾くのに、わざわざ乾燥させる必要あるのかな?

・バーミックス
 使いこなせず処分しました。

・電子レンジ
 これも処分しました
 冷蔵庫のご飯は蒸して温め、牛乳はミルクパンであたためます。
 面倒かと思ったけど、慣れるとどうってことありません。

・コーヒーメーカー
 近所にいきつけの喫茶店があるので、
 コーヒー飲みたいときは、そこに行きます。
 でも、ハリオの一人用コーヒーサイフォンは、ほしいです。

・ポット
 お湯が必要なときに、ガスで沸かせば充分。

そんなわけで、メジャーな台所家電を、
ことごとく排斥しているわたしが、
唯一持っている台所家電は、ミニホットプレート

《ホームセンターで980円で購入》
Dscf0216

これで、干物やチーズをちびちび焼きながら、
お酒を飲むと最高です。

Dscf0223

本当は、七輪とか飛騨こんろとか、
昔からあるものを使いたいのだけど、
炭火をおこすほどロハスになれず、
所有するにいたっていません。

このミニホットプレートは、お皿の延長みたいな感覚で、
気楽に使えるところが気に入っています。

それにしても、台所って、家電がないほうが、
見た目がうんとよくなると実感している今日この頃です。
家電の持つ存在感って、それだけ強烈なんですね。

2013年2月17日 (日)

増えたもの・減ったもの147(シュシュ)

演奏会用に、何か華やかな髪飾りがほしいなと思い、
黒いシュシュを買いました。

P1301173

で、黒いのを買おうとしたら、お店のお姉さんに、
「二つ買うと、もっとお得ですよ」
と言われたので、ピンクのも買いました。

前から、ピンクのシュシュがほしいなと思っていたのです。
ほしいタイプのピンク色が偶然あったので、迷わずお買い上げ。
こういうとき、パーソナルカラーの知識があるおかげで、
全く迷わずに買うことができます。

《同色のニットとコーディネイト》
P1301174

さて、シンプルライフ3箇条その1
「ひとつ手に入れたらふたつ捨てる」

今回も写真を処分。4枚捨てました。
捨て方がせこくなっている今日この頃。

もう捨てる限界かも、なんて弱気にならず、
これからも、何か必ず処分していきます。

2013年2月16日 (土)

ベランダ園芸解禁17

ベランダ園芸を復活させたいけど、寒いので、
本を読んでバーチャル園芸を堪能中です。

先日より紹介している平野恵理子さんの本
最終章は、「ガーデニングなんてくそくらえ」
というタイトルです。

ガーデニングという言葉は気恥ずかしい、
いまひとつしっくりこないし、平野さんが目指す
「園芸」とは方向性が違う、そんなことを書かれています。
日本には「園芸」といういい言葉があるのに、
どうしてわざわざ「ガーデンナントカ」とか言い換えるのか? と怒り全開。
(怒っていても文章はおもしろい)
この章では、ガーデニングをぶったぎり、
園芸への愛を語って章をしめてます。

平野さんほど、はっきりと形にはしていなかったけど、
わたしも「ガーデニング」という言葉には少し抵抗があります。
そもそも、タイトルも「ベランダ園芸解禁」ですし。
ガーデニングというと、外国の、キチーンと整備されて、
花が整然と咲き乱れる(変な表現)「管理された庭」のイメージです。

わたしが目指すのは、そんなのではなく、
ベランダにいくつか、好きな鉢を置いて、
毎朝「おはよう」と水をやったり、
お天気のいいときに、にやにや眺めたり、とか。

だいたい、これから調達を考えている植物は、

・アロエ
・椿
・葉ぼたん

で、ガーデニングというイメージでもないし。
そんなわけで、わたしも、ベランダ園芸の道を進みます。

新居の欲求5段階説には、うっかり、
「第5段階:ガーデニングなど、プラスαの部分も充実させたい(自己実現欲求)」
と書いてしまったので、
「第5段階:園芸など、プラスαの部分も充実させたい(自己実現欲求)」
に訂正します。

2013年2月15日 (金)

ベランダ園芸解禁16

昨日紹介した、平野恵理子さんの本が面白すぎます。

13章「「多肉世界」への長い道のり」
では、多肉植物にはまっていく様子が描かれています。
多肉植物ばかり9500円分買ってきたり、
多肉専門月刊誌1年分のバックナンバーを入手したり、
はまりっぷりが愉快です。
わたしも、何かにはまると似たようなものですが。
で、ある程度入手したら気分が落ち着いて
「これで安心して暮らせる」とほっとしてたり。

しかし、多肉植物の専門誌、おそるべし。

-------------------------------------------------
他の冊子も手に取ってパラパラとめくってみたが、
どれもこれも多肉パワーが漲っていておそろしいほどだ。
自分の流儀で楽しめば、
なんて甘いことを言っている輩など木端微塵、
多肉界への入門はそんなに生易しくなかったのだ。
その日は風邪気味だったこともあり、
大事をとって雑誌をみるのはそれまでにして床についた。
-------------------------------------------------

多肉パワーに恐れおののき、
風邪気味だからと雑誌を読むのをやめてしまう平野さん。
その後、

-------------------------------------------------
が、翌日少し、翌々日も少し、毎日手にとって、
ウー、ゲー、と思いながら見ていると、
少しずつなれてきたのか激しいレイアウトはさておいて、
だんだん内容へ気持ちが入っていくようになってきた。
-------------------------------------------------

なんて、ウー、ゲーと思いながら雑誌を読むって、
おもしろすぎます。

でも、この章を読んで、アロエをベランダに置きたいと
思うようになりました。
多肉植物って、アロエとサボテンぐらいしか思いつかないからなー。
わたしも、多肉世界へ誘われているようです。

つづく

2013年2月14日 (木)

ベランダ園芸解禁15

昨日の続きです。
新居も落ち着いたので、ベランダ園芸を復活させようと思います。
旧宅を引き払うときに、植物類はいったん整理して
(というか、夏向けの《つる植物》ばかりだったけど)
今は、水鉢とラベンダーだけです。

P2081232

そこで、参考文献を図書館で借りてきました。

『庭のない園芸家』 平野恵理子著/晶文社

P2081231

著者は、日常の暮らしを絵と文章で綴るイラストレーターの
平野恵理子さん。
この方の著書で、ひとり暮らしの本を読んだことがあり、
それがとても面白かったのを覚えています。

内容は、園芸に目覚めた平野さんが、
「園芸愛好家」(ただしベランダ限定)の道を驀進していくエッセー。
平野さん独自のこだわりや、くすっと笑える植物の描写が満載です。

例えば、7章「球根根性物語」(このタイトルからしておかしい)では、
チューリップについて、こんなことを書いています。

---------------------------------------------------------
要するに、鉢植えにはあんまり向かない植物なのだろう。
鉢で育てていると、おかしな状態になることがよくある。
葉っぱばかりニョキニョキ生えて花が不発だったり、
「突然チューリップ」(命名平野)といって、
首なしのまま地面からボッと花だけ咲いてしまったり。
半分以上はまあまあに咲いてくれるが、
とにかく気難し屋なのだ。
が。チューリップは1コでも失敗があると、こちらのダメージが大きい。
なにしろあんなに大きな球根1コにひとつしか花が咲かないのだ。
何ヶ月も前に球根をかって植え込んで、
それで葉っぱだけとか生首花では嫌になってしまう。
---------------------------------------------------------

全編こんな調子で、通勤電車や会社の昼休みに、
くすくす笑いながら読んでいます。

つづく

2013年2月13日 (水)

ベランダ園芸解禁14

12月に「新居の欲求5段階説」を書きました。

-----------------------------------------------
(  )内は本家マズローの欲求です。

第1段階:ガス、水道、電気、電話など、最低限のインフラを使える状態にしたい(生理欲求)
第2段階:ダンボールを視界からなくしたい(安全欲求)
第3段階:物の定位置を決めて「使いやすい」収納システムを作りたい(社会欲求)
第4段階:カーテン、照明など、インテリアを決めて、見た目をよくしたい(尊敬欲求)
第5段階:ガーデニングなど、プラスαの部分も充実させたい(自己実現欲求)
-----------------------------------------------

引越から3ヶ月経ち、最近、ようやく、新居も落ち着いてきたかなと思います。
もうこれまでずっと「部屋の中をああして、こうして。。。。」
と、第3段階、第4段階をうろうろしていました。

年末年始なんか、チェロの先生に
「この休みは何をして過ごすの?」
と訊ねられ
「気が済むまで家の中を片付けて整理整頓します」
と答え、先生をびっくりさせました。
そんな休みの過ごし方をするひとがおるんやって。

前から何度か書いている通り、
見た目きれいに片付けるのは簡単です。
でも、使いやすさや、自分にあった家のシステムにするには、
「微調整」「慣らし」
が必要で、これが、結構時間かかるんですよね。

そんなことをして過ごし、新居もようやく安定状態となり、
最近、ようやく、第5段階
「ガーデニングなど、プラスαの部分も充実させたい(自己実現欲求)」
を考える時間が増えてきました。

まだ冬ですが、少しずつ、春の兆しが見えてきたので、
ベランダ園芸を復活させようと思案中です。

2013年2月12日 (火)

たのしいご近所づきあい104

休みは、いつもの喫茶店へ。
「マスター、ミックストーストとコーヒー」

すると、マスターが何やら2つ折りの紙を持ってきた。
そこには「通夜式御礼」と書いてある。

ん? 誰のお通夜かな? と 見ると、
常連のヨコタさんのお通夜でした。

ヨコタさんは、このブログには1回しか出てこなかったけど、
常連のおじいちゃんです。

いつも品のいい洋服を着ており、
ステッキをついて、お店に来られてました。
話し方も紳士で、よく、お店に、
差し入れのおやつを持ってきてました。
シュークリームとか、
ちょっとハイカラなおやつがあるなと思ったら、
それは必ずヨコタさんの差し入れ。

お孫さんの写真を見せてくれたり、
かと思ったら「今日もボートで負けたわ」とか、
やんちゃな一面もあって、
大好きな常連さんでした。
88歳だったそうです。

つい最近まで、一緒にコーヒー飲んで、
喋っていたような気がするけれど、
そんな時間がこれからも続くと思っていたけれど、
ひとの命は、やはりどこかで終わりがあるんだな、
と あらためて実感しました。

この喫茶店の常連さんをはじめ、
わたしの知り合いは、高齢の方が多いので、
毎年数人、少しずつ、お別れのときがきます。

2013年2月11日 (月)

新居の台所はこんなんです2

前日
「新居のシステムキッチンと、持ってきた冷蔵庫の色が同じ」
と 書きました。

この冷蔵庫、実は、旧宅のシステムキッチンの色に合わせて、
購入したものです。

《旧宅の写真。人間つきでごめんあそばせ》
Dscf0222

旧宅も新居も、1970~80年代の物件です。
このころは、こういうのが多かったのかな?

ところで、最近のシステムキッチンって、
食器洗い機がついていたり、
シンク下の収納が巨大な引き出しだったり、
なにやら進化を遂げているようですね。
でも、わたしは、一昔前の、
観音開きの扉がついた、
そっけないシステムキッチンが好きです。

2013年2月10日 (日)

新居の台所はこんなんです。

新居に越して約3ヶ月。
最初の2ヶ月は、家の中を整えるのにバタバタしてましたが、
最近ようやく落ち着いた感じがします。

そして、ちょっと面白いと思うのが、台所。

P1271166

まったくの偶然ですが、システムキッチンと、
持ってきた冷蔵庫の色が同じです。

サイズもいい感じで、吊り棚の端とほぼ同じ。
なぜか、システムキッチンの高さと、
冷蔵庫の2段目の上端の高さも同じ。
まるで最初からそこにあったかのような馴染み具合です。

このコーナーも、なかなかお気に入りで、
ときどきにやにや眺めては、
こんな写真を撮って遊んでいます。

それから、電子レンジを処分しておいて、
よかったと心の底から思います。
冷蔵庫と吊り棚の間に、あの黒々とした電子レンジがあったら、
興ざめですからね。

2013年2月 9日 (土)

ごまをすりましょ。

最近「ごま」がお気に入りです。
少しすりおろしてトッピングすると、
それだけで、なんとなく
「ちゃんとしたものを食べている」
ような気分になります。
栄養もありますし。

お店には「すりごま」という便利なものがありますが、
すりたてのほうが、風味がいいので、
食べる直前にすります。

ほんとうは、煎っていないごまを買って来て、
ごまを煎るところから始めると完璧ですが、
その工程は省略し、煎りごまを購入。
風味がどうのこうのいいながら、
結構いいかげんなもんです。

乳鉢ですります》
P1261161

《5秒後》
P1261162

乳鉢ですると、楽勝ですね。
5秒ですりごまのできあがり。

乳鉢は、洗うのも簡単で、たわしでこすると、
ごまがきれいに落ちます。
日本の伝統・すり鉢のほうがいいのでしょうが、
そこは、こだわりません。
手入れの簡単な乳鉢で、
ほぼ毎日、ごますり生活を楽しんでいます。

2013年2月 8日 (金)

温泉卵はえらい。

温泉卵って便利だなぁ~と、いつも心の底から思います。

卵かけごはんにしても、生卵より味が濃厚でおいしい。
月見うどんにしても、汁に卵が溶けてしまう心配が少ない。
ラーメンに入れても同上。
おかずが少ないときの一品にもなる。
お酒のあてにもなる。

そんなわけで、温泉卵は常に作り置きを用意しています。

P1261160

以前にも、温泉卵の話してました
ネタかぶりでごめんあそばせ!

それだけ、温泉卵が大好きなんです!!

2013年2月 7日 (木)

冬の日の洗濯物問題4

以前「冬の日の洗濯物問題」という話を書きました。

冬は洗濯物がぜ~んぜん乾かない!困った!
という話です。
このときは、家のすぐ近くにあるコインランドリーを活用することで、
一件落着しました。
しかしそれは旧宅の話。
引越後の今、コインランドリーは、すぐ近くにはありません。
(4~5分歩けば、あるのだけど)

このことも、少しひっかかっており、今のマンションに引っ越すか、
少し迷っていました。

しかし、引っ越してみると、心配無用でした。

ベランダの風通しがよすぎて、洗濯物が風に吹かれまくり。
真冬でも1日あれば、だいたい乾いてしまいます。
というか、冬型の気圧配置になると、風が強すぎて、
洗濯物が飛んでいってしまう。
ひどいときなど、タオルを干して、洗濯ばさみを取るまでの間に、
風にあおられて今干したタオルが落ちてしまいました。
まるで、船の上で洗濯物を干しているみたいです。

《布団カバーも、うかうかすると飛ばされる》
P1261159

旧宅では、ほとんど出番のなかった洗濯ばさみが、
ここでは大活躍。

この調子で風が吹くのなら、夏が楽しみです。

2013年2月 6日 (水)

増えたもの・減ったもの146(電気ストーブその後)

先日購入した電気ストーブのその後。

デザインも気に入ったし、なかなか暖かいし、
和室でにやにや眺めています。

朝は、布団の中から手を伸ばして、
電気ストーブつけるところから1日が始まります。

《布団の中から写真を撮るとこうなった》
P1201156

《まっすぐ撮り直し》
P1201158

家の中に気に入ったものが増えると、
家の中でにやにやしている時間が増えます。

シンプルライフ3箇条その1
「ひとつ手に入れたらふたつ捨てる」

これをしつこく繰り返していると、
(もう4年ぐらいやっているはず)、
自分にとっての「微妙な存在」が嫌でも淘汰され、
家の中の「お気に入り構成比率」があがっていくので、
結果的に、にやにやする時間が増えます。

にやにや。

2013年2月 5日 (火)

クリアファイルを捨てる。

クリアファイルを1冊捨てることにしました。

P1201149

これは、資格試験の合格証書などを保存するために
使っていました。

《使用例》
P1201151

だけど、別に、合格証書を本のように、
ぱらぱらめくって見ることはないし、
ファイリングせんでもええなぁと考え、
処分することにしました。

《全部取り出した。かなりめんどうくさかった》
P1201153

取り出したあとの証書類は、
クリアーホルダーに入れておきます。

《なぜか九州新幹線のクリアーホルダー》
P1201155

これで、厚さが5分の1ぐらいになりました。
すっきり。

いっそのこと、合格証書も捨ててやろうかと、
一瞬考えましたが、なんとか思いとどまりました。

2013年2月 4日 (月)

風呂敷サブバッグ

この前、わたしが所属する市民オーケストラの合宿に行ってきました。

いつもの荷物(チェロ、譜面台、楽譜、その他小物類)のほかに、
1泊なので、お泊りセットも必要です。
それから、合宿所に卓球台があるから、卓球のラケットも。

オーケストラ用に買ったLLBeanのトートバッグに、
全部詰め込んで出かけようと思いましたが、
入らない。

しょうがないから、お泊りセットを風呂敷に詰め込んで、
トートバッグに結び付けました。

P1191146

こうすれば、とりあえず鞄はひとつのままなので
(↑かなり強引)
どちらか一方を忘れる心配もありません。

これはいい方法だと自画自賛して合宿に行き、
合宿では卓球で大暴れ、その後呑みすぎて、
2日目はグロッキーでした。
あーあ。何やってんだか。

2013年2月 3日 (日)

サンウェーブのなみなみは結構使える。

引越して、システムキッチンがサンウェーブ製になりました。

会社の給湯室もそうなのですが、サンウェーブ製のシステムキッチンって、
洗い場の横の作業スペースが、平らではなく、なみなみになっている?

《なみなみ》
P1261163

これって、拭くときに、きっちり波間まで拭いてあげないと
いけないので、面倒だなぁと思っていました。

でも、この「なみなみ」、結構使えるんですよね。
鍋を乾かすときとか、この「なみなみ」にひっかけると、
いい具合に鍋を立てられます。

《ほらね》
P1191141

2013年2月 2日 (土)

増えたもの・減ったもの145(ユニットラグ)

現在の部屋に引っ越すとき、オーナーでもある、
ガラス屋さん社長にお願いして、洋室と和室の窓を、
二重窓にしてもらいました。

で、トステムの二重窓を入れると、
「エコマドポイントキャンペーン」というのをやっており、
ポイントに応じて賞品をもらえます。

ガラス屋さんの社長が
「引越祝いにポイントシールもあげるわ」
と、ポイントをくれたので、
ユニットラグを取り寄せました。

《届いた》
P1171130

ユニットラグとは、50cm×50cmのじゅうたんです。
それを自分の好きな形に組み合わせて、
じゅうたんやラグとして使います。
新居の台所が、フローリングで足元寒かったため、
これをもらうことにしました。

《敷いている最中》
P1171131

《完成?》
P1171132

《こういう雰囲気になるのです》
P1171136

さて、シンプルライフ3箇条その1
「ひとつ手に入れたらふたつ捨てる

ちょっと苦しい今日この頃。
ストラップと写真2枚処分しました。

P1201148

あかんな~。
捨てるものが小さい小さい。

もっとガツンと捨てなあかんわ。

2013年2月 1日 (金)

持つべきものは。。。5

近所に事務所の本部を持つKさんから、
「1月15日に昼から新年会やろう!」と
連絡がありました。

1月15日って、火曜日。。。平日やん。。。
それ、サラリーマンにはむりです。

と 答えようとすると、偶然、前日に休日出勤した関係で、
15日は休みでした。

というわけで、Kさん、ガラス屋社長
バイオリニスト、飲み屋のママ、それからわたし、
というメンバーで、Kさんの仕事場(という名前の別荘)
にお邪魔しました。

うちのマンションの下に、Kさんが、ベンツでお出迎え。
あ~写真撮っておけばよかった。

仕事場なのか、リゾートマンションなのか、
よくわからない絶景です。

《マンションより、明石海峡を望む夕べ》
P1151113

こんな絶景がありながら、

《みんなの心はこっちに》
P1151116

てっさを皮切りに、ふぐ鍋、かに鍋、雑炊。。。。と
豪華なばんごはん。

集合は15時半だったのですが、
家に帰ったのは24時半でした。

楽しい時間はあっという間に過ぎるのね。

※これまでのKさん仕事場シリーズはこちら。
持つべきものは。。。2
たのしいご近所づきあい24

« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »