2014年7月31日 (木)

久々に こんな家です(台所編)7

台所の収納は、どんな感じかといいますと、

《冷蔵庫》
P7192558

がらがらです。
食材を買い込まないようにしています。
それと、料理したときに鍋のまま冷蔵庫に
入れておきたいので、空きスペースは、
意識して作っています。
写真は20センチのルクルーゼが、
冷蔵庫にそのまま入ってますね。

《シンク下》
P7192560

左から、食糧庫(ちょっと乱雑になっている)、
真ん中は鍋コーナー、右は、雑貨入れです。

《ガスレンジ下》
P7192561

左から、袋入れ(ちょっと増えてきた)、
真ん中は野菜ジュース、右はお酒。

ちなみに、お酒は、食器棚の下にも

《お酒コーナー》
P7192563

日本酒、焼酎、ワイン、なんでも揃っています、ふふふ。

台所の話、いったん中断します。

2014年7月30日 (水)

久々に こんな家です(台所編)6

今日も台所の話。

《冷蔵庫の上》
P7262596

あっさりしてます。
電子レンジを持っていた頃は、冷蔵庫の上が
電子レンジ置き場でした。

今は、ベランダ水やり用ペットボトル
ティッシュ、水を置いているだけ。
ティッシュケースは、ポストカードスタンドとしても使っています
このすっきり感を知ってしまうと、少々不便でも、
電子レンジはもうイラナイやと思います。

《キッチンコーナー》
P7262602

う~ん、すばらしい。
何がすばらしいかって、冷蔵庫の色と大きさです。

まるで、ここのキッチンコーナーに合わせたかのように、
ぴったりではありませんか。完璧なコーディネイト
コーディネイトはこうでねえと(おやじギャグすみません)。

旧宅以前から持っていた冷蔵庫ですが、
なぜか、今の部屋にジャストフィット。
これにはオーナーさんもびっくりしてました。

この絵を見てしまうと、ますます電子レンジって、
余分なものに思えてくるのです。

冷蔵庫と同じ色の電子レンジがあれば、買うかもしれんけど。
もしくは、シルバーも「あり」かな。

つづく

2014年7月29日 (火)

久々に こんな家です(台所編)5

昨日は、ドアストッパーの話に終始したので、
今日は台所らしくいきますね。

《食器棚》
P7192554

親戚にもらったものです。
昭和50年ごろのもの。

《オープン!》
P7192555

使用中の食器が、ところどころ抜けてますが、
これがすべて。

ほどんど、淡路の家から持ってきたものです。
デュラレックスタンブラー、野田琺瑯、
竹かごを除き、自分で買ったものがほとんどありません。
一人暮らしではこんなに必要ありませんが、
今後家族が増えることがあっても、
このメンバーでやっていこうと思ってます。

《おたのしみコーナー》
P7262598

台所の隅に、小さいテーブルを置いて、
その上にお菓子を置いてます。
テーブルは、以前、オーケストラの練習の帰りに、
いつも通っていた喫茶店が閉店するときに、
もらったもの。
持ち手つきのかごは、
マンションのオーナーさんのお母さんの遺品。
手前のかご2つは、先日いただいた、
東京の読者さんからのいただきものです。

あちこちに、みなさんの好意と思い出があります。

つづく


2014年7月28日 (月)

久々に こんな家です(台所編)4

台所の続きです。

玄関つき台所なので、玄関の写真をひとつ。

《これ なんでしょう?》
P7192543_2

素材は、バイオリンに使う木です。
近所のばよりん職人さんにもらいました。

正解は。。。

《ドアストッパー》
P7192544

こうやって、扉と、枠?の間に木を挟むことで、
ドアを開けた状態にできます。

普通、ドアストッパーというと、扉と床の間に
挟むものが主流ですが、
それだと、床の状態によっては、だんだん、
ずれてきますよね。

この方法だと、ずれる心配もありません。

ばよりん職人さんの工房へ遊びに行ったときに
ナイスアイデアに感動して、ほしいほしいと言ったら、
くれました。

というわけで、バイオリンの木でできたドアストッパーでした。
台所らしさ皆無の話ですみません。

つづく

2014年7月27日 (日)

久々に こんな家です(台所編)3

台所。。。というか、玄関の話が、なかなか終わりません。
まだ続いてます。

げた箱周辺は、こんなんなってます。

《傘立て》
P7192537

コンクリートブロックに傘をつっこんだだけ。
このコンクリートブロック、今の部屋に越してきたら、
ベランダに転がっていました。

ちなみに、竹の棒3本は、捨てる予定なのですが、
ごみ袋に入るサイズに切断しないと捨てられないので、
そのまま放置されてます。あかんやん。

げた箱左半分は、本来の用途の、靴入れとして使ってます。

《靴入れ》
P7192541_2

黒パンプス2、白パンプス1、スニーカー1、
長靴1、ヤコフォーム1の計6足、これが全てです。

茶色中心のコーディネイトをやめたし、
ブーツを履くのもやめたので、
靴の量はかなり減りました。

ちなみに、上の写真、よく見ると、げた箱の棚板が、
たわんでいます。

これは、右半分に入れたCDのせいです。

《上2段に、CD300枚ぐらい収納》
P7192538_3

CDは、プラケースを捨ててソフトケースに入れ替えているので、
これだけの空間に300枚ぐらい入ってます。
なんか2段目、左に倒れてる。。。

靴の隣にいきなりCDは、少々抵抗があるので、
埃よけ?に、ダンボールで仕切りを作っています

つづく

2014年7月26日 (土)

久々に こんな家です(台所編)2

昨日の続きです。

げた箱の上には、玄関照明があります。

《白くて見えない》
P7192536_3

《玄関照明アップ》
P7192571

ちょっとレトロな感じが気に入ってます。
築40年近くのマンションなので、
パーツがところどころ昭和のいい味してます。

これ、一応玄関照明ですが、わが家の場合、
玄関=台所 なので、
台所の間接照明としても、大活躍しています。

間接照明は、別に専用の照明器具を用意しなくても、
間接的に照らせばオッケーなんだから、
隣の部屋の灯りを点けて、ドアを細く開ければ、間接照明です。

《洗面所の灯りも、間接照明》
P7192573_2

つづく

2014年7月25日 (金)

久々に こんな家です(台所編)

旧宅時代、4年前にやっていた「こんな家です」、
引越後バージョンではやってなかったので、久しぶりに。

台所から行きますね。

その前に、こんな間取りです。

《田の字型 囲った部分が台所》
Pb300951__2


玄関入ったら、いきなり台所。
廊下ありません。この家には廊下がない。
台所つきの玄関ホール8畳 とも言える?

《玄関入ったとこ》
P7192535_2

ご覧の通り、いきなり台所です。
撮影用に、わざとらしく障子を閉めてみましたが、
夏場は開けっ放しです。
ちなみに、この障子は、マンションのオーナーさん作

《げた箱》
P7192536_2

げた箱の上は、オーディオコーナーです。

以前に、チェロパートで呑みに行くときに、
わが家を「一時楽器置き場」として、
チェロを預かったのですが、
そのときに来たチェロのおじさんに、
「げた箱の上にオーディオがある。信じられん」
と言われました。

ここに置いておくと便利なんですよ~。
出かける直前までラジオ聴いていられますから。

ちなみに、左のかごは、マンションのオーナーさんのお母さんの遺品
真ん中の四角いのは、以前に
据え置き型MP3プレイヤーが見つからない問題
で、その解決策として購入した、
東芝製のCDクロックラジオです。
そして、右は、BOSEのWaveRadio
これは、同じオケのビオラプレイヤーさんから、
3万円で売ってもらいました。

《WaveRadio》
P7192573

WaveRadioはモデルチェンジされたので、
今は、このデザイン手に入りません。

最近のモデルは、光るパーツがあったり、
イマドキな感じになっていますが、
わたしは、この古いモデルがデザイン的に一番好きです。
実は、もうかなり調子悪くて、CD再生するのに、
読み取りに時間がかかったり、もうろくしてきてますが、
デザインが好きなので、しぶとく使っています。

つづく

2014年7月24日 (木)

たのしいご近所づきあい208

ノー残業デーの水曜日、ご近所さんと待ち合わせして、
ピザを食べに行きました。

少し前までは、ノー残業デーなにそれ?みたいな、
「ノーノー残業デー」でしたが、最近になって、
ようやく、一般人並みに、ノー残業デーは
定時退社できるようになったのです(やった!)

さて、このピザ屋さん、1月にオープンしたそうですが、
「オープン記念セール」で、
マルゲリータとマリナーラが、通常980円を、なんと290円。

ナポリで修行した職人さんが、薪をくべたでっかい釜で、
焼きたてのアチチチを出してくれます。

近所のばよりん職人さん、ピアニストさん、
インド舞踊の先生、わたしの4人で行ってきました。

《んまい~!》
P7160039

写真ではピザ1枚しかないけど、実は、
4枚オーダーして食べました。うまうま。

バイオリンの修行でイタリアに長く暮らした
ばよりん職人さんが見つけてきたお店です。

雑誌のうまい店情報もいいけれど、
知り合いに教えてもらう、うまい店情報は、
さらにヒット率があがります。

ちなみに、1枚290円のピザ4枚と、
少しのサイドメニューを頼んだはずが、
お会計はトータル8000円弱。
食べ物代は2000円ちょっとのはずなので、
6000円近くお酒代です。

どんだけ呑んだんや。。。

またいこ。

https://www.facebook.com/pages/Pizzeria-Famiglia/482076705253983

2014年7月23日 (水)

たのしいご近所づきあい207

とある月曜日。

少し残業をして、9時半ごろ、マンションに戻ってきたら、
1Fで宴会中でした。
マンションのオーナーさん、ばよりん職人さん、
某プロオケのバイオリニストさんが呑んでました。

最近ご近所さんの間で大ブームの「イヅツワイン」を呑む会です。

「まあ ちょっと呑んでいきや」

《なぜか寿司も出てきた》
P7142518

おなかすいていたので、
「はいは~い! いただきます!」
お寿司をパクパクいただきました。

少し空腹が落ち着いて、ワインをちびちびやっていると、
近所の材木屋の社長が登場。

《屋上でトマトがいっぱい採れたから、持ってきたんだって》
P7142519

そうこうしているうちに、1Fホールのインド舞踊レッスンが終わりました。

《インド舞踊の先生が、豆せんべいを焼いてくれた(右)》
P7142520

この豆せんべい(パパドといいます)、
ピリッと辛くて、ビールにめっちゃ合うんですよ!

辛いうまい辛いうまい言いながら、
パクパク食べました。

ちなみに、この豆せんべい、インド料理屋さんでオーダーすると、
1枚100円ぐらいしますが、業務用をAmazonで買うと、
ひと袋290円です。

http://www.amazon.co.jp/dp/B004P2RWP0

一気食いしたいなら、これ買って家でビール飲みつつ、
自分で焼いてパリパリ食べるのがよいですね。

このあと、別フロアでやっていたヨガ教室の先生や、
セラピストさんも合流して、宴は続きました。

《まだ月曜日なんだけど。。。》
P7142528

2014年7月22日 (火)

たのしいご近所づきあい206

3連休の初日のこと。

オケの仲間とランチしたあと、近所の喫茶店に行ってお茶。
帰り間際に、マスターが
「たこ持って帰り!」

《生だこ。ローソンの氷の袋に入ってる》
P7192535

ぬめりとり済なので、あとはゆがくだけです。

マスターに教えてもらったポイント。

1.沸騰した湯に2分
2.湯から引き上げたら、氷水で2~3回しめる
3.キッチンペーパーなどで水気をきれいに拭き取る

おっと、わが家に氷ありません。
製氷皿は台所の吊り棚の奥で眠ってました。

以前にも「製氷皿はいらない」と断言してましたが、
必要でした。捨てずに残しておいてよかった。

2年ぶりに氷作ります。

《左が製氷皿。右は野田琺瑯に入れた空豆
P7192538_2

«わが家は、全館冷房!