2016年9月 1日 (木)

白い靴と鞄を捨てる。

最近捨てる話がすっかりお留守になっています。
以前に比べると、物が減ってしまい、
ペースは落ちましたが、地味~に、ゆっくり処分しています。

≪白い鞄≫
P7050522

≪白い靴≫
P7050523

もう、白い鞄や白い靴が必要なコーディネイト、
やめました(そういう服は処分したの)

以前に、茶系のコーディネイトも処分し、
今回、白い鞄と靴も処分。
これで、黒い鞄と靴だけ持っていればOKです。

パーソナルカラー理論と、
洋服選びのセオリーをわかっていれば、
間違えた買い物をすることもないし、
これからは、仕事モードの靴・鞄は黒一色でいきます。

2016年8月31日 (水)

たのしいご近所づきあい316

先日、マンションのオーナーさん、そのおじさん(90歳)と、3人で、
カインズホーム(ホームセンター)へ、車でお買い物に出かけました。

目的は、食虫植物購入!

1Fのホールに最近小バエが増えたので、
それの対策として、食虫植物を置いて、
小バエを食べさせようという企みです。

カインズホームに着くと、いろんなものが、
お手頃価格で手に入る。すごい。

おじさんが、ひとこと。

「こんな便利な世の中になって たぶん 今は、
明治維新の後で、一番平和な時代ちゃうかなぁ~」

明治維新が皮膚感覚に刻まれてるって、すごい。
おじさん、大正生まれやけど。。。

それで、ホームセンターをうろうろして、
食虫植物、1F水槽の水替用ポンプ、
どじょう、ソテツの鉢植え、お好み焼きなど、
なんかいろいろ買って帰途につきました。

帰り道、おじさんが、

「今通り過ぎたところにテニスコートがあって、
 わたし、前に、そこでテニスしとって、転んで、
 頭打って、大変なことになったんです」

あ~ そういえば、そんな話聞いたことがあった。
そのとき、命にかかるような大怪我をして、
それがきっかけでテニスやめたとか。

「それって、70歳の時でしたっけ?」

「いいえ、80歳のときです」
(おじさんは、いつも丁寧に話されます)

80歳でテニス。
怪我がなかったら、おじさん、
いったい何歳までテニスするつもりだったのか。


しかし、休日に、こうやってご近所さんと、のんびり買い物し、
仕事もあり、趣味もあり、体もまあまあ元気で、身内に心配事もなし。
わたしの今の状態も、人生の中で一番平和な時代ちゃうかな~と
思った日曜日でした。

2016年8月30日 (火)

2016年の年末大掃除

気の早い話ですが、今年の年末大掃除のスケジュールを決めました。

10月8日(土)~10日(月・祝)この3連休に実行します!
いつも11月の文化の日前後にするのだけど、
文化の日は木曜日で連休じゃないからね。

こんだけ早くしたら、もはや年末ちゃうやん?
と突っ込まれそうですが、いいんです気にしません。

寒くなって水をさわるのが嫌になる前に、
さっさとやってしまうのが、わたし流。
11月はオケの合宿もあるし、
年末は忘年会で忙しいんだから、
呑んだくれるためにも、
さっさと10月にやってしまお。

これを読まれているかたも、
10月の3連休、一緒に大掃除、いかがですか?

2016年8月29日 (月)

シンプルライフの力3

「シンプルライフの力」というタイトルで書き始めようとしたら、
過去に、同じような記事を二度も書いていたことが発覚。
三度目の正直? またどうせ同じことを書くと思うのだけど。

ちょっと最近、人間関係で右往左往、
ある方の言動を気にしすぎて、
こちらがおかしくなってました。

気を緩めると、他のことが手に付かず、
ボンヤリしてしまう。

こんなときこそ、家のなかをきれいに片づけて、
自分の心をニュートラルに保たないと。

暑いし、片付けも掃除も、正直じゃまくさい。
もう充分片付いているし、まあまあきれいだから、
少々さぼっても問題ない。
掃除より昼寝したい。
お酒呑んで寝てしまいたい。

と思うのだけど、いかんいかん、部屋は自分の心を映す鏡、
やっぱりきれいにしないとね。
部屋をきれいにすると、心が落ち着きます。

すっきり片付けて清めた空間にいると、
心が満たされて、胸のなかのモヤモヤも、多少は忘れられる。
(全部忘れられるほど、そう 単純ではない)

他人とかかわりながら生きている限り、
誰かに影響されるのは仕方ないけれど、
それでも、わたしは、自分がやるべきことを、
ちゃんとやっていこう、自分がしっかり生きていこう。
片付いた部屋のなかで、そう 思ったのでした。

2016年8月28日 (日)

ホームシアターごっこをしたい22

3年前にプロジェクターを購入し、
最近、ロールスクリーンとbluetoothレシーバーも調達し、
抜群に環境の良くなったわが家のホームシアター環境

しかし、問題は。。。椅子です。

昔ヤフオクで買った「理科室の丸椅子」
P8270650

これに座って見ていると、ホームシアターというよりは、
理科の授業でスライド見せられているような、
そんな気分になってくる。

背もたれのないソファとか、
もうちょっと本気で座れるものがほしい。

そう思い、ダイニングセットと同じ木のベンチを
探すことにしました。
本当ならベンチではなくソファの方がいいのだけど、
ここには、背もたれのない木のベンチを置いて、
お風呂上りに縁側に腰かけるイメージで涼みたいので、
木にこだわってます。

ところで、このダイニングセットの素材は何の木だろう?

≪この~木なんの木?≫
P8270649

手掛かりはないかと、椅子をひっくり返してみると、
「Shin Lee」とロゴが入っている。

早速ネットで調べたら、そういう名前の、
家具のブランドがあるらしいですね。
知らんかった。
この家具、もらいもんなので。。。

へ~と思いながら調べると、
ヤフオクで同じ品物を発見。

http://page9.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/k223877518

ここの説明によると、この木はオークらしい。
ちなみに42,800円で即決だって。安いね~。

2016年8月27日 (土)

食べ物はあまり買わない90

少し前のこと。

オケのばよりんのHさんから、お庭のゴーヤをいただきました。
ゴーヤチャンプルか、もしくはスライスしてレモン醤油おかかのせに
しようかと思いましたが、
Facebookでお友達が素揚げにした話を書いていたので、

≪真似しました~≫
P8110604

油こわい! 命がけで揚げ物です(大げさやな)

そういえば、この油(BOSCOのオリーブオイル)、
会社で商品サンプルとしてもらったやつだわ。。。

≪ウイスキーのソーダ割りでいただきます≫
P8110603

ああ。。。ウイスキーも、いただきもの。
IT資格団体のとある方からの、差し入れ。

ちなみに、ゴーヤって、種もワタも食べられます。
素揚げにすると、種は、ぽりぽりおいしいのよ。
1cmぐらいの輪切りにして、揚げて、塩こしょうを振って調理終了。
工程は簡単です。油こわいけど。

ふう~ ゴーヤ2.5本を一気食い。

その後日、また、ゴーヤをゲットしてしまった。

≪素揚げふたたび≫
P8180631

ビールは、マンションのオーナーさんにもらった。
ゴーヤは、某格闘技世界チャンピオンの畑のゴーヤ。

世界一ゴーヤです。

その翌日。

≪ゴーヤみたび≫
P8190633

チャンピオンゴーヤ2本目。

これだけ揚げると、おいしい揚げ加減がわかってきました。
しっかり揚げるよりは、オイルフォンデュでもするような気持ちで、
さっと油にくぐらすほうが、シャキシャキした食感が残って、いいみたい。
写真右のゴーヤは、ちょっと揚げすぎ。

しかし、わが家には、まだあと2本、ゴーヤがあるのですよ。
(ばよりん職人さんにもらった)

このまま、ゴーヤ素揚げの道を究めるか!?

2016年8月26日 (金)

たのしいご近所づきあい315

過去にも何度も書きましたが、
わたしは、淡路島の、超田舎で育ちました。

5歳で母親と死に別れて祖母のもとへ預けられ、
超田舎で祖母と、ふたり暮らしで18歳まで過ごしました。

家の中は、わたしと祖母の2人だけ、
近所の家もまばらで、友達もあまり近くにいないし、お店もない。
車もないので、スーパーに買い物行くにも、
自転車に乗って10分ぐらいかけてバス停まで行き、
そこからバスに乗って15分で洲本の市街地に出る、
そんな感じ。
さみしく、不便極まりない生活でした。
祖母はわたしを大切に育ててくれたけど、
心の中で「自分の環境は普通ではない」
という思いが常にありました。

だから、近くに友達が住んでいて、交通に困らない暮らし
というのは、ずっと夢見ていたような気がします。

そのせいか、漫画家のなかじ有紀さんの同居ものとか
大好きで、こんな暮らししたいなぁ~と夢見てました。

あれから30年?

今のわたしは、どうだろうか?

同じマンションに知り合いがたくさんいて、
1Fに降りていけば誰かに会える。
近所の喫茶店に行くと、また知り合いがたくさんいる。
そして、なぜか、父親みたいなひとがたくさんいて、
(パパちゃうで! 父親やで!)
食べ物をくれたり、部屋を直してくれたり、
お酒飲ませてくれたり、いろいろ構ってくれる。

音楽面では、才能豊かな仲間に恵まれて、
どんな編成のアンサンブルでも実現可能。
その代わり、わたしもがんばって練習しないといけないけど。

そして、都会暮らしで、酔っぱらっても楽に帰宅できる(これ重要!)

しみじみと、今しあわせだなぁ~と思います。

もう、母親より10年も長生きしてしまいました。
母が知らないこの10年は、ご近所さんをはじめとした
仲間のおかげで、とても楽しかったなぁ。



2016年8月25日 (木)

たのしいご近所づきあい314

先日、チェロの弓の毛替えをしてもらおうと思い、
ばよりん職人さんの工房へお邪魔しました。

毛替えしてる最中、
職人さんのチェロを弾かせてもらいました。
いい音が出るのですが、特定の弦のある音だけ、
急に音色がおとなしくなる(ような気がする)

「G線のHとCが急にマイルドになりますね~」と わたし。
「そうか~、このチェロ、職人さんに調整出さなあかんなあ~」と 職人さん。
こういうボケは日常茶飯事です。

さて、毛替えが終わったら、弓の毛が乾くまで、
近所のインド料理屋さんで、二人でばんごはん。

22時でお店が閉まるので、それに合わせて退店し、
また工房に戻ります。

「弓の毛 乾いとうよ~」と 職人さん。

じゃあ その弓持って帰ります。。。とはならず、
なぜか「一杯呑みましょか」という展開に。

工房で、バイオリンなどの弦楽器や工具に囲まれて、
木の匂いを胸いっぱい吸い込み、
BGMはレコードでベートーベンのカルテット第6番。

普通のお店やマンションの1Fなど、
呑んで楽しい場所はいくつもあるけれど、
工房呑みというのは、初めてのパターンかもしれない。

そして、エスプレッソカップでいただくのは。。。
 :
 :
なぜか日本酒。

2016年8月24日 (水)

脱エアコン生活9

東日本大震災後の節電を機に始めた、
ノーエアコンライフも今年で6年目です。

地球温暖化に合わせて、自分の体も進化して、
暑いのに慣らしていこうと思っていました。

が、もう敗北宣言します! 白旗あげるー!!

今年も暑い!
寝るときに扇風機付けっ放しで寝るのはいいのだけど、
風の当て方が良くなかったのか、のどを傷めてしまい、
ここ数日変な咳が止まりません。
先日も、オケの後の呑み会のラスト10分は、
ず~っと咳き込んで涙目になってしまい、
「かおりちゃん そろそろエアコン買ったら~」
と 仲間に呆れられる始末。

その夜、いつもどおり眠りましたが、
夢の中で、ものすごく暑くてたまらない夢を見てうなされました。
もちろん起きたら汗びっしょり。

まあ こんな状態はあと半月も続かないので、
ここを乗り切れば快眠生活に戻れますが、
40過ぎて体も今まで通りとはいかなくなり(?)
そろそろ、エアコン生活に戻ったほうがいいんじゃないかと
考えをあらためはじめました。

でも この夏は もう面倒だから エアコンなしで生きていきます。

2016年8月23日 (火)

たのしいご近所づきあい313

ときどき、ヤマジイ(いつの間にか84歳)の話を書いてます。
神戸に越してきて1年足らずですが、
ボクシングにオーケストラ鑑賞に花火大会、
独居老人ライフを満喫中で、
しかも、元・船舶エンジンの技術者で、
なんでも修理してしまうため、
自転車修理からクルーザーのエンジン修理まで、
ご近所さんにひっぱりだこです。

こんなスーパー老人が、もうひとりいます。

マンションのオーナーさんのおじさんです。
歳は。。。たぶん91歳?
毎日早起きして8~9km歩き、
遠くのスーパーで買い物して帰ってきます。
また、1Fホールに集う音楽メンバーに感化されて、
90歳からピアノを習い始めました。
この方、元・物理教師で、
きちんと物事を積み上げるタイプ?というか、
こつこつ続けるのが得意なようで、
毎朝、わたしが出社する頃、1Fでピアノに向かって練習されてます。
おじさんが100歳になったら、記念コンサートやろうねって、
もう予約してあります。
(そのとき、わたしはチェロで伴奏するの)

わたしの40年後、50年後、こんな元気でいられるだろうか。




2016年8月22日 (月)

たのしいご近所づきあい312

先日お盆期間中に休暇を取った時のこと。
オケの練習もなく、久しぶりに暇でした。
あまりに暇で、最近暇を知らなかったわたしは、
何をして過ごすか困惑し、

まんが喫茶に行く or 自転車を蘇生する

どちらを選ぶか悩み、後者を選びました。

自転車、昨年のお正月に乗って以来放置プレイです。

まずは自転車置き場から、砂ぼこりまみれの、
素手でさわりたくない、超きたない自転車を、
1Fのガレージに移動して雑巾がけ。

雑巾3枚真っ黒になりました。

そのあと、近所の喫茶店に持っていき、
マスターに「これ なんとかしてー」とリクエスト。

結果的に、虫ゴム交換と空気入れるだけで蘇りました。
おいしいジュースも飲ませてもらい、
自転車も蘇り、さらにお弁当までもらって大満足。

≪マスターの手作り弁当≫
P8150644

≪蘇った自転車≫
P8150646

あり得ないぐらい前のカゴがボロボロ。
でもまだ乗れるよ。



2016年8月21日 (日)

たのしいご近所づきあい311

「戸締り用心 火の用心」 とは、よく言ったもので。。。

最近 ご近所で火事がありました。
友達がFacebookで「かおりちゃん 大丈夫?」
とメッセージを送ってきたので、
何の話?と尋ねると「近所で火事やで」とお返事。
そういえば。。。1時間ぐらい前、なんか、
消防の音が聞こえていたような。。。
その時に限り、家じゅうの窓を閉めて(しかも二重窓)
サイレントチェロを弾いていたので、
ご近所の様子に全く気付かず。
歩いて数分の場所で、3件燃えたらしい。

その 約1週間後、近所の喫茶店に入っていた泥棒が捕まった。
半月ほど前から2回、夜中に泥棒に入られてました。
「釣銭とられた! めんつゆとられた! ウイスキーとられた! パソコンもとられた!」

1回目の犯行の後、マスターはカンカンに怒ってました。
特に、めんつゆとウイスキー取られたのが頭にきたらしい。

その後、むかついたマスターは、ウイスキーの瓶に水と、
薄めたコーヒーを入れて、
ダミーのウイスキーを作って置いていたらしい。

2回目の犯行時には、それも持っていかれてしまった。
警察の事情聴取で、被害額を計算するのに、
「あれはダミーで、中身は水とコーヒーや」と マスター。
「じゃ それの被害額は瓶代10円ですね」と 警察。
このやり取り、コントかいな。。。(実話です)

また、2回目の犯行時には、ヤマジイの電動自転車のバッテリーも取られ、
ヤマジイもカンカン。

泥棒が入った翌朝は、サンスポがなくなっているので、
きっと犯人が持って行ってるのだろうと、
犯行時刻は朝の4時ごろと推定。
(サンスポがそれより早く届くんだって)

3回目は何としても防いでやると、
ヤマジイも、道を隔てた向かいのバス停のベンチから、
早朝見張っていたらしいけど、2日間ハズレ。

その後、警察が張り込んで3日目に、
犯人が再訪、お店から、いろいろ持って行き、
出てきたところを御用となりました。
取り押さえた警官曰く
「ものすごいいっぱい荷物持ちだしとった」そうで。

犯人から押収した品物の中には、
マスターのデジカメとか、
わたしが昨年フィンランドで買ってきたサルミアッキ(世界一まずい飴ちゃん)、
バイトのお姉さんの故郷の熊本の震災の本、
イタリア人のお客さんにもらったCDも入っていたらしい。

そんなん盗ってどないすんねん?

「ところで 犯人は どんなやつ?」

わたしが尋ねると、バイトのお姉さんが、

「○○くん」

あーあ。。。 常連さんでした。

お店の常連のみなさんなら、誰もが知っている彼が犯人。
有名大学を出て、堅い勤め先に通っていたのに、
お店でも、みんなに大切にされていたのに、
おかまバーのママには「あなた50万円で買ってあげるわよ」
とスカウト?されたら、別のおかまバーのママは
「200万円で買ったるで!」とスカウトされていたのに、
どうしてこうなっちゃったのか。

その日はわたし、夏季休暇だったので、朝と夕、二度お店に行きましたが、
みんな彼のことをよく知っているので、
呆れるやら情けないやら心配やらで、
お店の隣のマンションのおじいちゃんも、
近所のおでん屋のおばちゃんも
「ほんまにあの子、あほやな~」

しかし、誰も怪我したり、火事になったりせず、
みんな無事でよかった。
ヤマジイが見張っているときではなく、
警察が見張っているときに彼が現れてよかった。

それだけが救いです。

2016年8月20日 (土)

たのしいご近所づきあい310

前日の記事の続きです。

同じマンションのNちゃんが冷蔵庫に残してくれた
チーズケーキを食べて
(飲み物は、最近オーナーさんが凝っている水出し緑茶を
 これまた冷蔵庫からいただきました)
1Fでチェロの練習。

しばらく弾いて気が済んだので、そろそろ自室に戻ろうとすると、
オーナーさんが
「かおりちゃん 一緒にハイボール呑もか~」
よろこんで!

その日は、淡路から送ってもらった枝豆、
トマト、とうもろこし、会社でもらったローストビーフなど、
食材がたくさんあったので、
それをつまみにひとり晩酌するつもりでしたので、
それを、1Fへ移動。

≪宴会なう≫
20160807201936_3

最初、オーナーさんと2人でカウンターで呑んでいたけれど、
そのうちNちゃんも合流して、3人で楽しく呑んでました。

同じマンションに呑み友達がいるから、
もし台風で外に出られなくなっても呑めます。
こりゃ幸せだ。

2016年8月19日 (金)

たのしいご近所づきあい309

先日の日曜のこと。

知り合いのコンサートに出かけて携帯OFFしている間に
オーナーさんからの着信あり。

なにかなーと、帰り、マンション1Fの事務所に寄ると、
「ああ、Nちゃん(同じマンション)が冷蔵庫にチーズケーキ入れたから、
 食べていいよって。」

「やった~ 荷物置いてから降りてきていただきます!」

いったん自室に戻ってFacebook見ると、
Nちゃんからメッセージが。

≪平和なやりとり≫
20160808_facebook_2

こうやって、食べ物を買ってきたり、
分け合える仲間がいるって、
なんか、うれしい。

2016年8月18日 (木)

ホームシアターごっこをしたい21

オリンピック! 卓球女子日本銅メダル~!!

実は中学時代卓球部だったわたくし。
3位決定戦が気になったので。

≪見てました≫
P8170631

NHKのサイトで、同時放送の実験をしており、
ネットにつながる環境があれば、
リアルタイムで3位決定戦見られたのです。

プロジェクターで映して、
音はBOSEのスピーカーから出し、
ひとりスポーツバーの完成。

3位決定後の福原愛ちゃんの涙に、こちらも、もらい泣き。
「一番苦しいオリンピックだった」
という言葉が、深く胸の底に落ちていきました。

2016年8月17日 (水)

たのしいご近所付き合い308

先日、神戸市の花火大会がありました。
わたしは、オケの練習だったので、
おとなしく?オケに出かけて、
お決まりのパターンで呑みに出かけ、
ほぼ午前様で帰宅。

同じマンションのヤマジイはというと、
近所の喫茶店の常連さんのOさん宅に
お邪魔して、花火鑑賞。

Oさん宅、わたしも前にお邪魔したことありますが、
ポートアイランドのマンションの高層階で、
花火を見るのにとてもいい場所なのです。

そんなOさんのお宅にお邪魔して、
ヤマジイ花火に大興奮、
暑いのにずっとベランダに張り付いて
(ほかのメンバーはクーラーの効いた室内で、
 呑みながら、適当に花火を見ていたらしい)
部屋に戻ってこなかったらしいです。
「徳島には阿波踊りしかない」
と大興奮していたとか。。。(徳島の方ごめんなさい)

ヤマジイ83歳、神戸に移住して1年足らずですが、
近所の喫茶店を拠点に友達を増やし、
ボクシングにオーケストラ、花火鑑賞、
新しい世界をどんどん開拓してます。

何歳になっても、人生楽しい!
そんな姿をリアルに見せてくれるのが、
わたしもうれしいです。

2016年8月16日 (火)

イニシャルNとの戦い12

イニシャルNとの戦いが終わったら、次はDとの戦いです。
なんでしょう、わたしは虫に刺されやすい体質なのか。

同じ部屋に何人かいたら、先に刺されるタイプです。

そのことを以前オーナーさんに携帯メールで
「わたしには悪い虫がついて困る」
と 訴えたときのこと。

≪オーナーさんからのお返事≫
P8130629

なんだか 味わい深いお返事でした。

その他の虫? 悪い虫? で思い出したのですが、
以前、謎のおばあさんと別れ際に言われたひとことも、
今 思えば、命中していたなあ~ と
最近思い出して笑ってしまいます。

わたしの周りには、ほんとうに、おもろいひとが多い。
そして、不思議な出会いもいろいろあります。

2016年8月15日 (月)

イニシャルNとの戦い11

ようやく終息しつつある「イニシャルNとの戦い」
まったく。。。Nというのは恐ろしいヤツです。

さて、わが家に侵入したNを捕獲するために、
手作りのノミトラップを仕掛けてましたが、
その話を聞いたオーナーさんも、

「せっかくなので やってみるか」

と 1Fホールに仕掛けてみました。

その成果がこれです。

≪ぎゃー!! 取れすぎ!≫
P8120617

朝仕掛けて、夜にはこうなったとか。

ちなみに、捕れたのは、ノミではなく、小バエですが。
まあ、小さい害虫に効くということで。

そのときホールにいた、かっこいいYさんが、
オーナーさんに質問。

「こんだけ捕れたけど、この水には何が入っているの?」

オーナーさん曰く

「酒と。。。。 泪と 男と女」

by河島英五

2016年8月14日 (日)

たのしいご近所づきあい307

8月12日はペルセウス流星群の絶好の観測日和!

というわけで、ご近所さんと、
近所の公園へ連れ立って出かけました。

材木屋社長、ばよりん職人さん、
同じマンションのNちゃん、
隣のマンションのIちゃん。

いつもつるんでいるメンバーで
22時40分ごろ出発です。

歩いて30分ぐらい(近所の公園というには遠すぎる?)、
市街地から離れた高台にある大きな公園に着き、
街灯をよけてめいめいの場所に腰かけたり
寝転んだりして、1時間ぐらい流星観測してました。

「流れ星見えたら、何お願いするの?」
「宝くじ当たるように って言うねん」
「3回言わなあかんねんで」
「宝くじ 宝くじ 宝くじ・・・」
「ちょっと蚊に刺されたみたい」
「あっ かゆみ止め持ってきたから出すわ~」
「今 流れたで!」
「え~ かゆみ止め出していて見逃した!」

そんな 平和な会話をしながら、みんなで空を眺めてマッタリ。

淡路島と違い、やはり都会の空は明るく、
高校時代のように一晩で100個なんてのは無理でしたが、
それでも、ひとつ、スペシャルに明るい流れ星を見ました。

流れ星がこっちに飛んできたような、
短い軌跡で、とてつもない明るさ(マイナス5等星ぐらいか?)
一瞬 空が明るくなったかのような、
とても青白い流れ星を見ました。

みんな「わ~~~!!」と言って終わり。
宝くじなんて言う余裕なし。

しかし こうやって 近所のメンバーでつるんで遊べる幸せ。
(上から下まで年齢30歳以上離れてる)

≪帰り道≫
P8130618

帰りは下山?しながら、途中、野生のユリの匂いを嗅いだり、
道端のお宅の水槽のメダカ、タナゴ、鯉に大興奮したり、
かっこいい邸宅をうっとり眺めたり、
夜の楽しいウォーキングでした。

2016年8月13日 (土)

食の初期化

先日、近所の喫茶店で神戸新聞を読んでいたら、
料理研究家の土井善晴さんのレシピと文章がありました。

詳しい内容は忘れたけれど、
だいたい以下のような内容でした。

・みんな料理をがんばりすぎているのではないか
・何種類もおかずを作る必要はない
・一汁一菜、シンプルに、品数も手順も少なくして、
 だけどおいしく食べられればOK
・これを「食の初期化」と呼んでいる

目からうろこでした。
一汁三菜とかなると、ハードル高いけど、
ひとつだけ、丁寧においしくつくる。
それで充分ではないか。

特にわたしはひとり暮らしなんだし、
そんなにがんばる必要ない。
まあ 全然がんばってないけど。。。

ただ、おかずの種類が少ないと、
手抜きしているようで、それで、
数を増やすためだけに、
雑な料理をしていたと思うので、
それをやめました。
1種類でいいので、きちんと、丁寧に作り、
味わっていただく。

それでよし。満足。

«困ったときのシンプルライフ