« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »

2010年3月

2010年3月31日 (水)

増えたもの・減ったもの15

近所のおっちゃんが、セーラーの万年筆をくれました。
おっちゃん曰く、わたしのイメージに合うそうで。。。

手紙や年賀状はいつも万年筆で書いているので、
ありがたく頂戴して、新たな万年筆ライフを送っています。

シンプルライフ3箇条その1
「ひとつ手に入れたらふたつ捨てる」
今回もピアノの楽譜を2冊処分します。ピアノも処分したしね。

写真は万年筆と、ピアノの楽譜。
Dscf0311 Dscf0315

2010年3月30日 (火)

湯は使うだけ沸かす

お茶を淹れるとき、カップラーメンを作るとき、
お湯の量はきちんと測って、必要な分だけしか沸かしません。

お茶を淹れるときなら、湯呑みで水を測って飲む杯数分だけをミルクパンへ、
カップラーメンなら、パッケージに湯量の表示があることが多いので、
それを参考に正確に計測して沸かします。

少し神経質すぎやしないかと思いますが、
足りないのも、多すぎるのもいやなのでねぇ。

写真はきちんと計測した分だけ沸かし中のミルクパン
Dscf0300

電気ポットを処分して、やかんも捨てたので、
湯沸しは、もっぱらミルクパンか、鉄瓶です。

2010年3月29日 (月)

こんな家です(台所編)6

まだ続く台所編。

みかん籠は持たない2」で、みかんを転がしておく話を書いたその後、
Dscf0306
相変わらず転がっています。バナナも増えてパワーアップ。

こんな家です(台所編)」で食器棚の写真を載せましたが、
あの写真は最上段が写っていないので、
撮り直しました。上二段です。
Dscf0317
右上にたくさんある白いのは、野田琺瑯で、
全部で16個持っています。
ブログタイトルに「持たない」が入っている割にたくさん持ってます。
本気の料理モードのときは、これらがフル稼働していましたが、
最近はそうでもないや。。。

続いて、シンク上の収納庫。
こんな家です(台所編)3」の写真が少し古かったので、
現在の状況を撮りました。
Dscf0316
上の段の白いのは、またまた野田琺瑯で、16分の4個です。

2010年3月28日 (日)

こんな家です(台所編)5

台所紹介、ふたたび。

玄関から入ると、こういう風景です。
Dscf0292
短い廊下の両脇に洗面所とユニットバス、
その奥が台所、居室と続きます。

上の写真の右下の瓶は、ラムトプフという、果物のラム酒漬。
半永久的にもつらしいです。
アップではこんな感じ。
Dscf0334

続いて、チェロ練習中(休憩中)のひとこま。
譜面台を出すのが面倒なので、ダイニングテーブルに書見台を置いて、
譜面台代わりにしています。
Dscf0303

食器乾燥中。食器は拭かないので、こうして自然乾燥。
Dscf0305

上の写真の右下のギンガムチェックのクロスは、
大学生の頃着ていた無印のワンピースを切って、
「てきとうに」縫い合わせて作りました。
アップではこんな感じ。
Dscf0322

2010年3月27日 (土)

三角コーナーを持たない2

三角コーナーを持たない。」という話をずいぶん前に書きました。
それでは、流しの排水溝はどうなっているのかというと、
こうなっています。

Dscf0298

野菜くずが流れて詰まらないよう、この網でキャッチしています(100均で購入)。

洗い物の都度、網でキャッチした物体はビニール袋に入れて、
ごみの日まで冷凍保存です。

冷凍保存中の生ゴミ(写真右側)
Dscf0302

2010年3月26日 (金)

こんな家です(洗面所編)

洗面所編。

洗面台は、鏡の前の小物置き場にはあまり物を置かないようにしています。
以前は、ここに化粧品のボトルや歯ブラシを、ずらりと並べていましたが、
その数を減らしただけで、ずいぶん印象が変わりました。
掃除するのも楽だしね。
Dscf0297

洗面台の向かいは、洗濯スペースです。
洗濯機の上には、つっぱりポールを2本渡して、
ここに小物や下着類を干しています。
Dscf0332

2010年3月25日 (木)

増えたもの・減ったもの14

大阪・四天王寺の太子会に行ってきました。
毎月21日は弘法大師の命日で、 境内に露店が並ぶのです。
骨董屋・植木屋・屋台etc。。。

なかでも、ある植木屋(盆栽屋?)さんの盆栽は見事で、
お店のおばちゃんが愛情込めて育てたのがよくわかる、
すごくすてきな盆栽がたくさんありました。
しかも、とても安い。

いろいろ欲しいのがありましたが、植物は世話するものなので、
いきなり増やすのはやめて、今回は、ひとつだけ、
苔玉を買ってきました。800円也。

苔玉に山野草をあしらったもので、これから花が咲くそうです。

シンプルライフ3箇条その1
「ひとつ手に入れたらふたつ捨てる」
今回はピアノの楽譜を2冊処分します。ピアノも処分したしね。

写真は苔玉アップ、バージョンアップしたオアシスコーナー、楽譜です。
Dscf0329 Dscf0328 Dscf0327

2010年3月24日 (水)

趣味を捨てる7

趣味を捨てる2」で、ピアノをやめた話を書き、そして、
ついに電子ピアノを処分してしまいました。
mixiで「電子ピアノ差し上げます」呼びかけたら、
2時間後に近隣の市の方から連絡があり、
その方に差し上げることが決定。
その3日後には車で取りに来ていただいて、無事、引渡し完了です。
2人のかわいい女の子がこれからピアノの主です。
お礼に商品券をいただいて、少し臨時収入(?)でした。

電子ピアノがなくなって、壁がたくさん見えるようになったら爽快で、
テレビも処分したくなってきた。

写真は電子ピアノ処分前、処分後。
Dscf0330 Dscf0331

2010年3月23日 (火)

こんな家です(居室編)2

居室編の続き。

ごみ箱は蓋をしています。蓋?は100均で買ってきた籠がジャストサイズ!
Dscf0019

錘の重みだけで動き、カッコーが啼く、本式のカッコー時計。
電池不要、その代わり1日1回錘を引き上げる作業が必要な、ある意味シンプルな時計。
カッコーが啼くと、森の中にいる気分になれます。
Dscf0284

布団は室内干しです。
昼間は会社に行ってるから、部屋の真ん中に布団があっても気になりません。
Dscf0257

CDコーナー。CDラックはいとこにもらったのをキャメル色にペイント。
CDプレイヤー(BOSEのWAVERADIO)は、
オーケストラの知り合いに格安で譲ってもらったもの。
CDプレイヤーを置いている台は、粗大ゴミ置き場で拾ってきたもの。
普通に買ったものがありませんね~。
ちなみにCDはソフトケースでコンパクトに収納しています。
Dscf0054

2010年3月22日 (月)

こんな家です(居室編)

台所編に続いて、居室編です。

机周り。
机は、幼稚園の頃に祖母が買ってくれた学習机で30年選手。
赤いソファーはいとこにもらったもの。
Dscf0091

机周りの向かい、ピアノ&テレビコーナー。
テレビの上の、のだめマングースは、今はもう処分してありません。
テレビが載っている台は、粗大ごみ置き場で拾ってきた。
Dscf0112

唯一の収納スペース。半間ぐらいの押入れです。
閉めたところと、開けたところ。
左にあるのはデロンギのオイルヒーター。
寒がりのわたしには、いまいち物足りないので、あまり使っていません。
押入れの扉に吊ったものは、ここに説明あります。
Dscf0115 Dscf0117

つづく

2010年3月21日 (日)

こんな家です(台所編)4

台所編をもう少し。

椅子に敷いている角座は手編みです。
編み物全盛期に編みました。
Dscf0294

冷蔵庫の扉は時計・オーケストラの練習予定・映画の上映予定を貼ってます。
趣味の情報コーナーです。
なお、冷蔵庫は2~3人用の中ぐらいサイズです。
Dscf0295

冷蔵庫を開けると、がら~んとしています。
ルクルーゼのココットロンド20センチがそのまま入るので重宝してます。
Dscf0296

食器棚の下の収納スペース、扉を外すとこうなっています。
左は土鍋&カセットコンロコーナー、右は保存食など。
Dscf0074

タオルハンガーは持たないので、タオル(手ぬぐい)は、こうやってかけてます。
Dscf0137

以上で、台所編はいったん終了です。

2010年3月20日 (土)

こんな家です(台所編)3

まだ続きます。

シンク上の収納庫を開けたところ。
この写真少し古いので、右上のパイレックス保存容器とか、
もう捨ててしまったものもありますが、
だいたいこんな雰囲気です。
Dscf0003

シンク下左の収納庫。鍋コレクションです。
Dscf0053

シンク下右の足元には、無印の引き出しを入れて、
こまごまとした物を整理整頓しています。
Dscf0184

引き出しを上から順番に開けるとこうなっています。
フィルムラップやアルミホイルの箱は自己主張が強いので、
これを引き出しに入れると台所の色数が減ってすっきりするなぁと思いました。
Dscf0177 Dscf0178 Dscf0180

もう少し続きます。

2010年3月19日 (金)

こんな家です(台所編)2

台所の続きです。

台所のオアシス。水草・サワガニ・カワニナのコーナー。
奥の梅酒瓶と手前のペットボトルに彼らが棲んでいます。
この写真は少し古いので、左上のガラス製気圧計はもう処分してしまいましたが、
だいたいこんな雰囲気です。
ティッシュケースは無印のカセットコンロを買ったときのダンボールで手作り。
Dscf0042

台所のオアシス全景。右にあるのはサイレントチェロ。
台所で練習するんですよ!
Dscf0077

鍋敷きです。見せる収納派ではありませんが、
このくらいはよかろうということで、カーテンレールにぶらさげ収納。
Dscf0151

サイレントチェロの向かいの壁側には、アコースティックチェロも置いてます。
台所なのですが。。。
Dscf0194

つづく。

2010年3月18日 (木)

こんな家です(台所編)

シンプルライフのための色々な試みをして、
その結果、家の中がどうなっているのかを紹介します。

まずは台所編。

全景はこんな感じです。
Dscf0204

流し台とガスコンロ周辺。
単身者用マンションで、流し台は極小なので、極力物を置かないようにしています。
Dscf0230

食器棚の扉全開。
食器は自分で買ったデュラレックスのタンブラー以外は、
淡路の祖母の家から持ってきた骨董品と母親の形見。
ひとり暮らしにしては食器は多いです。
いつか結婚して4人家族になることを妄想して揃えてるかも。
Dscf0207

つづく。

2010年3月17日 (水)

台所の時計を捨てる。

以前は、台所の壁に、直径25センチぐらいの大きな時計をかけていましたが、
25センチあると存在感がありすぎるので、処分しました。

今は、冷蔵庫に無印の小さな時計をくっつけています。
マグネットが付いていて、冷蔵庫の好きな場所にくっつけられるから便利です。

写真は冷蔵庫の扉と時計アップ
Dscf0289 Dscf0291

2010年3月16日 (火)

下駄箱に物は置かない。

玄関や下駄箱は、家全体を象徴する空間と思うので、
下駄箱上のスペースには、必要最小限、かつ、
少し楽しみのあるものだけを置いています。

今置いてあるものは以下の通りです。
・図書館の庭で拾った木の実
・骨董市で入手した、飾り用の小引き出し
・鍵や手袋、買い物用レジ袋をいれる大鉢
 (淡路島の祖母の家で入手。100年ぐらい前の?)

写真ではこんな感じ。
Dscf0288

今は片付いていますが、2年前は、
・古紙回収に出す前の不要紙
・買い物でもらった袋類
・スーパーの回収ボックスに入れる前の牛乳パックの山
など、不要なものばかり下駄箱の上に積んでいました。

これらをどうしたかというと、

・古紙回収に出す前の不要紙→下駄箱の中へ
・買い物でもらった袋→処分。今はもらうのをやめた
・牛乳パックの山→山にならないよう、買い物の都度スーパーへ持っていく。
 スーパーに持っていく前は、玄関の扉に吊るしたエコバッグの中。

という感じで処分や片付けをしました。
玄関が片付くのと同時に家の中全体も片付いたような気がします。

2010年3月15日 (月)

年賀状を捨てる2

年賀状を無印の葉書アルバムにファイリングして、
それを住所録代わりに使っています。
年賀状をくれた人から、封書や葉書をもらった場合は、
年賀状と差し替えます。
そうすることで、葉書アルバムは、友人知人との直近の通信記録が残ります。
年賀状を書くときには、そのファイルを見ながら書くので、
直近の話の続きで年賀状を書けるから便利です。

2010年3月14日 (日)

年賀状を捨てる。

年賀状を毎年100枚ぐらいもらいます。
それを、毎年、無印の葉書アルバムにファイリングして保存していました。
10年ぐらい続きましたが、ある日、増えたアルバムを眺めながら
「こんなにたくさん大切に取っているけど、何に使うんだろう?
このまま未来永劫アルバムを増やし続けるんやろか??」

こう思ったら「捨てスイッチ」オンで、直近の1年を残して処分です。
はーすっきり。

2010年3月13日 (土)

コインアルバムを捨てる。

ずいぶん前に他界した母がコレクションしていたコインアルバムがありました。

各年発行の1円、5円、10円などの硬貨や、
100円札、500円札などをファイリングしたものです。
母親コレクションだからと、20年以上手付かずのゾーンでしたが、
もういいかなと思い、アルバムは処分しました。
ファイリングしてあったお金は普通に使いました。
現在流通していない古いお金(昔の大きな50円玉など)は、
銀行に持って行って、現在流通しているものに交換してもらいました。

このアルバムがなくても、母親が残してくれた、わたしのこの体があれば、充分です。

2010年3月12日 (金)

メールを捨てる。

自宅でパソコンメールを始めたのが1997年、
それ以来、メール送受信の履歴数百メガバイトを、
10年以上、大切にとっていました。
しかし、ある日、ふと思い付いて、直近3年分ぐらい残して削除しました。

メールの量が多いと、パソコンを買い換えたときにデータを移すのも面倒だし、
携帯メールなら一定量に達すると古いメールから消えていくので、
パソコンもそれでいいんじゃないかと思い、捨てました。

それから1年ぐらい経ちますが、別に困っていません。

2010年3月11日 (木)

歯磨きは夜しか真剣にしない。

主治医(歯科医)に教えてもらった歯磨きのこつ。

「朝と昼は適当でいいから、夜だけ真剣に磨きなさい」

虫歯は夜寝ている間にできるらしいので、
その直前の寝る前にぴかぴかに磨けばオッケーだそうです。
逆に、朝や昼に真剣に磨いても、夜の磨き方がいい加減だと、
まるで効果なしらしいです。

そんなわけで、夜の歯磨きスペシャルバージョン。

1.普通の歯ブラシでブラッシング
2.小さい歯磨きで奥歯を集中的にブラッシング
3.デンタルフロスで歯と歯の間を掃除
4.歯間ブラシで、食べかすの溜まりやすいポイントを掃除

3と4は、歯科医の指導で始めました。
なんか、びっくりするぐらい食べかす取れます。
歯ブラシで磨いたぐらいでは、
歯と歯の間の汚れは全然取れていなかったことを実感し、
今まで歯ブラシで磨いていたのは何だったんだろうと思います。

2010年3月10日 (水)

本棚を捨てる。

少し広い家から、今の1DKに越してきたときに、
本棚も捨てました。

それまで、広めの家に住んでいたこともあり、家具が増えていたので、
引越先に本棚を置くためのちょうどよい壁がなかったからです。

90×180センチの本棚を捨てるためには、
その中に入っていた本や雑貨も処分しなければ。。。

というわけで、本は100冊ぐらい古本屋へ、
雑貨も処分、また、他の収納スペースのものを処分して、
本棚の中身を移すと、あっけないぐらい簡単に本棚を処分できました。

そんな簡単に処分できるものを、どうして長いこと持っていたのだろう。

6年前の話でした。

2010年3月 9日 (火)

ベッドを捨てる。

少し広い家から、今の1DKに越してきたときに、
ベッドを捨てました。

理由は単純、ベッドを置くと床面積がものすごく狭くなるからです。

その結果、毎日布団の上げ下ろしをすることになりましたが、
布団を上げてびっくり、ひと晩眠った布団は意外に湿っているのです。
今では毎日布団を屋内乾燥しています。
ベッドを使っていたら、敷きっぱなしで気づかなかっただろうと思います。

2010年3月 8日 (月)

こたつは持たない。

こたつ、持ってません。

四六時中布団を出しっぱなしで、しかも、
布団に入ったまま飲み食いをするのって、
なんかヘンじゃないかなぁ。

一般的に、こたつではなく、ベッドや布団の中で飲み食いすると、
ものすごく行儀が悪い気がするのだけど、
こたつだとオッケーなのはなんでだろう。
どちらもそんなに違わないと思うのだけど。。。

それに、こたつ布団は埃をいっぱい吸いそうだし、
掃除するときもこたつをどかすのが面倒な気がします。
そんなわけで、こたつなし。

2010年3月 7日 (日)

シンプルな鍋を持つ3

シンプルな鍋を持つ」では無水鍋を、
シンプルな鍋を持つ2」ではアルマイト鍋を紹介しました。
これらはとても気に入っていますが、
「今持っている鍋のうち、ひとつだけ持って引っ越すならどれにする?」
と尋ねられたら、迷わずルクルーゼ、それから、
ルクルーゼを使って作るレシピ(平野由希子さん著)を選びます。

普通のお料理本の場合、レシピ作成者と読者では、
使う鍋が違うから同じ味を再現するのは難しいけれど、
平野さんのレシピは、ルクルーゼという共通の鍋があるので、
再現性が高いと思います。

また、平野さんのレシピはどれもシンプルで簡単だけど、
すごくおいしい料理ができるからです。

このレシピに知り合うまでは、自己流で料理しており、
わたしの料理を食べた家族知人からの評価は最低でした。
しかし、ルクルーゼのレシピに出会って忠実に料理するようになってから、
わたしの料理を食べた人の評価は最高でした。
友人の中には、わたしが料理上手と心から信じている人もいるぐらいです。
なんだか、だましているようで申し訳ないですが。

写真はルクルーゼと平野由希子さんのレシピ達。嫁入り道具です。
Dscf0234

2010年3月 6日 (土)

本は買わない2

図書館で本を借りるのはすごく便利ですが、
最近おもしろいなと思うのは、友人や知り合いから本を借りることです。

図書館で本を借りると、どうしても自分の趣味に合うようなもの、
似たような本ばかりになりますが、
人が貸してくれる本は、自分では買わないジャンル、
普段読まないジャンルの内容が多く、
世界が広がります。

あたりはずれはありますが、
それに賭けてみるのも楽しいです。

2010年3月 5日 (金)

パスタ鍋問題3

大鍋とザルの組み合わせをあきらめたその後。

それまで使っていた大鍋は10年選手で、
しかも全然気に入っていなかったため、
処分して、代わりにアルマイト鍋を購入しました。

素朴で・ぴかぴか光っていなくて・安っぽいものということで、かなり気に入っています。

今は、この鍋でパスタを茹で、流し場にザルをセットして湯切りをします。

写真は「パスタの踊り」。全然見えないですね。ごめんなさい。

Dscf0284

2010年3月 4日 (木)

パスタ鍋問題2

パスタ鍋購入はあきらめて、手持ちの大鍋に合う大きなザルを買いました。

大鍋にザルをセットして、その中でパスタを茹でてみましたが、あれ???

「パスタが踊らない!!」

これまでは、パスタを茹でるとき、
乾麺のパスタに水分が通ってある程度柔らかくなると、
鍋の中の対流に合わせて、パスタがぐるぐるとコイル状に動いていました。
これを、わたしが勝手に「パスタの踊り」と呼んでおり、
今まで、この踊り具合を見て、パスタの茹で加減をチェックしていました。

しかし、ザルという障害物ができて、鍋の中のお湯の流れが
変わってしまい、パスタが踊らなくなってしまったのです。

これでは茹で加減がわからんと、結局大鍋とザルの組み合わせはあきらめました。

みんな、パスタを茹でる時はどうしてるんだろう。

つづく

2010年3月 3日 (水)

パスタ鍋問題。

ずっと長い間、パスタ鍋が欲しかったです。

大鍋と、それに合う大きなザルのセットで、
大鍋の内側にセットしたザルの中でパスタを茹で、
ザルをひきあげるとパスタの湯切りができるものです。

ネットショップなどでかなり調べ、
東急ハンズやクロワッサンの店にも通い、
探し求めましたが、気に入った物が見つかりません。

世に出回っているパスタ鍋は、なんというか、
イタリア基準?で、カラフルでポップなもの、
ぴかぴか光ったもの、高級そうなデザインが多く、
わたしが求めているような、素朴で、ぴかぴか光っていなくて、
安っぽいものが見つからなかったのです。

さんざん探して、パスタ鍋はあきらめ、結局、
業務用調理用品店で、手持ちの大鍋に合う大きさのザルだけ買いました。

明日に続く。

2010年3月 2日 (火)

増えたもの・減ったもの13

先日、オーケストラの合宿に行って、合宿所のタオルをもらってきました。

ひとり1枚、歯磨きセットと一緒に割り当てがあるのです。
このタオル、ぺらぺらで、乾きやすくて使いやすく、
台所のシンク下の持ち手にもかけられるので、気に入ってます。

シンプルライフ3箇条その1
「ひとつ手に入れたらふたつ捨てる」

今回はペットボトルを2本捨てます。
このペットボトル、炭酸飲料のもので、
自家製どぶろくの保存用に大切に保管していました。
家で作ったどぶろくは、冷蔵庫に入れても発酵が進んで炭酸ガスが出るので、
炭酸飲料のペットボトルみたいに強度があるものを使わないと、
中にガスがたまって爆発するんです。
だけど、最近はどぶろく造りもあまりしなくなったので、処分します。

写真は合宿所のタオルと、ペットボトル。
Dscf0277 Dscf0279

2010年3月 1日 (月)

これは人に言わない。

「お給料の額と、選挙で誰に投票したかは人に言ってはならない」

小さいとき、祖母からそう教えられました。
昔はあまり意味がわからなかったけれど、
大人になった今は「なるほどなー」と思います。

お給料の額を人に教えると、
その人より多いと妬まれたり集られる可能性があるし、
少ないと馬鹿にされそう。

選挙の投票内容も、人に教えると、
その人と同じ候補を支持していなかったときに気まずくなる。

人間関係をシンプルに保つ上で、
このふたつを言わないことは大切と思います。

« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »