2016年5月 2日 (月)

たのしいご近所づきあい284

4月29日(金・祝)

数年ぶりに、カレンダー通りのゴールデンウィーク1日目。
(昨年は、1日だけ休日出勤、一昨年は全部仕事で土日すらありませんでした)

郵便を投函しようと、マンションの階段を降りていたら、ヤマジイに遭遇。

わたし「あっヤマジイ!」
ヤマジイ「おっ、かおりちゃん!今から郵便局にお金おろしに行くねん」

そんなわけで、二人の目的地が同じなので、
世間話しながらプラプラ歩いて郵便局へ。

郵便局に着いたものの、祝日で郵便局のATMは使えず、
ヤマジイは別の本局へ行くことになりました。

ヤマジイ「そうか今日は祝日か」
わたし「そうやでゴールデンウィークやで。
ヤマジイは年中シルバーウィークやからわからんわな」

とか 失礼な会話を。

ヤマジイが同じマンションに越してきて約半年
半年前、わたしはヨレヨレだったけど、
今は穏やかに暮らしてます。
ヤマジイとは、今はすっかり飲み友達で、
喫茶店のマスターが作るたけのこご飯を「ヤマジイ便
としてわが家に運搬してくれる大切なご近所さん。

あれから半年、いつの間にかヤマジイとの歴史が増えたなぁと思います。

2016年5月 1日 (日)

食べ物はあまり買わない87

ある日のこと。

会社で、惣菜関係の食材の商談会があった関係で、
惣菜サンプルをいただきました。

《えび天、ごぼ天、砂ずり》
P4080357

その数日後、オケの練習に行ったら、
バイオリンのHさんが、手作り食品を、
いろいろ下さいました。

《ジャム2種、たけのこ、いかなご》
P4100359

自分のことで、能力その他において、
人より劣るところばかり目に付いて
いやになることの多い毎日ですが、
「食べ物をもらえる」
この点だけは、偏差値80ではないか。

2016年4月30日 (土)

イタリア語 地味に継続中

3月23日(水)のお昼休みに、
突然イタリア語の勉強を思いつき

ご近所さんを誘ってラジオ講座を始めてその後。

材木屋の社長は1週間で脱落。
テキストを買わずに、ラジオオンリーで聴いていたらしいので、
ちょっと無理になったみたい。
でも、その流れで、基礎英語1・2・3を聴いているそう。

隣のマンションのIちゃんは。。。。不明。

わたしはというと、ラジオレコーダーに助けられ、
地味~に続いています。

テキストは通勤かばんに入れておき、
いつも、会社の帰りに眺めています。

家に帰ったら、晩ごはんの準備や食事しながら、
放送の録音聴いています。
1回の放送が15分、ついでに聴いている5分の英語番組とセットで、
1日分が20分なので、晩ごはんのときに、
いつも3回転ぐらいしています。

通勤や食事など、毎日必ずすることとセットにすれば、
習慣として定着するし、あらたな時間を捻出しなくていいので、
何とか続けられるかなと思います。
それに、呑み友達のばよりん職人さんは、
イタリア語ぺらぺらなので、質問したらなんでも教えてくれます。
あとは わたしのやる気しだい。

《やってます》
P3260337

2016年4月29日 (金)

増えたもの・減ったもの220(折り畳み傘×2)

長年使っていた折り畳み傘の骨が、折れました。

《経年劣化か?》
P4220404

クレジットカードのポイント交換でもらった、
自動開閉折り畳み傘、長年お疲れさま。

というわけで、うきうきと、三宮の東急ハンズで、
新しい傘を購入。

《なぜか2本 笑》
P4220402

手前が、今回折れた傘の後継で、親骨59センチ。
後ろのは、チェロ持っての移動時用で、親骨70センチ。
両方とも自動開閉タイプです。

重さを考えると、自動開閉よりも、普通のタイプがいいのだけど、
雨の時に両手使って傘を開閉するのは結構大変。
特に、通勤で使う阪急南方駅は、改札から出口まで、
たったの5メートル。
人が流れを止めずに、スピーディーに傘を開くには、
片手で素早く開ける自動開閉じゃないと、きついのです。

はい。ここまでは良いとして、
なぜ2本目のチェロ用があるか。

ほとんど衝動買いです。笑

実は、チェロには、ゴルフ用のでっかい傘を持っています。
まあそれでも雨降っているときは、かまわんのですが、
途中で雨がやんでしまうと、でっかい傘が邪魔なのです。
そうでなくても大きな楽器と、譜面台や譜面の入ったかばんで、
荷物が多いのに、そこに、大きなゴルフ用の傘はじゃまだ。
その点折り畳みなら、かばんに入れられる。
親骨70センチは、折り畳みタイプでは、かなり大きいほうです。
(普通のの傘は親骨60センチ)

東急ハンズの傘コーナーのおじさんに
「そんなに大きくなくてもいいんじゃない?」
と言われましたが
「チェロの運搬に必要なんです!」
と答えると、
「うちの娘もトロンボーンやってますからね~」
と 納得されました。

さて、シンプルライフ3箇条その1
「ひとつ手に入れたらふたつ捨てる」
今回は、1本は買い換えだけど、
もう1本は、新たに購入したので、
2つ何か捨てないといけないなぁ。

そうしないと
「ふたつ手に入れたらひとつ捨てる」
になってしまう。3箇条が台無しです。

2016年4月28日 (木)

食べ物はあまり買わない86

たけのこシーズンは、隔週で週末に、
淡路島から、たけのこや野菜果物が大量に届きます。

《豆類と金柑》
P4230415

《たけのこ》
P4230420

《なぜか カタツムリ も入っていた》
P4230411

《ベランダ池のほとりに放す》
P4230423

とりあえず、ベランダの水鉢のフチに置いて、
その後チェロのレッスンに行って戻ると、
もういなくなっていた。

たけのこは時間との勝負なので、
自分の分をキープしたら、あとは急いで、
ご近所さんや、チェロの先生におすそわけ。

それ以外の青果物は、夜にのんびりと仕分け。

《袋に小分け中》
P4230425

土曜の夜の8時過ぎ、仕分け中。
ここは農協の出荷作業場か。

2016年4月27日 (水)

食べ物はあまり買わない85

ある日、会社から帰ると、ドアノブに差し入れが。

《ヤマジイ便》
P4070352

中身はこれ。

《マスター作 「たこのこ飯」》
P4070353

《たこ&たけのこ 炊き込みご飯》
P4070354

たこ&たけのこ で 「たこのこ」です!

いつものパターンで、淡路島の伯父が、
近所の喫茶店へたけのこを大量に送ってくれたのを、
マスターが「たこのこ飯」にして、
同じマンションのヤマジイが配達してくれる。

わたしは、食べるだけ。

また、別の日のヤマジイ便は、

《しいたけのこ飯》
P4100369

《しいたけ&たけのこ 炊き込みご飯》
P4120380

しいたけ&たけのこで「しいたけのこ」!
マスター作るだけではなく、
ネーミングまで演出。
関西人ですから。

2016年4月26日 (火)

たのしいご近所づきあい283

昔は「花粉症? なにそれ?」というわたしでしたが、
淡路島で暮らしていた年数と、
本州で暮らした年数が同じぐらいになった、
38~9の頃から、花粉症とおぼしきアレルギー症状が
出るようになりました。

「ようやくわたしも都会人になったわね、ふふん」

と 喜べるはずもなく、くしゃみが出て鼻をかんだら、
鼻をかみ終わる頃に次のくしゃみの兆候が出て、
またくしゃみして、鼻が出て、鼻をかんだら、
また次のくしゃみが出る。。。

という、くしゃみ→鼻水 無限ループ地獄から抜けられず、
そうするうちに、目も涙でぐしゃぐしゃ、
体はほんのり微熱を帯びてきて。。。
こういう症状に悩まされるようになりました。

といっても、毎日ではなく、傾向としては、ほとんど休日限定。

ほかには、会社から帰宅した途端に
目がショボショボになり涙が出るとか、
お風呂上りに目ヤニがどっと出て視界が曇るとか、
リラックスタイム限定で症状が悪化します。

お手軽に、ネットでgoogle先生に「なんなのこれ?」と尋ねると、
副交感神経がはたらき過ぎると、このような症状が出るらしい。
なるほど~、それでリラックスタイムに調子悪くなるのね。
確かに、オケでチェロ弾いているときには、こんな状態にならない。

さて、4月の某日曜日、いつも通り、リラックスタイムに
くしゃみ→鼻水 無限ループに突入して、
夕方のオケに行く前に、微熱を帯びてヨレヨレになってしまいました。

この症状を治すには、リラックスから脱出する、
すなわちオケに行くしかないのですが、
その気力も失い、久々にオケを休みました。
ちょっと演奏する気分でもなかったので、たまにはええやんかと。

で、次の日も、会社に行く時間には起きたのですが、
「ちょっとアカンな」
という状態だったので、会社もお休みしました。

その日は、請求書発行する日だったのですが、
もうシステム運用は後輩に引き継いでいるので、
たまにはええはんと こちらもお休み。
ちょうど2年前の同じ日は、このシステムの初稼動で、
夜中の1時半まで会社でシステムのチェックしていたので、
当時の状況を思うと、休めるって夢のようです。

で、昼過ぎまでのんびり休んで、
体も楽になったので、リハビリを兼ねて近所の喫茶店に行きました。

マスターが「どないしたんや。昼めし食うか?」
と スパゲティを作ってくれました。

《ガラケーで撮影 ぼやぼやです》
20160425153244

マスター特製まかないパスタ。わたし働いていないけど。

さらに、おみやげにお弁当セットまでいただきました。

《後ろのビニール袋がそう》
20160425170756

こんな調子で、文章を書いている本人はヨレヨレでも、
お世話してくれる周りの方のさりげない親切にふれ、
少しは充電できた月曜の夕方でした。

2016年4月25日 (月)

いっそこのさい

一難去ってまた一難。
仕事もプライベートも受難続きです。

いろいろソツなくこなせれば、
別にどうってことないはずなんだけど、
ソツがありすぎて(この日本語はありなのか?)
ちょっとお疲れの今日この頃。

食べるのは誰よりも遅く、
走るのも遅く、スーパーのレジや切符売り場は、
わたしが並んだところだけ時間がかかる。
日常の小ネタレベル時点で競争社会?についていけていない。

なんとか努力で持たせている部分もあるけど、
努力で120やると、次からは120がスタンダードになるので、
次のハードルは140になり、それもがんばると、
その次は160がスタンダードになり。。。
そうやって、人は成長するのかもしれないけど、
いつまでこれが続くのかと、
疲れてきたような気がします。

気分転換のはずのチェロも、
長いこと弾いているわりには、
相変わらずへただし、オケでも失敗してばかり。
周りのみなさんのすごさを目の当たりにすると、
わたし、なんやコレって思います。

なんだかねえ~、何をしても中途半端で、
この先どうやって生きていくか、
迷いが出てきた今日この頃(大げさや)

きっかけはネガティブだけど、
仕事もオケも、長くつづけてきたんだから、
一度ぐらいは、リセットしてもいいんじゃないの?
なんて思います。
もういっそ会社もオケもやめて、
青年海外協力隊でも行ってしまおうかと思ったり。
(その前に英語やり直し)

不惑の40を過ぎて、よけいに迷いが増えたのではないか。

とりあえず、こんなときは、なんか捨てるものでも探しましょうかねぇ~。

2016年4月24日 (日)

脂取り紙はいらない

以前は、お昼休みに顔の皮脂を取っても、
夕方にはテッカテカになってしまい、
脂取り紙のお世話になっていました。

会社のロッカーには大容量ケースに入った脂取り紙を常備し、
せっせと脂取りにはげんでいました。

鼻や頬に当てた脂取り紙が、あっという間に透明に透き通り、
「あ~取れた取れた」
と 言っていたはずが
(少なくとも、このブログを始めた頃はそうだった)
いつの間にか、脂取り紙要らずのお肌になってしまいました。

やった! テカリから開放!

と言いたいけれど、同時進行で、
手もカサカサになりました。

う~ん、皮脂量減りました。

最近ギラギラした欲望もないし、
やっぱり枯れてきてるのかな~。

2016年4月23日 (土)

からっぽになりたいわたし? その2

冷蔵庫とか、食料庫にたくさん食べ物があると、
「早く食べなければ」と焦ります。

フィッツケースに洋服が多く入っていると、
「こんなにギュウギュウいらないから、何か捨てよう」と思います。

キチキチに詰まっているのがイヤで、
できれば、冷蔵庫なんか、スッカラカンにしてしまいたい。

物を捨てると本当にすっきりする。

そうやって、わたしは
「からっぽになりたい」と願っているようである。

休日も、家事やチェロの練習、買物などをさっさと済ませて、
「何もしなくていい時間」と作ろうと、
必死になっている。

で、実際に、そうやって「からっぽの時間」ができると、
何するかというと。。。。

何していいかわからなくなって、結局、
ブログの下書きをしたりしているのです。

関西風に言うと、
「結局 自分 なにしたいんや!?」
(ダウンタウンの松ちゃんが言っている風で)

こういうときに、誰か呑みに誘ってくれると
ひじょうにありがたいのですが、
そういうときは、ちっとも声がかかりません。

忙しいときに限りお誘いの声がかかり、
誘惑に勝てず呑みに行って、
その後のスケジュールがグダグダになるわたし。

2016年4月22日 (金)

からっぽになりたいわたし?

あれも捨てて、これも捨てて、すっきりさっぱりシンプルライフ。

で、結局わたしはどうしたいの?

と 思うこと、しばしばあります。

普通の休みは、掃除・洗濯・チェロオーケストラ、
伯父からの頼まれごとetcetcで、
暇な時間が皆無なので気付かないのですが、
たま~に、祝日があって、
「ほとんど家事をしなくてよい休み」
があると、途端に、何をしていいのかわからなくなります。

で、近所の喫茶店に行って常連さんと喋るとか、
チェロの練習するとか、
捨てるもの探すとか、
呑みに行くとか、
図書館で借りた本読むとか、
まあそれなりに楽しくやっていますが。。。

いやいや、これらは、全て
「時間があれば存分にやりたいこと」
のはずなんだけど、
こんな調子で年とって、何者にもなれずに
終わるわたしの人生、これでよいのかしらと
考え込んでしまったり。

まあ何者になりたいのか、自分でもわからないので、
何者にもなりようがないんですけど。

春のせいかしら。

佐野洋子さんの文章に、

「あなた、木の芽時ってさあ、世界中が発情するんだよね、
 人間は恋をしたくなるのよ、
 それで恋の方が閑だとウツ病になるのよ、当然よね。」

というのがあるのだけど、今わたしは後者なのか。笑

部屋をどうしたいという欲もなし、
買物に行っても買いたいものなし。
もう自分の部屋も落ち着いて、
だいたい満足しているせいもあるけど、
「あれもしたい。これもしたい」
とガツガツしていた頃に比べると、
なんか 年とったというか、枯れてきたぞよと思う春の日でした。

タイトルと全然合っていない。
脱線したので、明日へつづく。

2016年4月21日 (木)

捨てるスイッチオン! その7

しばらく行方不明になっていた楽譜が、
楽譜の束の中からでてきました。

≪ラヴェル ピアノコンチェルト第1番 第2楽章 の ピアノパート≫
P4170397

音符が少なくて、これなら弾けるかなぁと弾き始めたけれど、
58小節目以降音符が増えて読むのが大変になって
放り出し数ヶ月。

これ弾いていた当時の自分は、
ちょっと気持ち悪い。

まあ、だいたい、過去の自分を思い出したら、
いつでも気持ち悪いんだけど。笑

とりあえずこの楽譜は処分です。
ピアノは、これからは、自分で弾くのではなく、
誰かうまいひとに弾いてもらお。

2016年4月20日 (水)

捨てるスイッチオン! その6

捨てるスイッチが入って止まらないわたし。

これも処分しました。

≪マイヨのネルシャツ≫
P3220315

2014年9月に何枚か購入したなかの1枚です。
素材や縫製は文句なし。気に入っていたつもりでした。

しかし、このシャツ、意外と着こなしが難しい。
少しゆったりシルエットで、ウエストがシェイプされていないため、
着てみると、太って見えるのです。
それで、インナーとして着てもアウターとして着ても、
なんとなくコーディネイトが決まらず中途半端で、
出番がなくなってしまいました。

高かったので、もとを取れるぐらいに着倒したかったのですが、
太って見えるのもいやだし、どうも、この子は、
わたしの体の一部にはなれませんでした。

読者の方にプレゼントも考えましたが、
あまり気に入ってないものを差し上げるのもどうかと思い、
今回はプレゼントせず、処分しました。

2016年4月19日 (火)

捨てるスイッチオン! その5

まだまだ捨てますよ~。

≪めがね≫
P3200314

度数は問題なく、普段は、非常用持ち出し袋に入れており、
たまにかけてましたが、どうも、かけても、
しっくりこないので、処分することにしました。

このめがね、かけても、いまいち落ち着かない
(似合わないし、耳の上に食い込む)ため、
普段使いはせず非常用としていたのに、
勢い余って捨てました。

非常用どうしよう。
普段用を枕元に置いておこうかな。

2016年4月18日 (月)

捨てるスイッチオン! その4

ブログを毎日更新にしたら、何か火がついて、
捨てずにはいられなくなってしまいました。

≪100均で買ったファイルボックス≫
P3130267

ちょっと事情があり、当時必要性を感じて買いましたが、
結局使わなくなりました。処分しよっと。

2016年4月17日 (日)

捨てるスイッチオン! その3

ブログを毎日更新にしたら、妙に捨てるのに勢いづきました。

これまで、微妙な関係になっていたのに、
処分できずにいたものへの未練がどんどんなくなり、
何を処分すればいいか、怖いぐらいクリアーに見えてきたのです。

ワンピースセットアップを処分≫
P3200313

昨年の初夏、DHCの通販で買ったものです。
当時「女優ワンピ」とか言ってこのブログ内で
絶賛していたのですが1年経たずに処分。

この服を見ると、当時の浮かれた自分を思い出してしまうので、
もういらないかなーと。それに、夏の服いっぱいあるしね。

2016年4月16日 (土)

捨てるスイッチオン! その2

捨てることに勢いがついたわたしが、次に処分したのがこれ。

≪魔法瓶タンブラー≫
P3200312

昨年、近所のホームセンターで衝動買いしたものです。
デザインも品質も使い勝手も申し分なし。

では どうして 捨てるのか。

うーん、それはですね、これを買った当時の、
ちょっと浮き足立った気分を捨ててしまいたかったのかな。

長い人生、浮いたり沈んだりあるので、
まあ別にそれ自体は、そういう時期だったんだなと、
後悔してませんが、しかしまあ処分しとこー。
捨てるスイッチ入って、なんとなく、
そういう気分になったのです。

古いものは捨てて、新しい風吹かせたいしね。

2016年4月15日 (金)

捨てるスイッチオン!

ブログを週3回更新から、毎日更新に戻したら、
急に捨てるスイッチ入りました。

≪押入れにしまってあった漬け物桶≫
P3200308

これは、2014年秋、淡路島の伯父から、
大量にぶどうをもらったとき、ワインの仕込み用に
急遽購入したものです。

≪当時の写真。床を埋め尽くすぶどう≫
P9062763

≪こんな感じで仕込んでました≫
P9092772

もうこれは、めっちゃしんどかったので、
二度とやりたくありません。

二度とやりたくないのに、桶を置いておく必要もなかろう。

そう思いつつ、これまで処分できなかったのですが、
ようやく決心つきました。

2016年4月14日 (木)

たのしいご近所づきあい282

4月10日日曜日。

夕方、チェロのレッスンのあと、近所のばよりん職人さんと
待ち合わせて、神戸元町のソーセージ&ステーキのお店で、
ワイン呑みながら肉をつついていました。

いい感じに出来上がった頃、新しいお客さんが入ってこられ、

「かおりちゃん!」

呼ばれましたー。

声の主は、オケ仲間(前日も一緒に呑んでいた)と、
そのだんなさん。

わたしの行くところには、誰かがいるようです。
150万人都市神戸に暮らしておりますが、
わたしの行動範囲には、すぐ友人知人が現れて、
アラ?となってしまいます。

というか、ばよりん職人さんと呑んでいると、
必ず誰かと会う法則みたいです。

この前とか。この前とか。

そんな感じで酔っ払い、いい気分で店を出て、
JR線路沿いをプラプラ歩いていると、
花隈公園が、よい感じにお花見中でした。

≪花見モード全開!≫
P4100368

アサヒビールさん提供の提灯が輝く中、
桜の木の下で宴会するグループがなんとも楽しそう。

1年のある時期、日本中がピンクの花でいっぱいになり、
その花の下で、その瞬間だけでも幸せな宴を過ごす文化があるって、
ええ国やなあ~と思いながら、その様子を眺めていました。

この場所は、実は、わたしには辛い思い出の場所です。
ここ半年、前を通るたびに当時の苦しい気持ちを思い出し、
なんとも言えない気持ちになっていました。
しかし、酔った勢いと提灯の灯りにつられて行ってしまい、
ばよりん職人さんと、なんでもない世間話をして
楽しい時間を過ごすことができました。
半年前の苦い記憶を、ようやく口直しできました。

生きていく中でいろいろな事件がありますが、
ご近所さんとか友達とか、普通にいてくれる仲間の存在は、
生きていくための基礎体力、これらの人たちの存在に支えられ、
精神的に生き延びているんだなぁと思ったしだいです。

2016年4月13日 (水)

食べ物はあまり買わない84

ある日曜~金曜のこと。

日曜:
 夜、オーケストラから帰ってくると、ドアノブに、たけのこご飯が
 かかっている。これは、近所の喫茶店のマスターが作ってくれたのを、
 同じマンションのヤマジイが持ってきてくれたもの。

月曜:
 会社から戻ると、ドアノブに、某有名店の豚まんがかかっている。
 これも、近所の喫茶店のマスターからの差し入れを、
 同じマンションのヤマジイが持ってきてくれたもの。

 ≪ヤマジイ便≫
 P3140268

火曜:
 会社で商品サンプルゲット。

 ≪この日のテーマは「海産」≫
 P3140271

水曜:
 会社で、醤油などの商品サンプルをもらった。

 ≪出社したら机上にあった≫
 P3190299

 家に帰ると宅配便で、某情報処理団体のお友達から、
 ブランデー届きました。

 ≪素敵なおじさまより≫
 P3150280

木曜日:
 会社で「ラップにくるんだごはん」もらいました。
 これも商品サンプル。どんな会社や。

 ≪冷凍保存用≫
 P3190301

金曜日:
 夜、オケの仲間とワインを呑みに行き、ホルンのHさんから、
 ピータンいただきました。

 ≪後日日本酒呑みながら食べたらめっちゃおいしかった≫
 P3190295

主食に調味料にお酒につまみ、
とてもバランスとれた「もらいものライフ」お送りしました。


 

«たのしいご近所づきあい281