2015年5月25日 (月)

しばらくブログ休みます

個人的な事情で、しばらくブログをお休みします。

仕事が忙しいわけではありません。
体調が悪いわけでもありません。

プライベートが少し忙しいので、
そちらを優先します。

そうですね~、
海の日ぐらいに再開できればいいなと。

ちなみに、あと38件書くと、2000件達成なので、
そこまでは続けるつもりでいます。

少し時間があきますが、みなさん、夏までお元気で!

2015年5月24日 (日)

ご近所さん増殖中

マンションのオーナーさんの意向(?)で、
最近は、若い女性の入居者が増えてきました。

マンションに文化教室やヨガ教室がある関係で、
そこの生徒さん(もちろん女性)が
入ってこられることもあります。

昨年末に入ってきたNちゃんは、
なんと、二胡を弾きます。
このブログの読者さんからも、以前、
二胡のことを教えていただき、興味を持ってましたが、
まさか、二胡を弾く子が入ってくるとは。
自分からアクションしなくても、
興味のあるものが向こうからやってくる。
便利な建物です。

また、最近入ってきたSちゃんも、若い女性。

この前、わたしが仕事から帰ってきたら、
1Fで、オーナーさんが、Nちゃん、Sちゃん相手に、
ビールバーをしてました。
このマンションには、
なぜかビールサーバーも置いてあるのです。笑。

同じマンションにいるから知り合いになるのか、
知り合いだから同じマンションに来るのか、
どっちが先か、ようわかりません。
しかし、淡路にいた頃、友達の家に行くのに歩いて
30分ぐらいかかったことを思うと、
このお手軽さは夢のようです。
都会はいいなあ。

同じ建屋に飲み友達も飲む場所もあるので、
台風で外に出かけられなくても、
お酒さえあればマンション内で宴会できます。
あ~幸せ!

2015年5月23日 (土)

トースターは持たない2

オーブントースターを持っていないわたしの、
トースト遍歴。

1.無水鍋のふた

無水鍋のふたは、フライパン代わりに使えるので、
これでトースト
してました。
しかし、かなり焦げやすいので、
アルミホイルやクッキングシートを敷き、
焼け具合を注意深く見守る必要があります。

2.フライパン

フライパンでも、トーストできなくはない。
実際、やってました
が、これも、注意力を要求されます。
五感を研ぎ澄ませて焼け具合(におい)と
火加減を見ていないと、
あっという間に黒焦げトーストのできあがりです。

というわけで、ガス火トースト焼きの名門、
辻輪金網購入かと思いきや、
あまのじゃくのわたしは、
ホームセンターで焼き網ゲットしたのでした。

ダイキで254円ですから。

≪焼いてみた≫
P5173033

火が強く当たる場所と、そうでない場所があり、
うまく位置調整しないと、ご覧のように焼きムラがでます。

しかし、無水鍋やフライパンで焼いていたときのことを考えると、
冗談みたいに簡単かつ早くトーストできます。

この網、最近、ガスレンジに置きっぱなしで、
淡路から届いたばかりのそら豆を皮ごと焼いたり、
なかなか活躍しています。
やるね~254円!

≪同じオケのHさんからいただいた、すっぱいレモンジャムとともに≫
P5173035

そんなわけで、いまのところ、この焼き網で、
楽しいトーストライフを送っているので、
名門辻輪金網の扉はたたかずに済んでいます。




2015年5月22日 (金)

食べ物はあまり買わない74

この時期は、豆の季節。
淡路島の叔父が、そら豆、えんどう豆をたくさん送ってくれます。

写真撮るの忘れてましたが、山盛りのそら豆を送ってくれたので、
袋に小分けして、その夜のオーケストラの練習に持って行きました。

あまりの量で、小分けした豆を入れるかばんがなかったため、
風呂敷に包んで持っていったら、
なんか えらい 笑われました。
行商かいって。

さて、そのオケで、また、食べ物をいただきました。

≪手作りジャムと、ゆずすこ≫
P5173029

手作りジャムは、バイオリンのHさんより。
レモンのすっぱいジャムです。これがうまいのだ。

そして「ゆずすこ」は、チェロのTさんから。
ゆずのタバスコ?とても気に入っているので、
取り寄せているそうです。

ま~ こんな感じで、ほんとうに、食べ物買わずに暮らしてます。

というか、次から次へと入ってくる食べ物、
消費が追いつきません。

追いつかないので、おすそ分けすると、
お返しにまたいろいろいただき、
結果的に、常に豊富な食べ物に囲まれています。

2015年5月21日 (木)

たのしいご近所づきあい264

喫茶店の話が続きます。

ある週末「マスターおなかすいた!」と
いつもの喫茶店に行くと、マスターが、
「よっしゃ! ざるそばにしたるわ」

≪ざるそばセット≫
P5083001

こんなん、出してくれました。

その日は、おみやげに、沖縄のもずくもいただきました。

≪塩抜きレシピとともに≫
P5103014

その翌日は、持ち帰り用に、またお弁当もらいました。

≪あいかわらずのクオリティ≫
P5103017

≪その翌週は、また、ざるそばセット≫
P5173040

そばつゆまでもらってしまいました。

このしあわせなマンネリズム。

2015年5月20日 (水)

たのしいご近所づきあい263

毎度おなじみの休日は、いつもの喫茶店です。

友達にも「この時間は喫茶店だな」と
居場所をあてられてしまうぐらい、
ワンパターンです。

≪そして、マスターのお手製弁当≫
P5042991

焼き鳥弁当をお土産にいただきました。

以前にも書いたとおり、マスターの盛り付けは、お見事。
焼き鳥を薄くスライスしてのせたり、
ピーマンを仕上げにバーナーであぶったり、
こういう「ひと手間」で、見た目も味も、
ぐーんとよくなるんですよね。
これが、わたしにはまねできないことです。

ありがたく、いただきました。


2015年5月19日 (火)

シンプル・持たない・捨てる・簡素・酔っ払いな暮らし6

呑みすぎた翌朝、仕事ができずに退社したその後。

重い足取りで電車に乗り、快速に乗り座って、
「なんとか自力で歩けるうちに神戸についてくれえ~」
と 念じながら目を閉じました。

神戸に戻り、電車を降りると、あれ?
意外に体が楽だ。
二日酔いのピークは過ぎたようです。

これなら会社に戻って仕事できそうだと思ったけど、
全休申請出して退社したのに、
いまさら戻るのもねえ。

かといって、帰って何かをするような気力もない。
チェロの練習できるほど回復していないし、
しかし寝て過ごすのももったいないなあ。

など、JRのホームに降り立った一瞬のうちに、
ぐるぐる考えた結果、髪を切りに行くことにしました。

2013年の年末以降、髪切っていないし、
これなら、ヨレヨレの体調でも大丈夫そう。

というわけで、二日酔いのヨレヨレの体で美容院へ行き、
カットしてもらいました。

ふ~ さっぱりしたぜ。
髪が太くて多いので、切った髪は、
かつら1個分ぐらいありました。

「風が吹けば桶屋がもうかる」的に、
「酒呑めば美容院がもうかる」

そんな 連休前の金曜日でした。

2015年5月18日 (月)

シンプル・持たない・捨てる・簡素・酔っ払いな暮らし5

2014年のゴールデンウィークは、毎日仕事をしていて、
日曜日も仕事をしていて、灰色の記憶しか残っていません。
せいぜい、事務所で食べたアイスキャンデーがおいしかったとか、
そんな程度の記憶です。

そのことを思うと、2015年のゴールデンウィークはバラ色でした。
ほとんどカレンダーどおりに休めましたから。

そんなわけで、最初からとばすとばす(←呑みを)。

4月30日(木)この日は平日、同じオケのフルートのTさんと、
早速呑みに行きました。
日本酒のおいしいお店で、あ~翌日は会社だというのに、
ついついお酒の勢いが止まらず、
グラスに5~6杯呑んだかな。

上機嫌で帰宅して、お風呂に入って、
お風呂の洗い場で体を洗いながら眠っていました。

寝ていて、バランスを崩して、顔を浴槽に
ごつん と ぶつけて目が覚めて、
「あ~ あかんあかん」
と 浴槽につかり、ここでも眠ってしまい、
「あ~ あかんあかん」
と 風呂場から出て、ソファでごろんとなり、
そのまま気を失いました。

気がつくと夜中の3時。

「あ~ あかんあかん」
と 歯磨きして、ようやく布団にたどり着きました。

 :
 :

翌朝、意外に普通に起きて、
「ちょっと体がだるいなあ」

と 感じつつ、普通に出勤。

9時に始業したのはよいものの、
そこから状況は悪化。
う~ん、気持ち悪い。頭が回らない。
パソコン見たくない。うげえええ。

連休前の金曜日だったので、
片付けたい仕事がたくさんありました。
「なんとか半日だけでも仕事して、それで帰ろう」
と思ったのが9時半ごろ。

しかし、だんだん、目の前がチカチカして、
おなかの具合は悪いし、頭ふらふら。

だめだ。仕事にならん。

というわけで、9時50分でギブアップ。

「すみません! 体調悪いので帰ります!」

全休申請を出して退社しました。

あ~ こんなことになるなら、最初から会社行かなきゃよかった。

というか、この程度(?)で仕事ができなくなるなんて、
酒呑み失格です。

つづく


2015年5月17日 (日)

増えたもの・減ったもの207(その後)

色々物を増やしたので、な~んか減らさないとなあ、
と、とりあえずこれらを減らすことに。

≪文庫本≫
P5103017

職場の方から「読んだら処分していいよ」と
もらっていたもの。

そもそも、この本がわが家に入ってきたときに、
増えたものとしてカウントしていないので、
これらを処分しても、カウント対象外ですが、
とりあえず。

≪タッパー類≫
P5103020

淡路島の叔父が、千枚漬などを送るときに、
入れてくれていたタッパーもずいぶんたまりました。

これは、近所の喫茶店の「常連向けまかない弁当」
持ち帰り用に利用してもらいます。

これも、入ってきたときに増えたものカウントしてないから、
減ったところでカウントしないけど、とりあえず減らす。

何かを減らずぜ~という心がけが大切なのです。
でも、まだまだ減らしますよ。

2015年5月16日 (土)

増えたもの・減ったもの206(その後)

恐怖の(?)マイルール・シンプルライフ3箇条その1
「ひとつ手に入れたらふたつ捨てる」

にしたがい、22個も処分しないといけなくなった。

まあ それだけ物を増やしているからですが。
何か捨てるものないかな~。

≪ボールペン≫
P5052997

地味なセレクトです。
これ、南極の、ポートロックロイで購入したものです。
玄関に置いて、宅配の受取サイン用に使っていたけれど、
インクの出が悪く、いつも、結局、宅配のお兄さんに
ボールペンを借りていたので、処分。

通販生活でもらったバッグ
P5072998

色や柄は気に入ってます。
また、ぺらぺらでチープな感じも好きです。

しかし、あまりに軽く、荷物を入れて椅子の上に置いたはずが、
安定感がなく、しょっちゅう椅子の下に落としてました。
もういいや。処分しちゃえ。

≪あったか靴下≫
P5093013

最強にあったかいのですが、分厚くて、
これを履くと靴がきつい。
というわけで、この冬は出番なし。
もういいや~処分しちゃえ。

他に、ベージュのペチコートとか、
一度も履かなかったグレーのタイツも処分しました。

しかし、まだまだ処分しないとね。
気長に探します。

2015年5月15日 (金)

増えたもの・減ったもの205(タンブラーなど)

ホームセンター大好きです。

ホームセンターで無骨な洗濯用品や、
調理器具を見ると、萌えます。

無印良品よりコーナンかダイキ、です。

さて、そんなわたしですから、ホームセンターに行くと危険。

衝動買いしてしまいました。

≪タンブラーと焼き網≫
P5083007

写真が暗くてすみません。

包装を取り除くと、こんなんです。

≪相変わらず、暗い≫
P5083012

なんとなく、またしても、うきうき買物してしまった。

このタンブラー、ちょっと、ふつうのタンブラーとは違います。
ステンレス二層で魔法瓶みたいになっていて、
飲み物の温度をキープする構造なのです。
冷たいものは冷たいままで、
熱いものはは熱いままで。

つまり、夏は冷えたビールが長く冷えたまま。
冬は、お湯割が長くあったかいまま。
すばらしい。

(そんなに長時間、タンブラーに飲み物残すことないやろ。
 お酒なんか、すぐに飲んでしまうから、保温関係ないやろ?
 という ツッコミが聞こえたような?)

お酒関係のグッズには、めっぽう弱いわたし。
衝動買いしました。

焼き網は、トーストを焼くために買いました。
トーストをフライパンで焼く生活に疲れたので、
焼き網にシフトしてみます。
といっても、あの有名な辻和金網に手を出す前に、
まあこれで様子を見ようと思ってね。
ホームセンターダイキで254円。安い。

さて、シンプルライフ3箇条その1
「ひとつ手に入れたらふたつ捨てる」

なんだかんだ増やしてしまい、
22個も処分しないといけなくなった。

2015年5月14日 (木)

増えたもの・減ったもの204(ワンピース)

昨日書いたセットアップと同じタイミングで、
ワンピースも買いました。

自分に言い訳すると、春秋ものは、
そんなに持っていないのです。
むにゃむにゃむにゃ。。。。(言い訳)

≪ランダムドットワンピース byDHC≫
P5042987

着ると、こうなります。

≪左:ベルトなし 右:ベルトあり≫
P5042988_2P5042989

前日と同様、写真の撮り方のせいか、
ベルトなしのほうがスッキリ見えますが、
実際には、ベルトありの右のほうが、かなりおしゃれです。

最初の写真の通り、ものすごくあっさりしたシルエットなのですが、
ベルトをすると、あら不思議!ふんわり、
とても優雅なシルエットに変わります。
へたくそな写真で分かりづらいですがl、
これね、かなり女優ワンピースですよ!
やるね~DHC!

和室に畳で女優ワンピースもなにもあるかい。

さて、シンプルライフ3箇条その1
「ひとつ手に入れたらふたつ捨てる」

いや~困った。
これまでの「捨てるもの借金」に加えて、
今回さらに服を増やしてしまい、
おまけに、ブログに書いていないものも、
あれこれ増えています。

つづく

2015年5月13日 (水)

増えたもの・減ったもの203(セットアップ)

この前、まんがと梅酒すくいを買って、
代わりに何を処分するか決まらぬうちに、
服を買ってしまいましたー!

正直、夏服は、もう充分あるのに、
どうするのよ? と思いつつ、
見たら欲しくなって、
服が手招きしているような気がして、
買ってしまいました。

≪DHCのセットアップ≫
P5042986

化粧品のDHCが作っているセットアップです。
畳の上で、ごめんあそばせ。

この色は、パーソナルカラー的には、
わたしにぴったり。それに大好きな花柄。

というわけで、夏服たくさんあるのに、
買っちゃえ~っと買ってしまった。

まあ 最近、ちょっと心境に変化がありまして、
なんだか、うきうきと、服でも買いたい気分だったのです。

コーディネイト例、行きますね。

≪ブラウスのアウトとイン≫
P5042981P5042982_2

写真が雑なので、ブラウスをアウトにした左のほうが、
なんとなくきれいに見えますが、実際には、
インにした右のほうが、ワンピースらしくなり、
お嬢様コーディネイト(苦笑)に向いてます。

≪はおり物を合わせる≫
P5042983P5042985_2

こういう場合のはおり物は、
セットアップの中の1色を必ず選択します。
師匠の教えです。

左の、紺のカーデガンを着たパターンは、ブラウスやスカートの
パイピングの紺とうまくマッチして、
まとまりのよいコーディネイトになります。
一方白は、軽やかな印象で、こちらもよろしい。

しかし、えらそうに書いたところで、
和室に畳。

つづく

2015年5月12日 (火)

たのしいご近所づきあい262

チェロの弓の毛がへたってきたので、
近所のばよりん職人さんに、毛替えをお願いしました。

普通のお客さんなら、工房に弓を持っていくのですが、
先日、ちょうど、近所でばよりん職人さんと一緒に呑んだので、
そのときに弓を預けて持って帰ってもらいました。

その週の週末の夜、弓を取りに行きました。

なぜ夜に行くかというと、そりゃもちろん、
その後、一緒に呑みに行くためです!

狙っていたイタリアン立ち呑み店が定休日だったので、
その近くにある、材木屋社長の行きつけの、
夜だけビストロ」に行きました。

このお店も楽しい店で、夜は、若いオーナーがやっているのだけど、
オーナーが子供の頃から材木屋社長と知り合いのため、
わたしや、ばよりん職人さんとも顔なじみで、
いろいろ楽しい話をきかせてくれます。

ここで、ばよりん職人さんとワインを1本あけた後、
工房に戻り、ばよりん職人さんが淹れてくれた
エスプレッソを飲んで帰宅。

弓の毛も新しくなり、松脂をおまけにいただき、
そして、四次元三重奏団のCDを貸していただきました。

ああ~ なんていいご近所さん。

≪CD、松脂、弓≫
P5022986

2015年5月11日 (月)

箸スタンドは買わない。

洗った箸やスプーン、フォークなどを干しておくスタンド
(名前わからん)持っていません。

そこで、普段は、立てずに、寝かせて干しているのですが、
それだと、スペースを多く消費します。
干すものが多いとき、やっぱり立てて干してみようかと、
こうやって干しました。

≪こんなふうに≫
P5032990

≪拡大!≫
P5032991

これ、なんの瓶かわかります?

コップ酒の瓶です。

近所の喫茶店のマスターが、焼き鳥のたれをくれたとき、
コップ酒の瓶に入っていたので、
それを再利用しています。

さらに拡大すると、

≪上部にカッティング模様≫
P5032996

なかなかおしゃれです。
ガラスで安定感もあるし、使い勝手抜群。

こんな素敵な器が店で200円ぐらいで安く手に入り、
しかも、中にお酒まで入っている。すばらしい。

2015年5月10日 (日)

たけのこ祭りの次は、豆祭り!

淡路島の叔父から、これでもか!と届いていた
たけのこが一段落すると、
次は、豆がこれでもか!と届きます。

≪これでもか! その1≫
P5093014

≪これでもか! その2≫
P5093016

参りました~、降参!

たけのこマスターの叔父は、
こんなものも、送ってくれます。

≪酒のあてにしろ、と 木の芽和え≫
P5093017

≪長期保存用 干したけのこ≫
P5093019

もう 長いこと野菜買ってません。
というか、ひとり暮らしで消化できるスケールを
はるかに超えています。

叔父も、わかっていて、おすそ分けを前提に、
いっぱい送ってくれるのです。

≪というわけで、いつもの風景≫
P5093020

一時的に農協の出荷作業所になるわが家でした。

食べ物の神様の溺愛っぷりは、相当なものです。

5月10日は母の日。
毎年、複雑な気分になるこの日ですが、
周りにかなりかわいがられて過ごしているので、
もう充分取り返し?ました。
いじけず、楽しくやってます。

(そう言いつつ、こうやって、ブツブツ書いてしまうのは、
 やはり、割り切れないものがあるからなんですね。
 母親がいなかった子供時代のハンデというか、
 「自分には何かが欠けている感」というのが、
 40歳になっても拭い去れないようで、
 そのことを、思い出してしまうのです)

しかし、なんでしょうねえ。
年をとればとるほど、
わたしに食べ物くれるひとが増えている。

2015年5月 9日 (土)

たのしいご近所づきあい261

いつもの喫茶店の風景。

読みかけの本を持って喫茶店に行き、
コーヒーを1杯。

本のページをめくろうとするけど、
常連さんに話しかけられて、
全く本が読めない。

わたしも、結局話の輪に加わり、
喋っているうちに2杯目のコーヒーがでてきて、
おやつも出てくる。

そうこうするうちに、なぜか、おつまみとお酒が出てくる。

≪ここは居酒屋か?≫
P4292983

マスターが作る、おいしい肴をアテに一杯やってると、
同じオケのHさんからメールが。

「ロールケーキを焼きました。
 今日はカルテットの練習で、練習室にいるので、
 良かったら、取りに来てください。」

ほろ酔いで、練習室まで歩いていき、
ロールケーキゲット。

≪この日のいただきもの≫
P4292985

喫茶店でもらったおかずに加え、
Hさんからのロールケーキ、たけのこの煮物。

やはり、食べ物の神様に溺愛されてます。

こうやって、わたしの料理スキルが、
どんどんスポイルされていくのです。
ははは、言い訳です。

2015年5月 8日 (金)

たのしいご近所づきあい260

淡路島の叔父のたけのこ効果で、
近所の喫茶店に行くと、いつもちやほやされます。

もともと、かわいがってもらってましたが、
最近は「たけのこフィーバー」もあり、
ちやほや度合いがパワーアップしています。

というわけで、マスターが「晩ごはんのおかず」を
作ってくれました。

≪魚とたけのこ・山菜の炊いたん≫
P4262973

たけのこは、もちろん、淡路島産のたけのこです。

≪常連のシューヘーくんが、おもしろがって撮影中≫
P4262969

そうしているうちに、山芋掘り名人のナカムラさんが、
山から降りてきて登場。

この日のおみやげは。。。

≪天然の三つ葉≫
P4262974

ピンボケでごめんなさい。
山に生えている天然の三つ葉です。

マスターが、早速、だし巻きにしてくれました。

≪あつあつ。三つ葉が香る、んまい!≫
P4262976

毎週、休日の喫茶店の夕暮れは、
こんな、幸せなワンパターンです。

2015年5月 7日 (木)

呑むためには労を惜しまず?

この前、酒屋さんでウォッカを買ったとき、
レジ前に「クリームチーズの酒粕漬」という、
とても魅力的なおつまみを見つけました。

思わず、買いそうになったのだけど、
ん? まてよ。

クリームチーズは家に買い置きがある。

クリームチーズは、賞味期限がわりと長いから、
おつまみ要員として、常備してます。

酒粕も、自作のお米ドリンクの搾りかす
山のようにあります。

ということは、家にあるもので作れそうだ。

≪というわけで、作る≫
P4202955

フィラデルフィアクリームチーズの包装を剥がして、
4分の1にカットし、酒粕と混ぜて冷蔵保存。
以上。

さて、味はどうだったかというと、
仕込んだ翌日、翌々日の宴会で消費してしまい、
いまいち「漬かったらどうなるか」わからぬままでした。

宴会で食べたのは「クリームチーズの酒粕和え」だったなあ。
また作ろうっと。

2015年5月 6日 (水)

瓶ほしさに酒を買う。 その後

自作の飲み物保存用に、いづつワインを買い
会社で炭酸水をもらったのはいいけれど、
中身を消費しないことには、
空瓶の用意できません。

いくら酒飲みとはいえ、ひとりで、ワイン1本一気飲みはきつい。

というわけで、炭酸水を、急いで消費しましょう。

≪炭酸水で玄米を炊くことにした≫
P4192946

玄米2合についき、600mlの水を使います。
これで、一気に炭酸水消費だ!

≪シュワワワ~≫
P4192952

水の代わりに炭酸水で吸水させる。

これを丸1日置いてから、普通に炊飯。

さて、結果は。。。




普通の玄米ご飯でした。
丸1日置いているうちに炭酸抜けるしねえ。

まあ、これで炭酸水を大量消費して、
空きペットボトルを作れたので、
文句は言いません。

≪こうやって保存すれば安心≫
P4192953

«たけのこ祭りは続きます。