« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »

2011年2月

2011年2月28日 (月)

増えたもの・減ったもの52

南極で色々物を増やして帰ってきました。

ウシュアイアのペンギントレーナー
パルカ
クルーズ船のTシャツ
ポートロックロイのフリース
ポートロックロイのTシャツ
ポートロックロイのペンギンストラップ
ウシュアイアのインカローズ

7個増やしてしまった。

さて、シンプルライフ3箇条その1
「ひとつ手に入れたらふたつ捨てる」

ということは、
「7個手に入れたら14個捨てる」

う~ん、困った。
もう処分できそうなものは、これまでに処分したし。。。
(いつも同じことを思っていますが)
ひとつやふたつならまだしも、
14ってどうしよう。。。

と数日考えた後、アルバムの整理をして、
写真50枚捨てました。

増えたもののかさ高さに対し、
写真50枚というのは、
体積では増えたものの方が多いですが、まあよしとしよう。
とりあえず捨てたぞ。

こうやって、写真もどんどんセレクトされて、
少しはマシな写真集になってきたはずです。
それに、普段は写真なんか全然見ないくせに、
最近、捨てるために写真を見る機会が増えました。

2011年2月27日 (日)

増えたもの・減ったもの51

「増えたもの・減ったもの」と言っているわりには、
増えてばかりで、減ったものがなかなか出てきません。

南極からの帰り、海のコンディションが良かったので、
ウシュアイア(アルゼンチン)への帰港が、
予定より半日以上早くなりました。
そのため、予定外のウシュアイア自由時間ができ、
町に繰り出していって。。。また買ってしまった。
インカローズのペンダントヘッドです。
インカローズって、アルゼンチンの名産で、
ウシュアイアの町には、インカローズのアクセサリーや
置物を売っているお店がいくつもありました。
Dscf0051
すごくかわいいピンク色で、おまけにハート型。
ほとんど一目ぼれでです。
ただ、チェーンはあまりいいのがなかったので、
帰国してから神戸ハーバーランドの阪急で買いました。

帰国してから調べてみると、インカローズって恋愛のお守りだそうです。
むっふっふ~。

2011年2月26日 (土)

増えたもの・減ったもの50

ポートロックロイがまだ続きます。

「二度とここには来られないかも」
という衝動?に突き動かされ、
日本にいたら買わないだろうなぁというものを、
買ってしまいました。

ペンギンのストラップ。
Dscf0077
ペンギン(アデリーペンギン)が、
氷の上にちょこんと立っています。かわい~。
南極では「ペンギン萌え」していました。

Dscf0251
南極で撮ったアデリーペンギン。
JRのSuicaのキャラクターモデルもアデリーペンギンなんですよ。
目の周りが白いのがポイントです。

以前「ストラップレス携帯」という記事を書いて、
「ストラップなんかいらんわい!」
と息巻いていたわたしはどこへ行った?

だけど、当時も書いたとおり、ストラップがあると、
写真を撮るとき邪魔です。
携帯を閉じるときに、うっかり挟みそうになるし、
付けていてもなんのメリットもありません。
だけど、付けているとうれしくて、
にやにやしながら携帯使っています。
シンプルでなくてもいいこと、も、たまにはあります。

2011年2月25日 (金)

増えたもの・減ったもの49

ポートロックロイでの買い物はまだ続きます。

船内に続き、ここでもTシャツ買いました。
Dscf0043

デザインのアップ。
Dscf0046
いかにも
「南極行ってきました~!」
「ポートロックロイまで行きました!」
感が満載のTシャツです。

ここでも子供サイズをセレクト。
Dscf0044
タグには「140センチ」と書いてありますが、
日本のレディースMサイズぐらいあります。

イギリス人の子供って、でかいのね。。。

しかし、こんなに物を増やして、帰国してから何を処分する?

2011年2月24日 (木)

増えたもの・減ったもの48

南極旅行の買い物話再開します。
まだまだ続きます。

イギリス基地の「ポートロックロイ」、
ここには郵便局、博物館、お土産屋さんがあります。

さて、上陸前に、ポートロックロイに赴任している
研究者?のお姉さんが現地の説明のため、
クルーズ船まで着てくださったのですが、
そのときに彼女が着ていたフリースが、
すごく素敵に見えて、ポートロックロイに着くやいなや、
同じものを買い求めました。
お姉さんの営業大成功です。
Dscf0037
スポーティーな感じのフリースで、
サイドが切替で黒くなっているので、
着やせして見えます。

Dscf0038
ポートロックロイの文字と、ペンギンマークが。

Dscf0041
「TOG24」て書いてあります。
ネットで調べると、これはイギリスのアウトドアブランドらしいです。
WEBサイトありました。

Dscf0042
「POLERTEC」とタグがついています。
これもネットで調べたところ、

------------------------------------------------------
いわゆるポリエステル100%のフリース素材の事をいい、
生地の両面を表と裏で素材が異なるように起毛させることにより、
軽くて暖かい.良く伸びる.通気性が良い.洗っても毛玉になりにくい.
吸水率が低いために早く乾く、という機能を持った素材です。
------------------------------------------------------

だそうです。ここから引用

そんなわけで、大金75ドルを投じて購入。
南極なのに、クレジットカードも使えるということで、
面白がってカード払いにしました。

アウトドアブランドのフリースなだけあって、
やっぱり暖かいです。

ちなみに、子供サイズを買いました。
外国人は体でかいっす。

2011年2月23日 (水)

増えたもの・減ったもの47

前日に引き続き、どなたかボタンつきストールいりませんか?
もう一枚あるのですよ。

以前、わたしが編み物に凝りまくっていたころに作ったもの「その2」です。
自分で着るつもりで作りましたが、
これも年に1度着るか着ないかなので、
ちょっともったいないなぁと思いまして。
メールくだされば、先着1名に差し上げます。
前日のと区別できるように「茶色いの」と書いておいてください。

着ると、こうなります。自分撮りですみません。
Dscf0093
自分のなかでは、これもダッフルコートのイメージで作りました。
写真では見えにくいですが、
角ボタンが4つついているので、前を止められます。

全体。
Dscf0089

ボタンアップ。
Dscf0090

編地アップ。
Dscf0091
わたしの頭の中では、板チョコのイメージなのですよ。

これもウール100%です。
前日のより編地が詰まった感じで、少し重量感があります。
編地自体に穴がたくさん開いているので、
ボタンを好きな場所に差し込んで留められます。
それから、前日のと同様、自分で着るつもりで、
変にならないよう作りましたが、
なにぶん、趣味の手芸なので、万一ほどけたり、
ボタンが外れたりした場合はご容赦下さい。

2011年2月22日 (火)

増えたもの・減ったもの46

突然ですが、どなたかボタンつきストールいりませんか?

以前、わたしが編み物に凝りまくっていたころに作ったものです。
自分で着るつもりで作りましたが、
年に1度着るか着ないかなので、
ちょっともったいないなぁと思いまして。
メールくだされば、先着1名に差し上げます。

着ると、こうなります。自分撮りですみません。
Dscf0087
自分のなかでは、ダッフルコートのイメージで作りました。

全体。
Dscf0083

ボタンアップ。
Dscf0084

編地アップ。
Dscf0085

色はブルーグレーで、ツイード風で何色か混ざっており、ウール100%です。
編地自体に穴がたくさん開いているので、
ボタンを好きな場所に差し込んで留められます。
それから、自分で着るつもりで、変にならないよう作りましたが、
なにぶん、趣味の手芸なので、万一ほどけたり、
ボタンが外れたりした場合はご容赦下さい。

2011年2月21日 (月)

たのしいご近所づきあい31

南極のお買い物話を少し中断します。

2月20日(日)、掃除など家事を済ませたら、
近所の「いつもの」喫茶店へお茶しにいきました。

着くなり、マスターがわたしに質問。
シマンチュー(常連のおじいちゃんその2)の顔覚えとるか?」
なんちゅう質問やと思いつつ、
「覚えてますけど。。。なにか?」

マスターは
「よし合格。シマンチューのコーヒーチケット1枚使ってええからな。」

どうも、シマンチューとマスターの間で、
「わたしがシマンチューの顔を覚えているかどうか」
話題になっていたそうで、覚えていたら、
シマンチューのコーヒーチケットを1枚使っていい、
という話になっていたそうです。

そのチケットはありがたく使わせていただいて、
さらに、おまけの日本茶とお煎餅もいただいて、
またしても、お金を払わずに帰ってきました。

週末だけ行くこの喫茶店、
つねに誰かにごちそうになっていて、
月に1度ぐらいしかお金を払っていないような。。。

2011年2月20日 (日)

増えたもの・減ったもの45

トレーナーとか、パルカとか、暖か系は増えたのに、
お土産の定番、Tシャツを買っていない!
というわけで、クルーズ船内の売店で、Tシャツ買いました。
Dscf0034
胸元に「ANTARCTICA」とでかでかロゴが。
わたし、基本的にロゴ入り衣類は買わないことにしているのですが
南極に行って気分がハイになって、
思いっきり「なんきょく」と書いたものを買ってしまった。
Dscf0035
クルーズ会社のクォーク社のロゴも入っています。
これでは、クォーク社の宣伝じゃ。
Dscf0036
サイドにはペンギンのプリント。
着ると、脇腹というか、腕で見えなくなる微妙な場所にペンギンプリントがついています。
ちょっと不思議なデザイン。

これ購入しながら「日本に帰ったら何か2個捨てなあかんのに、どないしよ。。。」
と不安になっていました。

つづく。

2011年2月19日 (土)

増えたもの・減ったもの44

パルカの話がまだ続きます。

パルカの裏側は総フリースで、全部取り外して、
フリースだけ着ることもできます。
取り外すと、こんな感じ。
Dscf0067
パルカの外の部分の内側にフリースをつけるためのファスナーが、
フリースの前をとじるためのファスナーになっています。
よく考えられてます。
Dscf0068
胸元のワッペンは、ポート・ロックロイ(南極のイギリス基地)の売店で買ったもの。
日本に帰ってから縫い付けてカスタマイズ。
Dscf0064
内側にはペン挿しも付いています。
Dscf0066
サイズはXSからなのですが、結構でかい。
海外のXSって、日本のLサイズぐらいありそうです。
Dscf0069
袖口には、おなじみのマークが。
これも暗いところで光を当てると光ります。
Dscf0070
写真ではわかりにくいけれど、上半分はフリースの上に、さらにナイロン?の生地がついており、
とても暖かく、そして、生地が切り替えられているように見えて、ちょっとおしゃれです。
Dscf0072
後ろ側にも、もちろんあのマークがついています。

こういうデザインのフリースって、意外と国内ではないみたいで、
これを見た人はたいてい何か反応します。
特に男性は、このデザイン好きみたいで、
ほしいと言われます。あげませんよ。

2011年2月18日 (金)

増えたもの・減ったもの43

ウシュアイアでトレーナーを増やし、
次に、クルーズ船に乗り込んで、パルカ(防寒上着)が増えました。
これ、南極クルーズ参加者全員がもらえて、南極上陸時は、
皆、これを着て上陸せねばならぬのです。
Dscf0054
南極上陸用だけあって、防風・防水・防寒性能は抜群です。
また、ど派手な黄色なので、どんなに遠くにいても見えます。
凍死防止、遭難防止。。。

今日は、このパルカを紹介しますね。
極地専門クルーズのクォーク・エクスペディション社のパルカなので、ロゴが入っています。
Dscf0056
南極でアルゼンチン基地に行ったときに買ったワッペンを縫い付けて、
カスタマイズしました。
Dscf0055
クォーク社は極地専門クルーズをやっているだけあって、
このパルカはなかなかすぐれもの、
実にさまざまな工夫がされています。
暗いところでも光る素材がついています。
なんとなく交通整理のおじさんぽいですね。
Dscf0057
袖口はマジックテープで締め具合は自由自在。
ここにもクォーク社のマークが付いています。
これも暗闇で光に反応する素材です。
Dscf0059
ポケットは前に4箇所あり、ファスナーにもクォーク社のマークが。
Dscf0061
これもポケットのひとつなのですが、
ふたつきのポケットの右横は、ハンドウォーマーになっており、
裏地がフリースで、ここに手を入れると暖かい。
Dscf0062
取り外し可能なフードと、裏にも光るマークが。
Dscf0060
内側は総フリースで、これがまた暖かいのです。
Dscf0063

クォーク社のウェブサイトを調べると、載ってました
着るとこんなふうになります。250ドルだって。

明日へ続きます。

2011年2月17日 (木)

増えたもの・減ったもの42

色々処分して、身軽にシンプルにを身上として暮らしてきましたが、
南極に行って、じゃっかん壊れ気味の日々を送っていました。
うーん、色々増えました。

まずは、ウシュアイア(アルゼンチン)に寄ったときに、
土産物屋で、つい、ふらふら~っと、トレーナーを購入。

ペンギンちゃんのトレーナー。
Dscf0027
最初から色褪せており、古着っぽい感じでした。
子供サイズのLです。
Dscf0033
ペンギンと「Ushuaia」の文字。
これって、日本で言うと「おきなわ」とか書いてあるようなもんなのよね。。。
まあいいや。
Dscf0028
横にはスリットと当て布もついていて、しっかりした作りです。
これは18ドルでした。日本の感覚で考えると、安いです。
Dscf0029
外国人サイズは基本的に大きめなので、
なるべく子供用を買うようにしています。
以前、沖縄で「海人」(うみんちゅう)Tシャツを買うときに、
お店の人に
「これは外国サイズだから、あなただったら、子供サイズがいいよ~」
と言われ、本当にその通りだったからです。
これも子供用でちょうど良かったです。

これは、南極クルーズ船に乗る前に買ったので、
船の中でよく着ていました。
日本に帰ってからも休日によく着ています。
下にヒートテックを着ていれば、真冬でも全然寒くありません。

当分は、増えたものを続々と紹介していきます。

2011年2月16日 (水)

セーターを捨てる。

前日の手ぬぐいの件は、ご希望の方から連絡をいただきましたので、
締め切りますね。

さて、南極に行く前に「セーターを捨てようか」という記事を書きました。

ユニクロのヒートテックがあまりに暖かいので、
これがあれば、セーター不要かと思いまして。

それで、とりあえず、最近出番の少なかった1枚を処分しました。
Dscf0013
カシミヤのセーター。色はレモンイエロー。
暖かさは文句なしでしたが、薄い色なので、
大切に着ていても、経年変化か、なんとなく薄汚れた感じになっていました。
最近はずっと「なんだかイマイチねぇ」と感じていたので、
思い切って処分しました。

これでクリーニング対象が1枚減って、気分も楽になりました。

2011年2月15日 (火)

増えたもの・減ったもの41

南極の思い出をほとんど書かぬうちに、
オーケストラの友達と、京都の宮津まで「かにツアー」に行ってしまいました。

そこで、帰りに乗換えで寄った西舞鶴のお土産やさんで、
自衛隊グッズに萌え~。
(舞鶴には海上自衛隊があります)

マリン風刺繍入りの、海上自衛隊Tシャツ、ウインドブレーカー、ジャージetc
思わず買ってしまいそうになりましたが、
同行者ふたりが、明らかに興味なさそうだったので、
わたしも興味なさそうなふりをしてスルー。
ひとりで行っていたら、たぶん買っていただろうな。。。

そんなわけで、衣類ではなく、手ぬぐいを買いました。
海上自衛隊の船がプリントされた手ぬぐいです。
南極観測船「しらせ」もプリントされているし、うれしいなぁ。。。
台所で手を拭くのに、使いますよ。
Dscf0025

拡大すると、こんな文字が。。。しぶい。
Dscf0026

さて、シンプルライフ3箇条その1
「ひとつ手に入れたらふたつ捨てる」

今回もふたつ処分します。
家の中をぐるぐる歩き回って見つけた処分対象はこちら。
Dscf0024
永楽屋の手ぬぐい。和室の障子から雪景色を見ているような和柄が気に入って、
以前、真冬の間、タペストリー代わりに使っていましたが、
はっきりいって、わたしの部屋に全然合ってない!
実は、以前の記事写真にも写っていますが、
赤いソファーの上に、和風タペストリーってどうなんだ?
と思いまして。

次は、耳あてです。
Dscf0015
南極旅行用に買った、無印良品の折りたたみ耳あて。
無印良品のサイトでは、たぶんこれです。
以前から愛用しているカシミアのマフラーと色を合わせて買いました。
カチューシャみたいな部分を、頭の上ではなく、首の後ろに持ってくるタイプで、
髪型が崩れないのがポイントらしいです。
だけど、南極に持って行っても一度も使わずじまい。
南極で使わなかったものを、今度どこかで使うとも思えないので、処分します。

反対側から見ると、こんな感じです。
Dscf0016

それで、これを読んでいるみなさんに相談ですが、
もし、上記のどちらか(もしくは両方)ほしいという方がいらっしゃれば、差し上げます。
手ぬぐいはタペストリーとして使用していただけなので、特に汚れはありません。
耳あては「買って・南極に持って行って・持って帰った」だけなので、
新品未使用です。
もし使いたい方がいらっしゃれば、それぞれ先着で差し上げます。
こちらまでメール下さい(もちろん無料です)。

2/25追記:手拭いはご希望の方から連絡をいただきましたので、締め切ります。

2011年2月14日 (月)

わたしのシンプルライフ本10 その2

『二度寝で番茶』木皿 泉/双葉社 のつづきを、
前日は本のタイトルと写真だけで、なんにも本の話しませんでしたからね。

まず、表紙がいいんです。
Dscf0012_2

流しにつっこんだ食器で、
これは料理家の高山なおみさんコーディネイトです。
日常の何気ない場面にスポットをあてて、
うまく切り取るセンスが、
木皿泉さんの脚本に共通しています。
木皿泉さんのドラマも、日常の何気ない言葉のやりとりに、
どきっとするような真実が込められていて、
ハッとすることがよくあります。

どこか、印象に残った文章を引用しようと思ったのですが、
思い出せません。
なのに、読んでいるときは幸せな感じが続いていて。。。

と書いたところでデジャブを感じて思い出したので、引用します。

------------------------------------------
「たしかに内容じゃないかも。久しぶりに友人と会って話したりしても、
何話したか、別れた途端忘れてたりするもんね。
でも、その帰り道の幸せな感じは家に帰ってもまだ残ってて、
でもって明日も頑張ろうと思ったりして、その感じが忘れられずに、
また次会う約束したりして。」
「情報より、今コミュニケーションしているという実感の方が
大事なんじゃないですか。」
------------------------------------------

わたしも、友達や、オケ仲間や、ご近所さんたちと、
よく呑みに行ったりしますが、なに話したか、あんまり覚えてません。
だけど、一緒に過ごした時間の幸せな感じが残っているから、
また呑みに行ってしまうんだろうな。。。と思います。
以前にも書いたとおり、身の回りをシンプルにして身軽になって、
そうして手に入れたいものは、
仲間とおいしいお酒を呑んで語り合う時間と気づいたので、
木皿さんの本の内容にとても共感しました。

2011年2月13日 (日)

わたしのシンプルライフ本10

前日の記事で「図書館の予約をほとんど取り消した」と書きましたが、
これはどうしても読みたくて、順番が回ってきたのを借りに行きました。

『二度寝で番茶』木皿 泉/双葉社
Dscf0012

木皿泉さんは、神戸市在住の脚本家で、
わたしの大好きなテレビドラマ『すいか』の生みの親です。
『すいか』に出てくるような下宿屋さんみたいなテイストの家にあこがれます
このひとが、実は近所に住んでいて、
使っているお店がわたしとかぶっているとわかったときは、
とても嬉しかったです。
わたしの近くにある空間で暮らしながら、
あのドラマの世界が生まれたのか。。。と
『すいか』ファンの友達と、木皿泉さんお気に入りのお店をまわる
「すいかツアー」をやったこともあります。

なかなか本の話になりませんが、つづく。

2011年2月12日 (土)

図書館の予約を取り消す。

南極に行く前は、図書館へ本の予約をたくさん入れて、
順番が回ってきたものを片っ端から読んでいました。
それはそれで楽しいのですが、帰国してから、
それまで入れていた予約をほとんどキャンセルしました。

しばらく南極のことを思い出して暮らしたいのに、
ここで読書してしまうと、読書の情報に追いやられて、
わたしの頭の中の南極が消えてしまいそうな気がしたので。

無駄な抵抗かもしれませんが、
ここのブログで南極の話を一通り書き終えるまでは、
あまり新しい本は読まないようにしますね。
(そのわりには、南極の話がなかなか出てこない)

2011年2月11日 (金)

たのしいご近所づきあい30

2月9日水曜日、会社から帰宅して、晩ごはんの準備を始めると、
近所のガラス屋さんの社長から連絡が。

「今、近くの店で鍋やってるねんけど、具が多すぎて食べきれへんから、
 ちょっと手伝いに来て!!」

そんなわけで、もちろん行ってきました。
食べきれないほどのアンコウと湯葉たっぷりのお鍋をいただきました。

都会だけど、こんなご近所づきあいとか、
こんなお手伝いが、あるんですよ。

2011年2月10日 (木)

南極の効用2

南極に行ってから、時間の概念がずいぶん変わったような気がします。

というのも、南極への移動にはとても時間がかかるのです。

・伊丹~成田:1時間
・成田~ダラス(アメリカ):12時間
・ダラス~ブエノスアイレス(アルゼンチン):11時間
・ブエノスアイレス~ウシュアイア(アルゼンチン):4時間

これだけ飛行機に乗って(もちろんこの間に待ち時間がある)、
さらに船で2日ほどかけて南極へ行くので、
「何時間も待つ」「何時間もじっと耐える」(?)力がつきました。

飛行機に10時間以上乗っているときに
「これなら会社で仕事しているほうが体は楽だ」
と思ったこと数知れず。

帰ってきてからしばらくは、
会社の勤務時間8時間があっという間に過ぎ去り、
面白かったです。
それも最初のうちだけで、
すぐにトラブルやなんやで遅くなり、
疲れ果てる日々となったのですが、
「あの長い飛行機に比べたら楽だ」と
自分に時々言い聞かせてます。

自分のなかの時間軸を変えたい方は、南極へおこしやす。

2011年2月 9日 (水)

南極の効用。

「南極の話はどうなったの?」

今日は、すこーしだけ南極成分を入れます。
でも、期待するほどではないかもしれません。

南極から帰ってきて2週間ほど経った日、
近所のインドカレー屋さんでマスターと話していたら、
こう言われました。

「南極から帰ってきて以来、ものすごく元気になったね!
 ずっと顔が笑ってるで」

南極の癒し効果?
もともと、わたしの顔は「にやにや顔」なのですが、
それが南極でパワーアップしたようです。

帰ってきてからというもの、時差ぼけが直ったと思ったら、
仕事でトラブルや残業が続き、
休日も長時間テレビの撮影があったり(これは後日またお知らせします)、
体はへとへとなのですが、
それでも南極の効果で顔は笑っているらしいです。

笑顔になりたい方は南極へおこしやす。

2011年2月 8日 (火)

宝石のリメイク

「南極の話はどうなったの?」

。。。はい!もうしばらくお待ち下さい。

さて、ブランド品とか宝石類にはあまり興味ありませんが、
ふと思いついて、母と祖母が残した宝石のリメイクを思い立ちました。
このまま眠らせておくより、普段から身につけているほうが、
ふたりも喜ぶだろうし、わたしも嬉しいなぁと思いまして。

Dscf0008
《祖母のネックレス・イヤリング、母の婚約指輪》

ネットで調べて、隣駅近くにあるリメイク店が、今までのリメイク例も豊富で、
デザインも良かったので、そこへ持っていきました。

お店に行くと、店の中に、でかい犬がいて、すごい吠えられました。

さて、そこでわかったのは、イヤリングの石は宝石ではなく、
色つき石のニセモンということ。
(。。。ばあちゃん、そんな紛らわしいもの残さないで。。。)
これはリメイクの価値なさそうだったので、パス。
ネックレスと指輪のリメイク見積もりをお願いして帰ってきました。

ネックレスのゴールドは、わたしのパーソナルカラーでないから、
シルバーかホワイトゴールドにしたいというと、
コーティングをすすめられました。
これは3000円ぐらいで済みそうです。
指輪はネックレスにする予定ですが、
リングがプラチナなので、それに合わせたチェーンを付ける予定です。
指輪のボリュームに負けない太さのチェーンにするので、
なんかすごい見積もりになりそうです。
チェーンだけで5万円をこえそうな。。。

ま、指輪は母の婚約指輪らしいので、
いいチェーンを付けて大切にしたいですからね。
母の日記を捨てたり母の切手コレクションを使ったり
いろいろやってますが、残したものは大切にします。

2011年2月 7日 (月)

たのしいご近所づきあい28

「南極の話はどうなったの?」

。。。はい。それを書くつもりでしたが、2月6日(日)、
いつもどおり、いつもの喫茶店に行ったので、それを。

というわけで、おなじみ「ご近所の喫茶店」のお話です。

近所の行きつけの喫茶店に行きました。
すると、いつも通り、常連のおじいちゃん(アズマさん)がいて、
「久しぶりやなぁ」とか
「しばらく会わんかったけど、あんたどこ行っとんたんや」とか
「あんた、女の人みたいな髪型になったなぁ」とか、
色々世間話をしまして、
(んん?。。。今まで男みたいと思われていたのかな?)
「これから馬(競馬)の中継始まるから見に帰らなあかんねん」と言いながら、
アズマさんは、わたしの伝票を握り締めて立ち上がり、
「今度一緒にお好み焼き食べに行こな」と言い残し、
わたしのぶんもお会計を済ませて消えてきました。

そして、わたしは神戸新聞→日経新聞→スポーツ新聞と順番に
新聞チェックをしていると、マスターがサービスのおかわりコーヒーを淹れてくれ、
それをいただきながら、しばらく南極歓談。

帰りには「果物いっぱいあるから持って帰り」と、
グレープフルーツ、オレンジ、アボカドをいただいて帰りました。

Dscf0010

またしても、タダコーヒー(おかわり付き)&サンドウィッチ+おみやげ でした。

南極にいるときは、同じツアー参加者の人達と仲良くなり、
それはそれで本当に楽しかったのですが、
帰ってきて、いつもの場所にいつもの人がいると、
「あぁ、帰ってきたなぁ。やっぱりここがええなぁ」
と、うれしくなります。

たぶん、わたしの場合、どこに行っても「そこが都」なんだなあ。

2011年2月 1日 (火)

おまけバージョンは2月7日(月)スタート予定です。

リクエストいただいていた、南極話のおまけバージョンは、
2月7日(月)よりスタート予定です。

しばらくお休みしている間に、
ふつうの(?)シンプルライフの話も
いくつか思い出したので、
ちゃんぽんで書いていくと思います。

もう少し、気長にお待ち下さい。
よろしくお願いします。

« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »