2014年10月25日 (土)

冷凍食品、作ります

まんが『3月のライオン』羽海野チカ著 の中(もしくは、おまけ)で、
紹介されていた、きのこ大量保存。

きのこを切ってほぐして冷凍する、それだけ。

≪野田琺瑯に入れてみました≫
P9152808

こうやっておくだけで、インスタントラーメンに入れたり、
パスタの具にしたり、ちょっと野菜を追加したいときに
重宝します。

2014年10月24日 (金)

食べ物はあまり買わない59

少し前のこと。
淡路島の叔父から電話があり、
「週末、柿送るからな」

≪週末≫
Pa122686

あいかわらず、叔父スケールで届きました。

2014年10月23日 (木)

秋のぶどう祭り5

ぶどうジュースの搾りかすが大量に出たので、
そのまま処分するのは、もったいない。
かといって、どぶろくの搾りかすみたいに、
酒かすとして使えるわけではない。

しかし、これで、漬け物とか作れないだろうか。。。

と 思い、ふと思いついて、
ブリのお刺身を取った後の、ブリの皮に塩胡椒し、
ぶどうの搾りかすに半日つけて、焼いてみました。

≪珍味系≫
P9212826

見た目はアレですが。。。これ、結構いけました。

≪チーズも漬けてみる≫
P9212827P9212828

ワインで洗った?チーズありますよね。
ああいう雰囲気にならないだろうか。

糠床ならぬ、ぶどう床に何を漬けるか思案中の秋。

2014年10月22日 (水)

食べ物はあまり買わない58

先日、職場で、生鮮・惣菜部門の商談会がありました。
メーカーさんとお得意先に来ていただいて、
広いセミナールームに商品を並べて、
大商談会です。

商談会が終わったら、商品サンプルは。。。
メーカーさんが置いていかれるので、
社員で山分けします。

≪こんなにもらった≫
P9262831

職場でも、こんな調子で食べ物を手に入れてしまいます。
わたし、本当に、食べ物に恵まれています。

2014年10月21日 (火)

食べ物はあまり買わない57

淡路の叔父から茗荷を大量にもらったのを、
オーケストラのみなさんにおすそ分け
したときの話。

お礼にと、手作りの梅干と、かぼすジャムをいただきました。

≪梅干&ジャム≫
P9212823

また、別のお礼として、隣のマンションのIちゃんからは、
梨などをいただきました。

≪梨、ようかん≫
P9212824

物々交換な生活です。

食べ物は、生きていくために必要なのが第一ですが、
もうひとつ、これらを交換することで、
コミュニケーションしているんだなあと思います。
食べ物を交換し合える仲は、
お互い信頼している証拠です。
食べ物のやりとりできる仲間がいるのは、
とても幸せなことですね。

2014年10月20日 (月)

秋モードにチェンジ

10月19日(日)、朝晩涼しくなって、
裸足で過ごすのも寒くなってきました。
というわけで、じゅうたん敷きました。
スリッパのない家なので、足元が寒いのだ。

≪台所≫
Pa192720

≪居室≫
Pa192718

居室のじゅうたんは、丸めて収納してあったので、
端がめくれあがってます。

≪チェロケースで押さえて伸ばす≫
Pa192725

夏にじゅうたんをどかしたのが、
6月28日(土)でした。
4ヶ月足らずの、ノーじゅうたんライフ。

今年の夏はみじかかったなあ。

4月に基幹システムを稼動させて、
バッタバッタしているうちに半年過ぎてしまい、
いまいち季節の感覚がありません。
まだ、冬の終わりを引きずっている気分なのに、
季節は冬に向かっている。

2014年10月19日 (日)

おにぎり難民記5

自分でおいしいおにぎりを握れるようになり、
残業生活の幸せ度が少しアップしました。

今でている『dancyu』にも、おにぎり特集あります。
会社の昼休みにローソンで立ち読みして、
中に詰める具のヒントを得て、次は、
どんなおにぎりを作ろうか、うきうきと妄想。

ところが、こんなおにぎり生活も、
突然終わりを告げました。

おいしいおにぎりに満足した週の金曜、
会社の大ボスから、残業禁止令が出たのです。

もう充分に仕事したから、これまで、
ものすごく「ガツガツ」仕事させてきたから、
これから半年程度は、仕事のスピード落としてでも、
とにかくのんびりしろ、と言われたのです。

ちょうど風邪で体調も最悪だったので、

「ルーズになってもいいから、
 仕事のペースを落として、まずは体を治しなさい。
 これまで充分やってきたから、しばらく無理しなくていいよ。
 こんだけ仕事ばっかりしてたら、ナントカっていう楽器の練習もでけへんやろ。
 プライベートを取り戻しなさい」

と ありがたいお言葉が。

うれしいはずだけど、残業おにぎり生活に
やる気を出して、さあこれから!
と思った矢先に、残業生活に突然ピリオド打たれました。
ありゃ?

わたしの、幸せな残業おにぎり生活は、1週間でオシマイ。

2014年10月18日 (土)

おにぎり難民記4

残業生活の友、おにぎりを自分で作るようになり3週間。

ふと、家にあったLIFEに、おにぎりのページがあったことを
思い出しました。

≪LIFE 表紙がおにぎりではないですか!≫
Pa112677
Pa112680_2

そして、握り方のコツが書かれていました。

「最初はぎゅっと、あとは形を整える程度。
 これで、カチコチのおにぎりになりません」

やってみると、おお! 確かに。
にぎり飯って、にぎり方でこんなに味が違うのね。
本に書いてある通りに握った翌日の残業中、ひそかに感動。
おいしい。自分で作ったとは思えないおいしさ。

≪ごま&おかか巻き≫
Pa052650

それにしても、自分で作った食べ物がおいしいって、
すごく幸せなことですね。
「あー、わたし、こんなにおいしいものを作れるんだ」
って、体中が幸せに満たされました。
仕事中で、請求書のシステムチェックしてたけど。

玄米おにぎりで、具におかずを詰めれば完全栄養食。
もうおにぎり難民生活も終わり。
これからは自分で握ろう。
これさえあれば、残業生活も怖くない。

しかし、この生活が、またもや突然!?

つづく

2014年10月17日 (金)

おにぎり難民記3

残業生活の友、おにぎりを求め、

近所のお惣菜屋さん
→新大阪駅のパントリー1
→新大阪駅のパントリー2

と 流れていったわたし。

しかし、わたしがおにぎりを買うようになると、
営業をやめたり改装工事で閉店したり、
なんかわたしに恨みあるの??

無添加のおにぎりを生活圏内で毎日購入する手段を失い、
とうとうあきらめて、自分で作ることにしました。
最初からそうすりゃよかったのですが、
なにしろ忙しかったので、そんな余裕はなかったのです。

幸い、最近は週末休めるし、水曜のノー残業デーも、
ちゃんと定時で上がれるようになったので、
そのときに「握りだめ」しておき、次の日、
その次の日と消費するのです。

正直、おいしいおにぎりの「握り方」が、
いまいちわかりませんでした。

高校時代、地学部の天体観測に行くときに、
初めておにぎりを握って持っていったら、
すんごくカチンコチンで、同じ部の友達に
「なんじゃこりゃ」
と言われたのがトラウマになって、
それ以来、自分でおにぎりを握ることを
避けて生きてきました。

でもまあ、自分以外の誰かに食べさせるわけではないので、
気楽に握ってみよう。
と 握ってましたが、最初の3週間ぐらいは、
はっきり言っておいしくありませんでした。

つづく

2014年10月16日 (木)

おにぎり難民記2

昨年の連休明けから残業モードに入り、
毎朝、近所のお惣菜屋さんで、
おにぎりを買うのが日課になり、
そんな生活が1年近く続きました。

しかし、その生活が突然終わりました。

今年の連休明けから、そのお店、
早朝営業をやめてしまったのです。
がーん。

わたしの残業生活はまだ続いているのに。

次に、おにぎり購入先となったのは、
新大阪駅構内のスーパー「パントリー」です。

ここは無添加のおにぎりを置いてます。
しかも、玄米おにぎりもある。
少々値ははるけれど、このさい仕方ない。

昼休みにおにぎりを買っておき、
残業時間に食べる生活が数ヶ月続きました。

しかし、その生活も夏ごろ?突然終わりました。

新大阪駅の改装工事のため、
パントリーが突然閉店したのです。
がーん。

でもね、新大阪駅には、閉店したパントリーから
100mぐらい離れたところに、
もう1件パントリーがあるのですよ。
会社からは少し遠いけれど、ランチエリア圏内なので、
とりあえず、ここでおにぎりゲット。

しかし、その生活も、またもや突然終わりました。

新大阪駅の改装工事の手がこちらにも及び、閉店。
がーん。

おにぎり難民は、次、どこへ行く?

つづく

2014年10月15日 (水)

おにぎり難民記

昨年のゴールデンウィーク以降の残業生活時代、
残業時間の悩みの第一は「晩ごはん」でした。

22時や23時に会社を出て、
帰宅してから晩ごはんを食べるのでは胃に悪い。
仕事しながら食べられるものはないか。

いろいろ試しました。

おにぎり、サンドウィッチ、バナナ、野菜ジュース、
栄養系スナック、カップ麺、チーズ。。。

結局のところ、おにぎり+野菜ジュース の組み合わせに
落ち着きました。
やっぱり米を食べたいし、それに、おにぎりは、
自席で仕事しながら食べるのに、ちょうどよいのです。
仕事の手を止めずに食べられる。

── もはや、それは食事ではなく「エサ」やなあ ──
             (マンションのオーナーさん談)

はい。エサです。行儀悪いのは承知のうえで、
おにぎり食べながら、仕事の資料をチェックしていると、
結構いい気分転換になったものです。

で、このおにぎりをどこで買うか。
コンビニおにぎりは、添加物がいっぱいなので、
毎日食べるには適しません。

ちょうど都合のいいことに、自宅から最寄り駅に
向かう途中にお惣菜屋さんがあり、
そこが早朝営業で、おにぎり販売を始めたので、
毎朝、そこでおにぎりを買っていました。

毎日買うし、それに、毎日、
「袋いりません」と断るので、
バイトのおねえさんと顔なじみになってしまいました。

つづく

2014年10月14日 (火)

たのしいご近所づきあい231

3連休の中日の昼下がり、近所の喫茶店に行くと、
「今からごはん食べるか?」
マスターが、昼ごはんの準備を始めました。

それを待ちつつ新聞を読んでいると、
某格闘技の世界チャンピオン登場。

彼女は最近近所に越してきて、すっかり常連となりました。
「オッス、ところで、目、開いてるか?」
という、お決まりの挨拶をして、わたしの前に座って、
すっかりくつろぎモード。
オンの時間は世界の強豪相手に、
とんでもなくシビアな戦いをしている(と思う)のですが、
オフの、ここの時間は、まるで別人です。
競技の話もほとんどしません。
釣りの話とか、食べ物の話とか、下ネタとかしゃべって、
みんなでゲラゲラ笑ってます。
こういう雰囲気が、このお店のいいところです。

そんな彼女と一緒にご飯を食べて、
そして、夜は、カルテットの代役。
これも楽しかった。
カルテットしていると、演奏しながら、
無言のコミュニケーションというか、
楽器を通じて感情のやりとりをしている気がします。
言葉でも身振りでもない、この不思議な会話。
そして練習のあとは、お決まりの飲み会。
日付が変わっても飲んでました。

そして、3連休の最終日。
午後からは台風だったので、
お昼前に、また、近所の喫茶店に行きました。
お天気の影響でお客さんいなかったので、
マスターがごはんを出してくれました。

≪お刺身定食≫
Pa132706

メニューにはないお刺身定食。
これを食べさせてもらえるのは、
常連の特権?

食べながら、バイトのおねえさんとしゃべったり、
だらだら過ごしていると、
外国人男性の3人連れ登場。

日本に留学中の学生さんで、イタリア人らしい。
すぐ近所に住んでいるんだって。
日本語勉強中で、ある程度しゃべれるようですが、
ふと思いついて、近所のばよりん職人さんにメール。

≪ばよりん職人さんへ! メールの日本語おかしいぞ≫
Pa132708

約20分後、ばよりん職人さん登場。
ばよりん職人さんは、以前、イタリアのクレモナで
修行していたから、イタリア語しゃべれるんです。

ばよりん職人さん、3人連れイタリア人相手に
イタリア弁をペラペ~ラしゃべって、
意気投合して、結局、彼らを工房に連れて行ってました。
(台風の影響で雨降っていたから、ばよりん職人さんは、
 たまたま車で来ていた)

こうやって、ここを拠点に、また、
あらたなお付き合いの輪が広がります。

2014年10月13日 (月)

風邪をひいたので4

風邪をひいて、咳だけが止まらないので、大掃除を延期しました。
実は、大掃除延期の理由は、もうひとつあります。
連休の中日の日曜に、カルテットの練習の
代役を頼まれたからです。

知り合いのカルテットで、チェロの方が急遽、
練習に参加できなくなったので、
代わりに練習にでてほしいと依頼がありました。

練習会場は徒歩圏内だし、
いつもと違うメンバーでカルテットできると思うと、
うれしくて、引き受けてしまいました。

≪ドボルザークの「アメリカ」、モーツアルトの第一番≫
Pa112680

せっかく参加するのなら、
やっぱり予習してのぞみたいので、大掃除は延期。

その代わり、連休は休養と練習にはげむのです。

土曜の朝は、病院に行って診察を受けました。

先生「どうされましたか?」
わたし「先週月曜から風邪をひいていて。。。」
先生「え? 先週? 今週ではなくて?」
わたし「はい。先週です」

先生は「今頃何しに来たんだ」という感じで、
でもまあ血液検査で炎症のチェック。
結果は異常なし。風邪も治っている(はず)。
ただ、咳だけが止まらないということで、
吸引薬をもらっておしまい。

後は、楽譜をコピーしたり、スコアをチェックしたり、
だらだら、のんびり、連休初日の土曜日。

2014年10月12日 (日)

風邪をひいたので3

先日風邪をひき、もう今頃は治っている予定で、
3連休に大掃除前倒しを計画していました。

しかし、咳がいっこうに治まらず、むしろ悪化。
今週は仕事で重要なバッチ処理があったり、
サーバー移設があったり、外せない日が多かったので、
そこは、だましだまし出社して長時間労働。
大イベントのない水曜は念のため会社休みました。

いったん咳き込み始めると、
5分~10分ぐらい止まらず、
おえええーと「えづく」まで咳が出ます。

外出中の上司との電話の途中で咳き込んで、
通話不能になったり、
帰りの電車で咳き込んで、知らない人に「大丈夫ですか?」
と声かけられたり、
隣の席の派遣社員さん(平成生まれ)に、
背中さすられたり、ぼろぼろ状態。
打ち合わせ途中に咳き込んで中断することもしょっちゅう。

というわけで、3連休の前倒し大掃除は延期です。
まずは、養生して体を元に戻さないと。

≪風邪治しセット≫
Pa072664

隣のマンションのIちゃんからの差し入れです。
ちょっと道で会ったときに、
わたしがあまりにひどい咳をしていたので、
心配して後で持ってきてくれました。

2014年10月11日 (土)

たのしいご近所づきあい230

玄米のストックがなくなったので、
近所のインドカレー屋さんに連絡。

「玄米ありますか?」

近所のインドカレー屋さんは、自宅用に、
無農薬玄米を大量購入しているので、
それを、少し売ってもらうのです。

≪そんなわけで、玄米≫
P9222829

こんなご近所づきあいもあります。

2014年10月10日 (金)

たのしいご近所づきあい229

ある休みのこと。
近所のばよりん職人さん、隣のマンションのIちゃんと3人で、
呑みに行きました。

ばよりん職人さんは父親世代、
Iちゃんは母親世代なので、
わたしと3人で、偽装親子のできあがり。

呑み屋でも、店のひとに、ばよりん職人さんは
「お父さん」
なんて呼ばれてるし。

さて、呑み屋で軽く腹ごしらえして呑んだ後は、
ばよりん職人さんの工房の上の自宅で二次会です。

≪レコードを聴かせてもらった。シューベルトのグレイト≫
P9142802

≪年代物のスピーカーです≫
P9142803

≪豚汁≫
P9142804

お父さん。。。。ではなく、ばよりん職人さん手作りの豚汁。
んまい。

≪上:エスプレッソメーカー 下:ちょか≫
P9142805

「ちょか」とは、焼酎を温める土瓶のことです。
これで芋焼酎を温めて呑むと、んまいのですよ~!
九州出身のばよりん職人さんの愛用アイテム。
なお、ばよりん職人さんは、イタリアで修行していたので、
エスプレッソメーカーも欠かせません。
ちなみに、今年の年始は、インド古典舞踊の先生がガイドをした
インド旅行に行った関係で、インドのカレンダーが
冷蔵庫に貼られていました。
九州とイタリアとインド。
職人さんの部屋は、世界のいろんな場所につながってます。

ここで、芋焼酎を呑みながら、夜更けまで語りあいました。

自宅まで歩いて10分程度だから、電車なくなっても心配なし。
一緒にいるのは隣のマンションのIちゃんだから、
一緒に帰れるし。

ブラボーご近所ライフ!

2014年10月 9日 (木)

秋のぶどう祭り4

ぶどうジュースを仕込んで1週間ぐらいで、
菌の活動が落ち着いたようなので、絞りました。

≪量が多いから絞るのも大変≫
P9152809

≪瓶に移し中≫
P9152810

結局、一升瓶6本分のジュースを絞りました。
一升瓶4本は、この前、びわの葉酒を作ったときの
玄米焼酎の瓶に入れて、あとの2本は、
1Fのホールに置いてあった空瓶を借りてきました。

ああしんど。呑まなきゃやってられん。

≪というわけで、乾杯≫
P9152813

一升瓶ではワイルドすぎるので、
スパークリングワインの空瓶に移して呑んでみた。
すっぱいけど、自然で素直な味。んまい。

(でももう来年は作りたくない)

2014年10月 8日 (水)

たのしいご近所づきあい228

近所の喫茶店の話が続きます。

運がいいというか、かわいがってもらっているというか、
とにかく、このお店に行くと、メニューにない、
まかないものを、いろいろ食べさせてもらえます。

≪左:そば焼き 右:オムライス風焼き飯≫
P9142798

マスター曰く
「○○ちゃんは、わしの娘みたいなもんやから」
と、大事にしてもらってます。

ここでも擬似親子。
別のところでも偽装親子
わたしの知り合いには、わたしの親みたいなひとが多い。

わたしが両親と暮らしたのは5歳まで、
家族との暮らしというものを、あまり知りません。
しかし、大人になって、出身地とは全く違う場所に住みながら、
近所のみなさんが、親みたいに、わたしの世話を焼いてくれてます。
子供のときに不足していた分を、
今、神様が埋め合わせしてくれているのだろうか。

2014年10月 7日 (火)

たのしいご近所づきあい227

ある休日。
近所の喫茶店に行ってコーヒー飲んで、
帰りぎわ、マスターが
「肉じゃが作ったから持って帰り」

≪マスターが用意してくれた≫
P9112788

というわけで、この夜のおかずは、肉じゃがでした。

≪ほか弁の容器だけど、ほか弁ではない≫
P9112790

その夜には食べ切れなかったので、
翌日はうどん投入。

≪肉じゃがうどん。うまい≫
P9122794

こういうとき、冷凍うどんは本当に便利。
かときっちゃんの冷凍うどん最高です。

2014年10月 6日 (月)

秋のぶどう祭り3

前日の記事の「棗(なつめ)」はテーブルの上に置くと、
いつか倒しそうだったので移動しました。

≪手のあたらない場所へ避難避難!≫
Pa042630

ぶどうジュースを大量に仕込んだその後のお話。
少し前のことになりましたが。

仕込日以降、毎晩、家に帰ると、
部屋にぶどうのいい香りが、ほわ~んと漂っています。

かばんを置いて、うがい、手洗いをしたら、
ぶどうジュースのお世話です。

≪つぶし足りないので、マッシャーでつぶす≫
P9082769

≪10リットルの桶3つもあるから大変≫
P9092772

こんな日が3日ぐらい続き、平日にとった夏休み。

≪粒が多いので、真剣につぶす≫
P9112782

つぶしきれず、丸のままの実が多かったので、
平日の昼間に、必死でつぶしてました。
エプロンつけてなかったので、
買ったばかりのマイヨのボーダーシャツに汁飛ばすし。
あーあ。

≪だいぶ汁気が増えました≫
P9112785

ぶどう健康飲料?作りが続きます。
あ しんど。

«たのしいご近所づきあい226