2014年11月27日 (木)

たのしいご近所づきあい235

先日の、マンション1Fでのコンサートは、
わたしだけ特別待遇でした。

他の出演者さんは、ホールのそばの、
通称「便所のうらの部屋」が楽屋で、
そこで着替え。
しかも、男女共用なので、
時間帯を分けて、

12:00~12:10 女性
12:10~12:20 男性

みたいな、使い分けをしてました。
主催者のピアニストさんも同様です。

しかし、わたしだけは、専用楽屋です。
2DKでトイレ、バス、台所付き。
その気になればお昼寝も可能。
おやつもお酒もある。

「それは、楽屋ではなくて、自分の部屋やろ!」

と 共演者さんにつっこまれました。

マンション居住者の特権です。

ちなみに、東京には、こんなお家もあるのですね。
http://www.realtokyoestate.co.jp/estate.php?n=8420
わがマンション、ここまですごくはないけど、
なかなかいけてます。

2014年11月26日 (水)

シンプルライフの敵は会社

わたしの勤務先は、食品中心の商品開発をやっている関係で、
会社内には、無数の「食品サンプル」があります。
同業他社の製品が、たんまりと。

これらは、賞味期限もあるし、あまりたまりすぎると、
保管場所に困るので、定期的に、在庫処分して、
従業員に「好きなだけ持って帰りよ~」と
放出されます。

これが曲者。

タダとなると、普段買わないようなものも、
つい、うっかり、もらってしまう。

≪こんなにもらってしまった≫
Pb212733

左側の塩や、いりごまはいいとして、
ジャムだけで瓶4つももらってしまい、
わたし、いったいどうするつもり?
(そんなにパン党でもないくせに)

成城石井につられて、うっかりもらってしまった。

これから、食パンとヨーグルト食べて、
せっせとジャム消費に励まねば。

以前に「買わないものは、もらわない」と
豪語していたはずなのに、うっかりもらってしまった。
あ~ 在庫増えちゃった。
シンプルライフの敵、わが勤務先。

2014年11月25日 (火)

わたしのシンプルライフ本19

『高峰秀子のレシピ』
『台所のオーケストラ』より/ハースト婦人画報社

≪この本です≫
Pb222734

図書館カードの有効期限が切れたので、
三宮図書館へ更新手続きに行き、
そのついでに、館内をぶらぶらして見つけた本。

なんとなく惹かれるものがあり、借りて帰りました。

もう、この本、最高!

何が最高かというと、とにかく、レシピがシンプルで、
簡単そうなのに、とてもおいしそう。

≪昆布卵≫
Pb222737

昆布の上に卵を落として半熟に焼いたもの。おいしそう。

だいたいが、こんな調子で、単純なレシピなのに、
ものすごく訴える力が強いのです。

そして、なにより、この本の魅力は、それぞれの
レシピに付けられた高峰さんの文章。
イキのいい文章、たとえるなら、
釣ったばかりの魚がピチピチ跳ねるような、
もう、紙面から文字がこっちに飛びだしてくるのではないか、
そんな元気のいい文章。
とてもチャーミング。
でも冷静で、大切なことを忘れない。
ご自分のことを、とても客観的に見ておられる。
だから、文章が大暴れしても破綻しない。

もうとにかく、素敵な文章なのです。
おいしそうな写真とレシピ、そして、素敵な文章。

幼い頃から女優業が忙しく、
学校もろくに行けず、30歳で結婚するまで
ほとんど料理をしたことがなかった彼女が、
「折角獲得した大切な亭主のために」
試行錯誤してたどりついたのがこのレシピたち。

そして、これは。。。本の実物を見た方だけのお楽しみ。
巻末に、高峰さん、それから、ご主人の松山さんが
食卓を囲むツーショットがあるのですが、
なんともすてきな写真なのです。

そんな 見どころたっぷりの本です。
図書館からの借り物ですが。

昭和57年に、この元になる『台所のオーケストラ』が刊行され、
平成2年に52刷となり、もう100万部以上売れている、
隠れたベストセラーです。

2014年11月24日 (月)

目覚まし時計は使わない(ただし休日にかぎる)

昔も書いたとおり、わたし、特別な用事がない限り、
休日は、目覚まし時計を使いません
目が覚めるまで寝てやるのだ!

それを続けていると、おもしろいことがわかりました。

目覚まし時計をかけずに眠っても、
わたしの場合、6時間経つと自然に目が覚めます。
目覚ましに邪魔されず、自然な目覚めなので、
とてもいい気分。
うまく6時間眠れると、体は満足して目覚めるようです。

これが、寝つきが悪かったり、
夜中にトイレで目が覚めたり、
変な夢を見たり、
朝早くに電話で起こされたりすると、
睡眠の質が悪くなり、
いつまでもぐずぐず寝てしまう。

というわけで、休日の前日は、寝る前は、
深酒せず、
トイレを済ませ、
携帯・目覚まし全部オフ、
電話線を抜き(←うそ)
お風呂上りにさっさと布団に入るのがよいみたい。

こんなことを書いておきながら、
夜に呑みに行くと、
これを全部無視した行動をするのですけどネ。

2014年11月23日 (日)

増えたもの・減ったもの192(まんが)

本は基本的に買わないことにしていますが、
繰り返し読みたいとか、
手元に置いておきたい場合に限り、購入します。

≪まんがでわかる 7つの習慣 第3巻≫
Pb092731

実は。。。。第2巻も持ってます。

会社の本棚に第1巻に該当する本があり、
この内容がとてもよくて、今年の4~5月は、
ずっと鞄に入れて繰り返し読んでました。

4~5月、システム切り替えで忙しく、
心身ともにヨレヨレだった頃、
第1巻に、どれだけ精神的に支えられたかわかりません。

で、その第1巻は、会社の本棚にあるので買わず、
その後発刊された、第2巻、第3巻を買いました。

この本のベースとなる『7つの習慣』も持っています。
もう10年以上前に買いました。
その後、たくさん本を処分したけど、
『7つの習慣』だけは、処分せずに残してます。

このまんがは『7つの習慣』のエッセンスを、
具体的なケーススタディで教えてくれます。
舞台はバー。
バーテンダー修行中の「歩」を中心に、
バーに訪れる客の人間模様や人生を通じ
『7つの習慣』のエッセンスを具体的なエピソードから、
わかりやすく紹介してくれます。

各章は、まんが→解説→カクテルのレシピ という構成。

各章で、必ずおいしそうなカクテルが出てきて、
各章の終わりに、そのレシピも紹介されるという、
お酒好きにはたまらない構成です。

絵もきれいで登場人物も魅力的、構成もよく練られている。
本当に、よくできた本だなあと、読むたびに感心します。

さて、シンプルライフ3箇条その1
「ひとつ手に入れたらふたつ捨てる」

今回は、買い替え扱いということで、本を一冊、処分します。
ついにアレを処分することにしました。

わたしのシンプルライフ本5
Pb092732

わたしのシンプルライフの原点ともいえる、名著です。

もう、この本のマインドは自分にしっかり根付いているので、
本がなくても大丈夫。処分します。

2014年11月22日 (土)

ベランダ園芸解禁22

昨日に続き?職場関係でもらったシリーズ。

≪シードペーパー≫
Pb112733

後ろの席の後輩(男性)が、
シードペーパーというものをくれました。

写真のハートがシードペーパーなるもので、
和紙に、花やハーブの種を漉き込んであります。
ひと晩水に浸し、その後、普通に
植木鉢に植えたらいいらしい。
展示会か何かでもらったそう。

せっかくなので、彼に、

「○○さんからもらったハート、大切に育てて、
 でっかい花を咲かせるからね!」

と 感情を込めずに大きな声で言っておきました。へへ。

≪右下の植木鉢に仲間入り≫
Pb152735_2

それにしても、アロエ、すごい存在感です。
タコみたいや。

≪ビフォアアフター 上2013年3月 下2014年11月≫
P3161323 Pb152740

怪獣? やけくそ暴れとるな。

2014年11月21日 (金)

食べ物はあまり買わない60

ある土曜日の朝。
週末恒例のそうじをしていると、
「ぴんぽ~ん♪」
宅配便が届きました。

≪宇都宮みんみん餃子≫
Pb152734

宇都宮に出張していた、職場の方から
お土産?として届きました。

そういえば、数日前、帰りの電車の中で、
「餃子送るで~」
とおっしゃってました。

やっぱりわたしには食べ物の神様がついている。
かなり恵まれた人生です。

2014年11月20日 (木)

音楽の秋

11月16日(日)、マンション1Fのコンサートで、
年明けからときどき話題にしていた
チャイコフスキーのピアノトリオの演奏をしました。

わたしにとっては、身の程知らずというか、
向こう見ずというか、超チャレンジな曲でしたが、
なんとか破綻せずに本番を終えることができました。

まあ はっきり言ってしまうと、技術面では、
練習以上のことができるわけなく、
練習のときに弾けたのに本番でミスるのは、
よくあることです。ミスりました。

だけど、バイオリンやピアノとのタイミング合わせとか、
アイコンタクトとか、相手の演奏を感じて合わせることとか、
演奏中のコミュニケーションは練習したとおり、
もしくはそれ以上にうまくできたぞと自画自賛。
Youtubeで「いけてる演奏」を見て
イメージトレーニング?した甲斐ありました。
アマチュアは技術には限界がありますが(とくにわたしの場合)、
音楽は、それだけではないのだと、実感しました。

一緒に演奏したバイオリン奏者が、
73歳のおじいちゃんではなくて、
わたしと年の近い男性だったら、
今回みたいな演奏できたら、
惚れてしまっていたかもしれません。
なぜ相手がおじいちゃんだったのか。。。
あ~残念(?)

あこがれの演奏
https://www.youtube.com/watch?v=qigMRy22m6A
演奏中に、こういうコミュニケーションができたら
最高だなあと思って何度も見ていた動画です。

シンプルライフのオチなし。
そんな日もあり、ということですみません。

でも、オケの本番の後は、暗い話ばかり書いていますが、
今回はオケじゃないためか、
自分でも、やりたいことをやれたためか、
結構陽気です。

まあ シンプルライフ、なんのためにやってるかというと、
おいしいお酒を呑むためにやっていて、
音楽は、その準備運動ですからネ。ふっふ~。

2014年11月19日 (水)

年賀状の秋

10月に、セブンイレブンに申し込んであった年賀状
11月7日には完成しました。

ここ数年はExcelで原稿を作り、
それをセブンイレブンの年賀状プリントサービスで
印刷してもらってます。

≪ワンパターン。。。≫
Pb152735

宛名書きはアナログに手作業で。
プリンター持っていませんから。
住所録も作っておらず、
今年の年賀状を見ながら宛名を書くだけ。

その気になれば、職業柄、住所管理システムとか、
印刷ソフトも作れるけど、
その気がないので、やりません。

葉書の束を持って近所の喫茶店に行き、
コーヒー飲んで世間話しながら、
2時間弱で宛名書き終了。

勤労感謝の日の3連休にコメント書きをすれば、
本年の年賀状業務は終了。

でもね、投函は12月15日からだから、
早く書けたとよろこんで、あわてて投函しないように気をつけないと。

2014年11月18日 (火)

そうじの秋

例年通り、文化の日の週末に、大掃除をしました。
今年は11月1日(土)~3日(月祝)と
3連休でしたからね。
メインの掃除は、11月1日(土)に済ませました。

ただ、この日は雨でどよ~んとしており、
なかなかやる気が起こらず、
マンガ読んだりネットしたりして、
大掃除に着手したのが午後3時。遅い。
で、終わったのが夜中の1時。
休憩挟んでトータル10時間。

朝の9時に始めたら、夜の7時には終わったのにねえ。

本格的に寒くなる前に掃除する、という、
大計画の実行は問題ないけど、
昼の3時まで掃除を始められないという生活態度には
大いに問題があります。
こういう人間ですので。

まあ とにかく これで年末大掃除はしなくてオーケー。

しかし、お天気が悪かったせいか、
いまいち気分が盛り上がらず、
ここ数年で、もっとも達成感に乏しい
大掃除となりました。

昨年はベートーベンのシンフォニーを1番から
流しながら盛り上がっていたのになあ。
今年はBGMがなんだったのかも記憶にないし。

2014年11月17日 (月)

おかえりドリンク

先日、仕事を終えてマンションに戻ると、
1Fでオーナーさんが、ひとりでお酒を飲んでました。

それで、つい「ただいま~」と声をかけると、
当然のように、

「一杯呑んでいきや」

≪灘の生一本の誘惑≫
Pb072748

次の日が、ピアノトリオとオケのダブルヘッダーで、
この夜は練習する気まんまんだったので、
「今日はやめとく!」
と強く抵抗しました。
しかし、「まあ一杯だけ」
というオーナーさんの言葉に抗えず、じゃ一杯。

オーナーさん曰く

「ホテルとかで≪ウェルカムドリンク≫って あるやん。
 ここのマンションは≪おかえりドリンク≫が あるんやで。
 こんなマンション、他にどこにもないで」

そりゃそうだ。

さて、わたしがこれまで「一杯」を一杯で済ませられたことはなく、
結局、ふたりで、灘の生一本をあけて、
その左の小さいボトルも空にしてしまいました。

この夜はチェロの練習できず。

2014年11月16日 (日)

イニシャルUとの戦い 完結編

容疑者その1≪パキラ≫をベランダに移動したけど、
どうも納得がいかない。

パキラが原因としても、いつも、同じ場所に、
Uが現れることの説明がつかないからです。

ということは、ここは、どうだろう?

≪吊り棚≫
Pb0927305

この場所には、砂糖、塩、お茶の葉を置いてます。
ここはシロだと思うのだけど、まあ、
念のために見てみよう。。。

 
 
 
 
 
 

ギャーーーーーー!
いた!
いっぱいいる!!!

なななななんと、発生源はここでした。
ここにいるUが、光を求めて明るいほうに移動し、

ぽたーん

ぽたーん

ぽたーん

と、落下していたようです。

だから、いつも同じ場所に落ちてきていた、といわけです。

ちなみに、Uが棲みついたのこちら。

≪ドイツ土産≫
Pa272708

1月に、ドイツ在住の友人からもらった、
ホットワインのもと(上)、オーガニックハーブティー(下)

この周辺に、Uが集まってました。
この箱の中、いったいどうなっているのかなあ?
怖くて中を確かめられず、そのままポ~イ!

ホットワインのもとは、シロかもしれないけど、
こうやって、重ねて置いてあったので、
中を見る勇気がなくて、一緒に処分しました。

紅茶みたいな乾いたものに、Uがたかるとは、
知りませんでした。

これ、どちらも、1月にもらったとき、
外のビニールあけてしまったので、
箱をあけるといきなりティーバッグなんですよね。
こういう葉っぱものは、開封したら密封瓶に入れなあかんなぁと
しみじみ反省。

というか、1月にもらったものを、まだ残してあったのです。
ずっと忙しくて、家でのんびりお茶する余裕もなかったのです。

まあ そんなわけで、イニシャルUの発生元が判明し、
適切な処置をとることができたので、それ以来、
彼らに会うことはなくなりました。

あ~あ~ 最初に疑った布巾は無実だったわけです。
たまたま、そこにいたら、上からUが落ちてきただけ。
これが本当の「濡れぎぬ」ですなぁ。

おしまい

2014年11月15日 (土)

イニシャルUとの戦い4

Uの温床?布巾を処分しても、
依然として現れる彼ら。
しかも、いつも同じ場所。

どういうことなんだろう。

自然界のことだから、何か、必ず原因があるはず。

もう一度、周辺を丁寧に調べてみよう。

≪容疑者≫
Pb0927304

Pb092732

台所に置いたパキラ。
ここに、Uが棲みついて、
手前のスペースに移動してきている?

植木鉢を、上から、下から、調べたけど、
何もいない。

わかんないけど、念のため、この植木鉢は
ベランダに出しておこう。

嵐の夜に家の外に放り出された気の毒なパキラ。

つづく

2014年11月14日 (金)

イニシャルUとの戦い3

Uの温床?布巾は処分して、
もう何もない場所に、いつの間にか現れるU。

ど~いうことなの?

釈然としないまま、夜、別の部屋で事務作業をして、
お風呂の準備をしようと台所を見ると、
またいる!

≪何もない場所にあらわれる、イニシャルU≫
Pb0927303

わからん。なんでだ。
おまけに、見るたびに、Uが成長している。

ということは、どこかにUの温床があり、
そこで成長した彼らが現れているとしか思えない。

しかし、この片付いた家のどこにそんな場所があるんだろう。
それに、いつも同じ場所というのも、不思議。

もしかすると、上の階に腐乱死体があって、
それにいるUが落ちてきている!? キャー!!!

と しょうもない想像をして天井を見たけど、
真っ白で、きれい。
腐乱死体説、却下。

つづく

2014年11月13日 (木)

イニシャルUとの戦い2

先日の記事で、

「台所に、ごま粒のようなものが落ちていることが
 何日か続いた。最初の頃はごまだと思って
 食べてしまった。後日、それは、うじ虫と判明」

という 話を書きました。その後の話です。

先日の記事の時点では、Uは、布巾の上に
たくさんいたことから、布巾が温床と考えてました。

≪黄色い丸のあたりにいた≫
Pa2527322

毎日洗う布巾が温床とは考えにくかったですが、
そのときは、とりあえず、
「疑わしきは処分」とばかりに、布巾を処分して、
このスペースを熱湯消毒。

これで ひと安心。

と 思ったら、ありゃ?
その半日後、また、同じ場所にUがいるのです。

≪なぜだ?≫
Pb0927302

この時点では布巾を疑っていたので、
このスペースに布巾を置くのをやめたのに、
もう、何も置いていなかったのに、
Uがいるのです。

イリュージョン?

つづく

2014年11月12日 (水)

たのしいご近所づきあい234

先日、マンション1Fでカルテットの練習を始める前のこと。
オーナーさんが、

「ちょっとだけ見てほしいものがあるねん。
 世界最強のテーブルを作ったから」

オーナーさんは、ガラス屋の技術力、
それから、持ち前のクリエイティブさを総動員して、
いろんなものを作ってます。

以前の記事でも、いろいろ紹介しました。

さて、今回は。。。

≪キンキラテーブル≫
Pb032729

≪上からのぞくと。。。≫
Pb032730

光のつぶつぶが、ずっと下まで続くように見えて、
吸い込まれそうになります。
本体は厚さ10センチぐらいなのに、
光が反射して、5メートルぐらい深さがあるように、
見えるのです。

≪というわけで 撮影会≫
Pb032742

命名。「おかまバーのテーブル」

以上

2014年11月11日 (火)

たのしいご近所づきあい233

先日の通勤途中のこと。

最寄駅のホームで、電車を待っていると、
線路越しの向かいのホームから、
Mちゃんがわたしに叫んでる。

「今度喫茶店に国旗持って行くから、なんか書いてね~!!」

これ読んだみなさん、ナンノコッチャ!?
とお思いでしょうね。

え~と、近所の喫茶店に最近よく現れるようになった、
某格闘技の世界チャンピオン、
そのルームメイトのMちゃんが、
わたしと通勤時間が同じのことが多く、
しかも、駅のホームのふたりの立ち位置が、
線路越しに正面なのです。

彼女とは、ホーム越しに、よく、手を振って遊んでます。
都会の新快速停車駅で、線路越しに手を振り合う、
いい年の女ふたり。
(Mちゃんは、たぶん若い)

さて、Mちゃんのルームメイトの、
チャンピオン(正確には、元チャンピオン)の
タイトル戦が迫っていたので、彼女は、
応援用に、日の丸に寄せ書きを集めていたのです。

後日、喫茶店に行くと、日の丸ありました~。

≪わたしの膝に乗せてます。あったかいぞ≫
Pb022718

個人情報満載なので、あえて、伸ばさず、
こんな写真になってます。

オリンピックなんかで、日の丸の寄せ書きをよく見ますが、
こんなんに書いたのは初めて。
近所の喫茶店を接点に、新しい世界が広がります。

2014年11月10日 (月)

たのしいご近所づきあい232

もう1週間以上前のことですが、
近所の喫茶店の常連さんで、
神戸の立ち呑み&うまい店情報の大御所、Sさんから、
お庭でなったかりんをいただきました。

≪かりん かりん~ いつになれば~ 白いバラになれるのかしら♪≫
Pb022723

昔、柏原芳江の歌で、かりんの花が出てくる曲がありましたね。
かりんを見ると、つい、歌ってしまいます。

ネットで調べたら、作詞は谷村新司でした。

さて、以前のかりんシロップ大失敗をリベンジ、
今回は、かりん酒にしました。

≪玄米焼酎に漬けました≫
Pb062744

かりんと一緒にいただいたレシピには、
氷砂糖を入れることになっていましたが、
あえて砂糖抜きで。

砂糖入れると、夜、歯磨きしたあと呑めなくなっちゃうからね。

さて、右に白菜が写ってますが。。。。
これは、その日のおかず用でした。

2014年11月 9日 (日)

CDを捨てる2

先日、大江千里のCDを2枚処分して、
後日、さらに、もう1枚処分しました。

≪これも大江千里≫
Pa122692

わたしの中では『1234』が、やっぱりベストで。
その後の『red monkey yellow fish』『APPOLO』は
まだいいけれど、それ以降のアルバムは、
ちょっときびしい。1枚の例外(『Giant Steps』をのぞき、
聴く気が起こらないのです。

クラシックのCDだったら、いつか自分が演奏するかも
しれないから、捨てることはないけれど、
ポップスは、聴かないとなると、
おそらく一生聴かないような気がするので、処分しました。
でも、これも、いちおうMP3には残してみた。
往生際の悪い人間です。

2014年11月 8日 (土)

シャツの袖がパカパカする問題

マイヨのシャツが素晴らしいと、過去に何度か、
ほめ記事を書きました。

特に、袖の処理がよくできていて、
折り返した部分がパカパカしないのです。

≪このあて布と右上のボタンがポイント≫
P8302669

それに比べ、昨年の秋に買った、
LLBeanのネルシャツは、
折り返すと、袖の部分がパカパカ。

≪これをパカパカといいます≫
Pa132710

右側が、びろ~んとなってるでしょ。

これ、邪魔なんです。

洗い物もチェロも、これが当たるとイライラ。

というわけで、ちょっと手を加えてイライラ解消を試みました。

≪スナップボタンをつけてみた≫
Pa132709

≪すっきり≫
Pa132711

これだけのことですが、イライラ解消。
家事もチェロも袖に邪魔されず、
集中できるようになりました。

«CDを捨てる