« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »

2011年8月

2011年8月31日 (水)

たのしいご近所づきあい50

休日出勤の振替で月曜日に仕事を休んだときのこと。
いつも通り、近所の喫茶店へコーヒーを飲みに行くと、マスターが

「日曜に海潜ってサザエとってきたで!」

というわけで、サザエのヒモを食べさせてもらいました。

20110815162450

写真は撮ってないけど、このあとビールもでてきたのです。
うふふ。。。

さて、帰る前に、自転車のタイヤの空気が減っていたことを思い出し、
空気入れを借りました(空気入れは処分したので)。

お店の前で、ちんたらちんたら空気を入れていると、
その姿があまりに頼りなく見えたのか、
通りすがりのオッチャンに、
「どれ、わしがやったるわ!」
と空気入れを奪われました。
オッチャンの手により、シュッシュッシュ~と
空気を入れられたタイヤはパンパンに膨らみ、
カチンコチンタイヤになりました。
今まで味わったことのない快適な乗り心地です。

2011年8月30日 (火)

ソーダサイフォンのある暮らし。

ソーダサイフォンを手に入れてその後。
家でおてがるに炭酸水を作れるようになり、
楽しい炭酸水ライフを送っています。

眠れぬ夜のティーソーダ。
こんなの飲んだら、ますます目が覚める。
Dscf0443

週末のよっぱらいセット。
梅酒サワー(写真奥)とたこ焼。
20110819233143

梅酒は、淡路島の叔父が育てた梅が材料で、
できあがった梅酒は(叔父が)土に埋めて4年寝かせたものです。
作るのは叔父で、わたしは呑む係。
たこ焼は近所で買ってきました。

とうぶんは、いろんな飲み物に炭酸を入れて遊べそうです。

2011年8月29日 (月)

オーブンで野菜をがっつり。

淡路島で「趣味の園芸」を満喫している叔父から、
野菜がたくさん届きました。

なすび、きゅうり、ピーマン。。。

こういうものは、おいしいうちに早く食べるに限ります。
というわけで、オーブン焼きにしました。

Dscf0427

きゅうりを焼くんかい!? と突っ込まれそうですが、
きゅうり=ズッキーニ と思い込むことがポイントです。

以下、作り方です。

《材料》

具:
・なすび
・きゅうり
・ピーマン

味付け:
・オリーブオイル(大さじ3ぐらい)
・にんにくペースト(もちろん丸のにんにくをすりつぶしてもOK)
・アンチョビ(なければ塩でいい)
・ハーブ、スパイスなど

《作り方》
0.オーブンは200度で余熱しておきます

1.材料を輪切りにする。厚さは7~10mmぐらい。
  厚さは揃えたほうがいい気がします。

2.ボウルにオリーブオイル、にんにくペースト、
  アンチョビ、ハーブを入れて混ぜ、
  1の野菜も入れて混ぜる。

  手で混ぜると、油分が野菜にしっかりなじむので、おすすめです。
  手がねとねとになるのがいやなら、スプーンやヘラで気が済むまで混ぜます。

3.オーブンの角皿にクッキングシートを敷いて
  2の野菜を並べ、オーブンで20分焼く

オーブン調理の良いところは、
オーブンに入れてしまえば暇になるところですね。
焼き上がりを待つ間に片づけをするもよし、
先にお酒を呑むもよし、
のんびり過ごせるところです。

ちなみに、きゅうりはズッキーニの代わりになりますが、
ズッキーニはきゅうりの代わりになりません。
ズッキーニの酢の物なんて、おいしくないだろうな。。。

2011年8月28日 (日)

お酒は切らしても、これは切らさない。

夏のおやつはゼリーです。

Dscf0428

100%のフルーツジュースを買ってきて、
ぜんぶゼリーにしてしまいます。
これを、夏の暑い日に好きなだけ食べるのが楽しみです。

野田琺瑯のほうろうバットを直火にかけてゼリー液を作り、
冷めたらそのまま冷蔵庫に入れられるから、
ゼリーを作るのはとてもらくちんです。

うっかりお酒を切らすことはあっても、
ゼリーは切らしません。

2011年8月27日 (土)

保温調理をしてみました。

夏場はガスで煮込み料理をすると、
暑い部屋がガスの火でさらにあたたまって、
むちゃくちゃ暑くなるので、
保温調理をしました。

無水鍋で具だくさんのスープを作り、
普通なら2時間ぐらい煮込むのですが、
鍋と中身が充分あたたまったら、
火から下ろして、タオルケットでくるみます。

くるむ前
Dscf0422

くるんだ後
Dscf0421

夜に煮込んで包み、寝る前にタオルケットを開けて、
鍋を触ると、まだまだアチチチでした。
翌朝になっても、ほんのり温かかったです。

もちろん、中の具材にはしっかり火が通っておりました。
これでいいのだ。

2011年8月26日 (金)

ユニットバスのスリッパ問題2

前日の記事で「ユニットバスのスリッパを処分した」と書きました。
このスリッパ、実は「ユニットバスのスリッパ問題」で
紹介した、問題解決したときのスリッパです。

いちおう「水気の多いユニットバスにふさわしいスリッパ」です。

Dscf0440_2

全体的に穴が空いており、水を通す構造になっており、
カビも生えませんでした。

ただ、使い続けるうちに、スリッパの裏側に水垢が付着して、
なかなか取れなくなっていました。
また、構造上、裏側は凹凸がいっぱいあり、
きれいに水垢を落とすのが難しく、
だんだん汚れてきていたのが、
ずっと気がかりでした。
裏側の写真は。。。。汚いから掲載しません。

そんなある日、何気にスリッパを履かずにトイレに入ったら、
「あ スリッパなしでも大丈夫なんだ」

スリッパを履く目的は、ユニットバスのトイレを使うとき、
お風呂上りなどは床が濡れているので、
足が濡れないようにするためでした。
ところが、最近は、ずっと、ユニットバスの窓枠を拭くついでに、
トイレ部分の前の床面も拭いていたので、
別にスリッパを履かなくても、足は濡れない状態になっていたのです。

もう当然のように「ユニットバスにスリッパが必要」と思い込んでいて、
なくても問題ないということに、今まで気づけませんでした。

というわけで「ユニットバスのスリッパ問題」、
現時点での結論は

「ユニットバスにスリッパはいらない。
 入浴やシャワーで床が濡れたら、
 トイレで使う部分だけ拭いておけばいい」です。

1年8ヶ月経つと、考えも変わるものです。
進化するシンプルライフ?

2011年8月25日 (木)

増えたもの・減ったもの84

以前からほしいほしいと言い続けてきたものを、
もうひとつ購入しました。

ソーダサイフォンです。

Dscf0438

これさえあれば、家で梅酒サワーでも、
ハイボールでも、ティーソーダでも、
作りたての炭酸飲料が飲めます。やった!!!

この道具のおもしろさは、
レバーをおろして炭酸水をコップに入れるときの
「シューーーーーーーッ!」
という瞬間につきると思います。
そんなこと、通販サイトの商品紹介にも、
ネットの購入者の感想にも、どこにも書いてませんが、
この瞬間が最高なのです。
魔法の道具を手にいれたようなうれしさです。

は~ 楽しいなぁ。
もっと早く買えばよかった。

さて、シンプルライフ3箇条その1
「ひとつ手に入れたらふたつ捨てる」

今回は、浅漬け容器と、ユニットバスのスリッパを処分しました。

浅漬け容器
Dscf0442

実はこれ、ここで一度捨てたことになっています。
処分しようと思っていたのですが、
その後で洋服を大量に捨てたので、
まあいいか。。。と、捨てずに取っておいたのです。
でもやっぱり使わなかったので、処分します。

もうひとつ、ユニットバスのスリッパ。
Dscf0440

これも処分しました。経緯はまた後日。。

2011年8月24日 (水)

増えたもの・減ったもの83

前日書いた「東急ハンズ三ノ宮店の対応」に気をよくしたわたしは、
後日、東急ハンズ三ノ宮店で、
ついにあれを買ってしまいました。

。。。水筒です。

Dscf0435

以前にも「ほしい!」と書いていた、アラジンの魔法瓶300cc。

楽天などのネットショップでも変えますが、
せっかくなので?東急ハンズで買いました。

実は魔法瓶はすでにひとつ持っており
これが2本目です。

1本目は200ccで、今回のは300cc、
100ccだけ容量が増えました。
この前知り合いと卓球をしたときに、
あまりの暑さに、200ccはあっという間に飲みきってしまったので、
もう少し大きいサイズがほしいなと思っていたのです。
であれば、300ccなどといわずに、500ccを買えばいいじゃんって、
思いますよね? わたしもそう思います。
だって、このアラジンのチェックのがほしかったんです。
ジャケ買いみたいなものですね。

どうしても500cc飲み物を持ち歩きたいときは、
両方持っていけばいいでしょう。

さて、シンプルライフ3箇条その1
「ひとつ手に入れたらふたつ捨てる」

今回は、パーソナルカラリスト試験対策のテキストを、
3冊処分しました。

Dscf0436

1~3級のテキストです。
もう受験することも、テキストを読み返すこともないから、
処分処分!

2011年8月23日 (火)

鉄瓶を使うときの火問題2

だいぶ昔に「鉄瓶を使うときの火問題」で、
鉄瓶を直接ガスの火にあてない対策として、
「セラミック金網」を使う話を書きました。

それを最近読まれた方から、
先日メールをいただきました。

・セラミック金網にアスベストが混入されている可能性がある
・販売元が回収をしている(販売元はhttp:。。。。。)

という情報でした。

はて? わが家のセラミック金網は、
いったいどこのメーカーが作っているんだろう。。。?
大丈夫なんやろか~。。。

セラミック金網って、こういう商品なので、
どこのメーカーのものか、さっぱりわかりません。
メーカー名なんて書いていないし。
Dscf0441

そこで、購入店の東急ハンズ三ノ宮店に連絡して、
購入時期を伝え、どこのメーカーのものか問い合わせてました。

その結果、次のようなお返事を、東急ハンズよりいただきました。

-----------------------------------------------------------------------

・2010年12月以前 弊店で販売していた商品につきましては、
「東京デオドラント株式会社」という商社が中国より輸入した商品でございます。

・アスベストにつきましては、2009年当時の当該商品への混入の可能性を拭いきれません。

●●様におかれましては、大変ご心配のことと思われます。
弊店におきましては、現在取り扱い商品(アスベストゼロ商品:検査済み)とのご交換
もしくはご返品を承らせて頂きたいと思います。

-----------------------------------------------------------------------

そこで、交換をお願いしたところ、なんと、
自宅まで、東急ハンズの方がお越しくださいました。
自分からお店に出向いていくつもりでしたので、
わざわざ来て下さってびっくりです。
そして、玄関先で、商品を交換して一件落着しました。

セラミック金網なんて、数百円(300円しなかったような)の、
安い商品ですが、ていねいに対応してくださった、
東急ハンズ三ノ宮店の姿勢に感動です。

それで気分をよくして、後日、ある物を買ってしまったのです。

つづく

2011年8月22日 (月)

すいかの正しい食べ方。

食べ物は、なるべくお行儀良く食べようと思いますが、
すいかは例外です。

きれいにカットしたすいかをお皿に盛って、
フォークで食べるのは。。。なんかちがう。

8等分や、16等分したすいかを両手に持ち、
台所の流しの前に立って「がっつく」のが
おいしい食べ方です。
種はもちろん流しへ。

それから、エアコンは大NG!!!です。
暑い部屋で食べるからおいしいの。

2011年8月21日 (日)

これが最高のスキンケアかな? 2

前日の続きです。

「年を重ねた顔には、どういう生き方をしてきたか表れる」

という思いをずっと心に抱きながら十数年。。。

年を重ねた顔には、その人がそれまでしてきた「表情」のあとが、
刻み込まれるんだなあと思うようになりました。

眉間に皺を寄せることの多い人は、やっぱり皺が刻み込まれますし、
笑っていることの多い人は、顔のベースが笑顔になっている。
怒りっぽいひとは、なんとなく怒り顔になってしまう。。。

であれば、なるべく笑顔で過ごして、
顔の筋肉には笑顔のくせをつけておきたいと思います。
化粧水や美容液も大切ですが、
お肌つやっつやでも、シワなしお肌でも、
表情がぶーたれていたら台無しですからね。

2011年8月20日 (土)

これが最高のスキンケアかな?

「将来の夢はありますか?」

以前、ある場所でそう尋ねられたことがあります。
それに対するわたしの答えは。。。

『「夢」と呼べるものかどうかわかりませんが、
 いい顔のおばあちゃんになりたい』
と答えたのを覚えています。

さかのぼること十数年前、
ピースボートの船旅(地球一周旅行)に参加したわたしは、
そこで、大勢の年配者とともに時間を過ごしました。
ピースボートの船旅は、当時、フル参加で4ヶ月ありましたから、
そんな時間を作れるのは、リタイア組か大学生、ぷーたろうぐらいだったんです。
そんなわけで、大勢の年配者の顔を見て4ヶ月を過ごし、
悟ったのは、
「年を重ねると、それまでどう生きてきたか顔に表れる」
ということです。
いい顔をした年配者と話すと、好奇心旺盛だったり、
茶目っ気があったり、語学に堪能だったり、おもしろいのです。
逆に、そうでないひとは。。。。。(省略)

顔は、親から譲り受けた姿形がベースではあるものの、
その在り方は、年月を重ねながら自分で変えていけるんだなぁと
悟った地球一周旅行でした。

だから、わたしは、できるだけいい顔のおばあちゃんになれるよう、
わたしの年月を積み重ねていきたいと考えています。
おばあちゃんは目標ではなく結果なので、
それまでの道のりを充実させたいと思っています。

スキンケアの話にたどり着かなかったので、
明日へ続きます。

2011年8月19日 (金)

シンプルなワードローブ16

昨日の歩き方の話に続いて「座り方」も、
おしゃれを決める重要なポイントです。

電車で、特に女性専用車両に乗ると、
おおぜいの女性を横一列に並べて鑑賞できるのですが
(変な趣味?)、
足をきちんと揃えて座っているひとって、
めったにいません。
だら~んと足を開いていたり、
変なふうに足を組んでいたり、
ハの字形になっていたり、
ポーズとして全く完成していません。

電車に乗るときぐらい、好きな格好にさせてくれ!
と突っ込まれそうですね。
それはその通りです。
だけど、外見を美しく見せたいなら、洋服やメイクだけでなく、
こういう場所でも気を抜かずにきれいに座れるかどうかって、
すごく重要なことだと思います。
普段からやっていることは、
ここ一番というときも出てしまいますから。
(自戒自戒。。。)

そうそう、女子フィギュアスケートで、
キスアンドクライにいる選手も、
足がだら~んと開いていることがほとんどです。
足のラインがばっちり見える衣装なので、
余計に目立ってしまいます。
自分の出番が終わって「ああしんど」なのでしょうが、
素敵なメイクと衣装でバッチリ決めているのに、
あ~もったいない。
いつも残念だなぁと思います。

2011年8月18日 (木)

シンプルなワードローブ15

1年ほど前に
シンプルなワードローブ12」で書いたとおり、
おしゃれを完成させるのは「歩き方」と書きましたが、
その考えは、今も変わっていません。
むしろ、より一層そう思うようになりました。

せっかくいい服着ているのに、
歩き方が「のっしのっし」していると、
色気がまったく無くなるのです。
(女性の場合)

そこまでいかなくても、
足の運びが雑なひとって、
結構多いんですよ。

《よくあるパターン》
・足がハの字型に開いている
・足の移動が左右並行
・摺り足

以前も書きましたが、何も「モデル歩き」を推奨するわけではなく、
普段の生活の歩き方でも「美しい歩き方」があります。
それをマスターして、さらに高めていこうとすると、
普段の通勤の道のりも訓練の場になります。

歩くという行為は、単なる移動や運動だけでなく、
見た目の印象を決める大切なポイントなので、
ないがしろにしてはいけない、と思うのです。
「よりよく、美しく見える歩き方をマスター」するのは、
真剣に取り組む価値のあることだと思います。

ここまで書いておきながら、
わたしはその道のプロではないので、
具体的な方法を書くことはひかえます。
わたしもかれこれ7年ほど修行中です。

2011年8月17日 (水)

チェロのおかげで4

先日、チェロの先生にフレンチのランチをごちそうになりました。

芸は身を助ける」で書いたとおり、
先生のホームページ改訂を手伝ったごほうびです。

----------------------------------------------
日曜の昼下がり、少しおしゃれをして、
大阪・北浜のフランス料理店へ、
チェロのお稽古のお師匠さんに連れて行っていただき、
ワイングラスを傾けながら、手の込んだ料理を楽しみ、
会話の内容は過去に船旅をした外国の話と、クラシック音楽。。。
----------------------------------------------

と、これだけ読むと、どこのお嬢様の話やろ~かと、
思いますね。

普段はフランス料理のレストランに行く機会はないので、
なかなか貴重な体験でした。
お料理も、とてもおいしくいただけましたし、
ナンチャッテお嬢体験もできました。
これもチェロのおかげです。


しかし。。。まあ、年の離れた男女が
ふたりでフランス料理を食べていて、
(男:50代? 女:30代)
女は男を「先生、先生」と呼んでいる。
これって、周りからはどういう間柄に見えるんだろう。
文豪と編集者みたいに見えたかな? 妄想妄想。

2011年8月16日 (火)

たのしいご近所づきあい49

先日、いつもの喫茶店に行ったときのこと。

常連のキムラ先生が、
自家栽培のミニトマトを持ってきていたので、
食べさせてもらいました。

20110801170318

ミニトマトだけど、房が小さくて、
甘くて、目を閉じて食べると葡萄みたいな味でした。

そして、その次は、マスターが「海に潜って」
とってきた「サザエのひも」

20110801175150

これ、サザエから身をほじり出すと、
一番下に入っているんですよ。
少し苦味のある「おとなの味」です。

それを食べているうちに、マスターが「海に潜って」
とってきたタコを炒めて、ビールも出してくれました。

20110801181140

そして、おみやげは、マスターが「海に潜って」
とってきたタコとサザエのお刺身セット。
ここは神戸の都会だけど。。。
マスターは、どこか漁ができるスポットを知っているらしい。

Dscf0416

さらに、キムラ先生が育てた「すいか」「メロン」までいただきました。

Dscf0418

ちなみに、喫茶店に行ったのは「コーヒーを1杯飲むため」でした。
一番上の写真に写っているコーヒーです。

2011年8月15日 (月)

酔っぱらっても。。。

先日、オケの仲間6人で「ワインの会」をしました。
神戸の老舗の洋食屋さんでオムレツやシチューをいただきつつ、
持ち込んだワインをしこたま飲む会です。
人間6人に対して、ワインは8本ありました。

さて、そのときに、ちょっと事情があって、
メンバーのひとりからハンカチをいただきました。

Dscf0419

バーバリーブラックレーベルの、
爽やかなチェックのハンカチです。

この日は飲みすぎ・食べすぎで、
フラッフラになって帰宅し、
ソファで「ごろん」を横になって、
真夜中まで気を失っていました。

それで、真夜中にヨレヨレでお風呂に入って、
もうろうとしながら「うこん」の粒を口に放り込み、
倒れるように眠りました。

そんなていたらくでしたが、翌朝目覚めると、
ハンカチは引き出しの中にきれいにしまってあり、
そして、古いハンカチが1枚ごみ箱に入っていました。

1枚ハンカチを新調したので、
古いのを1枚処分したみたいで。。。。
そうとう酔っぱらっていたのに、
そんなことをしていた自分にびっくり。

酔っ払ってもシンプルライフ!

2011年8月14日 (日)

常連になる方法。

近所の喫茶店とか、
インドカレー屋さんとか、
ほか、ブログには書いてなかったけど、
いつもおまけをくれる和菓子屋さんとか、
わたしには「行きつけ」のお店がいくつもあります。
職場の近くでも、お昼休みに外食していた頃は、
何軒かそういうお店がありました。

それで、ちょっとおまけしてもらったり、
日替わりランチのメニューをリクエストして
実現してもらったり、
常連ならではの楽しみを堪能しています。

とはいえ、別に最初から「常連になろう」「おまけしてもらおう」
と狙って通っているわけではありません。
そこのお店の食事がおいしいから、
雰囲気がいいから。。。。
などの理由で、ただ単に「好きだから」何度も通っているうちに、
いつの間にやらお店の方と顔なじみになって、
気が付くと「常連」になってしまったのです。

それと、わたしは少し「人見知り」なので、
行ったことないお店に行くのが苦手なんです。
すると、同じところに毎回通うことになり、
常連化してしまいます。

常連になるこつは「社交性のなさ」かもしれません。

2011年8月13日 (土)

土曜の朝は掃除タイムです。

わたしはフルタイムの勤め人なので、
平日は掃除しません。
土曜が休みの場合、土曜の朝に掃除します。
それもあって、土曜はなかなか起きられません。
(掃除するのがめんどうだから、起きたくない)

ひとり暮らしのうえ、
持ち物はだいぶ少ないから、
一般的な家庭より、
掃除はずいぶん楽だと思うのですがねぇ。
それでも面倒なんです。

とはいえ、掃除しないともっと面倒なことになるので、
土曜は朝10時頃にモソモソ起きて、
掃除を始めます。

まず、最初に家中の拭き掃除をして、
次に掃除機をかけ、
最後に雑巾がけをします。
もう同じやり方で7年ぐらいやっています。

拭き掃除の初めに、
窓ガラスをまとめて拭きますが、
そのとき、隣の駐車場の屋根を見ると、
不思議なものが落ちていて、
おもしろいなぁと思います。

例えば。。。網戸(場所的に、うちのマンションから落ちたとしか思えない)。

そして、新たに発見したのは、携帯電話。

見えるかな?
Dscf0420

そいういうのを眺めながら、窓拭いてます。

2011年8月12日 (金)

脱エアコン生活4

エアコンを使わずに夏を乗り切る決心をしてその後。

関西電力より、2011年7月の電気使用量のお知らせが届きました。

2011年7月8日~8月7日
ご使用量 122kWh
前年同月 156kWh

というわけで、前年同月に比べ、34kWh削減できました。
割合にして、約22%減。
関西電力の呼びかけの15%はクリアできました。

しかしですね。。。。今はあんまりうれしくない。
あんなに暑い思いをしてたったのマイナス34kWh、
マイナス約1000円かと思うと、
正直、ばかばかしくなってきます。
もういっそのこと、エアコン全開にして、
すずし~い部屋で爆睡しよかとも思いますが、それはしません。

なぜなら、脱エアコン生活の目的は、節電でも節約でもないからです。
もともとの目的は
「エアコンに頼らない体を作る」
「地球温暖化に合わせて?自分の体も温暖化仕様にする」
ことだからです。
エアコンつけないと、正直暑いですが、
今のところ熱中症になる心配もありませんし、
窓を開ければ気持ちいい風が入ってくるので、
まあなんとか、エアコンなしでこの夏を乗り切ってみたいと思います。

※えらそうに書いていますが、通勤電車はクーラーが効いて快適、
職場も涼しく、さらに涼を求めてコンピューター室に入ると、
ひえっひえなので、わたしの「脱エアコン生活」は
自宅にいるときだけなんです。

2011年8月11日 (木)

ベランダ園芸解禁4

ベランダ園芸を解禁して、朝顔とゴーヤの鉢植えを作ったその後。

朝顔も、ゴーヤも、つるが伸びすぎて、支柱を上り詰めてしまい、
もう行き先をなくしてさまよっています。

Dscf0406
《天に向かって伸びていく様子》

最初の頃にしかるべきお手入れをしておれば、
こういうことにならなかったのですが、
なにもせず放置していたら、
ずいぶん伸び伸びと育ってしまいました。

結局、ビオトープも鉢植えも、
水をやってるだけ、あとは自然まかせの、
放置プレイです。

2011年8月10日 (水)

世話をしないペット11

5月に淡路島に帰ったときに、めだかとえびを持って帰ったその後。

めだかはベランダ池に棲まわせて、
ビオトープなのでなにもせず、
減った水だけ足しながら放置していました。

2ヶ月ほど経過したある日のこと。
「めだかは生きているかな~?」と
ベランダ池を覗き込むと。。。。んんん?
なにか小さい生き物がいる。
といってもボウフラではありません。
メダカのベイビーがいました。

持って帰った2匹が偶然オスとメスで、
めでたく結ばれて、赤ちゃんができたのかな?
メダカの卵って、見つけたら親から隔離しておかないと、
親が食べてしまうのですが、幸い、水草ぼーぼーで、
うまく隠れることができたのかもしれません。

Dscf0408

2011年8月 9日 (火)

世話をしないペット10

近所でビオトープをしているオッチャンから、
メダカのベイビーを3匹もらって、梅酒瓶に棲まわせたその後。

どうも、この梅酒瓶の定員は1名のようで、
2匹はあっという間に「お星様」になってしまいました。

残り1匹は元気に大きくなっていたのですが、
この2週間ほどの間に「お星様」となってしまったようです。残念。

さて、瓶の主がいなくなったその後、
「あ~ ほんとうにいなくなっちゃったのねぇ」
と、瓶の中をしみじみ眺めていると。。。んんんん?
何か小さな生き物が動いている。
あっ! 何かいる!
よく見ると「ボウフラ」でした。な~んだ。
って放置しておくと、わが家が蚊だらけになってしまいます。
ボウフラ様をスプーンですくって、
ベランダの池にお引越ししてもらいました。
ベランダ池にはめだかがいるから、
様子を見ていると、数分で「ぱくっ!」
たまにはフレッシュなえさをあげなきゃね。

写真は、現在「ぼうふら培養器」になっている、ボトルアクアリウム。
Dscf0412

2011年8月 8日 (月)

ひとつ手に入れたらふたつ捨てる。

このブログでおなじみ、シンプルライフ3箇条その1
「ひとつ手に入れたらふたつ捨てる」

これを数年実践してきて、
やっぱりこの効果は大きいなぁと思います。

毎回ふたつ手放していると、
そのうち手放せるものがなくなりそうな気がしますが、
案外出てくるものです。

自分の気持ちは毎日変化しているから、
だから、新しいものを手に入れたくなります。
それだけ、自分自身が変わっているから、
昨日の自分が必要としたものでも、
今日の自分には不要かもしれない。

そこまでいかなくても、
例えば、過去3年以内に必要としたものが
「自分にとって必要なもの」
であれば、現時点からちょうど3年前に必要だったものは、
明日になると、3年以内から外れるので、
それは不要になっている計算です。

これも少々強引な話ですが、
それをさらに強引にまとめると
「自分が変化した結果、新しいものが必要になるので、
 その変化分だけ不要なものも何かあるはず」
と考えてます。

「ひとつ手に入れたらふたつ捨てる」

は、その差分を見つけていく作業と考えてます。

新しいもの1に対し、
不要なもの2を探すのは、
割に合わないかもしれませんが、
まぁそれは気にしない気にしない。

2011年8月 7日 (日)

それはほんとうに必要なのか?

社内システムエンジニアという仕事柄、
プライベートでもパソコン周りの質問を受けることが多いです。
ExcelやWordの使い方なら、たいていその場で答えて終わりですが、
その人の無線LANとか、ハード不調の話は、
環境がよくわからないので、
「わたしにはわかりません。。。」
といって、ごめんなさいすることが多いです。

そのとき、たいていの方が
「修理に出したいけど、
 パソコンがないと仕事(or 生活 or 勉強)にならないから困るのねぇ」
とおっしゃいます。

そういう反応を見るたびに
「本当にそうなの?
 パソコンがないと本当に仕事(or 生活 or 勉強)できないの?
 ちょっと大げさすぎやしない?」
って聞き返したくなるけれど、その言葉は飲み込んで、口にしません。
それはその人のライフスタイルにイチャモンをつけることになるので。
ただ、いつもその言葉に違和感を感じて、心の奥底にひっかかるものがあるから、
だから、ここでブツブツ書いているわけです。

パソコンがないとメールのやり取りができないけど、
仕事の連絡は電話や携帯メールでも取れると思います。
パソコンで原稿書きするような仕事とか、
プログラマーであれば事情は違ってきますが。

パソコンがなくても、生活できると思うんですけどね。。。
パソコンでネットスーパーにオーダーして、
商品を宅配してもらわないと、食料調達できないような事情でもない限り。

パソコンがないと勉強できないというのも、疑問です。
パソコンの使用方法とか、プログラミングの実践とか、
パソコンそのものが勉強の対象となる場合は別として、
普通の勉強は、テキストと筆記用具があれば、
できると思います。
パソコンを勉強の情報収集に使う場合はあっても、
例えば試験勉強のような、アウトプットの練習をする場合の
最強のツールは「自分の手」ですし。

パソコンがあれば確かに便利ですけど、
なければ、ないなりの対処法があるのに、
みんな、なければとても困ると思い込みに、
囚われているんじゃないかしら。
あるいは「パソコンがないと何もできない」という
自分に酔っている?
(パソコンを使いこなしているという幻想)

そんなわたしは、こうやってパソコンでブログを書いているけど、
パソコンがなくなったらどうするでしょうね?

2011年8月 6日 (土)

増えたもの・減ったもの82

3月のライオン第6巻/羽海野チカ著 買ってきました。

Dscf0400

本は買わないことにしていますが、これは特別。
今回も笑ったり、ほろっときたり、ええ話でした。

さて、シンプルライフ3箇条その1
「ひとつ手に入れたらふたつ捨てる」

今回は編み物グッズ(毛糸いろいろ)と、
小さいしゃもじ(カビが生えている?)
を処分します。

Dscf0397

編み物はやめて毛糸の大半は処分したけど、
糸の残りを少しだけ捨てられずに、
今まで持っていました。

だけど、編み針はまだ捨てられないな。。。

Dscf0398

小さいしゃもじは、存在そのものを忘れていました。
いろいろ処分しているようで、
まだこういうものが残っているんです。

2011年8月 5日 (金)

増えたもの・減ったもの81

欲しい欲しいと言い続けてきたアロハを、
ついに買いました。
ハノハノというお店のネット通販で購入。
これでアロハデビューできます!

Dscf0392

さて、シンプルライフ3箇条その1
「ひとつ手に入れたらふたつ捨てる」

今回は、シュシュとヘアアクセサリーをふたつ処分します。

Dscf0393

もう3年ぐらい使っていないので、
まあいいでしょう。

2011年8月 4日 (木)

増えたもの・減ったもの80

欲しい欲しいと言い続けてきた「盥」をようやくゲットしました~!

近所の100円ショップで、300円でした。
最初は金属製のしっかりしたものを購入しようかと思ってましたが、
これでも「足湯」に耐えうる耐熱温度になっているし、
乳白色の半透明で、きれいな色だったので、
買ってしまいました。

これで「足湯」ならぬ「足水」?ができます。
気持ちいい~

Dscf0388

さて、シンプルライフ3箇条その1
「ひとつ手に入れたらふたつ捨てる」

今回は、本を2冊処分します。
これらの本の考えはじゅうぶんわかったつもりなので、
そろそろ手放してもよいでしょう。

Dscf0387


2011年8月 3日 (水)

捨てなくて、よかった。

被災地にわが家の掃除機を送ってその後。

掃除機の嫁ぎ先のご主人様から、
丁寧なお礼状をいただきました。

Dscf0409

14~5年使った古い掃除機で、
こんなの送ってこちらこそごめんなさい、
という気分でいっぱいです。
でも、掃除機はとりあえず健康で、
ちゃんと新たな場所で仕事しているようなので、
ひと安心しました。

ブログのタイトルに「捨てる」と入っていますし、
結構大胆にいろいろ捨ててきましたが、
今回は、捨てなくて本当に良かった、と思いました。

このお手紙も大切に保存します。

2011年8月 2日 (火)

たのしいご近所づきあい48

毎週金曜日、近所のガラス屋さんのバーに集うご近所さんたちは、
個性的でおもろいひとが多いです。

もともと、金曜日というのは、ここでギター教室があり、
教室終了後はご近所さんたちが、
お酒を呑みながら夜中まで、
うだうだしゃべってます。

そういう場所なので「ギター愛好家」と「お酒愛好家」が
圧倒的に多いのですが、その中にひとり、
どちらでもない「おじさん」がいました。
ギター弾かないし、お酒も呑まない。
でも、ガラス屋さん社長の同級生で、
このバーができた7~8年前から、
ずっと来ている方です。

その「おじさん」は、そこに来て、
ギターの演奏を聴いているうちに、
自分でも演奏してみたくなりました。
そこで、そこに来ていたギター講師に弟子入り。
お酒を呑まないから、
のんべえよりしっかり練習してめきめき上達。

そして、演奏するだけでは物足りなくなり、
ついに自分でギター製作を始めてしまったのです。
本職は材木屋なので木はいくらでも手に入りますし、
理系で緻密な作業も得意な方です。
おまけに、そのおじさんの斜め向かいには、
バイオリン職人さんの工房があるから、
ジャンルは違えど何かと相談できる。
そんなわけで、最近は、ギター職人の道を邁進中です。

身の回りの環境に影響を受けながら、
あらたな楽しみが増えていく、
こういうご近所づきあいもいいなと思います。

2011年8月 1日 (月)

たのしいご近所づきあい47

先日、オーケストラの練習がない土曜日の夕方、
自転車に乗ってふら~っとサイクリングに出かけました。
まあ、行き先は私鉄で2駅離れたホームセンターで、
盥を見たいなと思っただけです。

ひととおり盥をチェックして、その日は買わず、少しだけ回り道して、
ホームセンター近所のバイオリン職人さんの工房の前を
通って中を覗いてみました。

おっ、いるいる。

その日のお仕事はもう終わり、ということで、
工房にお邪魔して世間話をして、
ついでに晩ごはんをすすめられたので、
お言葉に甘えました。
イタリア仕込みのパスタをいただき、
(バイオリン修業はイタリアだったので)
スパークリングワインと、
きんきんに冷えたジンを飲んで、
イタリアの写真をたくさん見せていただき、
う~ん、満足。

電車で2駅、自転車で10分の場所は、
イタリアにつながっています。

« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »