2014年4月20日 (日)

髪の毛は生き物

あれ?
さっき掃除機かけたばかりなのに、もう髪の毛落ちている。

ということ、しょっちゅうあります。
まあ わたしがうろちょろ動き回っているかぎり、
当たり前といえば、当たり前です。

床に落ちている髪の毛を見つけたら、
すかさずつまんでごみ箱にポイ。

それにしても、あっちこっちに落ちています。

いつもお世話になっている美容師さんが、
「髪の毛は生き物やで。いろんなところから出てくるで~」
と言ってたのを思い出します。

さて、数年前のある朝。
なんだか目に異物感がありました。
目の中にまつげが入ったようです。
出勤前にとってしまおうと目の中を探したけど、
見つからない。
時間もないので、そのまま出社して、1日中、
異物感を感じながら仕事しました。
そして、帰宅して、コンタクトを外すときにあらためて、
目の中をチェックしました。

なんか あるはず なんだけど~。

あった。

やっぱり、まつ毛が入っていました。

その毛をつまんで、すっと、取り出そうとしたら。。。

あれ? あれあれ?

まつ毛だから、5ミリぐらいかと思いきや、
なんだこれは?

まつ毛ではありえない長さのものが、
ズルズルズル~と、5センチぐらい出てきました。

なんと、髪の毛でした。5センチあった。

1日中目の奥にいたので、
目やにをいっぱいつけた状態の髪の毛が、
目の中からズルズルズル~と出てきたのでした。

ああ びっくりした。
やっぱり髪の毛は生き物なんやわ。

2014年4月19日 (土)

じょうろは持たない2

ベランダの観葉植物たちの水やりに、じょうろは使いません。
ず~っと前は、じょうろを持ってましたが、
ある時期に処分しました。
それからずっと、ミルクパンで水やりしてました。
しかし、植木鉢の増加にともない、ミルクパンでは、
1回で水やりが終わらず、水道とベランダを
2~3往復しないといけない。

というわけで、

《ペットボトル》
P4132395

これなら、一度に2リットル入るので、
水道とベランダを往復しなくてすみます。

見た目もうるさくならないし、ラベルを剥がした
ペットボトルは、いかにも工業デザイン
という感じが気に入ってます。

2014年4月18日 (金)

たのしいご近所づきあい186

先日、いつも通りに夜おそ~く帰宅したら、
マンションの1Fホールで宴会中でした。

昨年の秋からインドに行っていた、
インド古典舞踊の先生
が帰国して、
ホールでの舞踊教室を再開したので、
教室後の宴会タイムとなっていたわけです。

《お土産のせんべいをつまみに一杯》
P4072392

奥の白い皿2枚がタピオカのせんべいで、唐辛子で辛味をつけてます。
味はないけど、ただ辛い、そんな食べ物だった。
手前は全然関係ない「大風呂敷」という日本のお菓子。

タピオカは、辛い辛いと文句を言いながら、
でも、バリバリ食べてしまったのでした。

また、これから毎週インド古典舞踊の先生がやってきて、
毎週月曜日は宴会です。

夜遅くに帰ってきて、1Fが開いていると、
ちょっとうれしいので、疲れているけど、
つい顔を出して長居してしまいます。

で 翌朝 起きられず、チェロの朝練できずに、
出社してしまうダメサイクルに陥ります。

2014年4月17日 (木)

百人一首その後 の その後 の その後

お正月のかるた大会をきっかけに始まった、
マイ百人一首ブーム、ついに、第100番までいきました。

《第100番 ももしきや》
P4132413

正月明け数日後にこの本を入手して、
本当に、毎晩寝る前に、一首ずつ読んでから寝てました。

この話を職場で、隣の席の派遣社員さんにしたら、

「○○さん、こんなヨレヨレになるほど働いてる毎日で、
 よくそんなことしてますねえ」

と、半ば呆れられてしまいました。ははは。

どんなに眠くても、1ページか2ページなので楽勝です。
それと、人生経験を積んで(大げさやな)、
ひとつのことを続けていくのは得意になったのも
影響していると思います。

まあ そんなことはどうでもよくって、
1000年近く前のベストセラーに
ふれられる楽しみが大きくて、
毎晩毎晩続けられました。

かるた大会を企画してくださったオケの方に、
この話をしたら、

「夏ごろに、百人一首をネタに飲みながら語る会でも
 しましょうか?」

という 企画もでてきたので、夏を目標に、
寝る前一首の2週目やろうと思います。

まあ その前に、月間120の残業生活を、
どうにかしなかければ。

2014年4月16日 (水)

妄想暴走中!

映画「365日のシンプルライフ」は、
どうやら単館系の映画みたいですが、
かもめ食堂と同じく、フィンランドが舞台です。
まあ かもめ食堂は日本の映画で、
365日の~ は フィンランドの映画ですが。

そこで妄想。

かもめ食堂みたいに、
じわじわとロングラン作品になり、
シンプルライフの大ブームが来たら、
どうしよう!?

このブログもお客さんがどーんと増えて、
2ちゃんねるで叩かれたり、
いろんなメールが来るようになったらどうしよう?
雑誌の取材申し込みが来たらどうしよう?
髪の毛切ったほうがいいかな?

うひひひ。

とか しょうもない妄想をして遊んでます。

妄想、もうそうがない(もうしょうがない)なあ。

2014年4月15日 (火)

ブログ名の由来

映画「365日のシンプルライフ」が公開されると、
このブログよりも、
そっちのほうが有名になってしまい、
こっちがパクリ疑惑をかけられるかもしれないので(笑)、
そうなる前に、このブログ名の由来をお話しておきます。

「シンプル・持たない・捨てる・簡素な暮らし365Days」
を始める前は、ネットで、シンプルライフを実践されてる方の
記事をいろいろ読んでました。
それを探すときの検索キーワードが

・シンプル
・持たない
・捨てる

だったのです。

なので、自分が検索に使ったキーワードを、
そのまま並べてブログ名にしました。

ただ、この3つだけでは、ちょっとストイックな感じです。
「持たない」「捨てる」が、きつい印象なので、
何か足してみようと。

そこで、わたしの大好きな吉沢久子さんの本にあった、
「簡素」というキーワードを追加しました。

さらに、ブログ開始当初は、1年だけ書くつもりだったので、
365Daysを入れた、という次第です。

もう365日どころか、1600日ぐらい書いておりますが。

2014年4月14日 (月)

365日のシンプルライフ

『365日のシンプルライフ』という映画が、
今年の8月から公開されるようです。
2013年、フィンランドの映画らしい。

公式サイト(http://www.365simple.net/)によると

-------------------------------------------------------
フィンランドからやってきた「人生で大切なもの」を見つけ出す
365日のモノがたり。

ヘルシンキ在住・26歳のペトリは、彼女と別れたことをきっかけに、
モノに囲まれた生活をリセットする”実験”を決意する。
ルールは4つ。

①自分の持ちモノ全てを倉庫に預ける
②1日に1個だけ倉庫から持って来る
③1年間、続ける
④1年間、何も買わない
-------------------------------------------------------

ということです。

う~む。これは要チェックですな。

しかし、映画のことを調べようとしたひとが、
間違ってこっちのサイトに来ることが増えそうな予感。

今のところ、Googleで「シンプルライフ 365」と検索すると、
わたしのブログが1番上に出てきますが、
4番以降は映画関係のツイッターやFacebookが
ばんばんでてきます。

わたし、この映画には何の関係もないので、
何か期待して来られた方ごめんなさい。

2014年4月13日 (日)

こんな家です

見せる収納は、ずいぶん前にやめました
見えると、やっぱり埃がたまるし、
掃除するときに、どかすものが増えるから面倒。

かといって、究極に物を減らして、
外に出すものを減らして、
ホテルやモデルルームみたいな部屋にしたいかというと、
そうでもありません。

外に出ている物は少ないにこしたことはないけど、
それらのものが、適切に使われて手入れさて、
「よい状態」をキープできれば、
それでオッケーと考えます。

そういう状態を保つには、結局は、持ち物を、
自分の手の届く適正量におさめる必要があるんですけどネ。

《最近のわが家 トイレから撮ってみた》
P4062392

2014年4月12日 (土)

百人一首その後 の その後

お正月のかるた大会をきっかけに、
百人一首の面白さに目覚め、
本を買い、毎晩寝る前に一首読むのが、
最近の日課です。

と 書いたのが 2月のこと

その後も毎日寝る前に読み進め

《第94番まで進んだ》
P4062395

前にも書いたとおり、1日1ページなので、
どんなに疲れていても、布団の中で、
寝る前に一首。楽勝です。

それにしても、1000年近く前を生きた人たちの
心情や、やり取りが生々しく伝わってくるのが、
とても面白い。

社交の場で言い寄る男を、即興で歌を読んで切り返したり、
代作疑惑を歌で切り返したり、
すごいインテリジェンスなことをやってます。

かと思うと、

袖が乾く暇がない(ずっと涙で濡れている)とか
ひとり寝はさびしいとか、
そんな恋わずらいの歌もいっぱいあります。

前にも書いたけど、こんな歌を100首セレクトした
藤原定家さん、なんてグッジョブ!!

昔はテレビなかったから、
こういうのが当時の娯楽だったのかしら。
じゃあ テレビなし生活をしている今のわたしが、
こんな格好いい歌を詠めるかというと、
もちろんそんなことは できるわけなく。。。

おやじギャグをつぶやくのです。

2014年4月11日 (金)

温泉卵への愛

わたしは、温泉卵が大好きです。
卵を買ってきたら、すぐに、全部温泉卵にしてしまいます。

あつあつご飯にのせたり、
パスタに絡めて即席カルボナーラ、
インスタントラーメンにのせて栄養価アップ。

他にも、こんな食べ方もあります。

《アボカドオイル、塩、こしょう》
Pb112326

アボカドオイルは、オリーブオイルでもかまいません。
オイルの香りが塩でひきたち、
ぴりっとこしょうの風味が利いて、
んまいね~

«たのしいご近所づきあい185