« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »

2012年2月

2012年2月29日 (水)

たのしいご近所づきあい77

さて、おじいちゃんとチワワが散歩する平和な日々が戻ってきました。
夏の暑い日は、ランニングとステテコ姿で、
チワワとその辺を歩いています。

ところが、数ヶ月前から、また、おじいちゃんの姿が見えなくなりました。
そして、おじいちゃんの部屋(マンション1階で、道に面している)の周りには、
なぜか、植木鉢や花が、少しずつ増えていきました。

パンジー(もしかするとビオラ)、いちご、葉ボタンetc
あとは知らない種類の植物ばかりですが、
小さなマンションの周辺を周辺をぐるっと囲むように、
どんどん植木鉢が増えていきました。

それを見るのは楽しみでしたが、
おじいちゃんの部屋は明かりが消えたままです。

たぶん、今度は本当に、おじいちゃん、
ここからいなくなったんだなぁと思いました。
子どものもとに行ったのか、
天国に行ったのかわかりませんが、
おじいちゃんはここにはいない。。。

しかしまあ 日に日に増えていく植木鉢はなんなんだろう。
目に楽しいけど、謎は深まるばかりです。
チワワもどこに行ったんだ?

つづく

2012年2月28日 (火)

たのしいご近所づきあい76

わたしが今のマンションに住み始めたころ(10年ぐらい前?)から、
2件隣のマンション1Fに住む
「小柄なおじいちゃん」のことが、
ずっと気になっていました。

あ べつに、老人フェチではありません。

背の高い植物がいっぱいで、
ジャングルみたいになったベランダと、
夜、その部屋の前を通るとき、
ブラインド越しに見える、
ものすごく片付いた部屋の趣味が気になっていたのです。

あと、おじいちゃんが、散歩のときに連れている、
チワワもかわいかった。
とくに挨拶するわけではありませんが、
近所で、かわいい犬とすれ違うのが楽しみでした。

しかし 数年前の冬の寒い日、
夜に救急車が来たと思ったら、
それ以来、おじいちゃんの姿が見えなくなりました。
おじいちゃんの部屋にも電気が点いてません。

あの救急車は、おじいちゃんを運んでいったのかしら。。。

と気になっていたら、2~3週間して、
おじいちゃんが、またチワワを連れて散歩する日々が戻ってきました。

ほっ。よかった。

つづく

2012年2月27日 (月)

母の日記を捨てる2

2年以上前に「母の日記を捨てる。」という話を書きました。
自分の中ではよく考えて、
最善の策を取ったつもりなので、
後悔してません。
ただ、父や妹がその考えに同意できるかどうかは
わからないので、その話はしていません。

さて、先日、近所のインドカレー屋さんマスターが、
本を貸してくれました。

『風待ちのひと』伊吹有喜/ポプラ社

Dscf0486

伊吹有喜さんの本は『四十九日のレシピ』と、
この本しか読んでいませんが、
どちらとも、心が傷ついたり、弱ったりした主人公の前に、
ちょっとヘンな女性が現れて、
主人公を少しずつ元気にする話でした。
読み終わったら、心がじんわりあたたまる感じです。

さて、この本の主人公(30代男性、エリートサラリーマン)が、
亡き母の手紙を燃やすシーンがあります。
手紙、それは、亡き母が生前、
すでに亡くなっていた父にたいしてしたためたラブレターです。
それを見つけてしまった主人公は、最初こそ、
おお!と思いながら読んでいたけれど、
次第に、母の心を覗き見するような感じが
申し訳なくなって、燃やしてしまいました。

なんかわかるな~と思いました。

ま、わたしの場合、母の日記を全部読んでから処分したので、
この主人公ほどやさしくなかったわけですが。

2012年2月26日 (日)

風邪をひいたら。

先日風邪をひきました。

わたしの風邪は、いつも厄介です。
熱や鼻水がおさまっても咳だけが1ヶ月ぐらい残り、
それも、尋常ではない激しい咳に苦しめられます。
一度咳き込みはじめると止まらなくなり、
全身汗びっしょり、涙は出るし、
最後は「おえええ~」と吐き気までもよおすのです。

というわけで、
こんな悲惨な状態にならないよう、
風邪は早期治療に限ります。

普通、そんな元気なときに普通会社休まんやろっていう、
風邪のひきはじめに会社を休みました。
で、休んだからには全力で風邪を治します。

1.とりあえず寝る。目覚めるまで寝る。
  風邪をひくときは、疲れがたまっているから、
  びっくりするぐらい眠れます。

2.起きたら、鍋焼きうどんを食べて暖まる。
  事前に作っておいた野菜のスープと加ト吉冷凍うどんがあれば、
  調理はしなくくても、栄養たっぷりの鍋焼きうどんを食べられます。
  このとき、小型アルマイト鍋が大活躍!

  そして、食べている間に布団乾燥機で布団を暖めておきます。

3.食べ終わったら、暖かい布団に潜り込んで、寝る。

これを繰り返します。
繰り返すといっても2~3サイクルが限度かな。
先日風邪をひいたときは、この休養のあと2~3日で全快しました。
風邪って、やっぱり休養・栄養が不足して体が弱った結果なので、
不足したものをしっかり補ってあげることが大事なんですね。

写真は、鍋焼きうどんと。。。梅酒。
風邪ひきでもお酒は飲んでいました。しかもストレート。
Dscf0478

2012年2月25日 (土)

食料在庫一掃中5

もう1年ぐらい続けている、食料在庫一掃
まだ続いています。

到達目標は、
「冷蔵庫と食料庫内の、回転の悪い食べ物を全部食べつくし、
 よく食べるものだけが入っている状態にすること」
ですが、これが、意外に難しいのです。

なぜこんなもの買ったんだろう。。。
という素材が幅をきかせていて、
なかなか減りません。

たとえばメープルシロップ1リットル。
なんで1リットルサイズを買ったのか、
自分でもわからんのですが、
1リットルサイズは冷蔵庫の中でも邪魔で、
おまけに普段全く使わない。
(ほんとうに、何のために買ったのか。。。)
このメープルシロップを使い切るために始めたのが、
ホットケーキの一気焼き

これで、砂糖の代わりにメープルシロップを使い続け、
ようやく使い切った!

Dscf0470

は~すっきりした。
わたしの夢って、冷蔵庫を空にして、
しばらく食べ歩くことなんですけど、
なかなか冷蔵庫は空にならんのよね~。

2012年2月24日 (金)

瓶や保存容器を捨てる。

あんまり物は取っておきませんが、
お裾分け用に、瓶や保存容器を少しだけストックしてました。

Dscf0459

でも。。。増えてきたから、
一度全部捨てよう。

ジャムとか調味料を使い切ったら、
空き瓶を、たぶん捨てるとわかっているのに、
ついついきれいに洗ってしまう。
ご丁寧に、水に一晩漬けてラベルもきれいに剥がしたりして。。。
で、結局捨てる、

2012年2月23日 (木)

里芋の下ごしらえ

里芋の皮むき苦手です。

そのまま剥くと、手がねばねばになり、
滑ってうまく剥けません。

ためしてガッテン方式で、
アルミホイルで皮をこそげ取る方法も試したけど、
意外に時間がかかりました。
それに、皮をこそげるときに指の皮膚にも負担が大きく、
手が荒れてしまった。
この方法は1回試して終わり。

便利グッズの「ムッキー」購入も考えましたが、
Amazonのユーザーレビューの内容が散々だったのでやめ。

皮のまま茹でてから、皮を剥く方法も試したけど、
下茹でって、あまり好きでない方法です。
風味が逃げていくような気がして。

で、最近落ち着いた方法は「蒸す」です。
無水鍋に蒸し板を入れて、洗った里芋を転がしておき、
適当に蒸します。10~15分ぐらいかな。
蒸しあがったら、鍋に水を入れて里芋を冷やし、
(里芋を冷やすのは、火傷防止のため)手で皮を剥きます。
これが、もう、冗談みたいに簡単に皮が剥けます。
よく熟れた桃の皮が手でスルスル剥ける、
あんな感じです。

この方法が味や栄養面で妥当な方法かどうか、
わかりませんが、里芋料理のハードルを下げることは確かです。
里芋楽勝~!!

写真は、蒸しあがった里芋たち。
Dscf0454

2012年2月22日 (水)

ハンカチを捨てる2

ハンカチ、捨てました。

Dscf0452

たぶん、もう30年以上前から、
そのうち使おうと思いつつ、
持っていたと思います。
ガーゼハンカチのようで、
台拭きとして使うつもりでキープしていました。
が、まだ使っていなかった。
触ってみると、今までガーゼと思っていたのが、
なんだか合成繊維のような妙な手触りで、
30年かけて劣化してる?
今後も使う気がしないので、処分しました。

以前の「ハンカチを捨てる」はこちら

2012年2月21日 (火)

ファイルを捨てる2

机の下を整理したときに、もう1冊ファイルを処分しました。

Dscf0449

住所録を入れていたのですが、
別に、ファイルに入っていなくても、
クリアフォルダーでもええやんと思って。
こんだけやし。

Dscf0450

というわけで、クリアホルダー保存に変えました。

Dscf0451

は~、すっきりした。

2012年2月20日 (月)

部屋が寒い問題9

「部屋が寒い問題」で、寒さから逃れるために、
机を掃きだし窓から離し、その代わり、
CDラジオを掃きだし窓側に移動しました。

《もともと机があった場所 今はCDラジオコーナー》
Dscf0444

これが。。。すごく良かったのです。
ラジオを窓際に置いたら、
今まで雑音ばかりで聞けなかったラジオが、
とてもクリアーに聞こえるようになりました。

ラジオの音質問題は、とりあえず、
パソコンとCDラジオをケーブル接続することで解決してました。
でも、ラジオを聴くためにパソコンを起動して、
そのままFacebookとかに脱線することが多かったので、
パソコンを経由せず、CDラジオ単体で放送を聴けるのは便利です。
寒さ対策で移動したCDラジオでしたが、思わぬ収穫でした。
最近は、土曜の朝、浜村淳を聞きながら掃除するのが楽しみです。

2012年2月19日 (日)

レジ袋はもらわない4

クリーニングに出してあった衣類を取りに行くと、
お店の方が袋に入れてくれようとしますが、
断ります。
というか、もうすでに袋でカバーされているので、
これ以上の袋は不要です。

家まで歩いて5分かからないので、
そのままハンガーを指先にかけて持って帰ります。

Dscf0441

過去の記事はこちら。
レジ袋はもらわない3
レジ袋はもらわない2
レジ袋はもらわない

2012年2月18日 (土)

増えたもの・減ったもの106(クッションとスリッパ)

近所のガラス屋さん社長からプロジェクターを長期レンタル?して以来、
ホームシアターごっこを楽しんでいます。

気持ちよく映画を楽しむために、
クッションを買いました。

Dscf0429

これがあると、背中がふんわり支えられて、
映画を観るときの快適度がまるで違います。

それから、ホームシアターとは関係ないけど、スリッパ。

Dscf0430

スリッパは持たない」主義ですが、
台所の冬のフローリングは寒すぎて、とうとう買ってしまいました。
防寒対策でんねん。

さて、シンプルライフ3箇条その1
「ひとつ手に入れたらふたつ捨てる」
今回は、料理の本を2冊処分します。

Dscf0438

野田琺瑯の活用本と、無水鍋の活用本です。
野田琺瑯も無水鍋も、わが家では現役バリバリ活躍中ですが、
これらの本は、読んでいないし、活用法のエッセンスは、
もう、わたしの中に染み込んでいます。
だから処分しました。

2012年2月17日 (金)

ファイルを捨てる。

カラーボックスを処分するとき、机の下の整理をしながら、ファイルを1冊処分しました。

Dscf0425

しかし、この中にどんな資料が入っていたのか、思い出せません。
もう10年以上「いる」と思って持っていたはずが、
捨ててしばらく経つとこのありさまです。

こんなんやったら、持ち物全部捨てても、
後で本当に必要になるものって、
ごくわずかなんやろな~と思います。

って書きながら思い出した!
ファイルの中身は、就職関連資料です。
履歴書コピー、大学の成績表、
それから、なぜか、大学入試センター試験受験票、
いけてない証明写真多数(しかも古くて今さら使えない)。
履歴書コピー1枚だけ残して、全部捨てました。
履歴書コピーは、何かのさいに、
学校卒業年とか確認するのに必要ですからね。
昭和で書かなあかんときとか、急に思い出されへんし。

2012年2月16日 (木)

カラーボックスを捨てる5

「カラーボックスを捨てる」といっても、
神戸市の場合、回収に来てもらわないと捨てられません。

まずは、回収センターに電話して、
捨てるものと個数を伝えます。
すると、料金と受付番号、回収日を教えてもらえます。

回収日までに料金分の回収シールをコンビニで購入。
受付番号を記入のうえ、カラーボックスに貼って、
回収日当日の朝5~8時にマンション前に出しておきます。
すると、回収車がやってきて回収してくれる、というシステム。

Dscf0465 Dscf0467
↑シールは一度貼ったら剥がして再利用できないよう、切れ込みが入っています。
スーパーマーケットの値引きシールみたいなものですね。

本当は、回収日当日の朝5~8時に出すべきところを、
朝はバタバタ忙しいから、前日の夜にカラーボックスをマンション下に移動しました。

さて、翌日、出勤時にマンション下に降りると。。。
おお! まだ回収車が来ていないのに、
カラーボックスがひとつ無くなってました。
夜のうちに、誰かが持って帰ってしまったようです。
よりによって、汚いほう(ペンキの剥がれがひどい)。
持って帰ったひとは、暗がりの中で、カラーボックスの状態を
確認できなかったのかなぁ。
今頃、明るいところで見て「げ~なんじゃこりゃ!」
って後悔してるやろなぁ。

2012年2月15日 (水)

カラーボックスを捨てる4

カラーボックスの中身を移動・処分して、
ふたつのカラーボックスが空になりました。

Dscf0463 Dscf0464

は~。やればできるんやねぇ。
すっきりした反面、
これって会社で言うところの「リストラ」なんじゃないの!?
とも思いました。

人を減らすため、その人の仕事を他の人に回して、
人をやめさせる。残った人は仕事が増えてたいへん。

カラーボックスを捨てるため、その中身を他の収納場所に移して、
カラーボックスを捨てる。残った収納場所はいっぱいいっぱい。

おんなじですね。。。ああやだやだ。
そんなことを考えながら、カラーボックスを処分しました。

2012年2月14日 (火)

カラーボックスを捨てる3

もうひとつのカラーボックスは、
料理の本や掃除道具が入っています。

Dscf0436

ダンボールの引き出しの中身はこんなんです。

Dscf0437

料理の本は食器棚の空きスペースへ、
掃除道具は洗面台の下や下駄箱に移動。

Dscf0551

食器棚に入らない、背の高い本は、
一時的に別の場所に移しましたが。。。
結果的には、後日処分しました。

移動先の容量が一時的に満杯になりそうですが、
ま、たぶん、わたしの性格上、これから何か捨てて、
また4~7割に戻るでしょう。

2012年2月13日 (月)

カラーボックスを捨てる2

カラーボックスをふたつ処分すると決めました。
さて、中身の移動先は。。

まずはCDの入ったカラーボックスから。

Dscf0433

CDが300枚ぐらい入っているかな。
行き先はここだ。

Dscf0435

学習机の足元。ここに移動しよう。

Dscf0550_2

移動完了。足元は暗くて、CDを探しづらくなったので、
CDの前に白い懐中電灯を置きました。
これで、災害時は机の下に避難して、
ついでに懐中電灯も手元に確保できます。

ちなみに、CDの下に収納してあるものが、
ファイルから辞書に変わっているのは、
ここも少し片付けたからなんです。

2012年2月12日 (日)

カラーボックスを捨てる

シンプルライフ3箇条
─────────────────────────────────────
1.ひとつ手に入れたらふたつ捨てる
2.レジ袋、紙袋はもらわない
3.捨てた物、入った物を「正」マークで手帳に記録する
─────────────────────────────────────
これを3年ほど続けてきて、持ち物がかなり減りました。

以前は、各収納スペースがいっぱいいっぱいでしたが、
今は、収納スペースの4~7割ぐらいに収まっている感覚です。

であれば、収納スペースを減らして、
その中身を、別の収納スペースに入れても大丈夫なのではないかしら?

と思い、カラーボックスをふたつ処分することにしました。

CD入れ。もらいもののカラーボックスを自分でペイントした。
Dscf0433

料理の本と掃除道具、小物入れ。
これももらいもの。自分でペイントした。
Dscf0436

中身が入っていますが、中身は他の場所に移し、
移しながら処分できそうなものは処分するのです。

つづく

2012年2月11日 (土)

捨てる神 現れる?3

最近ベランダネタが続いてましたが、
実は、同時期に結構いろいろ処分してました。
あらためて自分の周りを見回して、
実はいらないもの、あるんじゃないかと。

あった。

Dscf0423

でっかい辞書です。広辞苑みたいな大きさ。
高校入学時だったかな?祖母が買ってくれたのですが、
この20年、これで調べ物をした記憶は片手で数えられるぐらい。
であれば、なくてもいいんじゃないのと思い、処分しました。
祖母が残してくれたものは他にもいろいろあるし、
まあいいでしょう。
こんなんも、ありますしねぇ。

2012年2月10日 (金)

ベランダ池に鳩が来る問題7

水鉢には平和が戻ったものの、
その隣の汲み置き水用バケツがピンチになってしまいました。
ここで作った日向水を水鉢に移すのに、
水を鳩に汚されたらかなわん。

というわけで、100円ショップでザルを買ってきてガード。

Dscf0491

こっちは、中身を鑑賞することもないので、
これでいいでしょう。
安心安心。

と思って次の日会社に行って帰ってきたら、ぎゃ!

Dscf0492

こんな風に、鳩がザルを動かしてあったんです。
鳩おそるべし。

であれば、これでどうだ!

Dscf0493

使っていない植木鉢(小)を乗せてみました。
さすがに、これは鳩には動かせないようで、
ようやく汲み置き水用のバケツにも平和が戻りました。


。。。が

Dscf0505

これ なんだと思います?

南の島の緑色に輝く海に浮かぶ小島。

だったらいいんですけど、
ベランダに鳩が残していった「お土産」です。
うちのベランダで水を飲めなくなった腹いせ?か、
その後、奴ら、こういうのを置いていくんですよ。

おしまい

2012年2月 9日 (木)

ベランダ池に鳩が来る問題6

近所のガラス屋さん社長のナイス作品のおかげで、
ベランダ池には平和が戻りました。

Dscf0488_2

よかったよかった。。。。。んんん?

鳩よけカバー設置翌日、
会社から帰ってベランダをチェックしてびっくり。

ベランダ池は、よかったのですが、
その横に置いてあった、
汲み置き水用のバケツがピンチです。

Dscf0489

これに、鳩がダイブした形跡がありました。
(この写真は問題ないときの写真です)
この日見たときは鳩の羽が浮いていて、
水の表面が白濁していました。

水鉢で水飲みできなくなったので、
今度はこっちが鳩ぽっぽのターゲットになってしまったのね。。。

つづく

2012年2月 8日 (水)

ベランダ池に鳩が来る問題5

ベランダ池の鳩よけカバーを、
近所のガラス屋さん社長にお願いしたものの、
単純に金網を切るつもりが、穴あき板の話になって、
方向性が見えなくなってきました。

まあ、いいや。
よくわかんないし、週末、社長に会って話を聞いてみよう。

と 思っていたら、週の半ばにメールが来ました。
「もうできたから持って行くわ!」

へ? できた?

そして、社長が持ってきてくれたのは、なんとこれです!

Dscf0495

透明だから、ちょっと見えにくいかしら?
ポリカーボネート板を四角くカットして、
水鉢の大きさに合わせ、丸く、穴を開けたものです。
セットすると、こうなります。

Dscf0488

ぴったり! すごい。
水鉢の部分だけ穴を開けているのがおしゃれです。
そして、なによりすごいのは、このたくさん開いた穴、
全部社長がドリルで手作業で開けたものなのです。
だから、配置や大きさが不規則で、それがまた、
いい味わいなのです。
ポリカーボネート板というハイテク素材に、
こんなアナログな加工をしてしまう発想がおもしろい。

社長いわく
「鳩がくちばしを突っ込んで水飲んでしまわんよう、
ちゃんと計算しとんねんで」

つづく

2012年2月 7日 (火)

ベランダ池に鳩が来る問題4

ベランダ池の鳩よけカバーは、
手作業ですてきな金網を作ってくださる辻和金網さんにお願いしよう、
と、8割方心を決めました。
京都のお店にも行ってみたいし。

が いつ行こう。。。 京都寒そうやな~。。。(←軟弱)

と 金網以外の理由で躊躇。

そんなことを、ぐるぐる考えながら、ふと思いついたことが。
いつもお世話になっている近所のガラス屋さん社長に訊いてみよう。
本業はガラス屋さんだけど、
建築やマンション管理もやっているので、
もしかすると、金網を切ることぐらい朝めし前かもしれません。

そう思って、社長に会ったときに、相談してみると、あっさりひと言。
「いいよ。金網切っといたるわ」

数日後、社長からメールが来ました。
「金網切る職人が今おらんから、代わりに穴あきの板にするわ。
 白、黒、茶色etc 何色がいい?」

板? 色つき? なんやそれー?
意味わからんがな。

「実物を見ないとわからないので、今後見に行きます!」
と返信。

つづく

2012年2月 6日 (月)

ベランダ池に鳩が来る問題3

金網屋さんに見積依頼をしてその後。。。

ひとつ目の金網屋さんは、連絡ありませんでした。
WEBの「お問い合わせ」フォームから問い合わせして、
「お問い合わせありがとうございます」
という自動返信メールももらったんだけど。。。

そして、辻和金網さんからは、確か翌日には、
見積回答メールをいただきました。
辻和金網さんって、全部手作りだから、
小さなコーヒードリッパーでも5000円するんですよ。
http://tujiwakanaami.blog103.fc2.com/blog-entry-61.html
だから、直径50センチもある
水鉢カバーはいったいどんだけ高いんだと、
びくびくしながらお値段を確認すると、
3万円程度でした。。。大きさの割には高くない。
それから、とても丁寧な文面が印象に残りました。
もう、辻和金網さんにオーダーしようかしら。
オーダーの打ち合わせがてら、京都のお店に行って、
人気の金網製品をこの目で見てみたいし。

あこがれの辻和金網。
http://www.tujiwa-kanaami.com/

つづく

2012年2月 5日 (日)

ベランダ池に鳩が来る問題2

ベランダに置いた水鉢に鳩が来てしまうので、
梅干かごでガードしていたものの、
梅干かごがボロボロになってしまったので、
代わりになるものはないか、探しました。

こんなときは、グーグル先生に質問です。
「金網 金魚用」とかキーワードを入れて質問します。

すると、おお!
やっぱりあるものですね。
使えそうなものを2つ見つけました。

ひとつ目は、工業用の金網屋さん。
商品名は「亀甲金網製カバー」といい、商品説明は、
「スイレン鉢で飼育している金魚やメダカを外敵から守る防護用カバーです」
http://www.kanaami.co.jp/cgi-bin/kanaami/siteup.cgi?category=1&page=0
まさに、わたしが求めていたものです。
お料理で使うザルを平べったくして、水鉢サイズにしたようなもの。
個人での購入も可能なようなので、早速「お問い合わせフォーム」から、
見積依頼を出しました。

もうひとつは、金網の老舗、京都の辻和金網さんです。
別注で金魚鉢カバーを作られてました。
http://tujiwakanaami.blog103.fc2.com/blog-entry-56.html
風情があって、とても素敵です。
だけど、辻和金網さんに別注したら、高いだろうなぁ。。。
と思いつつ、とりあえず仕様を伝えて見積をいただきました。

つづく

2012年2月 4日 (土)

ベランダ池に鳩が来る問題。

以前より「世話をしないペット」シリーズで、
ベランダ池のことを時々書いてきました。

ベランダに水鉢を置いて、そこに田んぼの土を汲み置き水をいれ、
メダカや金魚を飼うのです。
そこに小さな生態系ができあがるので、
とくに世話は必要なく、やることは、
減った水を足すことのみ。

ここがちょっとピンチです。
もともとは、こんな感じでした。

Dscf0370_2

しかし、これでは、そのへんを飛んでいる鳩が、
水を飲みに来たり、夏場は水の中にダイブしたりするので、
中の生き物たちはたまったものじゃありません。

そこで、梅干を干すかごでガードしてました。

Dscf0368

間があいてスカスカなのは、ある程度太陽光を入れるため、
かごの繊維を間引いたからです。

しかし、鳩は負けなかった。
バタバタバタと飛んできて、
このかごの上に乗っかり、
隙間から水を飲んでいます。

そして、鳩の重みとかご自体の経年劣化で、
今年の初めには、ぼろぼろの悲惨な状態に。。。

Dscf0398

題して「あばら家風鳩よけ」
中央に光っているのは焼酎のミニペットボトル。
何かで支えていないと、かごが水中に沈んでしまうので。。。
というか、すでに沈んでいます。
あ~困ったなあ。

ちなみに、鳩の鳴き声は
「くるっく~ くるっく~ くるっく~ う~・う~・う~」

つづく

※関連する過去の記事
世話をしないペット4
世話をしないペット5
世話をしないペット11

2012年2月 3日 (金)

たのしいご近所づきあい75

先日の日曜日、知人と近所の喫茶店でモーニングして、
帰り間際の会話。

知人  「これからどこに行くの?」
わたし 「近所のライフ(←スーパーマーケット)に行って買物するわ」
知人  「土日はポイントがいっぱいつくからお得やで!」

ふむ~そうか。。
その後、ライフに向かって、道をてくてく歩いていると、
近所のインドカレー屋さんのマスターと彼女が。

マスター&彼女 「これからどこ行くの?」
わたし 「ちょっとライフまで」
マスター 「今日は苺がお買い得やで!」

みんな、わたしがライフに行くって言うと、
お買い得情報を次々に教えてくれるのです。
楽しいな~。

2012年2月 2日 (木)

持つべきものは。。。4

ずうっと前に
ロールスクリーンにいつかプロジェクタで映画を映したい
と書きました。

で、その後、その願望が出たり引っ込んだりの繰り返し。
自分の部屋にプロジェクタを置いたら、
どんな風に画像が見えるんやろ。
専用スクリーンを使わずに、白い壁やロールスクリーンに映したら、
どうなるのかな。。。

ああ そういえば、近所のガラス屋の社長さんが、
プロジェクタを持っています。
数日間借りてみて映写テストをしてみよう!
そう思って、プロジェクタを貸してもらいました。

Dscf0484

エプソンの、いけてる?プロジェクタです。ヒューヒュー!!
下の台は先日買ったばかりの無印ソファテーブル
狙ったかのようなジャストサイズ。

とりあえず、何か見ようと、わたしがオーケストラのエキストラで
出演した『砂の器』を映してみました。

《中谷美紀と玉木宏》
Dscf0404

次に、最近わたしが「教材」として鑑賞している、
Youtubeのピアノデュオも見たりして。

Dscf0403

うむ。なかなかいい感じだ。

数日後、ガラス屋社長に尋ねました。

わたし 「いつまで借りていていいですか?」
社長  「ずっと使ってていいよ」
わたし 「えええ~!? 必要になったらどうするんですか?」
社長  「こっちが必要なときだけうちに持ってきて」

そんなわけで 無期レンタル(?)開始です。
持つべきものは。。。すてきなご近所さんですね。
お言葉に甘えて、もうしばらく借りていよ。

2012年2月 1日 (水)

冬の日の洗濯物問題4

冬場に洗濯物が乾きにくい件について、
冬の日の洗濯物問題3」で一応決着をつけました。

近くのコインランドリーの乾燥機を利用することで、解決しました。
その後、コインランドリーを使いながら気づいたポイントを、
書いてみようと思います。

1.乾燥機の性能はメーカーによって全然違う
マンションから至近距離に2件のコインランドリーがあります。
1件はエレクトロラックス製の機械、
もう1件は。。。忘れた。
両方試してみたところ、エレクトロラックスは20分でほぼ乾くのに対し、
もう1件は20分では全然だめ。
乾燥機のふたを開けたら、湯気がもわ~と出てきた。
あと、何か洗剤のにおいもつきました。
あたしゃ、エレクトロラックスの回しモンじゃないんだけどね、
うちの近所に限って言えば、エレクトロラックス製の乾燥機は、
やっぱりすごいんじゃよ。

2.乾かしすぎに注意
最初のころは、完璧に乾かしてやる~!と思って、
30分間乾燥機に入れていました。
そうすると、乾くことは乾くのですが、
洗濯物が乾燥しすぎて、静電気がものすごいのです。
綿100%のタオルもバッチバチになり、
洗濯物が全部くっついてしまうのです。
これをベリベリ剥がすとき、どんなに手が痛かったか。
というわけで、乾かしすぎに注意です。

3.化繊商品に注意
綿以外の素材やタイツなど(わたしの経験では靴下系)は、
綿製品と同じ時間乾燥機に入れると、すごい静電気の塊になります。
そうなると、2と同じ話で、取り出したり畳んだりが、
静電気との戦いになります。
これらは乾燥機に入れずに自宅で干したほうが無難でしょう。
(タイツはすぐ乾きますし)

4.静電気に注意
さっきから静電気の話ばかり。
乾燥機のドラムの金属部分に触れると、
電気もちの方は、バチバチ~~~!!ときますので、
洗濯物を取り出すときに、金属部分をうっかり触らないよう、
注意しましょう。

あ~ 静電気の心配がない乾燥機ってないのかねぇ。
すっきり乾かしたいけれど、
乾かしすぎると静電気が痛いのが難点です。

« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »