« こんな家です(台所編)7 | トップページ | 日常のしあわせ »

2010年4月 3日 (土)

既製のカーテンは買わない。

うちのマンションの窓は、普通の窓と規格が違うみたいで、
既成カーテンの大きさが合いません。

だから、窓の大きさに合わせ、
無印良品でロールスクリーンをオーダーして作ってもらいました。
ちなみに、このロールスクリーンの前は、
東急ハンズでオーダーしたカーテンをつけていました。

賃貸マンション暮らしで、いつか出て行く家のために、
オーダーでカーテンやロールスクリーンを作るのは
無駄と言われそうですが、わたしはそうは思いません。

オーダーカーテンは1万円、オーダーのロールスクリーンは16800円でした。
このくらいの金額、洋服1枚買うと平気で使っています。
洋服だと数日に1回しか着ないけれど、
カーテンやロールスクリーンは毎日使います。
それに、カーテンやロールスクリーンは面積が大きいので、
家にいると必ず目に入り、家で暮らす時間の「気持ちよさ」に
大きく影響すると思うので、軽視できないと思うのです。

そういうことを考えると、カーテンやロールスクリーンに投資するのは、
ぜんぜん無駄ではないと思います。

写真は無印のロールスクリーン。いつかここにプロジェクタで映画を映したい。
Dscf0335

« こんな家です(台所編)7 | トップページ | 日常のしあわせ »