« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »

2012年1月

2012年1月31日 (火)

捨てる神 現れる?2

先日も書いたとおり
「もっと捨てられるものがあるんじゃないか」
そう思って家の中を再点検しています。

たとえば、机の下。

Dscf0370

主にファイル類が入っています。
ファイルは、いろいろな書類をきちんと整理して入れています。

しかし「きちんと整理」というのが案外曲者ではないか?
いらない物まで「きちんと整理」して、
すました顔して紛れ込んでいると、
それが不要物であることに気づけないのではないか?

そんな気がして、ファイルを1冊ずつ点検しながら、
不要な書類を抜き出したら。。。
結構たくさん「いらない紙類」が出てきました。
それを処分したら、ファイルも何冊か不要になったので、
それも処分。

最近よく思うのは
「整理整頓が得意なほど、実は、いらないものを溜め込みやすい」
かもしれない、ということです。
わたし自身、以前は、整理整頓大好きで、
僅かな収納スペースにたくさん物をしまうことに喜びを感じる?
整理マニアな部分がありました。
だけど、それが災いして、見た目以上に物を持ちすぎてしまい、
「たくさん物を持っている」
ことが息苦しくなって、ようやく捨てることに目覚めたのです。
最近はポイポイ捨てているように見えますが、
整理マニア時代の残骸と申しますか、
いらないものも、きちーんと収納していて、
その存在に気づかずに生きているようです。
まだまだですね。

2012年1月30日 (月)

たのしいご近所づきあい74

お正月休みの話なのですが、ご近所さんより
「新春卓球大会をやろう!」
と連絡をいただきました。

ご近所さんのビルの1Fガレージに卓球台が常設してあって、
そこで卓球するのです。
わたしは元卓球部だから、そう簡単に負けませんよ。ふふ。。。
メンバーは、ガラス屋の社長さん、その息子さん、
時計職人の奥様、それからわたし。

Dscf0367

見よ! この躍動感あふれる卓球風景。
写真がブレブレなんだわ。

最初の2時間ぐらいは、練習試合をやって、
ラスト1時間は、本気の試合。
わたしは卓球経験者なので、ハンデをたっぷりつけられました。
それでも、同率首位だったのですが、
最後に「1位決定戦じゃいけん3回勝負」で負けてしまい、
2位でした。

なんと! 商品まであったのですよ。
2位はギフトカード2000円分。

Dscf0482

そんな感じで、新年から楽しくご近所づきあい、やってます。

2012年1月29日 (日)

捨てる神 現れる?

もう長いこと「最近捨てるものがなくなってきた」
とぼやき続けてきましたが、ほんとうにそうなのか?

シンプルライフとは なんぞ2」で書いた、

「家の中にあるものすべてが活用できていて、
充分に手入れされている状態。」

これを確認すべく、時間があれば、家の中を点検を開始しました。
どこか1箇所エリアを決めて、
そこをスキャンするようにチェックするのです。

洗面所で、最近使っていないもの、
なくても問題なさそうなもの。。。あった!
めがねと、使っていないアイライナー。

Dscf0381

めがねは、5本持っていましたが、
使う形・色がだんだん絞り込まれて、
最近上記のめがねは使っていませんでした。
もういらないと思うけど、1本は、非常事態に備えて、
会社のロッカーに待機させています。

じっくり点検すれば、まだ捨てられるものはありそうです。

2012年1月28日 (土)

柿は切らずに食べる2

柿は切らずに食べる」方法の復習をしましょう。

近所のおかまバーのママ(♂)に教えてもらった柿の食し方。

1.柿が熟れてぶにゅぶにゅになるまで放置する
2.1の状態になったら、ヘタを下にして、柿のお尻を上に向け、スプーンで、くるんっと、
  柿の直径より一回り小さいぐらいの円を描いて皮をめくる。
3.皮をめくったところから、スプーンを入れて中身を食べる

というわけで、昨年の秋に買っておいた柿が、
ようやく食べごろになりました。
いったい何ヶ月放置してあったんだろう。

こんなふうに。。。
Dscf0414

こんなふうに。。。いただきます。
Dscf0415

何ヶ月も放置してから食べられるって、ある意味保存食かしらん。
もしくは防腐剤。。。?

2012年1月27日 (金)

増えたもの・減ったもの105(カラフル目ざまし時計)

別になくてもいいじゃんと思いつつ、
どうしてもほしくてたまらないものって、
ありませんか?

以前は「アラジンの魔法瓶」がそうでした。
すでに魔法瓶は持っているから、
アラジンを買わなくてもいいんだけど、
でも欲しい。持っているだけで幸せ、みたいな。

Dscf0435_2

そういう、気になる存在のものが、またひとつ現れたので、
買ってしまいました。
LED目覚まし時計です。
カラフルな文字色ががポイント。

Dscf0392

さて、シンプルライフ3箇条その1
「ひとつ手に入れたらふたつ捨てる」

あっれ~??
何かふたつ処分したはずなのですが、
写真が残っていない。すみません。

シンプルライフと口をすっぱくして言っていますが、
たまにこういう買物をしてしまいます。
ま、持ち物の総量が減っているので、
こういう「単に好きなもの」が少々増えても、
問題ありまっせん。

2012年1月26日 (木)

寝床の周りにはものを置かない2

1995年1月17日、阪神淡路大震災当時の写真です。

Dscf0446

写真中央あたりに、ベージュっぽい色の物体が二つあるのは、
たんすです。上下に重ねて使うタイプですが、
揺れて上が左から右へ飛んでしまった。

当時学生だったわたしは、いつもは、
この部屋で寝る前にテトリスをして、そのまま寝ていました。
でも、地震の前夜だけは、翌日のドイツ語テストに備えて勉強して、
違う部屋で寝てしまったのです。
そして翌朝の地震。

いつもどおりテトリスして寝ていたら、
このテレビやたんすの下敷きになるところでした。
あぶないあぶない。

この経験があるので、いま、寝床の周りには、
倒れてきて痛い物は置いていません。
置いてあるのは「割れない鏡」や洋服ハンガーぐらいです。
ここにも当時の話があります。

2012年1月25日 (水)

増えたもの・減ったもの104(エコバッグ)

最近はやりの、付録にかばんが付いた雑誌、
ついに買ってしまいました。

『船の旅AZUR特別編集 「ウエルカム アボード! 飛鳥II」』東京ニュース通信社

Dscf0382_4

わたし、船旅が大好きで、飛鳥Ⅰも以前に乗ったことあるんです。
ピースボートで地球一周しましたし、南極へも「シースピリット」という
船で行ってきました。

買った本のは飛鳥Ⅱのガイドブックで、
付録にエコバッグがついていました。

Dscf0387_3

エコバッグだけど、この包装?は全くエコではない。
微妙だ。。。

Dscf0383_3

さて、シンプルライフ3箇条その1
「ひとつ手に入れたらふたつ捨てる」
今回は買い替え扱いで、古いエコバッグを処分すればOKにします。

Dscf0386_3

ずっと使っていました
微妙にカビが生えていたので。。。惜しげもなく処分できました。

2012年1月24日 (火)

部屋が寒い問題8

ぷちぷちカーテンの効果は不明なまま、
空気の流れだけが「見える化」されてしまい、
視覚的に寒い!

もう だんだん疲れてきたのですが、
最後にもうひとつ試してみました。

「窓際あったかボード」です。

Dscf0374_2

Dscf0375_2

お風呂マットみたいなものを窓辺に立てかけて、
窓辺の冷たい空気が部屋の中に流れるのを防ぐものです。
これを立てかけて、ぷちぷちカーテンの裾が
こっちに向かってそよぐのを見えなくしました。

Dscf0461_2

効果は。。。あるみたいです。
窓際のスースー感がうすらいだような気がします。

もう疲れちゃった。。。これで終わりにしよう。
長々書いてきましたが、結局、有効だったのは、

・机を窓際から離したこと

これが、寒さ対策にもっとも有効でした。

あ~ なにやってんだか。
まあ いろいろ試して、気が済みました。
話を長引かせたわりには、あっけなく終わります。

2012年1月23日 (月)

部屋が寒い問題7

「ぷちぷち」でカーテンを作って、部屋とガラスの間に空気の層を作れば、
その断熱効果で部屋があったかいらしい。
ほお。なるほど。

というわけで、1月4日にホームセンターで「ぷちぷち」を10m、
追加購入して作ってみました。

Dscf0378_4

さて、部屋に暖房を入れて、効果のほどは。。。

というと、ぎゃっ!!

ぷちぷちカーテンの裾が、常に、部屋の中に向かって
「そよそよ」とそよいでる。

そうかーーーーーー!
どうして気づかなかったんだろう、わたし。

ぷちぷちカーテンって、平たく言えば、
ビニールをぶら下げているようなもんです。
ビニールは空気を通しません。
しかし、窓ガラスに接する空気は冷やされて、
相対的に気圧が高くなり、
部屋内部の空気は温まって気圧が低くなる。

つまり、ぷちぷちカーテンを境に、
窓際の気圧は高く、部屋側の気圧は低くなるので、
気圧の高いほう(窓際)から低いほう(部屋側)への
風の流れができるため、
その流れがぷちぷちカーテンを「そよそよ」させているのです。

図解すると、こんな感じ。

Photo_5

ぷちぷちカーテンのせいで、
寒さを見える化してしまった。
視覚的に寒い!

つづく

2012年1月22日 (日)

部屋が寒い問題6

さて、お正月に貼り付けた「ぷちぷち」ですが、
断熱効果はいかほどに?

と思って朝起きたときに見に行くと、
ガーン! ぷちぷちに結露している。
結露しているということは、窓辺の空気が冷やされているので、
防寒効果は微妙かもしれない。。。

それに、なによりも窓の開閉が不便。
ぷちぷちがひっかかってうまく開けられない。

世の中のぷちぷち使い達は、
いったいどうしているのか。

と思って、ふたたびグーグル先生に尋ねると、
「ぷちぷちカーテン」
というものを発見。

ぷちぷちでカーテンを作ってしまうひとがいるんですね。。。

つづく

2012年1月21日 (土)

部屋が寒い問題5

家中の窓と扉に「ぷちぷち」を貼り付けてみたものの、
これで暖かくなったのかどうか、
いまいちわからない。

それよりも、パソコン作業する机を
窓際から離したほうがいいんじゃないかな。

と思い立つと、どうしても我慢できなくなり、
机の置き場所を変更。
窓から離れた場所へ移動します。
これが1月2日。

もう 持ち物もだいぶ減っているから、
家具の配置換えというのは、
実はそれほど大変ではありません。
が、机を移動すると、パソコンや、パソコン周りの機器の配線を
やり直さなきゃいけないので、これがすごく大変です。

パソコンの電源
LANケーブル
パソコンとCDラジカセをつなぐケーブル
CDラジカセの電源
CDラジカセのアンテナケーブル
携帯電話の充電器
固定電話
ひかり電話のモデム
ネット関係の通信装置2台
MOドライブの電源
MOドライブのケーブル

ほとんどの時間、これらのケーブルやコードの付け替え
(埃がすごい)をやってました。

そうして、机の場所を移動。

Dscf0418

ガスファンヒーターのすぐそばに机を移動したので、
ブログ書きもぬくぬくになりました。

「ぷちぷち」を貼るよりも先に、
これをやったら良かったんですけどネ。

つづく

2012年1月20日 (金)

部屋が寒い問題4

大晦日に「ぷちぷち」10mと養生テープを購入したものの、
その日はもう夜だったので、断熱工事は断念。

翌日お正月に断熱工事決行です。
このお正月は諸般の事情により淡路に帰らないと決めていたので、
絶好の?工事日和。

ぷちぷちを窓ガラスの大きさにカットして、
養生テープで窓ガラスの内側に貼り付けていきます。

う~ん こういうの、苦手かも。
まっすぐカットしているつもりが、
貼ってみると歪んでしまったり、
窓が開閉しづらくなったり。

ちょっと苦戦しましたが、家中の窓
(掃き出し窓1、腰高窓2、玄関の鉄製扉)に
ぷちぷちを貼り付けました。
これであったかくなってくれ!

《「ぷちぷち」貼付後の窓ガラス》
Dscf0377

つづく

2012年1月19日 (木)

部屋が寒い問題3

通販生活によると、

--------------------------------------------------------
家屋から熱が逃げ出る場所の第1位は窓。
逃げ出る熱を100%とした場合、
窓から外部へ逃げ出ていく量は58%にもなるそうです
(社・日本建材・住宅設備産業協会のデータより)
--------------------------------------------------------

というわけで、窓から熱を逃さないようにすれば、
部屋は寒くならないというわけ。
窓から熱を逃さない方法として、
グーグル先生が教えてくれたのは、
梱包用の「ぷちぷち」を使うアイデアでした。
これを、窓ガラスに貼ると、
「ぷちぷち」が断熱材となり、熱の流出を防げるそうです。

ふむふむそうか!

と、ぷちぷち開眼したのが大晦日の夜7時ごろ。
え~と、近所のホームセンターは8時までやってるみたい。
急げ~!!

と 2011年の大晦日、閉店間際のホームセンターに駆け込んで、
「ぷちぷち」10メートルと養生テープを購入したのです。
なにやってんだか。

つづく

2012年1月18日 (水)

部屋が寒い問題2

寒い窓辺から少し離れた場所にパソコンコーナーを作ったその後。

Dscf0351

まあ 確かに寒くないんだけど、
ソファに座ってパソコンを使っていると、
どうも姿勢がよくないみたいで、
腰が痛くなったり、胃が圧迫されて気持ち悪くなったりします。
あかん。
パソコンはやっぱり学習机でやるもんや。

寒さ対策は他の方法を検討しよう。

そう決めて、グーグル先生に
「寒さ対策、何かない?」
ってたずねると、いろいろ教えてくれました。

なになに、窓辺にプチプチを貼るとよい。。。?

つづく

2012年1月17日 (火)

部屋が寒い問題

年末年始の休み、家にいると、部屋がさむ~い。
ガスファンヒーターを点けていても、
なんだか寒い。

ガスファンヒーターの前に貼りついていれば暖かいけど、
たとえば、このブログを書くとき、机の前にいると、
すぐ隣の窓辺の冷気を感じて冷えるのです。

《机の左側は掃き出し窓》
冬は寒いし、夏は日焼けする
Dscf0056

せめて、パソコンを使う場所を窓辺から離すことができれば。。。
と思い、ソファでパソコンを使えるように、
無印良品でソファ用のテーブルを買ってきました。

Dscf0417

これで、ソファコーナーにパソコンスペースの完成です。

Dscf0352

とりあえず、さむさむの窓辺からは、
少し遠ざかることができました。
しかし。。。

つづく

2012年1月16日 (月)

レジ袋はもらわない3

レジ袋はなるべくもらわないようにしています。
お買い物に行く場合は、マイバッグではなく、レジ袋を持参して、
それに買った商品を入れて持って帰ります。

が、忘れることもあるし、
レジ袋を持っていない時でも、
急に買い物する場合だってあります。

先日も、急に思い出して、出かけたついでに、
牛乳を買って帰ることにしました。
すると、加ト吉冷凍うどんが6食入248円と、
とても安かったので、それも買ってしまいました。

レジ袋忘れてきたけど、袋はもらいません。
リュックに余裕があったので、
牛乳と冷凍うどんを背中のリュックに入れて帰りました。
服着ているとはいえ、真冬に、背中に牛乳と冷凍うどんは、
やっぱり寒かった!

レジ袋はもらわない2
レジ袋はもらわない

2012年1月15日 (日)

寒い日には温かいワインを2

寒い日には温かいワインを」を書いたときは、
シナモンを切らしていましたが、
先日買ってきたので、ホットワインにしました。

赤ワインは、半年ぐらい前に、オーケストラの仲間で
ワインの会をしたときの飲み残しです。
前回の記事のときは、丁寧に小鍋でワインを温めてましたが、
今はレンジでチン!

シナモン、カルダモン、ジンジャーを混ぜた、
ホットワインのもと(別名:チャイのもと)と、
蜂蜜を入れていただきまーす。
温めてるからアルコール飛んでるわと思って油断して飲むと、
結構回るので気をつけてください。

ちなみに、ホットワインのもととして使ったスパイスは、
最近、小袋に入った使いきりシリーズが出ているので、
http://housefoods.jp/products/special/gaban/index.html
これを買ってきて、空き瓶で調合してスタンバイしています。
(写真左)

Dscf0368

2012年1月14日 (土)

いわゆる保存食4

保存食その4は、ブルーベリーワインです。
もはや 保存食ではないけれど。

というか、このシリーズ、調味料かアルコールしか出てこない。
保存食の定義がなんかおかしくてすみません。

Dscf0346

皮付きブルーベリーを軽く洗って瓶にいれ、
蜂蜜を入れてブルーベリーによく絡め、
水も適当に入れて放置。

ブルーベリーの皮についた酵母が
蜂蜜水の糖分を使ってアルコールを作ります。

時々味見していたので、ワインらしくなったときには、
もうほとんど残っていませんでした。

2012年1月13日 (金)

いわゆる保存食3

保存食その3は、塩麹です。
最近はやっていますねー。

Dscf0341

わたしも、流行に便乗して作りました。
個人的には、各方面で絶賛されるほどそんなにおいしいか?
と少々疑問に思っています。
ただ、これを「塩」だと思って、塩の代わりに使うと、
味付けに奥行きが出ていいなと思ってます。
そんなわたしは、塩麹のほんとうのおいしさを、
まだ知らないだけかもしれません。

ちなみに、肉じゃがやポトフなどで塩の代わりに使うと、なかなかうまいっす。

2012年1月12日 (木)

いわゆる保存食2

保存食その2はルムトプフです。

Dscf0334

ルプトプフは、果物のラム酒漬け(ドイツ)です。
3年ぐらい前に、
世界の保存食をつくる本―干す、漬ける、煮込む…で旨味を引き出す
という本を見ながら作りました。

瓶に果物、ラム酒、砂糖を入れて放置するだけで、
アルコールの力で、半永久的に保存可能な食べ物(飲み物?)です。

お酒を切らしたときは、これを飲んじゃえと思っているんだけど、
お酒を切らすことがないので、なかなか減らない。

2012年1月11日 (水)

いわゆる保存食

以前に比べると、最近お料理はさぼり気味です。
そのせいか?家の中に、お手軽保存食がいろいろありますので、
少し紹介しますね。

まずは生ラー油です。

Dscf0312

アップで見るとこんな感じ。
鷹の爪がうじゃうじゃ入っています。

Dscf0321

これは、魚柄仁之助さんの
うおつかさん家の ラー油はラー油でも生辣油の本
を読んで真似して作ったものです。

作り方は、瓶に唐辛子、チリパウダー、ごま油を入れて蓋をし、
半年ぐらい放置。そんな感じです。

超辛いので取り扱い注意ですが、
お料理に少~し乗せると、なんともたまらずウマイです。
この前の芋煮にかけたときも、
めっちゃおいしかったなぁ。。。

2012年1月10日 (火)

福袋は買わない2

福袋は買わないと過去に書いておきながら、
買ってしまいました。

まあ 以前に書いたときは洋服の福袋をイメージしていたのですが、
今回買ったのは食べ物の福袋です。

Dscf0355

近所の製菓工場で、2500円相当が1500円、
につられて買ってしまったの。

ここのケーキやパンはとてもおいしいので、
このお店の福袋ならお買い得と思って買いました。
結局、福袋を買うかどうかって、
そのお店の製品への信頼感の表れかしら。

さて、中身は。。。

Dscf0356

生ケーキ4つに焼き菓子、ミルキッシュジャムなど。
ははは! 生ケーキの入った福袋なんて見たことありません。
おもろいな~。

しかし、ひとり暮らしで、生ケーキ4つをどうしろというのだ?

こんなときは、いつもの喫茶店へ持って行きます。
1つだけ自分で食べて、残りは常連さんへ。

Dscf0358

偶然、その日が誕生日の常連さんがいて、
マスターがさりげなくケーキを出したら、
とても喜んでくれたそうです。
よかったよかった。

後日、いつものインドカレー屋さんに行くと
「ロイヤルコペンハーゲンの福袋を買ったから、おすそ分け」
と紅茶をいただきました。

Dscf0376

やっぱり、福袋を買うなら食べ物系が、
おもしろいと思います。
食べてしまえばいいわけだから。

2012年1月 9日 (月)

増えたもの・減ったもの103(ネックレス)

先日「カタログハウスの店」で買い物をしました。
すると、購入者プレゼントで、何種類かある中から、
1種類選べたので、クリスタルガラスのネックレスをもらいました。

Dscf0292

写真がいけてないので、こちらをご覧ください。

写真 http://www.atpress.ne.jp/releases/22742/DD_3.JPG
紹介記事 http://www.atpress.ne.jp/view/22742

さて、シンプルライフ3箇条その1
「ひとつ手に入れたらふたつ捨てる」

今回は、写真を何枚か捨てました。
写真を少々捨てたところで、家の中の空間はほとんど増えませんが、
まあ たまにはこんなのでもいいでしょう。

2012年1月 8日 (日)

冬の布団が冷たい問題3

ああ。。。南極に旅立ってからはや1年経ちました。
今は難曲と難局だらけの日々です。


さて、布団乾燥機をヤフオクで入手して、
ぬっくい布団で寝られるようになってその後。。

寝る前に布団乾燥機をオフにして、
あったか袋(←布団の中に仕込む袋のつもり)を取り出して、
すっと布団にもぐりこむと、すごく暖かいです。
まるで温泉に入っているみたい。
しあわせ~。

しかし。。。問題がありました。
布団全体が温泉みたいに暖かいので、しばらく布団の中にいると、
のぼせてしまうのです。
または、暑くて寝られない。

少し前まで「寒い寒い。寒くて寝られない」と言っていたのに。

うーん。寝る直前まで布団乾燥機をセットしておくのはよろしくない。
というわけで、5分ぐらい前に布団乾燥機をオフにして、
少しだけ布団を冷ますようにして、
いい具合になりました。

2012年1月 7日 (土)

たのしいご近所づきあい73

休日に、いつもの喫茶店でコーヒーを飲む。
もう何年も続いている習慣です。

さて、常連さんからおみやげにと、
野菜をいただきました。
岩津ねぎと水菜です。

Dscf0305

喫茶店を後にして、次に、近所の和菓子屋さんに向かいました。
いつもお世話になっている方に、お菓子をプレゼントしようと思って。
わたしは、いつもお土産や差し入れ、プレゼントのお菓子はここで買います。
また、以前、ここのお店で飼っていた金魚のことで、
お店のおばちゃんに話しかけたこともあり、
おばちゃんとは仲良しです。
ある程度まとまった量のお菓子を買うと、
必ず「おまけ」をつけてくれます。

左側がおまけ。右は自分用に買ったお菓子。
プレゼントはこれらと別に買いました。
Dscf0308

そんなわけで、地産地消ではないけれど、
地元のお店とたのしくお付き合いしています。

2012年1月 6日 (金)

冬の布団が冷たい問題2

布団乾燥機で「ぬくぬく布団」を目指したものの、
ほしくなるデザインの商品が見つかりません。
最近のデザインて、たぶん「スタイリッシュ」を
目指しているみたいだけど、なんだか中途半端なのよ。
それに、わたしの部屋のテイストには合わないし。

う~ん、こまった。

そうそう、こまったときは「ヤフーオークション」
家電のカテゴリで布団乾燥機を物色していると。。。

おお! 昭和時代のレトロなデザインのものが、
数点ありました。

まあ、これは好みの問題ですが、
現代の「中途半端スタイリッシュ」よりは、
昭和の「ださ家電」のほうが、
わたしには新鮮に見えました。
わが家には、こういう物が似合うのです。

というわけで、500円で落札。

Dscf0304

かなり古い製品のようなので、電気代が心配ですが、
まあ、もともと500円で買っているから、
多少電気代が高くても問題ないでしょう。

これを買って以来、ぬっく~い布団で幸せに眠っています。

2012年1月 5日 (木)

冬の布団が冷たい問題。

お風呂に入り、ぬくぬくの体がさめないうちに、
布団に滑り込むと。。。

「ひゃ~! つべたい!」

冬の布団は冷たいのです。
そのうちに体温でぬくもりますが、
ちょっと湯冷めしたような日は、
布団がぜんぜん暖かくならない。
寒くて寝られません。

そこで、布団乾燥機の利用を思いつきました。
小さいとき、ばあちゃんが布団乾燥機をかけているとき、
その布団にもぐりこんだら、あったかかったな~、
と思ってね。

早速、ネットで布団乾燥機を検索しはじめましたが、
う~ん、ほしいデザインのものがありません。

白なら白で、無印みたいに真っ白にしてくれればいいものを、
妙なワンポイントがついていたり、一部がグリーンだったり、
日本のメーカーの家電って、なんでこんな妙なデザイン?

困ったなぁ。

つづく

2012年1月 4日 (水)

おいしさは すべてをいやす。

先日淡路の叔父にもらった里芋で、芋煮を作ってみました。
人生初芋煮です。イェーイ!!

Dscf0299

芋煮を肴に、白ワインをちびちび。。。至福のひととき。

Dscf0301

さらに後日、芋煮を小さい鍋に移し、うどん玉を投入!
「芋煮うどん」

Dscf0303

ふ~、あったまるね~。
このときに考えたことばが

「おいしさは すべてをいやす」

少々いやなことがあったり、へこむことがあっても、
おいしいものを食べている間は幸せなのよね。

恋人や家族でも、彼女(彼氏)や奥さん(だんなさん?)の
手料理がおいしいなら、仲良しでいられそうな気がします。
ていうか、餌付けされちゃう?

そういえば、映画『南極料理人』の中で堺雅人が
「おいしいものを食べると、元気がでるでしょう?」
というふうなセリフをしゃべってました。

今年は、おいしいものをいっぱい作って食べよう。

2012年1月 3日 (火)

たのしいご近所づきあい72

1月2日、いつもの喫茶店へ行ってきました。

わたしはお正月が苦手です。
世の中の動きが止まってしまい。。
自分だけが取り残されたような感覚になります。
これについて詳しく語ると長くなるので、略。

そんなわけで、いつもの喫茶店が2日から営業を始めると、
心の底からほっとします。
早速マスターに新年の挨拶に行ってきました。

常連さんと世間話をしているうちに、
2杯目のコーヒーが出てきて、
バイトのお姉さんが「おなかへってない?」
小腹がすいたと答えると、
お姉さんが「パン焼いたるわ」
このお姉さんは、ちょっと素敵なパン屋さんでもアルバイトしているので、
そこの高級パンを焼いて、食べさせてくれました。
そうしているうちに3杯目のコーヒーが出てきました。
3杯は多いかなと思いつつ飲んでいると、
常連のおじいさんが現れて
「おせち料理飽きたから、スーパーで買い物してきた!」
とパイナップルを持ってきてくれます。
それも食べて、おまけに、そのおじいさんが、
「あんたの分もおごったるわ」

そんなわけで、

・コーヒー3杯
・高級食パン
・パイナップル

いただきました。うまかっぺ。
でも。。。コーヒー3杯は、やっぱり強烈だったみたいで、
その後しっかりお腹こわしました。

2012年1月 2日 (月)

シンプルライフとは なんぞ? 2

シンプルライフについての、わたしの定義。
というか、ありたい姿はこんな感じです。

「家の中にあるものすべてが活用できていて、
充分に手入れされている状態。」

つまり、どこに何があるか把握していて、
必要なときにいつでも使える状態になっている。

充分に手入れというのは、
そこそこ愛着のあるものでないとできません。
つまりは愛着のあるものばかり家の中にある状態。

もう少し突っ込むと、自分で充分手入れができる範囲なんて、
限られてます。

つまり、自分で手入れができる範囲の物だけを持って、
それを大切に使っていける状態、
というのが「所有」のシンプルライフで目指す姿です。

趣味でも、生活でも、自分の手の届く範囲を見きわめて、
その中で深さを追求しようと思います。

2012年1月 1日 (日)

シンプルライフ3箇条のおまけ4

-----------------------------------------------------
2009年、シンプルライフ3箇条を実践したのは、
とにかく身軽になりたいという気持ちからでした。
それは現在進行形で達成されつつありますが、
もうひとつ、おまけがありました。
年間支出額が前年より65万減ったのです。
-----------------------------------------------------

という話を2年前に書き、2011年はどうだったでしょうか。

自分で開発した「金策システム」を見ると。。。
オヨヨ!
シンプルライフ3箇条を始める前の水準に戻っています。
だめじゃん。。。

これには理由があります。
2011年は、春物秋物の洋服を一気買いしました。
それまで、夏物と冬物しか持っておらず、
春と秋に不便だったため、一気に2シーズン分の服を買いました。
それも、ポールスミスとか、マッキントッシュフィロソフィーとか、
(わたしには)ちょっと高いのを。
他にも、薄手のセーターを買いなおしたり
ジーンズも買ったりパーカーも買ったり
ああ もう書ききれない。

金策システム」によると、
「美容・衣料」科目が前年に比べ50万もアップしてます。

あとは、南極でのお小遣いと、外食費(呑み代)アップ分など。。

まあ2011年の支出の理由ははっきりしているので、
これはこれでオッケーです。
それに、節約が目的のシンプルライフではないから、問題ありません。

« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »