2016年9月27日 (火)

わたしのシンプルライフ本32

前日に続き、同じ本の話。

この太田さんの居酒屋論が、なかなかすてきで。
引用しますね。

---
。。。レストランと居酒屋は価値観が違う。
居酒屋はうまいものを食べに行くところではなく
(もちろんその要素はあるが)、
自分の心をケアする場所だからだ。
精神的には酒場はレストランよりも上位にあると思う。
---

う~ん、深い。

そうか。オケの帰りに仲間と和民で呑んでるのは、
もちろん、お腹すいたとか、一杯呑みたいのはあるけど、
練習後の精神的な高ぶりをさましたり、
仲間と語り合ったり、そちらの目的もあるなぁと、納得。

シンプルライフからどんどん遠ざかってる感がありますが、
わたしのシンプルライフは手段であって、
目的は「お酒呑みたい!」なので、許してね。

2016年9月26日 (月)

わたしのシンプルライフ本31

『男と女の居酒屋作法』太田和彦/角川書店

≪表紙でノックアウトされた≫
P9110668

≪裏表紙もすてき≫
P9110670

ほとんど、ジャケ買い。。。ではなく、
ジャケ借り(図書館で借りてきた)のこの本。

東京近郊の味のある居酒屋やメニューを紹介する本ですが、
たんなる居酒屋紹介ではなく、
「それぞれのお店のドラマ」があり、
読んでいると、その店で呑んでいるような気分にさせられます。
そして、何より大切なのが、筆者の
「呑み助のあるべき姿」「居酒屋に何しにいくのか」の強い持論。
といっても、決して押しつけがましくなく、
ニヤリとしながら読み進められる、力の抜けた文章です。

最近、お風呂上りに扇風機にあたりつつ
炭酸水を飲みながら、この本の1章ずつ読むのが日課です。

先日も、そんな調子でお風呂上りにこの本を読んでいたら、
ある文章にノックアウトされてしまいました。

引用します。

---
居酒屋はどうか。
中野、高円寺、阿佐ヶ谷、荻窪、吉祥寺と続く沿線の
居酒屋はいずれも個性的ですが、
特徴は主人に人生観があり、
しばしば商売よりも自分の趣味主張が優先し、
客や売り上げを増やす意欲はあまりなさそうということ。
客もわかっていて、自分にフィットする店をいつの間にか見つけ、
しこしこと通う。食べ歩きだの、グルメだのはくだらないと思っている。
ではそこで何をするか。酒を飲んでぼおっとしているのです。
---

最後の一文にノックアウトされました。

酒を飲んでぼおっとする。すばらしい。

シンプルライフやなんやと普段うるさく書いているわたし、
おいしいお酒を飲む時間を増やすために、
誰かと一緒にいる時間を充実されるためにetc
いろいろ書いていますが、
「酒をのんでぼおっとしたい」
これもシンプルライフの目的に追加します。

(ちなみに、最後の晩餐も、お酒がいいです)

2016年9月25日 (日)

たのしいご近所づきあい323

『SAVVY』11月号買いました。

≪関西ローカルごめんあそばせ≫
P9240707

神戸特集だったこと、そして、とてもよく知っている方が
出ていることもあり、最初、立ち読みで済ますはずが、
立ち読みではもったいなくなって、
ちゃんと読もうと、買ってしまいました。

それでわかったこと。

木皿泉さんが引っ越してました。ガーン!

以前は、わが家の近所にお住まいだったはずが、
おしゃれで国際色あふれる北野の住人になられてました。
北野のページに木皿さんのインタビュー記事があって、
「木皿泉さんの北野おさんぽコース」まで紹介されていて、
「え~!? そうだったの。。。。」

ご近所を歩いていれば、いつか木皿さんとすれ違うかもと思い続け、
ベランダから見えるマンションの景色に、
どれが木皿さんのお宅かしらと妄想して暮らしてましたが
(あやしい)
北野だと、ちょっとそれは難しいなー。
同じ市内だけど、少し遠くなりました。

でも、SAVVY買ったし、今度、木皿さんのおさんぽコース行ってみよ。

2016年9月24日 (土)

ベランダ園芸解禁27

先日、職場でパートさんにいただいた「金のなる木」「アロエ」
以下のように配置しました。

≪台所で水栽培≫
P9220684

植木鉢が足りないので、植木鉢のいらない育て方を調べると、
水栽培可能とのことだったので、
3本のうち、2本は台所で水栽培します。

器は、左から、モロゾフのプリンカップと、
コップ酒(先日の「人生フルスイング」)のコップ。
相変わらず、もらいものベースです。

≪1本だけ、植木鉢へ≫
P9220685

こちらは通常バージョン。

この植木鉢、パクチーを植えてあったのだけど、
いつも途中でダメになってしまうので、
パクチーの隙間に金のなる木を
押し込んでしまいました。

2016年9月23日 (金)

たのしいご近所づきあい322

シルバーウィーク!
木曜日が休み!

というわけで、午前中は美容院でパーマあてて、
昼から、買い物の後、いつもの喫茶店に行きました。

お店には、おかまバーのママがいて
先日のテレビで「癒し系」と紹介されていた)

「かおりちゃ~ん いつもお菓子とかありがとうね」

と コーヒーごちそうになりました。

ママが帰ったあと、いつも光りもののオモチャをくれる
ヤタベさんが登場。
この日は、光りものではなくて、グラスを大量に持ってきてました。

「かおりちゃん 好きなの持って帰り」

う~ん、シンプルライフのわたしは、
あまり物は増やしたくない。。。と 思いつつ、
いい感じのビアジョッキを見たら

「これちょうだい」

と 言ってしまった。

≪しかも2つ≫
P9220697

最初、1つだけもらうつもりが、

「ひとり分だけ持って帰ってどないすんねん。
 2個とか3個持って帰れ」

と 言われたので、ふたつ。。

「呑む口がひとつしか無いねんけど~」

と抵抗したものの

「そのうち、一緒に呑む人が現れるから、
 そのときのために、とっとけ」

と マスターに言われまして。
じゃあ 一緒に呑む人も誰かわたしにちょうだいヨ
と 思ったり。

しかし、このビアグラス、なかなかの重量感で、
ビールを飲む以外に、花瓶として使えそうです。

最近持ち物が増えてきた。。。

2016年9月22日 (木)

ベランダ園芸解禁26

職場のパートさんが、
おうちのベランダの植物を、分けてくださいました。

≪左から、金のなる木、アロエ、金のなる木≫
P9170675

金のなる木やアロエ、以前は、わが家のベランダに
あったのですが、今年1月24日(日)の氷点下事件で、
全部凍死してしまったのでした。

リベンジします。

しかし、食べ物のみならず、
着るものとか、植物とか、
わたしの暮らしの「もらいもの化」が止まりませんなア~

2016年9月21日 (水)

食べ物はあまり買わない96

「♪か~んづめ か~んづめ 食~べほうだ~い
 食~べほうだい ユ~レイヒー♪」

https://www.youtube.com/watch?v=iVDx8enR-iQ

と ひとり 歌ってしまう ある日の夜。

≪缶詰山盛り≫
P9170672

会社で商品サンプルの缶詰を山ほどもらってしまった。

贅沢言わなきゃ、もらいもんの食べ物だけで
生きていけますね。


2016年9月20日 (火)

たのしいご近所づきあい321

シルバーウィーク!3連休!

その前が日曜から6連勤だったので、
うらみを晴らすように遊びました。

3連休のラスト、月曜日は、前日呑みすぎてヨレヨレで
昼まで寝てしまった。まあ、よくある話。

近所の喫茶店に行き、常連さんと話をして、
マスターにおみやげ弁当をもらって帰る。
これも、よくある話。

≪マスター特製弁当セット。なぜか日本酒付≫
P9190679

日本酒のラベルが「人生フルスイング」
酔いが回りそうな名前だ。

さて、この日は、以前に書いた『東京ディープ』の放送日。
といっても、わが家ではBSは見られない。
というか、テレビがない。

放送鑑賞はあきらめて、自宅でネットショッピング
(無印のサイトで棚を見ていた)
していたら、オーナーさんから電話。

「いま テレビ見てるから、うちに見においで~」

というわけで、別階のオーナーさん宅にお邪魔して、
無事、東京ディープのオンエア見られました。

マスターが
「体重1トンのお客さんはお断りや。床がぬける」と
ギャグをかます後ろでクスクス笑って、
ゴリさんに「後ろで笑ってるで」
と 突っ込まれてるのが、わたしでした。

金曜日の朝6時半から再放送があるようなので、
NHKBSプレミアム見られる方は、良かったらご覧ください。

それで、無事に放送を見て、満足して自室に戻ると、
携帯に、隣のマンションのIちゃんから着信あり。
わたしにテレビ見においでって連絡をくれていたようです。

電話すると「パンあげるから取りにおいで」と言うので、
パンもらいにいくと、そこには、同じマンションのNちゃんがいて、
なぜか宴会中。
わたしも混ぜてもらい、3人でご近所会。

≪おみやげに、パンをもらった≫
P9190680

そんな感じで、3連休のラストは、
ご近所さんと楽しく遊んでました。

遠くの観光地に行かなくても充分満足。
わたしの満足のハードルが低いのか、
それても、近所が楽しすぎるのか。

帰宅すると、オケ仲間や読者さんから
「放送見たよ~」
と メールが何通か届いてました。
オケのおじさま方は、わたしが映っていたことより、
わたしの向かいにいた男性が誰なのか気になったようで
「あれは誰なん?」
と つっこまれました。

(正解はヤマジイです)

2016年9月19日 (月)

たのしいご近所づきあい320

前から書いている通り、
わが家の近辺は一応都会のはずですが、
その一方で下町風情にもあふれ、
近所に知り合いが大勢いる様子を、
マンションのオーナーさんは
「ここは村やからなあ」
と いつも言われてます。

でも、かつて暮らしていた村というか、
淡路の超田舎は、閉塞的な場所でした。

お互いがお互いを監視しているというか、
周りに何もなさ過ぎて、人間ぐらいしか関心対象がない。
何をしても目立ってしまう。
お互いの家庭の様子が気になる。

一方、こちらの都会では、近所の人々がどうしているか、
気になって、何かしている観察はするけど、
余計な口出しはしません。
だいたい、忙しいし、都会は刺激が多いから、
いちいちそんなこと構ってられない。

オーナーさんと呑んでいた時に、
そんな話をして、
わたしの口からポロリと出た言葉

「鑑賞するけど、干渉せず」

 

もうひとつ。
同じマンションのNちゃんとオーナーさんは、
お互い好きなことを言い合う間柄です。
Nちゃんは少し天然な感じで、
オーナーさんに言いたい放題言っているので、
(決して悪気はない)
オーナーさんは、ひそかに傷ついているとか。

オーナーさん曰く
「Nちゃんなあ、ぼくに好きなことばっかり言うねんで!
 でも、ぼくのこと、好きとは言ってくれへんねん!」

ご近所付き合いの言葉あそび2本でした。

2016年9月18日 (日)

食べ物はあまり買わない93 の 補足

先日の記事「食べ物はあまり買わない93
で みょうがを大量にもらったので、
マンションのオーナーさんにお裾分けしたら、
オーナーさんが
「♪わすれて しまいたい ことや~♪」
と 河島英五を歌い始めた件について。。。

このギャグの意味を説明してほしいと
リクエストありましたので、解説します。

まず、河島英五の
「♪わすれて しまいたい ことや~♪」は、
名曲「酒と泪と男と女」の出だしで、

忘れて しまいたい ことや
どうしようもない 淋しさに
包まれたときに 男は
酒を 呑むのでしょう

https://www.youtube.com/watch?v=v0t--pFDTBE

と 続きます。
忘れたいことがあったら、男は酒を呑むのです。

さて、みょうがといえば、昔から
「みょうがを食べると物忘れしてしまう」
と 言われます。

http://crd.ndl.go.jp/reference/modules/d3ndlcrdentry/index.php?page=ref_view&id=1000028788

ということで「忘れてしまいたいこと」「もの忘れ」をかけて、
オーナーさんは、
いきなり河島英五を歌い始めたのでした。

みょうがを渡した瞬間に、この歌を歌い始めたので、
びっくりしました。

2016年9月17日 (土)

食べ物はあまり買わない94

先日、オケに行こうとしたら、隣のマンションのIちゃんが、
棗(なつめ)をくれました。

≪棗という漢字を自分の手で書いたことない≫
P9040651

ちいさいリンゴみたいな果実で、
食感はリンゴそのもの。
あえて言うなら、リンゴから甘みを酸味を取ったような?味です。

それを持ってオケに行くと、ばいおりんのHさんが、
「かおりちゃ~ん、お庭のバジルあげる!」

≪生バジル袋詰め≫
P9040652

バジルの鮮烈な香りが、袋からもれてきます。
Hさんに棗を渡して、物々交換。

こうやって、わたしの周りでは、食べ物がぐるぐる回りながら、
人間関係も続いています。

2016年9月16日 (金)

配線カオスの問題3

配線カオスの問題を書いてから約3年半。

先日、わたしが使っている、
NTTのBフレッツマンションプレミアム
(確か、そんな名前?)がサービス終了ということで、
別のサービスへ切り替えざるを得なくなりました。

で、同じ月額かつ工事費無料で、
NTTの別のサービスに切り替えました。

しかし、前のサービスでNTTから借りていた
通信機器類が全部交換になるということで、
机の下の魔のゾーンをさわることに。。。

≪通信機器たちを取り出す≫
P9030633

≪機器類撤去後≫
P9030634

右奥の埃がすごい。ゲホゲホ。

3年半前に配線カオスを解消して以来、
毎週掃除でハタキはかけていたものの、
下にたまった埃はそのままだったので、
こんなことなってました。

NTTのおじさんが来る前に、機器類を取り出して、
設置場所の清掃も完了!

その後、NTTのおじさんが来て、
こちらの準備があまりに整っているので驚かれてました。

「ぼくはね、この工事でいろんなお宅を回っているけど、
 たいてい、通信機器類は埃まみれで、最初にやることは、
 おそうじなんですよ」

そんなわけで?おじさんに感謝されつつ設置完了。
月額100円のWiFiルータも設置して、
無線LAN環境も整いました。

これからは、机の上でなくても、台所でも、畳の部屋でもブログ書けます。
(たぶん机の上でしか書かないけど)

≪こんな環境で書いてます≫
P9040653

ちなみに、写真右上の、めがねの下の黒いの、
なんだと思う? スマホ?

いえいえ、違います。

≪拡大≫
P9040654

通信機器のスタンドです。
なくても大丈夫やなあって外して、
そのままめがね置きになってしまいました。

2016年9月15日 (木)

財布の中身の簡素化

オケの仲間で、東京三菱UFJ銀行の封筒
(ATMでお金おろした時にもらうアレね)を
財布代わりにしているひとがいます。

もしかすると、オケの帰りの呑み会の時だけかもしれないけど、
いつも、銀行の封筒から千円札を数枚出して、
先に帰っていきます。

財布を持つと荷物が増えるから嫌なんだって。

さて、そこまで究極のシンプルはできないけど、
わたしも、財布の中身を見直しました。

≪財布の中身、見直し中≫
P8300632

財布に残したのは、現金とICOCAと、
会社の隣のホテルのランチカードのみ。

クレジットカードは自宅待機にしました。
普段の生活は会社と自宅の往復だけで、
カードの出番が全然ないので、
わざわざ持ち歩いて紛失リスクを高める必要もないかと。
宝くじの当たり券(300円だけど)は、すぐに換金しました。

現金とICOCAだけなら、万一落とした場合も、
落とした以上に損はしない。
(ICOCAはスマートICOCAではないのでクレジットの連携なし)

ちなみに、この財布は、たしか20世紀中にいとこにもらったもの。
それまで使っていた財布も、いとこにもらったもので、
あまりに老朽化が著しく、見かねたいとこがプレゼントしてくれました。

あれから16年。この財布も老朽化が著しく、
小銭入れが破れてきたので

≪養生テープで仮止め≫
P9100665

仮止め初期は、小銭を出すのが恥ずかしかったけど、
もう最近は平気のへの字になってしまいました。

おばちゃん化進行中か?

ところで、この記事を書きながら、この財布を眺めていて
財布についているロゴ
「BALENCIAGA PARIS」
って何かのブランドやろか? と 思い、ググってみて驚き。
思いのほか高価なお財布だったみたいです。
ええんかな~ 養生テープ補修。。。

2016年9月14日 (水)

カリモクの応接セットを捨てる

先日、勤め先の事務所のエントランスや応接、会議室の改装工事がありました。

改装前は昭和風の内装、調度品だったのが、
改装後は今風のおしゃれで洗練された内装と調度品に変わりました。

格好良くなった応接室を見ながら、ふと、気になったことが。

目の前にある応接セットは、おしゃれで新品で、
イケア風なんだけど、前ここにあったカリモクの応接セットは
いったいどこへいったのか。

そこで、近くにいた総務担当者に質問。

「改装前ここにあった応接セット、どうしたんですか?」

「ああ あれ 処分しました」

ま~じでーーー!?

毎朝、始業前の掃除で、応接に入り、
カリモクの立派な応接セットのテーブルやソファを拭きながら、
「これ 買ったらいったいいくらするんやろ?」
と思っていた、あの子たちが処分されてしまったなんて!
なんちゅーもったいないことを。

(まあ「あんたにやるわ」と言われても、置き場所ないから困るけど)

月曜の朝から、軽いショックを覚えた週初めでした。

2016年9月13日 (火)

そう。今からでも。。。

わたしの周りには、強烈なご近所さんが何人もいます。

ブログへの登場順に紹介すると、

1.ばよりん職人さん68歳?

今ではすっかり呑み友達ですが、もともとは、
オケのチェロの方の紹介で「職人」「お客さん」として
知り合いになりました。

この方、もともとは学校の音楽の先生だったのが、
50歳ぐらいで退職しバイオリン学校に通い、
イタリア語も本格的に習い始め、
バイオリン学校卒業後、イタリア・クレモナで修業し、
帰国後、神戸に工房を開かれました。
その時点でアラ還だったはず。

2.ヤマジイ

同じマンションの呑み友84歳。
若いころはマグロ漁船で30年。
コロンビアで暮らしていたらしい。
スペイン語しゃべれるとか。聞いたことないけど。
昨年まで徳島暮らしだったのが、
昨秋突然神戸に引っ越してきました。
近所の喫茶店を拠点に人脈開拓し、
ボクシングにオーケストラ、花火鑑賞、
畑の管理人、喫茶店のお手伝いetc
独居老人ライフ満喫中。

3.おっちゃん(おじさん)

マンションのオーナーさんのおじさん91歳。
この方も同じマンションで暮らしています。
つまり、ヤマジイ、おっちゃん、わたし、それからオーナーさんは、
ひとつ屋根の下の住人同士。
おっちゃん、現役時代は高校の物理教師だったとか。
出身は東大の次に入るのが難しいK大らしい。
スポーツ万能で、60過ぎてもスキーにテニスを楽しんでいたけど、
スキーで大怪我して(これが70ぐらいのとき?)、
テニスでも大怪我して(これは80のとき)
今は、あぶないスポーツはしないみたい。
最近は1日7~8kmのウォーキングが日課。
わたしがmixiで知り合って連れてきたピアノの先生に
ピアノを習い始めたのが90歳の時。
毎朝、1Fホールで朝練にはげまれてます。
オーナーさん曰く
「ピアノやったら大怪我する心配ないから、ええわ」
 
 
みんなに共通するのは、
かなりの年齢になってからでも新しいことをはじめ、
今も元気に暮らしていること。

「もう年だから」な~んて言葉は、この方々の辞書にはない。

しかし、みんな濃いな~。。。。

2016年9月12日 (月)

食べ物はあまり買わない93

「ピンポ~ン♪」

土曜の朝、小包が届きました。

≪みょうが≫
P9100666

掘りたてホヤホヤの、土付きみょうがが届きました。

全部食べるのは不可能なので、
オケ仲間やご近所さんに配ろうと思い、
シューベルトの弦楽四重奏『死と乙女』をBGMに、
20個ずつ、袋詰めにし始めたところ、

≪こんなんなりました~≫
P9100669

こういう作業してると、農協で働いている気分になります。

さて、ひと袋、数を数え間違えて30個入れたのもあり、
全部で22袋、合計450個です!!

袋の封が終わったころには、死と乙女が終わってしまい、
次にセットしてあった、同じくシューベルトの
弦楽五重奏に音楽変わってしまいました。

≪イケアの袋で配達します!≫
P9100671

大容量かつ丈夫なイケアの99円バッグはこの日も大活躍!

早速、近所の喫茶店に配達しようと、
マンションの1Fへ降りると、ちょうどオーナーさんがいたので、

「はい! みょうがをどうぞ!」

と 渡したら、オーナーさん、

「♪ わすれて しまいたい ことや~ ♪」

と いきなり、河島英五を歌い始めました。
うわ~! そうきたか!
オーナーさんのギャグのセンスに脱帽です。

2016年9月11日 (日)

食べ物はあまり買わない92

淡路から、ミニトマトが届きました。

そろそろシーズンも終わりなのか、
量は少なめで、完熟です。

そのため、配送途中にはじけてしまったもの多数。

≪ほら≫
P9100674

こういうのが、一番おいしい。

早く食べないと腐ってしまうので、
ミニトマトの山の中から、はじけたものを選り分けて、
先に食べるのです。

こういうの食べてると、
「果物は腐る直前が一番おいしい」という言葉を思い出します。

わたしも、今が一番おいしい!?←なんのこっちゃ

2016年9月10日 (土)

タオルハンガーを持たない5

タオルハンガーを持たず、炊事の手拭きに使う手ぬぐいは、
シンク下の収納庫の持ち手にかけてましたが。。。

≪こんなふうにね≫
P9030638


これだと、やっぱり、通気がよくないのか、
乾きの早い手ぬぐいでも、黒いポツポツが気になりはじめました。

また、ふきんは平干ししてましたが、

≪こんなふうにね≫
P9030637

これも、通気性の面ではもうひとつ。
それに、乾かしている間、ここに物を置けないので、じゃま。

というわけで、ついに、ふきんハンガーを買いました。

≪冷蔵庫にくっつきます≫
P9030640

強力磁石で、冷蔵庫にくっつくタイプです。
ホームセンターダイキで1000円ぐらいだったかな。

≪干しまっせ!≫
P9030635_2 窓を開けておけば、手で絞ったふきんも2~3時間で
パリパリに乾きます。

シンプル・持たない・・・と言ってますが、
最近のわたしは、だんだん折れてきた?

2016年9月 9日 (金)

たのしいご近所づきあい319

先日、近所の喫茶店にテレビの取材が来ました。
ちょうど、わたしも休暇だったので、野次馬根性丸出しで、
撮影時間に合わせてお店に行きました。

NHKBSプレミアムの『東京ディープ』という番組の、
神戸出張編らしいです。

タレント?のゴリさんという方が来られ、
マスターと軽妙なトークを交わされてました。

でも、放送前に、会話の内容書いたら、ネタバレになるから、
あかんかな?

ゴリさんとマスターの会話のはずが、いきなり、
こっちに向かい、
「おねえさん痩せててよかったですねえ!」
と 話を振られたので、わたし、映っているかもしれません。

しかし、わたしも、そして、一緒にお店にいたヤマジイも、
ゴリさんを知りません。

ヤマジイ「かおりちゃん あのひとは 一体誰や? 有名なんか?」
わたし「うちにテレビないから、わからんねん!」

芸能人の値打ちがまったくワカランふたりでした。

2016年9月 8日 (木)

こんな家です ひさびさ編

以前、不定期に書いていた「こんな家です」シリーズ。

あんまりポスターなどを貼らないようにしてますが、
冷蔵庫の横は特別。

≪お楽しみコーナー≫
P7020513_3

北極旅行のポストカードや、ヘルシンキで買ったムーミンマグネット、
気に入った柄のポストカードなどを並べてます。

この場所は、動線上普段はほとんど視界に入らず、
たくさん貼っていても、うるささゼロなので、
ここだけは、脱シンプルで、好きなように飾っています。

«たのしいご近所づきあい318